ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

男=オナニー。

mimisemi2007-10-23

こないだ毎日が充実しているみたいな戯言を散々書いたけど、なんつーかね、外付けのHDDを整理してたら、前にね、俺の嫌いなmyspaceにさ、例のセンセーショナルに作れって言われて作ったやつ。で、作った後、放っておいたんだけど、どっかからmyspace内でのメールが届いててね、ライブに出演しませんか?みたいなことが書いてあってさ、しかもボストンのなんだかっていう割と有名なクラブっていうかライブハウスでさ、俺は「えぇー!マジかぁ?」って感じだったんだけど、とりあえず婆ちゃんの早とちりをしたままライブ演奏ってのを長らくやってなかったんで、久々にやってみるかってことで録音したやつがあってね、DATに録音したやつを後でHDで編集したやつなんだけど、もうさ、凄くこういうの嫌なのね。まぁちゃんと文読んでなかった俺もあれなんだけどさ、よく読んでみるとっつーか、運営団体らしきホームページに行ってみると、なんだかお笑いスター誕生みたいなさ、イカ天みたいなさ、ようは芸人を集めて適当にライブやらせて勝ち残れば決勝みたいなやつでさ、当然、そのライブにかかる費用、まぁ交通費とかホテル代だとかは実費でね、しかも確かエントリーもタダじゃなかったような気がするんだよな。そもそもこんなくだらないのに付き合うわけないんだけど、参加費用だかもかかるっつーんだったらもうバカバカしいよね。こんなのに出たところで何にもならないでしょ。で、残ったのは婆ちゃんの勘違いによる想定ライブ録音のみっていう。もうボストン行く気でいたからね。まぁ去年の12月ぐらいの話なんだけどってかなり前だな。勝手に俺がライブをやってるってのをイメージしてたんでかなり真面目なライブ演奏になってるんだけど、俺なりにデカイライブハウスってことを想定したらしく、過度なリバーブがかかってるのね。全体に。ようはライブ会場全体をノイズで埋め尽くしたかったらしいんだけど、なんだか悲しいよね。散々、勘違いして期待しておいてさ。これだからああいうの嫌いなんだ。mp3系のサイトとかでも乗っけてるとさ、リミックスやりませんか?みたいなのが来てさ、で、実際ページ見てみると、尻軽女みたいな感じでいろんなやつにとりあえず適当にメール送ってさ、くだらない曲のリミックスのコンペをやらせるわけよ。その原曲が良ければいいよ。もうくっだらないんだなぁーこれが!で、しかも驚いたことに世界各国から参加者がいてさ、ようはアマチュアってもう必死でしょ。なんとしてでも自分を売り込みたいからくだらないものにもガンガン参加するわけ。売れない芸人みたいなもんだ。まぁ俺もそうだったけどさ。で、大抵、アマチュアを集ってるようなmp3サイトって烏合の衆が集まったしょーもないもんばっかんだよね。それは海外のDJミックスサイトとかもそう。ミックスを載せられますとかいってさ、とりあえず50MBぐらい使えるんだけど結局、目的はもっとミックス乗っけませんか?ってことでさ、ようはスペースのレンタル料を取りたいわけ。そんなんばっかね。もう嫌いこういうの。くだらない。で、アマチュアは必死だからスペースを借りてでもミックスを乗っけるんだけど、そこからの展開はさっぱりないみたいなね。結局ああいうのって乗せてるんだなっていう本人の自己満足感だけなんだよね。とりあえずWWWを通じて、俺のミックスが配信されているんだっていうくだらない満足感だけでさ、またそのミックスサイトのアクセス数とかをこまめにチェックしたり、ページをカスタマイズすることに快感を覚えたりさ、まぁブログと一緒よ。すげーくだらない自己満足感を満たすだけのものなわけ。それが影響力のあるものとかね、ブログでも情報価値があるものとかさ、まぁ社会批評をシリアスにやってるやつとかさ、まぁなんでもいいんだけど、そういうのはいいよ。ただ9割ぐらいは自己満足型ブログだよね。まぁただああいうのってこういうような目的のためにあるようなもんだからさ、ブログそのものを批判するのはお門違いなわけ。本人達は誰にも迷惑をかけないで情報を垂れ流しているんだから、それでいいわけ。自己完結してるからね。だから俺もね、mp3をウェブに乗っけるってのが凄く嫌なのは、そういう下種な自己満足感を満たすっていう理由が無いこともないんで凄く嫌なのね。