ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

企画モノ。

mimisemi2007-07-16

前に企画モノっつってその後、やってなかったその企画モノとやらを今回の企画モノの中で企画モノとしてやろうと思います。

「史上最もイラつく曲」は日本でも大ヒットしたあの曲!耳蝉(ヒットマン)編。

ベスト10にするのか、ベスト5にするのか迷ったけど、10位となるとややこしくなるので、ベスト5で。イギリスのリサーチサイトによると一位が「You're Beautiful」だったらしいんだけど、よくかかる曲なんで、ムカつく結果になったらしいんだけど、自分の場合、まぁ当然ながらその矛先はJ-POPになるわけだけど、はっきりいってその聞いていた時の自分のコンディションとか状況が大きく関わっていると思う。ただ誰々のどの曲って書けるぐらい嫌な曲に関して知識が無いんで、大体で書くね。

とりあえず順位は分からないや。5位から言ってみるか。5位はあれ、最初がピアノで始まって「思い出すー」とか歌ってるやつ。女のボーカルで。さっぱり分からないでしょ。青く思い出すーみたいな歌詞だったと思うんだけど、その後、ギターが入ってきていきなり盛り上るの。この曲に関してはこいつらのCDを全部回収してリサイクルできるものならリサイクルマテリアルにでもしたいぐらい嫌いだった。まずまぁ曲も最悪で大嫌いなんだけど、これを聞いていたのが、クリーニング店の工場っつーか、あのガシャガシャやるところあるでしょ。16とか17ぐらいの時だったと思うんだけど、まぁバイトしててさ、まぁどんなのだったのかは前にも何回も書いたと思うんで繰り返さないけど、ここに置いてあったコンポがなぜかFMヨコハマしか入らなくて、FMヨコハマってのは狂ったようにJ-POPばかりかける局なのね。っつーか今は分からんけど当時はヒドかった。ほかもキンキキッズのガラスの少年時代とかかかってたけど、毎日選曲が変わらないわけ。あとイ・パクサの狂った曲も流れてたな。SOSとか歌ってるやつ。で、ここの同僚のババアに文句を言われながら、キンキキッズ好きなのよねとかそんな話を永遠と聞かされて、毎日死ぬような気分だったね。ましてや当時、パニック発作と鬱は今よりバリバリ現役だったんで本当に最悪だったわ。で、学校は通信制でさ、もう完全にマルクス理論の疎外状態だったわけ。っつーか今の若い人って疎外されてる人多いと思うけどね。まぁいいや。過去の話は長くなるからあれだけど、とりあえずこのピアノで始まる「空が青く思い出すー、それからあー」とかいって盛り上るあの曲が死ぬほど嫌いだった。マウスオブマッドネスで精神病院の中でカーペンターズがかかると患者たちが苦しみだすのと同じような気分っつーか状況だったね。FMヨコハマは殺人電波だよ。マジで。合間合間に入るCMとかトークも死ぬほど最悪だし、本当にあんなものが電波として飛んでいるかと思うと今でも寒気がするね。んじゃあ5位はこれで。曲名とかバンド名なんて調べる気にもならない。

んじゃ4位。バクダッドカフェだったかのサントラのコーリングユーって曲。あのメロディとか曲の感じが大嫌い。ハウスバージョンとかもSpinaのミックスに入ってたりするんだけど、聴くときは必ず飛ばすね。なんで嫌なのか分からないんだけど、生理的にダメ。すげー嫌い。この曲。

んじゃ3位。スメタナモルダウ。大嫌いだった中学の音楽の授業で無理やりオーケストラのビデオを見させられたり、無理やり下手な歌詞をつけたのを歌わされたりしてもう本当にトラウマだった。あんな中学行くぐらいだったら、マジで行かないほうがいい。他の中学はもっとマシってことを願ってるね。あれが平均的な中学なんであれば日本の中学は閉鎖するべき。良いのを残してね。あんなのいかないほうがマシだわ。いじめられて自殺する子達も学校に行かないという選択肢を考えられるようなサジェスチョンをしてくれる人に出会えると死ななくて済むのになーって自殺のニュースを見るたび思うね。スメタナに罪はなくて、あの中学に罪があるね。クラシック音楽っつーと学校の音楽の授業を思い出すから嫌いって人多いと思うよ。マジで。俺はクラシックっつーかドビュッシーだけどね。ドビュッシーってもうクラシックじゃないよね。あれは近代音楽だよね。レス・バクスターが大いに参考にしたというのも頷けるぐらい甘い調べだわ。ドビュッシー

