ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

耳蝉、境セイキさんに出会う。

mimisemi2007-07-01

今、ディープシェットにいると書いたけど、ストレスが溜まりすぎてやけになっちゃったね。昨日は大量の安定剤をカードで粉にしてストローでスニッフしつつ、大量にウィスキーを飲むという行為に出ちゃったね。いや、久々に過去の俺が出てきた感じ。で、起きたらなぜか部屋で寝たのにも関わらず、リビングで寝ていてさっぱり記憶が無いわけ。で、目が覚めても体中が鉛みたいな感じになってて、気がついたのが夕方の5時。14時間ぐらい寝てたっつーか意識失ってたっつーか。いや、これは体に良くない。トモちゃんもビックリな飛びっぷりだったけどね。で、最悪な気分で起きたら、ルームメイトが仕事での打ち上げ的なのを家でやるっつーんで、6人ぐらい狭いリビングで飲み食いしててあんま社交的じゃない俺は途中から参加したんだけど、「あ、今子です。どうも・・・」とかいいつつ、ルームメイトからお客さん一人一人の説明があったんだけど、その中に会ったわけが無いのに会ったことがあるような人が一人いてさ、「あれー?」とか思いつつ、とりあえずシッコして、みっともないんで髭剃ってから、本格的に参加したんだけど、驚いたことにこの見たことある人は、境セイキさんだったのだ!!!!あのニューヨークでドラッグ中毒になってホームレス生活を6年した後、復帰してその半生を綴った著書も出しているあの境セイキさん。ルームメイトの仕事が出版関係というのもあるのと、ルームメイトの会社の仕事を社員としてではなく、外からの人として境さんが手伝ったこともあったりして、そういう縁で今日はこの打ち上げに参加したらしいんだけど、まさか俺のアパートに境さんが来るなんて予想してなかったし、ODした次の日にドラッグでは大先輩の境さんが笑顔でリビングに座りつつ談笑してるんだからそりゃ驚くわな。ただ思ってたより境さんはシャイな人だったのと、堅気の真面目そうな女性の方も今回の打ち上げに何人かいたので、正直、突っ込んだ話は出来なかった。色々と話は聞きたかったんだけど・・・。で、最終的に大酒のみの境さんは恐ろしい量の酒を飲んで、寝てしまったんだよね。ただあれね、ニューヨークってさ、特にこっちで働いてる人ってやっぱ頭がいい人多いんだよね。というか凡人がこっちでやっていけないっていうのもあり、なんか普通の人とは違った人が集まってるっていうのはあるんだよね。バークリー出のジャズシンガーの女性とかね、まぁそれだけでは食ってけないから仕事してるんだろうけどさ、あと凄く話が合った男の人がいたんだけど、なんつーか凄かったよ。会話のレベルが。グローバリズムの話から、日本の未来とか状況とか、まぁくだけた話や笑えるくだらない話もあったけど、なんというか基本的に集まっている人の質が物凄く高くて、だから会話のレベルも高いんだよね。ユダヤ人の話とかすげー面白かった。このルームメイトの会社の社長がユダヤ人というところからユダヤ人の話になったんだけど。昨日、打ち上げをやるって聞いてたときは、あんまりノリ気じゃなかったんだよね。俺って知らない人と世間話するのが苦手だからさ・・・とか思ってたらレベルの高い人ばかりで、物凄く話が楽しかったし、俺も物凄い話せたね。やっぱり人によるんだよね。くだらない人とは俺は話さないし、ただの時間の無駄だと思うんだけど、こういう人たちとだったら付き合いが浅かろうがいくらでも喋れるね。だから俺って話せる人とだったらいくらでも話せるぐらい社交的な人間なんだよね。普段はふさぎこむことが多いんだけど。だから、あんま俺は社交的じゃないとかって勝手に自分を定義するのはよくないかも。まぁとにかくさ、俺があまりにも境さんに驚いていたのを見て、ルームメイトが「あんま初対面で大げさに言うのも失礼かも・・・」みたいなダメ出しをしてきてさ、で、俺もまぁあーこれって失礼なことなのかな?とか思いつつ、ルームメイトがキッチンに何かを取りに行った時に、小声で境さんに「失礼でしたか?すみませんでした」と言ったら物凄く良い笑顔で「いや、全然そんなことないですよ」なんて言ってくれてさ、なんか凄く人柄に深みのある人だなというのが印象に残ったね。まぁとにかく今日は驚きだったのとルームメイトの同僚の方々と予想をしてなかった高度で有意義な会話が会話が出来て本当に良かった。俺ってやっぱ話好きなんだなって思ったね。普段は部屋に引きこもってるけど色々とディベートできるような友達を作りたいなって思ったかな。ま、大学で作れそうな気がするんだけど。極右と極左の友達とかね。いいなー。

ニューヨーク底辺物語―NYでホームレスとして生活した日本人が見て感じたありのままのアメリカ

ニューヨーク底辺物語―NYでホームレスとして生活した日本人が見て感じたありのままのアメリカ