逆にちゃんと配信したかったらもっとちゃんとやるべきなんだけど、とりあえず自分のページに乗っけておけばいいかっていうのは凄く馬鹿っていうか、自己満足ブログと全然変わらないわけね。まぁいいや。ってことでんじゃあ4万アクセス記念第二段っていう後付けでこの婆ちゃんの早とちりミックスをアップするわ。それにしてもウォール伝でもさ、アクセス数って凄く気になるもんだね。特にここ数ヶ月、一日百件以上アクセスがあったりしてさ、なんなんだろうな?って感じだよね。悪徳業者のさ、あのロボット型っつーの?なんかキーワードを元にページをディグって広告乗っけまくるっていうのあるじゃん?ああいうのもあると思うからさっていうか、いつも書くけど定期購読者が100人もいたら逆にこれ続けられないからね。プレッシャーで。俺も人がいいからなんかサービス精神とか出ちゃうわけ。それは凄く嫌なのね。だからアクセス数が気になりつつも、大半がロボット型の例のやつとか検索してて間違って来ちゃった人とか、そんな風に考えてるわけね。でもさ、例えばカルちゃんとかさ、俺の固有のワードあるじゃない?っていうかまぁ割とあんまメジャーじゃないようなトピックについて検索するとよく俺のブログが引っかかるんだよね。もうそんなマイナーなのについて書いてるの俺ぐらいしかいないみたいな感じでさ、例えば英語のサイトがバァーッと検索結果に出てさ、日本語のサイトはっつーとウォール伝だけだったりしてさ、ウケるんだよね。マジで。どんだけマイナーなんだと思ってさ。俺の話題。まぁいいんだけどね。それが。でもあんだけ引っかかるってことはなんだかね、それだけ間違って来る人も多くなるよなとは思うわけね。仮に他の人がマイナーなことについて調べてて俺のブログがヒットしたらさ、見るかもしれないでしょ。で、中身がこんなんだから「あ、違う。電波系だこれ」っつって去るみたいな。そんなのが多いんじゃないかなって思うわけね。それにしてもアクセス数を稼ぐっていう動機ってさ、なんなんだろね?広告収入とかがあるページは別として、自己満足でやってるページをさ、宣伝するとか、アクセス数を稼ぎたいって思うとかさ、思えば本当にコリニョン以上に間抜けだよね。まぁいいや。んじゃあまたマイナーなものが検索結果に引っかかるようにマイナーなものを書いてみようかな。ytterbium。aufabwegen。だから俺が何を言いたいのかっつーとアマチュアが売り込みにもがいたところでアマチュアはアマチュアだから、そんなことしてる暇があったら曲作りに精を出せってことなわけね。別に精液を出せって言っているわけじゃないよ。すげー無駄な労力だよね。自分が作ってるのがアマチュアレベルなのに、なぜかプロになりたいとか、有名になりたいとか、ライブに出たいとか、そんなバカバカしい理由で売り込みするわけだからさ。まぁ俺がかつてそうだったからそのくだらなさってのが痛いほどよく分かるんだけど、ホント、やめたほうがいいよ。レーベルとかにデモ送ったり「デモは応募していますか?」とかってメールを送るのは迷惑なだけだからやめたほうがいい。てめーがそれなりのものを作ってたら、出すところなんていくらでもあるからね。そうじゃないってことはてめーのがたいしたことがないアマチュアレベルのもんだってことなわけだ。とりあえず陰毛切ろうかな。近々。伸びてきたし、アメリカだと剃るらしいからね。洋物AVとか見てると大抵男剃ってるよね。それにしてもさ、洋物ってマジでテンション高いの多いよな。もう興奮しすぎてどうしようもなくなっちゃってるような男とかさ、どんだけ性欲に振り回されてるんだって感じだよね。恐らく前頭葉の働きが良くないんだろうな。あんだけ興奮するってことは。ヤリまくるやつとかも大抵前頭葉の働き悪いね。だからヤリチンとかヤリマンって馬鹿が多いわけ。脳の程度の低さと比例してセックスしてるわけだから、なんつーかセックスの回数って、特定の人とやるやつは別として、経験人数が多いヤツって大抵馬鹿だと思うね。まぁ賢いやつがその賢い脳を利用して遊んでるっていうのは別としてもね、大抵はワイルドアニマルだわな。あんなもん下等動物のするものだよね。だから俺は鑑賞で十分だ。マジで。興奮している女と男を見ているだけで満足ね。俺はあれじゃないっていうファンタジー感がいいわけよ。で、落ち着いてオナニーしている俺を観察している俺がいるっていうアンビバレントなね、アンビバレントって言葉が気に入っているんだけど最近、まぁなんかね、ホント、精液を放出することって男の宿命っていうか、放出してない人なんていないからね。