2位。マドンナの曲全般。ウォール伝常連の方々なら言わずとも分かると思うけど、前の怪しい関係だったルームメイトがリビングでずーっとかけてたり、学校の昼休みなんかにテレビがある学生用のフリースペースみたいなところで、無理やりビデオを見せられたりして、もう本当にトラウマ。特に嫌いな曲が去年ぐらいにヒットしてたんだが、MIDI音源の管楽器がピロピロなってるあの曲ね。もうこの曲には憎しみすら感じる。俺ってやっぱり音楽というか音が大好きなんで、好きな音に敏感なのと同じぐらい、嫌な音や嫌な音楽には敏感なんで、聞き流すってことが出来ないわけ。昔、友達と飲みに行ったりするときに「ジャズがかかってる店にしよう」って口癖のように言っていて、なんだか嫌がられてたような気がするんだけど、俺にとってJ-POPが流れてる場所なんてものは拷問部屋と同じなわけ。だから多少高くてもジャズかライブラリ系のコンピとかボッサがかかってるような曲で飲みたいわけ。まぁ結局、音源が揃ってる自宅で飲むのが一番ってことなんだけどね。自分にとって最高のDJって自分自身だからね。

では1位。また同じような路線なんだけど、前の怪しい関係だったルームメイトが崇拝していて、これまたリビングでかけながら音に合わせて歌ってたりなんかした浜崎あゆみ。それ以前はそもそも聴く機会が無かったし、スケベな顔をしているのでオカズにも使えるかな・・・ぐらいの認識だったんだけど、ルームメイトのこれがあってからというものもう大嫌いになったね。もうあの声を聴くと心が張り裂けそうになるぐらいダメ。ホントさ、聞き流せる人って羨ましいんだよね。そういう意味だとこっちはまず店でJ-POPがかかってることが無いんで本当に幸せだわ。

まぁそんな感じだわ。具体的な曲っていうよりかは、具体的な歌手とか状況って感じだね。前にも書いたんだけど、電気のビタミンってアルバムは自律神経失調症の時に聞いていて、とにかく下痢が凄まじかった時期だったんで、今聞いてもあの辛い頃を思い出して死にそうな気分になるね。一曲目のハッピーバースデーとか聞くともう下痢しそうになるし、すげー悲しい気分になるね。別に電気が悪いんじゃないんだけどね。あの頃っつーとあとはエヴァの再放送なんかを見てて、エヴァを見るとホント、自律神経失調症を思い出すわ。一話の間に3回ぐらいトイレに行ってた記憶があるね。あと特に酷い引きこもりだった時期はホームズをずーっと見てたんだよね。ジェレミー・ブレットだかべレットのやつ。父がツタヤに借りに行くとき必ず頼んでたんだよね。ホームズ。で、これがきっかけで一時期ホームズオタクみたいになってたね。それこそシャーロキアンじゃないけどさ。同じキングダムでもポッタリアンよりはいいでしょ。小説は一通り読んだんだけど、これまたあのテレビシリーズの再現度の高さに驚いてたね。まぁこの頃はもう専門なんかに通ってたから体調は良かったのかな。ただ起きたらストーブの前で温まりつつ、ホームズを見るというのが毎日の日課みたいになってたな。マジで。そう思うと今って相当人間的にも精神的にもマシになってきたよね。まともな学校に行こうとしていること自体、凄まじい進歩だよね。ホームズから学ぶことは本当に多いけど、あれなのよ、ホームズが推理するときのあの犯人の頭になって考えるっていうあれが大好きでね。俺も日常生活で応用することが多いのよ。あいつのことは分からないけど、あいつの頭と立場で考えると恐らくこんなことを考えてこういう行動をしたんだろうな・・・とかね。まぁいいや。またホームズの女嫌いのところが好きなんだよね。当時はマジでシンパシーを感じてたな。そうそう!別にホモじゃないんだけど、女嫌いっているんだよ!!ってね。まぁ今は別に女嫌いってわけじゃないけどね。

