ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

プリ童貞。

mimisemi2007-08-03

うわーもうありえないぐらい疲れた。テスト自体は難しくなかったんだけどね、っつーかやっぱ数学が・・・。2hg83ufd94^1=2?とかって言われてるようなもんで、問題の意味すら分からないのが大半。もう小学校の頃の算数すらも怪しい感じだったんだけど、中学レベルになるともう無理。まぁ実質、学校言ってなかったし、高校のときも赤点を何回も取った挙句、無理やりパスした感じだったし、数学は本当にダメ。もう見てるだけでイライラする。まぁリーディングも簡単だしね、いや、TOEFLに比べればね、ただ興味も無いものを何時間も読まされるのは苦痛だね。最初はめっちゃ簡単じゃんとか思ってても、JOJOに内容が難しくなってきたり極端に興味が無いものが多くなってきたりして、特にさ、台風と暴風の話とかね、暴風が台風になるまでの過程とかさ、もうどうでもいいわけ。で、何時間もやってるから集中力がなくなってくるわけよ。で、早く帰りたくなるわけね。たださ、まぁすげーいいなーって思ったのは時間気にしなくていいのね。極端な話、3時間ぐらいリーディングに費やしてもいいわけ。エッセイはあれだったけどね、一時間っていう制約があったけど、まぁまぁ書けたかな。ただ採点する側がガイジンの割にはまぁまぁかなっていう基準で採点するのか、ネイティブと同等に採点するのかで、全然変わってくるね。外人の割にだったら、そんなに点数は悪くないと思うけど、ネイティブ扱いだったらもう終わりね。リーディングも6割〜7割ぐらいが正解かな。ただあれよ、数学はもう全滅ね。全く分からん。あんな狂ったようなのを勉強する気にもなれないし、あれだね、ただアメリカって数学のレベルが低いらしいから、補修の数学のクラスなんかで俺みたいな輩がいっぱいいるかもしれないんだよね。その辺はやっぱ2年制大学の強みかもね。割と緩いなんつーかまぁ留学生にも寛大な2年制大学で苦手な学科をやって、4年制に仮に入れたときにはもう専門のことしかやらないってのが理想なんだけど、アメリカの学校のシステムってそんな感じでしょ。だからいいのよね。俺にとっては。なんか学校の雰囲気もいいんだよね。ダメなやつも賢いヤツも平等に教育を受けてるっていう雰囲気があって。あーそれにしてもこんなに疲れるとは思わなかった。睡眠は十分だったし、コンディションもバッチリだったのにテストを受けたあとはグッタリだったね。あれで睡眠不足だったらどうなんだろう?って思うと怖いわ。ライティングもリーディングも特に問題なかったのはやっぱりあれだね、睡眠のおかげだね。ところでライティングの課題がすげー面白くてさ、あなたの街が市からコミュニティに役に立つプランを作るための十分な資金を得ました。そこで一つの案としては、大人向けの読書力を育成するためのワークショップを作るというのがあります。もう一つは子供達のために、放課後にレクリエーションを充実するための施設を作るというのがあります。さて、あなたはどっちを選びますか?どちらかの案を選び、なぜその案を選んだのかという理由を市役所に提出しましょう。ってのがあってさ、なかなかクリエイティブだよね。さすがアメリカって感じ。