みうらじゅんが言ってたことだけどさ、「セックスレスっていう言葉はあっても、オナニレスっていう言葉が無いってことは、みんなやってたってことだね」ってまさしくその通りよ。みんなやってるマスターベーション。男は特にね。だからなんつーかオナニーの話とか性の話が出来ないやつって凄く嫌なのね。こういう部分を恥だって思ってるやつってそれ自体が恥っていうかね。だからなんつーかって全然話が繋がってないのはさ、最近エッセイの書き方とか勉強してるから、繋がってないなんてのは百も承知だけど、ウォール伝でそんなこと気にする必要は無いからね。書いてる最中に語彙とかストラクチャ気にするなんてバカバカしいよね。エッセイでもないのにさ。だからいいのよ。思った言葉を苺いっくリテラルに書いていけばいいわけですから。あー!!MAZKのCDがぁー!盆踊りになった。もう終わりってことだ。盆踊りを加工するだけの電子音楽ユニットとかさ、もうやりたいことだらけなんだけど、仲間がいないんだよね。もう俺の考えてることがマイナー過ぎて賛同者が居ないっつーか、こんな話すら出来ないわけ。MazkのCDのさ、最後の盆踊りはカルちゃんの仕業だよなぁー!とか、こういう会話がしたいんだけど、誰ともできないんだよね。話題をシェアできないっつーか。で、一番ディープな話題をシェアできるのってまた前の繰り返しになるけど妹なんだよね。インランド・エンパイアを教えてくれたのも妹だけど、例の薄毛の母と恵比寿のガーデンシネマだかに見に行ったらしいんだけど、本当に文化レベルの高い家族だなとつくづく思うね。だから家族あっての俺だって前に書いたでしょ。低俗な家族の元に生まれてこなくて本当に良かったっていうか、こういう言い方をしたほうがいいか、この家族に生まれてきて本当によかったなと。思えば俺のドマイナー人生もあの家庭あってのものだからなぁー。もちろん俺の素質もあると思うけど、やっぱ環境もあるよね。だからまず歌謡曲聴いたりしなかったもんね。誰からの悪影響も無かったから。家ではずーっとジャズとかクラシックばっかだったからさ、バックグラウンドはあるよね。子供の頃からサティとかバッハ好きだったわけだからさ、金持ちではないんだけど文化的には上流階級だよね。まぁ別にサティ聞くだけで文化的に洗練されてるとは思わないけどさ。ようはマテリアル的なもので満足しないで、芸術的なものに満足するとか、感覚に満足するとか、そういう風なものがある家庭なんだよね。うちは。俺が良い例だけど、そういった感覚を持てるようになれるバックグラウンドって、やっぱ教育とか幼少期の環境ってのが大きいわけじゃない?だから前にも書いたけど、すげー初期段階での教育ってマジで重要なんだよね。くだらねー親の元に生まれてきても、学校が素晴らしければ全然チャンスはあるじゃない?でも家族もクズで学校もクズじゃクズ人間に育っちゃうのも無理はないよね。そういう下種が本当に増えてきちゃったんだと思うんだよね。ここ数十年。だから前にも書いたけど、そういう馬鹿の大量生産をするような教育ってのは本当に出来る限り早く変えなきゃ取り返しがつかなくなっちゃうよね。それこそ民度の低い下種がガンガン育つわけでしょ。それじゃ国がダメになるからね。マジで。俺はマジで危惧してるよ。日本のことを。まぁ前にも書いたけど、これこそが愛国者ってもんでしょう。まぁあのなんつーか国粋主義とか右的な愛国ではなくて、本当の意味での愛国ね。まぁ別に愛国者だからこう思うとか、そういうくだらないことではなくて、普段からガンガン日本を批判しているけど、だからっつってこれが売国奴かっつーとそうじゃないわけね。そんぐらいまぁ分かっておけ。あーこいつは日本批判してるな、左翼だ、みたいな判断ってさっき書いた興奮しすぎている洋物男優と変わらないよね。まぁいいやくだらない連中の批判は本当に建設的じゃないし、そんなことを繰り返していると西部邁みたいになっちゃうからな。くだらない批判に時間を注ぎ込むのって本当に馬鹿馬鹿しいよね。だったら解決策を見出すほうに力点を置いたほうがよっぽど建設的。批判って簡単だからね。ただ処方箋を出すのは本当に大変。でも処方箋って出せれば結果的に何かに対しての批判よりも強力な批判材料になりうるわけでさ、まぁあれだよね、議論でさ、言い合ってたりしないで、ロジカルに論破するのが一番威力があるのと同じことだよね。