そうそう。昨日書いたさ、一気に16曲ぐらい作ったってやつ、改めて聞いてみるとたいしたことなかったわ。まぁさらに編集すればよくはなるんだけど、基本的に普通だったわ。あーレコードの話をしてなかったなー。まぁ色々あるんで次回かな。とりあえず曲書いておきたいのはあれね、まりんのElegant Worldのロングバージョンのほうのイントロの元ネタのレコードを99セントで買ったっつーか、買ってみたら元ネタだったっつー話なんだけど、前に書いたっけ?書いたような気がするな。とりあえずイージーリスニング系はこっちではゴミ扱いしてセールのコーナーに置いてたりする店が多いんで狙い目なんだよね。ただやっぱエスキベルとかバクスターは高いか、もしくはほぼ無いけどね。あってもちゃんとした値段つけてる店ばっか。でもさ、バクスターのTabooってアルバムのオリジナルをさ、凄まじく悪いコンディションなんだけど10ドルで買ったんだよね。まぁもう一年前ぐらいの話で当時も書いてたと思うんだけど、これは今でも宝物ね。っつーかバクスターの特にエキゾ系のやつって凄まじくレアなんだよね。曲自体はウルトララウンジから出てた二枚組みのベストでほとんど知ってるんだけど、ようはオリジナルのレコードがほしいわけ。もう死ぬほどバクスター好きなのよ。俺。マーティンでニーは意外とあったりして、もう10枚近くあるんだけど、バクスターのは全然無いね。普通のサントラとかムード音楽やってるやつは割とどうでもよくて、ほしいのはエキゾ系のやつなの。あれね、でもさ、場所は教えたくないんだけど、今子スマックとバクスターが組んで作った変なロックのアルバム、確かミラクルとかいうやつだったと思うんだけど、ずーっと売れ残ってるっつーか30ドルぐらいの値段がついてるんで誰も買わないんだけど、これも狙い目だよねー。日本で見たのは2万とかだったから、手に入れておいていいとは思うんだけど、内容というよりかは希少価値と珍品というところで手に入れようと考えている俺が嫌で買ってないの。やっぱ内容でしょ。で、内容はっつーと相当狂ってはいるんだろうけど、イマイチ興味がわかないのね。ストレンジっつわれるまぁーあのヴぇイルのさ、ISMみたいな概念あるでしょ。でもあの世界って突っ込めないんだよね。入りだしたらもう金がいくらあっても足りなそうだから。やっぱとりあえずあれなのね、激安のムード音楽レコードかジャズを最優先したいわけね。あとまぁ
サントラとかかな。サントラといえば、アンクルの女を手に入れたんだよね。これも去年だけど。まぁあれか、去年その喜びを書いたからいいかな。今日改めて聞いてみたんだけど、もう死ぬほどいいね。デミトリの元ネタとか関係なくいいよ。これは。あーまだあるんだよなーレコード話。買わないっつって、たまに買ったりもしてるのね。ただ買う癖がつくと破産するんでやめてるんだけど、こないだのまりんの元ネタのレコード以来、また熱が出てきたかな。まだまだ掘ればあるのか!みたいな。まりんの元ネタ見つけた店でカジノロワイヤルのレコードを7ドルぐらいで買ったことがあったし、ルグランの危険な賭けだか恋愛モノのさ、すげーサンプリングされたりカバーされたりされまくってるレコードがあるんだけど、これも5ドルぐらいで買ったんだよね。日本ってそういう意味だとこういうのって無理でしょ。もう情報が行きかいすぎてて穴場みたいなのが無いの。もうほとんどのレコード屋がレコードの価値とデマンドを分かってて値段つけちゃうのね。だからつまんない。やっぱこれは!ってのを安く買うのが楽しいんだよね。レコードって。すでに価値を分かってるやつがどっかから掘ってきて値段つけて売ってるやつなんてもうつまらないわけよ。ゴミみたいに扱われて俺がまた命を吹き込むみたいなさ、そのプロセスがいいわけなのよね。あとあれ、キチガイプロデューサーがプロデュースしてたRonettesのレコードがもね、まぁこれは12ドルぐらいだったんだけど、なんで欲しかったかってゴロッパチのEPかなんかで同じ構図でオマージュ捧げてるやつがあるんだよね。あーこれが元ネタだったのかー!っつって買ったらフィルスペクターだったっつー。