ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

人体実験。

mimisemi2007-07-05

やっとディープな状況から抜け出すことが出来たんだけど、ディープな状況の真っ只中のときにあまりに調子が悪くなったんで、もう止めていた抗鬱剤をやけになって飲んだんだよね。しかも多めに。そしたらもう気持ち悪くなって吐きそうになったんだけど、面白いことにさ、しばらく横になって意識を失うかのように寝たあと、起きたら妙に意識がはっきりしてて、妙なやる気があるんだよね。前向きに取り組もうみたいな。抗鬱剤の後押しもあって、今の状況から抜け出せたというのはあるんだけど、皮肉なことに抗鬱剤を飲み始めてから、一ヶ月以上行ってなかったランドリーに行って積極的に洗濯物をしつつ、待っている間は数学の本を読んでテストに備えるとかね、あまりに辛かったからマンハッタンに行って散財でもしようかとか思って買ったのがマイケルムーアのThe Awful Truthのコンプリートボックスだったんだけど、誰も買わないのか半額以下になっててさ、まぁ得したなって感じだったんだけど、両親との会話のために買ったスカイプ用のヘッドフォンがさ、嫌に高くてね、で、買ったんだけどAmazonで見たら20パーセントぐらい安くて、Amazonで安くなってるThe Awful TruthとAmazonより安かったキムズでのこれの差額を考えると、ちょうど帳尻があうような感じになっててさ、別に両方Amazonで買ったら同じことになってたみたいな、悲しいことになっちゃったんだけど、何よりこっちであんまりAmazonを使いたくないのは、クレジットカードを使うというのもあるんだけど、郵便局までピックアップしにくのが本当に面倒で、んだったらちょっと高くてもマンハッタンで買ったほうが、なんつーか買った気分になれるし、商品もすぐ使えるって感じで、割と直接買いに行くことが多いんだけど、あれだね、経済的なことを考えたらAmazonのほうがいいやね。結果的に郵便局への往復とか待ち時間を考えてもこっちのほうが短いからね。まぁーいいや。とりあえず。今日はさ、たぶん独立記念日だかで休みでさ、ルームメイトがいたんで、寝起きは一応オナニーはしなかったんだけど、ルームメイトが一旦家を出て帰ってきたと思ったら、ぞろぞろといろんな人を連れてきて食事会みたいなのをしててさ、俺としてはサプライズなのと、知らない人と会うのが苦手なのと、部屋を出たらすぐリビングなんで、部屋を出づらいっていう最悪の状況になっちゃったんだけど、まぁあまりに小水が我慢できなくて憔悴しきっていたので部屋を出つつ、まぁ適当に挨拶をして小便して部屋に戻ったんだけど、まぁ別に食事会自体は2時間ぐらいで終わったんでいいんだけどね、そのルームメイトがぞろぞろとメンバーを連れてくる前にちょうど新しいAVのサンプル動画を堪能しながら、抗鬱剤でイマイチ勃起に違和感を感じつつも、イキそうになっていたときに急に帰ってきてさ、もう急いでカウパーを拭いてパンツはいたんだけど、状況が最悪なのが、チンチンの拭きもイマイチで、手にカウパーをつけたまま、どうやって知らない人たちに挨拶をすればいいのか?ってことでさ、ましてやマナ殺しのまま知らない人に挨拶するってことが出来なくてさ、で、挨拶もせずに部屋に篭ってたんだけど、まぁ最終的に手元にあったアルコールで手を拭いて、パンツにもアルコールを振りかけて、適当に挨拶しつつトイレに直行して小水をしたんだけど、この状況って凄いタフよ。凄く嫌だしね。別にルームメイトに怒ってるわけじゃないわけ。こっちでは逆に毎日パーティがあるぐらいの心構えじゃないといけない雰囲気もあって、シャイな俺が悪い感じがするぐらいなんで、それはいいんだけどこのタフな状況ね。パーティーの最中にもさ、盛り上っていて話し声が聞こえる中でさ、俺は部屋でイケないまま黙ってるわけ。で、しょうがないんでFF1始めたりしてたんだけど、あまりに我慢できなくて、O Yuki ConjugateのPeyoteを音消しのつもりでかけつつ、オナニーを始めたんだけど、すげースリルがあるんだよね。もし「今子さん。もし良かったら何か食べませんか?」とかドアノックされたら終わりだからね。またすげーリビングから近いから変な音立てようものなら全部聞こえるわけ。でも俺は試みたんだよね。このスリルがたまらない。ただ緊張しながらイッたのと、抗鬱剤もあってか、さっぱり射精感が無いわけ。まぁでもとりあえずスッキリしたからいいかなとか思いつつも、精液まみれの手は洗えないし、このまま部屋に閉じこもってなきゃいけないしで、やっぱ我慢すればよかったとか後悔しつつもさ、ティッシュの音をたてないようにチンポを拭くという作業が久しぶりだなと思ってね、Megoオナニーを思い出したりしたんだけど、全く知らない人たちがすんげー近くにいながらにしてやるというのは始めてだったね。いや、凄かったわ。まぁ思ったより早く客人たちが帰ったみたいなので、俺はすぐにトイレに行けたんだけど、なんかあの危機的な処理感とか切羽詰った感じとか独特なんだよな。まぁでもあれだね、抗鬱剤って明らかに射精感がなくなるし、食欲も無くなるから怖いね。でもどっちを取るか?って感じなんだよね。やる気は出るし、例えば俺がよく感じる脱力感というのを完全じゃないまでも防いでくれるのは凄くいいわけ。