でもさーつくづく思うんだけどさー、うちはいいよ、ああいう親がいてくれたから。ただくだらない親の元に生まれちゃった子供って最高に不幸じゃない?ただそんなくだらない親が増えているわけだからさ、せめて他のチャンスを社会が提供しないとダメだよね。それがまぁ教育だと思うんだけどさ。マジで。子供は親を選べないからね。マジで。子供の頃は子供を持つってこどが凄まじくビッグディールなことだと思っててさ、さぞかし親も色々と計画を練っているに違いないとか思ってたけど、こうやって大人になって周りを見渡してみるとほとんどが無計画に子供を生んでるよね。もう子供最悪じゃん。最低の遺伝子を受け継いじゃって最低な環境で育つしかないっていう。なんつーか子供を持つにはさ、なんかテストみたいなのが必要だと思うよ。マジで。親としての資格があるかどうかっていうのを判断するようなテストっつーか、親になるっていうことに対してライセンスがいるようなさ、そんぐらいでもしないとどんどん馬鹿が馬鹿を生むからね。悪循環だよね。本当に生まれてくる子供達がかわいそうだよ。マジで。マジで彼らは親を選べないんだから。最近、こうやって親元を離れて暮らしているとさ、親のありがたさというか偉大さをすげー感じるんだよね。それは身近にいないからある意味でまぁ俺の家族との関わり合いで育ってきた人生というのを客観視できているというのかな。それは親元にいたらなかなかできないことだと思うんだけどさ、まぁ言ってること分かるでしょ。だからさ、こっちに来てからウォール伝で顕著だと思うんだけど、マジで親って大事だよ。親の素質というかバックグラウンドというか。経済的な面なんて社会が保証するべきなのよ。子供がいる家庭には適切な教育と生活環境を国が提供しなきゃいけないわけ。ただ国でも管理できない範囲っていうのが親の素質なのよ。そこがすげーネックね。たださっきも書いたように、親がクズでもしっかりとした教育を受けられるきっかけがあれば、いくらでもチャンスがあるっていうか、別にくだらない親に依存しなくても、自分で道を切り開いていけるようになると思うんだけどね、まぁ今の日本って両方クズっていう環境で育ってきた人が増えているわけでしょってさっきの繰り返しになるからやめるけどさ、マジでさ、子供を持つことって凄まじいビッグディールだからね。俺用語で言うチョービックディールってことなんだけど。マジで育てる気が無いなら生むなよ。マジで。あとカルネ・カノンを見なさい。あのおっさんが言う「こんなデブ女から生まれてくる子供なんてロクなもんじゃないだろう。それだったら子供が生まれる前に俺がその人生を終わらせてやろう。俺がその60年の苦痛から子供を解放してやるのだ」っつって犯すシーンがあるでしょ。あれはカルネのほうだったっけね。まぁセリフは確実に合ってないけどさ、まぁ別にシーン確認しなくてもいいぐらいセリフが頭に入ってるぐらい俺はカルネ・カノンを見ているってことなんだけど、このおっさんの言うことで間違っていることは一つもないからね。適当に子供を
生むってことがさ、その子供に凄まじい人生の苦痛を歩ませるきっかけを与えてしまうってことなんだよ。まぁ全部が全部ね、環境とか教育とか親で決まるわけじゃないけどさ、ただクズみたいな親から生まれてきた子供がクズみたいな環境でクズみたいな学校で育ったらさ、先は知れてるでしょ。そういうのをやめなさいって凄まじく強く言いたいわけね。俺は。親の知能指数が低かろうが生活指数が低かろうが子供への愛があればもう十分よ。それは逆に教育が腐ってても家族があるからオッケー。ただ知能指数も生活指数も愛もないような親が無責任に子供を生むなってことなのよ。俺がそうじゃなかったからこそ思うんだけど、愛も教育も生活のバックグラウンドも無いような子供って、もう想像を絶するぐらい最高に不幸だよなって凄く思うよね。極端な話がどれか一個があればまだいいの。生活水準か愛か教育か知能指数かね。ただ全部無いんじゃ絶望的でしょ。マジで。思うにもうこんなところから全てが政治的なんだよね。いやー無知って怖いよ。マジで。無知は世界を滅ぼすよマジで。ってことでやっぱ最大の重要なポイントはやっぱり教育よね。繰り返すようだけど。完全に良質な教育が保証されていればね、極端な話、先天的なもの、まぁ例えば知能指数だとかね生活水準だとかね、まぁ知能指数っていっても障害者レベルっていうことじゃなくて、そこまで頭が良くなくても、十分に教育でそれはカバーできる範囲であるわけ。