これまた音の処理がヤバいね。あのあれなんだったっけ、ジョーミークだ。俺としてはつながりがあるね。あの変な妙にスペイシーな音処理。スペイシーといえばあれ、キングことエルビスブルームーンジャームッシュミステリートレインで一環としたテーマみたいな感じで、トムウェイツが声をやってるラジオから流れてくるんだけど、凄まじくヤバい。その辺の普通のエレクトロニカみたいなのとは比べ物にならないぐらいヤバい音像。あれはマジでヤバい。俺も見習いたい。そういう意味だと俺って全然デジタルとかグラニュラーみたいな音処理に全く興味ないのね。俺がやりたいのはジョーミークみたいなエコーからさらにまたエコーみたいな音とか昔のテープミュージックみたいな質感なわけね。で、これがまた微妙なニュアンスで作るのが大変なんだけど、まぁやりがいあるけどね。そういう意味だと俺ってやっぱアナログ機器を使って音作りしたほうがいいんだろうなーって思うんだよね。まぁいいや。あとあれ、Freedom Archivesっていう、まぁ名前の通り政治的なやつの音源をリリースしてるレーベルっつーか出版社っつーか、まぁここのね、Vinyl Projectっていうのがあって、これってのがすげー面白いコンセプトなわけ。チョムスキーとかハワード・ジンとかブラックパンサーのメンバーとか政治犯とか色々な活動家のスピーチの一部分がそれこそブレイクビーツ的に入ってて、ようはあれよ、スクラッチ用のレコードってさ、チェケラーみたいなベタなやつから、ダーティーハリーの「Go Ahead Make My Day」みたいなのとか、スカーフェイスからのサンプリングとかが入ってるじゃん。あれの政治バージョンみたいな感じなの。っつーか発想がいいよね。で、このレコードも、まぁ割とそういう考えを持った音楽プロデューサーからDJから活動家が使えるようなツールになってるわけ。で、その入ってる内容っつーのがスピーチの一部分なんかの使えるところがちゃんと短く入っててね、「アメリカの最大の犯罪組織はCIAだ」とか「資本主義は搾取をベースとした社会構造である」とか、割と長めのやつなんかも入っててね、あとはブラックパンサーの子供たちが手拍子のみで歌っているやつとかね、で、また歌詞ってのが「Power to the People」みたいな感じで、そのままPublic Enemyに繋がりそうな雰囲気だったりするわけ。あとすげーのがエマ・ゴールドマンとかも入ってるわけ。あとマルコムXとかウェザー・アンダーグラウンドっつー、60年代だか70年代ぐらいに活動してた政治的なグループとかね、よくもまぁこんなのを作ったなって感じなわけよ。普通に聴くとマジでサンプリングCDみたいな感じなんだけどね。それが78トラック分も入ってるんでまぁー凄いわけよ。これは最近の一番のお気に入りのレコードだね。コールドカットとかライブで使ってそうな感じ。あとあれかな、マントバーニの6枚組みのボックスセット、まぁレコードなんだけど、これは3ドルぐらいだったと思う。マントバーニはさ、あれなのよ、他の楽団と違うのが、あのストリングスの奏法で、なんたなんたらって名前がついてるんだけど、バイオリンの各セクションの音を微妙にずらすことで、川の流れみたいなエレガントな音色を出してるんだよね。ようは人力ショートディレイみたいな感じか。エスキベルにしてもさ、この時代の音楽家ってこういうアナログなアイデアで音作りをしていて、これがまたクリエイティブだよね。物凄く。エスキベルなんてあれでしょ、スタジオに鏡だか音が反射するプレートみたいなのを四方八方につけて、スタジオ自体でエコーとかリバーブを作り出してたんだよね。凄すぎ!スタジオが楽器ということになると、ダブに通じるものもあるな。いやーマントバーニいいよ。マジで。CDで二枚組みのこれまたベスト中のベストみたいなのを持ってるんだけど、やっぱレコードが一番いいよね。ムード音楽って質が良いやつだと、アンビエント以上にアンビエントなのよ。マジで。俺もホント、アンビエント的に聞いてるからね。マジで。古いのをノスタルジックに聞いてるつもりは全く無いわけっつーかまぁノスタルジックに感じられるほど年寄りじゃないけどね。