っていうかさ、これを書いたのがテスト後だったんだけど、なんつーかさ、基本的に暑いでしょ。夏だから。で、例え半日でもね、まぁ大半が教室にいるとしても通学路の往復はあるわけ。電車賃がもったいないし、歩ける距離なんで歩きで片道30分ぐらいかけて学校に行ってるんだけど、もうこれだけでくたくたになるわけ。基本的に外出の必要が無いときは、俺はずーーーーーっと家にいる究極的なインドア派を越したナチュラルボーン引きこもり派だけども、特に夏は冬眠と逆の意味で夏眠って感じで家に出来るだけ篭るね。もう暑さだけは本当にダメ。寒さならなんとか凌げるじゃん。厚着するとかさ、こっちのアパートはスチームがあって暖かいんだよね。しかも無駄なぐらい暖かい。でも暑さってクーラーが無い限りどうしようもないじゃん。それに体力は削がれるし、汗はかくし、肌が弱いからね、基本的に嫌な日焼けをするし汗疹も出来るしさ、暑いと何もやる気なくなるでしょ。だから嫌なの。でも冬ってまぁ寒いのは嫌だけど、体力が削がれたり、食欲がなくなるとかさ、やる気がなくなるとかってないじゃん?そこがいいんだよね。基本的に。あと冬の匂いが好きなんだよね。俺。夏から秋に移るあたりのさ、あの空気の匂いの変化って凄いいいよね。まぁもっともこっちは基本的に夏は悪臭だらけだけどね。クイーンズなんて特に生ゴミやら粗大ゴミが道に散乱してて、腐敗臭を漂わせてるし、恐らくそのせいでゴキブリとかネズミがすげーいるわけ。もっと街を綺麗にすれば単純に害虫も少なくなると思うんだけどね。まぁただまぁーね、昔に比べたらだいぶマシらしいけどね。あ、そういえばさ、日本の放射能漏れの話とかこっちでのパイプの破裂の話とか、ペッパーランチのレイプの話とか、書こうと思ってたんだけど、基本的に学校がある日は疲れと昼寝で忙しくてさ、ダメなのね。基本的に。で、今は週末ってことでね、書く時間があるんだけどね、でもね、なんかベッドにダニがいるらしくて、刺されまくってるんだよね。こんなの実家ならママがコンスタントに枕カバーとかシーツを洗濯してくれてたけど、今は全部自分でやるしかないから、ついついこういうハウスキーピング的なものがずさんになりがちだね。ランドリーも月1ぐらいしかいかないしね。あー色々と書きたいことはあるんだが、なんつーか基本的にっつーか、大学がいよいよ始まるんだよね。今月末からよ?考えられる?この俺が大学よ?
もちろんクレジットにならない英語の補修の授業と数学の補修の授業がメインで、クレジット取れる学科なんて限られているとは思うんだけど、曲がりなりにも大学生になるわけ。ってことはさ、あんま夜型とか考えられないよね。俺は完全に夜型だけど、夜のほうがクリエイティブな時間を過ごせるなんて詩人めいたことを言ってる場合じゃなくなるわけよ。ってことでもう寝なきゃいけないわけ。まだ2時だけどね。っつっても2時って言っても遅いけどね。本当は12時ぐらいにはもう寝る体勢に入ってて、1時ぐらいには完全に寝てるっていう生活を作っておかないと後が大変になるだけだからね。もちろんなるべく朝のクラスは取らないようにするよ。シュヴィッターズこねても朝のクラスはとらないようにする。たださすがにそうはいかない日も出てくるだろう。まぁ俺が言っているのは排卵日なんだけど。こういう日は朝もいかなきゃいけないよね。恐らく。あ、そういえばね、なんかまぁ2チャンネル系列で嫌なんだけど、動画系の情報を扱っているブログでさ、痛いニュースとかいうのがあって、たまに面白いのがあるんだけど、特に俺に関係しているニュースがあったんでURLを書いておくね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3253977/