別に全ての人がエリートである必要はないんだから。社会が学歴やらさ、そんなもんを必要としてるんだったらね、誰でもそういったものにチャレンジできるとかね、もしくは勉強する動機を得られるような、そんな教育的チャンスをね、国が提供しなきゃダメなわけよ。そうじゃないとホント、不幸な人増えるからね。マジで。こうやって今、ウォール伝書いてるときだってさ、不幸な家に生まれてきている子供達がいっぱいいるわけでしょ。だったら馬路で一刻も早くちゃんとした教育をセッティングしないとマジでヤバイって。どうすんのかな?マジで。レベルの低い人が増えたら馬路で社会終わるからね。どうすんのよ。ホント。あれだよね、いてもたってもいられないってこういうことだよね。でね、不二家とかね、ミートホープとかね、食品系の会社の不祥事が相次いでるけど、散々前にも書いたようにさ、スーパーでバイトしてたじゃん俺。で、期限切れの肉をさ、再パックして売りに出したりとかさ、肉汁っつーか液が出てるんで、それをタオルで拭いてから店に並べるんだけど、単純に「そんなことしていいんでずか?」って店長に聞いたら、「加工日というのはパックした日という意味だから、実質、再パックでも問題ない」とか言ってたんだけどさ、前にも書いたからいいんだけど、こんなのいろんなところで行われてるんだろうなって凄く思ったわけ。そんなことを知ってる俺にとってはさ、不二家だの肉屋だの和菓子だのって全然驚かないわけね。基本的にアメリカなんかが顕著だけど、企業なんて消費者の健康なんてさっぱり考えてないっていうか考えてるわけがない。基本的に企業ってのは利益を出すという目的が最優先だから、利益のためならなんでもするからね、だから捨てなくてもまだいけそうなやつなんて再利用するに決まってるわけよ。こっちに来る前にバイトしてたスーパーの場合はすっぱ抜かれて大々的なニュースになっちゃったから全体で再利用だとか再パックはやめたらしいけど、逆を言えば不祥事がなければずーっとやってたってことなんだよね。俺がバイトしてた頃に一年前って聞いてたから、まぁ今から3年前ぐらいになるのか。比較的最近でしょ?あとその再パックのスーパーの場合、惣菜なんかはさ、期限切れの鶏肉とか惣菜部に回してそれをから揚げにしたりして売ってるわけ。基本的にスーパーの惣菜なんてほとんどが期限切れの肉とか野菜で作られてるって思ってていいかもね。まぁ言い切れないけどさ、そのぐらいの疑いは必要。基本的に信用しちゃダメよ。アメリカなんてさ、牛に成長ホルモンを投与するのが合法だからさ、肉とか牛乳にガンガン成長ホルモンが入ってるわけ。全部じゃないけどね。入ってないやつは一切成長ホルモンは使ってませんってラベルが張ってあるんだけど、張ってないやつは使ってるって思ってていいかもね。スタバもすっぱ抜かれる前は成長ホルモンが入ったミルクを使ってたらしいからね。そういえばさ、Tuscanって牛乳のメーカーがあるんだけどね、ニュージャージーだかのさ、なんかね、一時期成長ホルモンは使ってませんっていうラベルが牛乳にあったのに、いきなり無くなったのね。でさ、Tuscanについて調べるとさ、なんか知らないけど成長ホルモン使ってるのか使ってないのかさ、前はなんだかね、GoogleのQ&Aみたいなのにさ、「Tuscanって成長ホルモン使ってるの?」なんて質問があったりしたんだけど、今調べてみると無いのね。消えたんだかなんなんだか分からないけど。で、Tuscanのホームページに行ってもさ、成長ホルモンは一切使ってませんっていう表記が一切無いわけ。普通、使ってなかったら使ってないってことがさ、商品価値を高める効果もあるわけだからさ、大々的に乗せるじゃん。そういうの。でも無いんだよね。無いってことは入ってるんだろうね。今日、買っちゃったよ。これも前に書いたけど、アメリカ人の女に巨乳とかケツデカが多いのって食品に含まれる成長ホルモンの効果らしいんだよね。仮説だけどね。そう思うと日本の企業なんてさ、すっぱ抜かれればあそこまで反省したりするわけだしさ、国民の食品に対する安全性の意識が高いじゃない?政治への意識もこのぐらい高ければいいんだけど、まぁアメリカって、基本的に富裕層とかインテリは別として、あんまヘルスコンシャスじゃないのね。ホント、アメリカって馬鹿とインテリの差が月とスッポンどころか、天空と地底ぐらいの差があるからさ、基本的に馬鹿が体に悪い食品ばっか食ったりしてさ、んだから企業もやってけるし、質の悪い商品とか食品を作り続けられるわけ。