俺は。まぁただ言いたいのは時代遅れの音楽なんかじゃなくて、今でのいいやつはいいってことなわけ。はっきりいってつまらない最先端とか言われてる音楽を聴くよりよっぽど発見があって面白かったりするわけよ。まぁいいけどね、ムード音楽が人気出てきたら価値がついてレコード買えなくなっちゃうから今は俺が独占できてる感じだからね。でもあれよ、店によっては特にジャッキーグレーソンのレコードに価値をつけてるところとかあるね。だってジャッキーグレーソンのやつってクオリティずば抜けてるもんね。俺がこっちで買ったのは大体1ドルから8ドルぐらいの間だけど、店によっては20ドルとかつけてるところもあるわけ。あーもうジャッキーグレーソンは価値がついてるのかーとか思うとちょっと悲しいけどね。まぁでもすでに10枚近く持ってるんで、コンプリートも不可能ではないかなって感じだけどね。っつーかでも何枚出てるんだろう?ジャッキーグレーソン。とにかく人類史上もっとも甘い音楽がジャッキーグレーソンだよ。この先もあそこまで激甘な音楽って出てこないと思うね。この辺の価値とかセンスとかテイストを持ってるのがまりんなんだよね。ただモンド系はやりつくしてLove Beatを出したっきり音沙汰が無いけど、それこそまりんのアルバムってTipsy並にありえないぐらいレアなレコードとか変わったレコードからサンプルしまくってるもんね。そりゃあんだけのことをやればやりつくしたことになっちゃうかもね。マジで。ただモンドをあれだけ現在形の音楽で表現したのってまりんとTipsyぐらいしかいないんじゃないかな?まぁあと初期のURSULA1000かな。あとアトムハートか。モンドって本当に高貴な音楽なのよ。マジで。それはブルジョワ的な意味ではなくて、楽しむためには独創的な感性が必要っていう意味で高貴なの。ただ音を聴くだけじゃ見つけられない価値ってのがいっぱいあるのがモンドだったりISMだったりSABPMだったりするわけ。想像力の結晶って感じだもんね。そういう意味だとホント、独創的な音楽って今は少ないよね。ホント、限られてると思う。そうそう、昔さ、あまりにムード音楽が好きだったんで、ムード音楽をデジタルで作ってみるみたいなアイデアを考えて色々やってみたことがあったんだけど、Curd Ducaを知ってショックを受けてやめたんだよね。でもさ、Curd Ducaって方法論的にAutopoiesisと同じなんだよね。まぁ逆か。年代的に。アイコン的なサンプルをループさせたりいじったりするだけの瞬間芸っていう意味だと両方同じなんだけど、Curd Ducaがマジで一発ギャグ的で、Autopoiesisがシリアスって感じなんだよね。より現代音楽的というか前衛的というか。ゴダールの引用を思い出すのね。俺はすげー好きでもう自分のオールタイムフェイバリットなんだけど、数人の友達に聞かせたらすげー評価が悪かった。なんでだろう。やっぱあのEkkehard Ehlers絡みだから、観念的なインテリの音楽なんだろうか?別に友達の頭が悪いということじゃなくて、恐らくこの友達たちはそのインテリ臭い衒学的な感じに嫌気がさしたんだと思うんだよね。インテリ音楽っつーとやっぱテムリッツとUltra-Redかな。両方とも政治的だよね。常に。ただ両方とも政治とかコンセプトをおいておいても、音の感覚が凄まじくて、とにかく音がヤバいんだよね。前にも書いたけど、ULTRA-REDのSecond Natureっていうアルバムの一曲目さ、男同士がテントでパンパンやってるんだけど、最初気がつかなかったのね。で、友達が家に来たときにこれをかけたらさ、その友達が「これヤってない?」って言われて気がついたんだよね。当時は英語も分からなかったから、ゲイ関係の問題を扱ってるのは分かってたけど、一曲目でやってるとは思わなかった。っつーか曲名が「みだらな行為」とかそんな感じだったな。でもさ、ああいうドキュメンタリー的な内容と音楽的な内容をコンバインしてる感じが好きなんだよね。そういえばテムリッツの新作、こっちでは皮肉なことに発売されてないんで買えないんだよね。