まぁ元はルードイヴィルだったわけね。まぁ俺は痛いニュースだかのブログで見たんだけど、これは信憑性があるよ。IQ2万の俺から言わせてもらうと、とりあえず性交渉なんて動物のすることで、理性のある人間がすることじゃないわけ。俺はAV好きだけど、あくまで動物同士が交尾をしている映像を見てヌクのが好きなのであって、自分が動物になるのが好きなわけじゃない。AVが全てじゃないけど、基本的にサオをマンコに入れてカポカポピストン運動するなんて動物のすることじゃん。人間がやることじゃないよね。ってことでまず無理。まぁなんかね、俺はウォール伝でも書けないぐらい変態的な趣味の持ち主で、こういったプレイをしてくれるド変態の女がいたら俺はたぶんやるとは思うけど、これってセックスじゃないからね。偏見かもしれないけど、出来ちゃった結婚とかするやつらって基本的に先のことを考えないで中だししてるイメージがあるのね。子供のことなんて考えてない。とりあえず欲求に任せて野獣の如くセックスに励んでいたら子供ができちゃった。さぁどうしようってことじゃん。で、後になってさ、やれー養育費だなんだっつって葛藤するわけじゃん。で、良心のある両親と淫を踏みつつ、こういった良心なら不況だろうがなんだろうが、クズみたいな仕事だろうが仕事について子供を養おうとするじゃん。これが近代プロレタリアートの始まりなわけ。もっと自分を見直しつつ、どんなことを自分がやるべきかなんかを考えながら人生を送っていって、まぁ結果的にまぁまぁの仕事に就けて、仕事にも慣れてきましたと。もちろん5年以上勤めたりしてね。で、その後、彼女だよね。で、彼女が働かなくても子供を養えるぐらいのバックグラウンドがありますってことになったら中だしを楽しむべきじゃん?でも子供としてはさ、そんな大人の一時の情事のためにカルネじゃないけど、半世紀以上の苦労を課されるわけ。もちろん経済的・家庭的なバックグランドがある家に育てば、この不条理な世の中でもなんとかやっていけるかもしれないけど、極貧で親がニートで親が親を頼っているみたいな環境で育つ子供ってどうよ?ましてやそんなロクでもない両親の遺伝子を受け継いじゃってるんだから、子供も恐らく賢くは育たないよね。いや、然るべき家庭に養子で育ったりすれば後天的なことでちゃんとした人間になれる可能性はあるけど、馬鹿な親から受けた生で、しかも馬鹿で貧乏な環境で育つしかないなんてさ、もう子供絶対グレるよね。でも両親馬鹿だから、基本的に子供のことなんて考えないで中だしするわけ。最悪だよね。でもIQが高い人は、子供を持つことのリスクとか大変さってのもわかっているし、ましてや性交渉のリスクも分かっているわけでしょ。思うに欲望に身をゆだねているような馬鹿が子供をバンバン生むわけ。それは教育が行き届いてない第三国の人たちが貧乏なのにガンガン子供作りまくるのと一緒でさ、あんま変わらないよ。頭のいい人はこんな子供に苦痛を強いるような選択はしないでしょ。ましてやその理由ってのがコンドームがなかったからとか、勢いで中だししちゃったとか、そんな一時の快楽のためにさ、子供は永遠と社会の不条理に喘いでいかなきゃいけないわけ。親が喘ぐのはいいよ。でも子供が喘ぐのは良くないよね。ニューヨークの特にキャリア系の人たちの間では晩婚と晩婚後の子作りかもしくは養子ってのがメジャーらしいんだけど、それは彼らが馬鹿じゃ無いからなんだよね。まぁニューヨークのキャリア全員が頭いいとは言わないけど、少なくともこんなベーシックなことは分かってるわけ。自分の事もやりきったし、金もあるし、で、セミリタイアしたんで時間もある・・・んだったら結婚とかしてみるかなっていうプライオリティよ。彼らの中では。馬鹿が無責任に子供を生むのとは大違いなわけ。俺はね、正直、知能指数と性って大いに関係してると思うよ。基本的に野獣みたいにヤリまくる人たちはそんなに頭が良くないと思うんだよね。そこそこ例えば彼女とだけセックスするとかさ、こういう人たちが普通なわけ。で、知能指数が高すぎると学者バカみたいになって、性ってののプライオリティが低くなっちゃって、ほかの事のほうが楽しいとか、まぁそんなことなんだと思うんだけどね。