需要があるからね。それにしてもさ、学校の近くにあるマックとかさ、スーパーサイズミーみたいな映画があるのにも関わらず、全然マック行ってるやつとかいるからね。ホント、俺も日本だけバカバカって批判するのやめるよ。馬鹿の絶対数が多いのは日本だけじゃなくて、恐らく人口の比率としてはどこも一緒なんだろうね。馬鹿ほど子供を生むっていうし。こっちのマックが盗難にあいやすいっつーのもさ、偏見だけど馬鹿ばっか来るからだと思うんだよね。高級レストランでは盗難にあいにくいかもしれないけど、低級レストランでは盗難が発生しやすいみたいな、そんなことと同じかもしれないけどさ、消費者の健康なんて全然気にしないっていうのの権化がマックだね。商品会社なんてみんなマックみたいなもんだって思ってたほうがいいよ。マジで。商品を長持ちさせるためなら、多少、健康に害があっても色々な薬品入れるからね。安全な食品なんて無いって思ったほうがいいよ。食べることはリスクだからさ。だから俺みたいに小食のほうが健康にいいんだよ。体に悪いものを入れないで、なるべく栄養だけ取るっていう寸法だからね。まぁ一時期肉ブームの時に食べてたけど、やっぱ体に悪いなって改めて思ったからね。オートミールと豆腐と野菜スープを混ぜて、べちゃべちゃの固形物にするとかさ、ホント、俺の食って実験ばっかりだからね。ただ体に良さそうなのばっかだけどね。コーラに殺虫剤みたいな成分が入ってるだとかさ、インドの研究所かなんかが発見したって記事がだいぶ前にあったけど、まぁ普通だよね。あんなもん体に悪いに決まってるじゃん。アメリカのドリンクなんてほぼ100パーセント体に害があるからね。サブウェイサンドイッチで健康気取ったってドリンクは毒だらけだったりさ、体に悪いチップスとかさ、アメリカって本当に食品の質が悪いんだよね。ホント、食べるの無いもん。改めて思ったけど。だからやっぱさ、完全食の納豆ネギ唐辛子玄米ミックスご飯みたいなのがさ、メインフードになるわけ。やっぱ俺のベースってこれなんだよね。育毛にも良いしね。ただイソフラボンって取りすぎるとガンになるから一日一食までだけどね。あとまぁプラスゆで卵とかね。生卵は心配だからゆで卵なわけだけど、生卵いければそのミックスに卵も精液のようにぶっかけて食べるんだけど、食ザーできないんだよね。こっち生のザーメン食べられないから。まぁオーガニックなら大丈夫かもしれないけど、基本的に俺、アメリカ信じてないから生じゃ食べない。絶対コンドームつけるもん。あ、そうか。自分の精液を混ぜればいいのか。そうすればたんぱく質も完璧じゃん。でもさ、俺がエイズの菌を持ってたとしてさ、自分で自分の精液飲んだらエイズになるのかな?ならないよね。AVとかさ、よくあんな精液飲むよね。100人連続ヌキとかさ、大丈夫なのあれ?肌スベスベになりそうだけどね。でもさーやっぱさぁー小食すぎると体力無くなるよね。なんか。疲れやすくなるっつーか。カロリーも取らなきゃいけないんだよねぇー。難しいわぁー食事って。射精したら男性ホルモンが出てさ、それがはげに繋がるんだったら男はみんな禿るってことだよね。射精しないなんてことは無いわけだから。俺はオナニー我慢するよりハゲを選ぶね。オナニー我慢するなんて苦痛以外のなんでもないよ。マジで。基本的にオナニーするっていう前提で人生に取り組んだほうがいいね。あの人は教師だけどオナニーをしているとか、あの人はパイロットだけどオナニーしているとか、あの人は俳優だけどオナニーしているとかさ、社会学のソーシャルステータスじゃないけど、ascribed statusなわけ。俺は日本人ですっていうステータスはどうあがいても変えられないでしょ。まぁ市民権っていうachieved statusなら別だけど、本質的な意味での日本人というのは一生変わらない。それと同じで男性ですっていうのは性転換してもさ、まぁ基本的に元男ってのは一生あるわけじゃない?まぁジェネラルに考えて、性は変えられないと仮定しようよ。そうするとね、男性であるということはオナニーするということなわけでさ、だからそこでもう変えられないステータスなわけよ。オナニストであるというのは変えられない。Role Conflictなわけ。作家だけどオナニストであるとかね、まぁオナニストって当たり前すぎるからソーシャルステータスとは認知されないけど、まぁみんな認知するべきなのよ。