ずーっとセントジョーンズワートは飲んでたけど、やっぱ俺は基本的にセロトニンが少ないのか、抗鬱剤じゃないとダメみたいね。何も問題が無いときも全く何もやる気が起こらないとかさ、普通にあるからね。俺。こういう時間の無駄さ加減を考えると、体に負担があっても抗鬱剤を飲みながら曲を作ったり読書をしたり勉強をするほうがいいような気がしてきた。英語学校程度ならいいけど、大学が始まったら、それこそ勉学のためのシャブ的なものが必要になると思うんだよね。あたふたする前にセロトニンを増やして挑んだほうがいいというのはあるね。まぁーただ体に悪いんだよなー。すげー微妙。でも飲んでからの脱力感の無さとか寝起きの良さはやっぱりセロトニンが増えたからなんだろうなぁーとは思うんだよね。俺もドラッグ歴長いからすぐ分かるんだよね。違う感覚だなっていうのが。特に今日もランドリーに行けたのは抗鬱剤のおかげだと思うし、数学というか算数の本を読みながら、分母と分子とかを思い出したのも抗鬱剤のおかげっぽい。読書の時の集中感が違うね。まぁーあれかね、抗鬱剤を飲んでるっつーのはタバコを吸ってるぐらいに思うしか無いのかな。まぁその分、俺は他のところで健康には気を使ってるから大丈夫っていうね。まぁでもホント、もっと良い抗鬱剤が開発されればいいんだけどねー・・・・製薬会社が儲かるのはムカつくんだけど、背に腹は変えられないみたいなところがあるからね。俺のレイジー加減と脱力加減を取り除いてくれるというのは凄いし、何ヶ月も飲んでなかったから余計にその効果を感じるんだよね。例えばさ、抗鬱剤パニック発作や不安感にも効果があるってのは、脳内のセロトニンやら他の伝達物質の行き来をよくするとか、再取り込みを疎外するとかっていうことで、結局まぁ脳内伝達物質が増えるわけね。ってことで前に書いたアメリカ人は大雑把で度胸があるのと、日本人は不安を感じやすいのと同じでさ、日本人が若干アメリカ人になれるのが抗鬱剤なんだよね。まぁプロザックなんかはもっぱら人格が変わるって評判でアメリカでは流行ったらしいけどさ。何も抗不安剤だけが不安を抑制するもんじゃないんだよね。抗不安剤が麻酔的な効果なんだとしたら抗鬱剤は内部から軽減するって感じかね。まぁ両方あれば完璧なんだけど、両方やってるとヤク中になるっていうことがあってさ、まぁ前に戻るって感じなんだけどね。俺も昔からこの繰り返しなんだよな。麻薬中毒患者みたいに、一時期は治ってやめるんだけど、何かのきっかけでまた飲むようになって、それで効果を実感してまた長期的に飲み始めるっていうね。まぁでも思ったのが、こっちで勉強している間は飲んでいたほうがいいかもしれない。気分的なことで色々と惑わされるのは損だし、なんだかんだで飲まないことでの気苦労からくるストレスと、飲んでいることでの物理的な体へのダメージを考えると、どっちも同じかなっていう気がしてきたんだよね。だったら飲んでいたほうがマシなわけで、飲まないことで不安を感じやすくなるだとか、それってのは結構バカバカしくもあるね。飲まないのも不健康なんだよな。俺みたいな中毒患者になると。はぁー皮肉だねー・・・でもさ、飲み始めて3日ぐらいになるけど、今のところ調子いいね。無駄な不安とかが無くなる感じ。また色々と客観的に考えて決めるかな。英語学校での前のセメスターはほぼシラフで通したけど、次のセメスターからはケミカル入りで様子を見ると。まぁようは毎日家にいるということでは違いが見分けづらいので、学校という効果が現れやすいような環境で飲みながら以前との違いを観察してみるってのは面白いかもしれない。前より社交的になって言葉も出てくるとか、そこまで授業が嫌じゃないとか、そんなことがあればね、まぁそのときの気分にもよるんだろうけど、十分ありえることなんだよね。別に飲まないからってふさぎ込むほどになるわけじゃないんだけど、イマイチアクティブではないのも確か。んじゃあまた飲み続けて様子を見てみようって感じなんだね。今の気分的には。ましてや今後のことに関わることだからね。効果があるならやっぱ飲んでたほうがいいと思うね。ましてや前と違って学校に行くわけだから。完全自殺マニュアルの著者が執筆中は抗鬱剤とカフェインだかに依存しまくっていたから書けたんだと本の中で言っていたけど、すげー分かるね。それ。だったら俺も一時的に学校で勉強する間は落ち込んでる暇は無いので飲むべきかなと思ってるわけね。それにしても小水が出にくかったりするのはあれなんだろうね、チンチンの収縮に関することなんで、射精にも大いに関わりがあるんだろうね。まぁ逆にオナニーに依存しなくなるということでいいかもしれないけどね。全然気持ちよくないもん。まぁとりあえずまた人体実験かな・・・。学校と抗鬱剤ってさ、まぁこっちに来たときは飲んでたけど、飲むのが当たり前だったからね、で、ニューヨークに来てね、生活しつつ学校も通って飲んでいないという時期が割とここ半年ぐらいの流れでさ、じゃあ次の半年はケミカルでいこうじゃないかということでね、また状況が違うから観察が楽しみだね。思えばやめるときって余裕があってやめるんだけど、こうやって始めるときって余裕が無いから始めるんだよね。皮肉だよなー。俺は精神的に弱いから、飲まない時期が大体数ヶ月で終わっちゃうんだよね。で、大抵大事が起こって落ち込んでまた薬物依存の繰り返し。たぶんこれが俺の人生なんだろうね。達観しないとやってらんねーな。マジで。

導~みちしるべ~

導~みちしるべ~