Comatonseから直接買うってのもアリなんだけど、送料がねー。ちょっとね。でもすげー聞きたいんだよね。まぁ検討するかな。マジで。でもアメリカでどこも同じマテリアルをアメリカ用に発売するレーベルが無いってふざけてるよね。あ、あと最近はJon Hassellをかなりの頻度で聞いてるね。もうどれも最高。東洋思想にかぶれた西洋のインテリ現代音楽作家って感じなんだけど、かぶれに終わってない音楽性が凄い。マジでドープ。一服のための音楽って感じで、一服したらもうJon Hassellしかない感じだもん。逆に無いときに聴くと一服したくなるんだけどね。あと一服音楽といえば断然、DJ SpookyのRhythm Scienceね。もうこれは完全に一服のために作られたといっても過言じゃないミックス。俺は本を買ったんだけど、CDだけでも売ってるらしいので、一服したい方は是非、どうぞ。あー一服してー。最近ご無沙汰なんだよなー。ただハマり過ぎるのが怖いってのもあるんだよね。もうあるとさ、週末とかそれだけになっちゃうのよ。あと晩酌みたいに習慣になっちゃうのね。でもあれって寝てるようで実質全然寝れてないからさ、例えばどっか行っちゃて、朝ぐらいに気がついて、良く寝たなーとか思っても、またすぐ眠くなってさ、で、ちゃんとした睡眠が朝から始まるわけ。そうするともう最悪よ。前の日の夕方あたりから一服し始めて、夜ぐらいに本格的に一服してどっか行っちゃって、気がついたら朝でさ、で、寝たはずなのに眠くて、それから寝て起きるのが夕方とかで、それこそ丸一日潰れちゃうわけ。起床後もボーっとしてたり、一服しすぎた場合は頭痛かったりするしね。まぁストレス解消にはなるんでいいんだけど。ストレス解消っていう意味だとあれね、現代社会には必需品よ。酒に溺れるなんてナンセンスよ。みんな一服すればいいだけの話なのに、認識がそこまでいってないわけ。ホント、一部の進歩的な人しか気がついてない。あーでも誰か見つけないとな・・・。俺が面倒見てやるって南米系のやつはよく言うんだけど、ホント、口だけなんだよね。一回もらって後はもうくれないの。あとは忘れてるとか。日本人の友達作るしかないな。マジで。あー明日、そういえば7時半起きだった・・・。もう2時だ。もう朝からって嫌だな。マジで。Spookyの本にも書いてあったけど、夜の時間ってインスピレーションとか第六感的なものが研ぎ澄まされる時間なわけよ。あ、今、読み返してみたら、夢と夜の間の思考はもっともクリエイティブなサウンドを作り出すって書いてあった。まさしくその通り。朝ってホント、馬鹿げた時間なんだよね。そんな馬鹿げた時間に起きてさ、大切な深夜を寝て過ごすなんて最低だよね。まぁ朝方の人間は朝寝てるなんてもったいないって言うけど、俺からしてみれば、朝ほど馬鹿げた時間は無いわけよ。工場のロボット達が起動する時間でしょ。朝って。そういえばルームメイトの友達で、まぁ日本に住んでるんだけど、仕事でこっちに来ててうちに泊まってたんだけど、この人が芸能人なんかについてるスタイリストで、名前は出さないけど、名前出したら驚くような芸能人のスタイリストをしている人なんだけどこの人曰く、朝は絶対仕事を入れなくて、必ず夕方にしてもらってるんだそうだけど、理由ってのがダラダラする時間ってのが毎日の生活で必要とのことだったんだけど、もうかっこいー!!!って感じだった。それこそ実力があるから「昼以降お願いします」って言えるんだよね。これってかっこいいよね。俺ってニートみたいなもんだからニートが朝起きないって言ってるのと全く一緒だけど、実力ある人が、朝は嫌だから昼以降仕事をするって選んでるのって最高にかっこいいよね。俺もあんな感じになってから「朝なんて絶対何もしないか寝てる」って言いたいな。っつーか言えるようになりたい。まぁそんな感じでもう寝るわ。10時間睡眠が必要な俺にとって、5時間ぐらいしか睡眠を取れないのはもう本当に苦痛だわ。遺伝子だからしょうがないんだよね。ロングスリーパーって。はぁーー朝起きるのって憂鬱だわ・・・。

Rhythm Science

Rhythm Science