ってことでオナニーが恥ずかしいことだとかさ、人に言うもんじゃないとかって考えるのがもうダメなの。「性別は?」「男です」「じゃあオナニストだね」ってことなわけ。誰も自分が男であるということを隠そうとはしないけど、オナニストであるというのは隠そうとするよね。でも無駄なんだな。だって街出るとさ、歩いてる男の9割以上がオナニーしてるんだなって思うとさ、みんなオナニストだよなって思うわけ。女だって男ほどではないけど、オナニーしてるやつ多いでしょ。女って生物学的に男より性欲を司る脳の部分が小さいらしいんだけど、それでもあそこまで助平ってことはさ、例えば男の標準的な性欲が10だとしてさ、女が7とかにしてもさ、まぁ一見女のほうが少ないんだけど、でもさ、それを比べるために基準値を男とするとさ、恐らく元の倍ぐらいで考えなきゃいけないわけ。だから性欲が7の女でも、10の男と比べる場合は二倍しなきゃいけないから、14ってことになるわけ。まぁそのうちフランスの近代思想みたいな記号化をしようと思うけどまぁそれはともかく、それを考えると基本的にね、女のほうが性欲が高いってことになるわけよ。もう露出の高い日本の女とか見てるとありえないでしょ。もう性欲10で男と同じぐらいで、性欲基準値で計ったら二倍の20だよ。あいつら。だから基本的に見た目から性欲を感じるような女ってセクシーでも一切興味湧かないのね。ズリネタとして機能するだけで人間的にはゼロ以下。でも俺ってホント、過去に女でも嫌な思いをしてて本当によかったなって思うんだよね。彼女作らなきゃとか結婚しなきゃとかセックスしなきゃとかさ、そういう男の牢獄のような観念から脱却できたわけだからさ、フリーダムに近づいてるわけよ。自己を解放する方法って内面からしかないからね。マジで。そこでまた師匠1みたいな哲学というか処世術が重要になってくるわけだけど、それはまぁ置いておいて、賢くなるってことは自己解放への道の一つだし、最大の防御でもあるわけだよね。それこそ俺の好きなワードのIntellectual Self-Defenceってことなわけだけど、社会に何も求めるものが無いっていうのが明らかな今みたいな時代には特にさ、自己解放しか生きていく道は無いわけ。まぁこのワードは師匠2の言葉だけど、まぁ俺は勝手に流用して自己解釈したりしてるけど、まぁそれはともかく、彼女を作らなきゃとか恋愛みたいな幻想に何かを抱いたまま生きているなんてさ、それだけ鎖が多いってことでしょ。人間ってのは元々、囚人みたいな見えない鎖を身につけて生まれてくるけど、それを断ち切っていくのって自分しかいないからね。内面的な認識で鎖を断ち切っていって現実っていう牢獄から脱出するっていうことなわけで、だから俺の夢はね、仏陀みたいな人間になることなんだけど、まぁそれは無理としても近づきたいわけ。だからとりあえず女だとか性なんていうものに振り回されないほうがいいよ。バカバカしいから。時間の無駄だよ。あんなの。あんなのから何も得られないなんていうのは歴史が証明しているし、ロクでもない女たちが証明しているでしょう。必要なのはDIY精神ですよ。マジで。なんでみんな結婚しようとか思ったり恋人を作ろうとか思うのかね?あんなの考えりゃ無駄だってことが分かるだろうにさ。エンゲージするべきものはそんな浅はかなものではなくて、知識と教養でしょう。かっこつけてるわけじゃなくてマジだからね。いや、これはふざけてない。本心よ。「そんなこと言って本当は女の子と付き合いたいんじゃないのぉー?」なんて言われるかもしれないけどっていうか、誰も言ってくれないだろうけど、そんなことはないよ。逆に心のどこかで思ってたらさ、嘘を書いている自分というのはさ、自分は鎖で繋がれているのにも関わらず無いふりをしているだけっていうことでさ、本当は鎖があるんだっていうのを一番よく分かっているのは自分じゃない?だから俺は嘘は嫌いなわけで、絶対自分に嘘はつかないわけ。それは誠実に生きたいとかそんなくだらない理由ではなくて、単純に鎖が嫌いだからってことなわけ。だから絶対かっこつけないし、かっこよくいようとか、誰かによく見られようだとか、高い評価をもらおうだとかさ、こういうのも恋愛と一緒で鎖の一種よ。一生こういうくだらない観念の鎖に繋がれて、かっこよくいようという観念に縛られながら生きてる人ってたくさんいるわけじゃん?不幸だよなって思うよね。