ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

スクイーズ。

mimisemi2007-05-10

ネクロについて書くのを忘れてたことがある。インディペンデント系清掃会社CEOのジョーは唇だけは世界に通用するぐらい可愛いのと、映画館でシュマトケが入る前に
ビールとつまみを買っていく男のあのつまみを買うときのアディショナルな感じはマジでたまらん。あとあれね、映画館で上映されてるローバジェットな映画ね、あのブロンドが
変態に殺されるやつ。あれってほんとにある映画なのかな?それともあの死の王だったかネクロ2に出てくる屋上で全裸でずーっと卵を食べ続ける映画とかね、この監督が
このために作ったやつなのか分からんけど、俺が金持ちだったら、この2本をちゃんと劇場用に作り直させるかな。で、二本立てで上映。そういえばチケットとビールを頼んだ後、
なぜかシュマトケの顔のアップになるんだけど、そのときの顔とかたまらんね。ネクロも死の王もシュラムもこういう細かいところがいいんだよね。大枠の変態映画とかアングラ
映画というところよりは、エドウッド的なテイストっつーのかな、メインじゃないところで良いところがいっぱいあるわけ。そこが好きなの。あと真性なシュマトケにとって
あの変態映画なんかじゃ全然興奮しないわけで、途中で帰っちゃうんだけど、その家に帰った後のあの絶望的な何も無い感じとか、睡眠薬と思われるカプセルを3錠だか4錠
をウィスキーで飲むんだけど、あのウィスキーを飲むときの感じとか、睡眠薬がミックスされてる感じとかマジでたまらん。俺も日本に居たころは一年の半分以上があの
シュマトケがベティと職を失った後みたいな気分だったし、実際、睡眠薬とウィスキーのミックスはよくやってたんで、はじめてネクロを見たときは、シュマトケにすげー
シンパシーを感じたわけね。これ俺じゃんって思ったわけで、あのシュマトケのしょーもない感じと変態っぷりはなんつーか俺に通じるものがあって、ある意味、カルネ以上の
感情移入が出来る作品と言えるね。カルネのおっさんはあまりにもダンディー過ぎるし、歳もあってかやさぐれ過ぎているので、見ているときはおっさんになりきれるけど、
現実的にはなりきれない。でもシュマトケの場合、俺もシュマトケみたいなもんなんで、やっぱ感情移入度がたまらない。で、自殺した後、墓を掘り起こされて、金髪に犯される
ことといったらもうこれ以上のエクスタシーは無いよね。恐らくゲットブライドだかゲッタフライドはそこまで変態じゃないと思うんだよね。変態的な映画を撮りたくて取った
感じで、本人はそこまで変態じゃない。でも恐らく俺みたいな熱狂的なファンがいて、こういう俺みたいなファンのほうが、このフィルムに対する愛が大きいんじゃないかと
思うんだよね。監督よりね。まぁ監督と比べられるようなことでもないんだけど、とにかく半端じゃないわけよ。この映画への愛が。

そうそう。シュラムもさ、トリビアルな良いシーンの宝庫で、あの包茎オヤジが包茎チンポに嫌になったのか、被ってる皮を伸ばしてそこに釘を打つんだけど、その打った後の
シーンが最高でさ、すげー痛そうな顔をしてオヤジがのけぞるんだけど、なぜかスローなの。しかもあのジョンウーみたいなスロー。感動的なスロー。スロー人。なんで短小か
分かるかっていうと、自慢じゃないけどボカシなしなのよね。もうこれだけで最高よ。ネクロもあのとんねるずの石橋の顔をもっと長くしたような、シュマトケをいじめるあいつが
トイレで小便するシーンにモザイクがかかるでしょ。日本のやつの場合。でも無いのね。こっちのは。っつーか元々無いのを日本はぼかし入れないとダメなんで入れただけなんだけど
ボカシが入ってるようなのを完全保存版として持っておきたくないよね。なにしろ劣化版でしょ。だから俺が持ってるのは完全版なわけ。いやー嬉しいな。小便のシーンでも
シッコした後のチンチンをスクイーズする感じとか最高なんだよね。前はモザイクかかってて分からなかったけど、今はスクイーズが見れて最高ね。そういえばメイキングとか
監督へのインタビューが入ってる特典を見たんだけど、ゲッタブライト自身も日本版のモザイク入り、もしくは1と2をコンバインした編集版を見たときに本当に嫌な気分に
なったらしい。ホント、日本のあのモザイクってカルチャーなんとかならんかね?あんなの完全に第三者の編集でしょ。まぁいいや。また日本批判ばっかになりそうなんでやめるわ。
特典といえば予想通りメイキングなんかは和気藹々とやっていて、映画の陰鬱さとは裏腹どころか全く逆なぐらい一人残らずクルーが愉快で、シュマトケ役の俳優も悪ふざけを
していたりっつーか、その楽しい感じっぷりが半端じゃないんだよね。シュラムにもメイキングが入ってるんだけど、あの変態男がジョークを言ってたり悪ふざけをしまくったり
していて、ホント笑える。

あーダメだ。まだ書くこと無いや。そういえばネクロって日本でもDVD出てるのね。死の王の表紙の玉座に座ってる男は昔やってたクリーニング屋のバイト先の店長にそっくり。

ネクロマンティック1 完全版 [DVD]

ネクロマンティック1 完全版 [DVD]

ネクロマンティック2 完全版 [DVD]

ネクロマンティック2 完全版 [DVD]

死の王 [DVD]

死の王 [DVD]