俺も明らかにこういうタイプだけど、俺の場合、頭がそこまで良いわけじゃないんで、知能指数に関しては分からない。ただまぁ考える頭ぐらいは持ってますよ。考えも無しにギャルに中だしして逃げるようなバカ男よりはよっぽど知能指数が高いのは保証するぜよ。でもそれはあると思うよ。馬鹿って欲望を抑えられないからさ、特に前頭葉がダメなんだろうね。ただ知能がある人は単純に本能を抑えられる能力があるんじゃないかな。だから例えば高名な学者で太っている人って見かけないでしょ。それって単純に抑制が効いてるからなのよ。遺伝的なデブはともかく、アメリカの場合、管理で来てないデブが相当多いわけ。これって知能指数と関係してると思うよ。俺のことを棚に上げるわけじゃないけど、食欲が堕落だなんて考えない。やつらは。俺は細すぎるとよく言われるけど、機能食重視で常に栄養バランスと健康を考えている俺が太るわけ無いわけ。太りようが無い。ただ抑制できないデブってタバコを吸いながら酒を飲んでオイリーなチップスとかドーナッツ食ってるわけでしょ。俺が言ってるのは肥満の人ね。太めの人は遺伝とかも関係あるんで批判できないけど、肥満はただの馬鹿だよ。食欲を抑制できないような情けない前頭葉を持った馬鹿。ってことで性欲も一緒なわけ。パンパンやりまくる人にインテリジェンスは期待できないわけ。アメリカの肥満ってホント、アホみたいな顔してて馬鹿そうなやつ多いからね。マジで。で、細くて美人でお洒落な女の人ってのはまぁビッチの可能性はあるけど、基本的にそこまで馬鹿そうじゃない。それは人種関係なくね。まぁ結局これって別にアメリカに限ったことじゃないと思うけどね。俺の経験だと性経験が豊富な女の子でインテリな人っていなかったからね。だから余計に俺のある意味での女性嫌悪は凄いわけだけども。ただそれこそオタクの妄想みたいになるけど、例のポーランド姫みたいな、ヴァージンで頭が良くて繊細な女性に関してはもう女神だけどね。人生を捧げてもよいぐらい崇拝するけどね。ただ女神だから汚したくないよね。普通にセックスレスってこともありえるわけ。セックスレスっていうことだと別にレズと付き合うってこともできなくもないね。まぁレズ側がどう俺のことを好きになるかにもよるけど、とりあえず俺は明らかにセックスが目的なわけじゃないわけで、そういう意味だとはっきりいって関係ないね。相手がレズだろうがなんだろうが。まぁいいや。とりあえず俺の場合、それ以前に誰も俺のことを見向きもしないというか、男性としてみるわけがないんで、まず可能性の無い話を俺はしているわけでまぁどうでもいいんだけどね。ただ可能性があったとしてもセックスなんてしたくないですよってことね。野獣死すべし。ってことでプチ童貞のいいわけでした。あ、なぜプチ童貞なのかというと、尺八をしてもらった経験はあるけど、当時は強い抗鬱剤を飲んでてインポだったんでイカなかったのね。ってことでプチ童貞なのでした。もちろんヴァジャイナに入れたことはありません。へヴィーペッティングとか尺八とかのセックス経験はあるけど、入れたことがないのと、イッたことがないってことでのプチ童貞ね。プリ童貞?でもさ、俺がそうだからといって、知能指数高い組に入れないってのが悲しいところだよね。でも自分の知能指数がどれくらいなのかって凄い興味あるんだよね。自分の限界が知れるじゃん。まぁ知っちゃったらつまんないってのもあるけど、できることとできないことの区別がつくよね。まぁ基本的に俺は好きなことをやるしかないんで、あんま関係ないっつっちゃー関係ないんだけどね。とりあえずセックスできないってのは明らかだね。あ、そうそう。今回の耳紹介CDマジでオススメ。Ian Pooleyの名前忘れたあの本人のふっくらとした顔がジャケの例の歴史的に凄まじいミックスと似たような雰囲気を持ったミックスなのね。ようはまぁデトロイト系のクラシック満載って意味なんだけど。満載でも無いか。両方とも。淫乱女はコーマン臭い。子宮ガンの確立高い。

Back in the Box: Mixed By Joey Negro

Back in the Box: Mixed By Joey Negro