本当に幸福になるってことは等身大でいるってことでしょ。頭良く見せようとかさ、名のある学者でもこんなことしてるってことはエリートとか知識人ですら鎖に繋がれているってことだよね。まぁ本人達が幸せならいいけどね。ただ俺には本当に哀れに見えちゃうけど。ホント、こんなくだらない社会と付き合っていきたくないんだよね。社会学のクラスを取ってるけど、社会学的なパースペクティヴを学べば学ぶほど社会のくだらなさというのがガンガン露見してくるわけ。まぁこれも真実を知る過程の一つだからいいんだけど、哲学とか社会学とか政治学なんてさ、基本的に鬱になる要素多いよね。真実ってのはハーシュなわけだ。んじゃあそういったハーシュな現実を乗り越える手段は何か?っていうと、散々書いてる鎖から自分を解放するということなわけで、もはや内面でしか幸福なんていうものはありえないわけね。ディオゲネスも言ってたように所有欲なんてものは人をそれの奴隷にするわけよ。ディオゲネスはパブリックな場でも平気でオナニーをしたらしいけど、まぁ元祖オナニストと言ってもいいかもしれないね。物凄くリスペクトするワンランク上のおっさんの一人なんだけど、俺もいつか完全に所有欲だとか、後天的に植えつけられた社会的規範みたいな呪縛から自分を解放して樽の中に住んだりしたいなぁー。まぁそういう意味だとまぁウォールデンのソローなんだけども。樽じゃなくて山の中。あー!!俺の夢だぁー!!!俺の勝手な定義だけどソローはキングオブアナーキストの一人ですよ。マジで。クズロードアイランドにいた頃にさ、認識の畔ってのを書いたけど、恐らくね、あんな環境の場所から得られるインスピレーションというのが精神的な享楽を生み出すんだなぁーってソローに思いを馳せながら思ったりしたわけ。あの大学、場所だけは最高だったからなぁー。マジで綺麗な場所だった。まぁウォールデンのあの小屋はボストンのコンコードですものね。行けない距離ではなかった。まぁいつか行くけど。山に住んでハッパ吸って音楽聴いてオナニーして・・・ってのが俺の夢ですわね。こういうこと言うと「んじゃあ病気になったらどうするの?」とか言われるんだけど、そんな境地に達したら死なんて怖いはずが無いわけよ。もう良いわけだから全てが。死ぬのが怖いってことは、まだまだ生っていうものに執着してるってことだからさ、その生ってのもようはくだらない俗っぽいことが大半なわけでしょ。所有欲だとか名誉欲だとか愛欲だとかさ、煩悩の塊なわけじゃない?そんなもんを超越したらね、もはや生すらもどうでもよくなると思うんだよね。俺が思うに即身仏とかになった高僧とかって、こういう境地に達してたからああいうことが可能だったんじゃないかと思う。即身仏リスペクトなわけ。まぁあとあれかね、色々経て無に達するっていう意味だと千利休的な人生かもしれないね。散々色々なことで成功するんだけど最終的にわびさびの世界に殉ずるっていう。まぁ政治的な理由で切腹だけどさ、まぁ最後はともかくとして、その精神性は素晴らしいものだったんじゃないかと思うわけね。先人にはリスペクトできる人が本当に多いよっつっても先人に多かったわけではなく、何兆人に一人ぐらいの割合の逸材だったわけで、いつの時代も超越者というのは少数だと思うんだけど、そこで諦める必要は無い。今の時代なんていくらでもこういった先人たちのリファレンスがあるんだから参照しないわけにはいかないでしょう。だから俺が普段から陳腐になってしまった自由っていうのをね、やっぱ尊重したいっていうか最も重要なものの一つだと考えるのは、それが本来の人の在り方だっていう風に信じてるからなんだよね。まぁ個人的な信念なんで別に他人にインポーズはしないけどさ。この世に生まれてからもうすでに束縛されてるわけだからさ、やっぱそこから脱出しないとね。楽な道じゃないけど追求する価値はあると思うんだよな。今、死ぬのと、認識してから死ぬのとでは、死の価値が違いすぎるから、俺はそんな至上の死みたいなのを遂げたいんだよねー山の中で。夢の中でもいいけど。そう思うとさ、死ってのが前提にあるわけだから、あんまゆっくりしてはいられないよね。自分を解放するためのね、やることだらけなわけよ。だからね、まぁいつも落ちに使うけど、まず算数をやらないとってことなわけよ。そろそろ寝なきゃ。んじゃあまた。mp3アップは面倒だからまた今度ね。

Drum and Bass Arena

Drum and Bass Arena