ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

ドットになりたい気分。

mimisemi2007-11-13

今日、テストだったわけだけども、なんつーかもう緊張感ゼロでさ、俺の慣れというか適応能力も半端じゃないなって思うんだけど、もう全くテストってのもに緊張感を感じなくなってるわけね。昔は中二の頃の中間テストでパニック発作になったんで、テスト=パニック発作みたいな図式が出来てたから、もうそれだけでダメだったというか、学校すらまぁ行けなかったわけだけど、やっぱあれだね、認識が変わると全て解決するんですね。ってことで緊張感無さ過ぎでテストだってーのに10分も遅刻しちゃって、しかもこれは設問が33問ぐらいあるやつをなぜか25分で答えなきゃいけないっつーシビアなやつでさ、実質15分も無かったわけだけど、驚いたのが俺の潜在能力というか、追い詰められると超必殺技が出るみたいな感じでさ、ようはもう大急ぎで解かなきゃいけないんで、IKKOIKKOに時間を費やせないからもう凄まじく集中するんだけど、そのときの判断力となにより速読ね。俺って英文を速読できるようになってたのか!!ってテストやりながら気がついたんだけど、まだまだ英語に苦手意識があるんだけど、まさかここまでとは思わなかった・・・。で、結局、全問ちゃんと答えてさ、まぁガチじゃなかったけど、そこまで準備したわけでもなかったんだけど、ようは元々知ってることが多いでしょ。ソーシャルストラクチャは大きく分けて2つあるけど、それは何?みたいなんで、資本主義と社会主義とかさ、まぁこの辺は楽だけど、マックスウェーバーオーソリティーの定義とかさ、元々ちょっと知ってて、んで教科書で読むと頭に入るのね。格ゲーやったことがあるんで、他の2D系やってもそこそこ上手いみたいな、そんな感じ。まぁ結果は分からないけど、あれだね、セメスターのはじめは「英語で社会学なんて大変すぎる!!」なんつって嘆いてたりしたけど、慣れると全然そうでもないんだよね。難しいことなんて何一つ無い。せいぜい問題なのは英語ってぐらいで、それは前にも書いたけど、英語さえなんとかなっちゃえば、そこまで難しいことでもないっつーかまぁコミカレだからってのもあるけどね。社会学が簡単だとは思わないよ。ただ基礎レベルではそこまで高度なものはやらないから、英語さえなんとかなってしまえば、なんとかなるっていう話。でもこうやって社会学のテストをこなせても、んじゃあリーディングのテストはどうか?っつーとまた別問題なんだよね。あれは国語のテストの答え方みたいなテクが必要だからさ。このエッセイのトーンはどんな感じ?とかさ、いつも書くけどこっちのテストって答えが明らかじゃないのが多いんだよね。ホント、回答者を惑わそうとしてるようなのが本当に多い。あとこっちの教育というか考え方で凄く特徴的なのが、絶対的な定義とか何かを求めるんだよね。メインアイデアは?とかさ、この意味は?とかさ、まぁ日本の国語でもそんなのはあったと思うけど、こっちってもっと極端っつーか、極端な話、読み手によってどうとでも定義できるようなものとか、メインアイデアっつってもそりゃ全体がメインアイデアでしょって言いたくなるような日本人には向いてないのよね。この手の問題は。完全にアメリカンウェイだから。それを何個もあるセンテンスのIKKOだけを選んでここのセンテンスにメインアイデアが書かれているとかさ、そんなの必要なのか?って気がするんだよね。俺は文自体は大抵理解できるんだけど、ようはリーディングのクラスでいつも問題になるのが、こういう設問の答え方なのよ。テストの答え方。これはああいう問題に答えるという訓練をしてきていない留学生達には結構タフなわけだね。まぁもっとも俺は中2以来学校行ってないんでエクスキューズにはならんのだけどね。まぁいつも書くようだけど、なんか基本的に全てテストがベースになってるっつーのが凄く嫌ね。それは基礎段階だから詰め込みになってしまうのはしょうがないっつってもなんだかね、テストに答えてる自分が情けなくなってくるんだよね。まぁそれにしてもさ、自分の学力とか英語力が伸びてるのかってホント、主観的にはさっぱり判断できないよなーって凄く思ったんだよね。最初の社会学のテストでは色々と戸惑っていたのに、今回はたった15分で全問何とか答えれたんだからさっつーかこれって英語力っつーか慣れなんだよね。繰り返しになるけどさ。ようはあの教室であの時間であのクラスメートの中でああいうフォーマットのテストを受けるという状況に慣れたのもあるし、テストのフォーマットも事前に知ってるんで答えやすいっつーか、四択にしてもそのテスト側の引っ掛け方とかさ、そんなんがなんとなく分かってくるんだよね。で、分からないところも答えが分からなくても消去法で答えたりできるっていう、ようはもう完全にこういうのって本来の学問との乖離が凄まじいんだよね。もうクイズの答え方みたいになってるわけだから。まぁいいや、今日はあんま長く書くのやめよーっと。ここまで書いてみてあんま勢いが出てきて無いしね。でもやっぱ選挙期間中だからちゃんと更新しなきゃみたいなのが凄くあるんだけど、忘れなきゃなぁー。別に毎日更新する必要ないもんね。書きたいときに書けばいいのにさ、あー!もうこういう外的なものに影響受けてる時点で終わりだな。そういえば昨日の夜っつーか明け方、師匠1の本を読んでてさ、んで今日、学校の帰りに色々と考えたんだけどなんか色々と考えすぎると世界と自分との距離というのを凄く感じるよね。俺はただたんに生きるっていう意志を持った現象なんだって思うと、なんか社会すらも他の人すらも全てがどうでもよくなってきてさ、なんか歩いてても歩いてるような感じがしなくて、なんか空に浮いてるような感じがするんだよね。自分の人生を見てみても、色々なものに振り回されて、オーバーウェルミングしてるよくいる人間の一人なんだぁーとかさ、なんか空から自分を見てるような感じになって、なんかすげーマリオネットだよなぁーって思うんだよね。特に週明けっていつもこういう気分になるんだよなってのも週末に時間があるんで色々考えたりウォール伝更新したりしてるとさ、ある程度リフレッシュするわけよ。まぁ学校がある日よりかは暇だし、オキュパイドされてない時間が多いじゃない?で、そのちょっと突き抜けた感覚が週頭ぐらいにまだ保ててさ、んで学校の帰りとか授業中ですらこういうこと考えちゃうんだよね。一つ一つがあまりに取るに足らないことすぎるというか、ただそんなものに労力を費やさないと人間って生きていけないんだよなーとかさ、妙にシニカルになっちゃうんだよね。今日なんて算数の時間に生まれたときから今に至るまでの回想をしてたからね。で、算数繋がりで図みたいにしてみてさ、自分の人生を解析してたりしたんだけど、あれだよね、連続する現在っていう連続体のケツを俺は常に担っているわけだよね。こんなこと考えてると気が狂いそうになるけど、まぁすでに狂っているから狂いようが無くて、そう思うと楽なんだけど、ただあれだね、俺にはちょっと考え過ぎないでやるべきことをやるっていうことが必要だなぁーとは思ったけどね。それこそ算数とかテストの準備とか、普通の人が必死になるような感じで必死にならないといけないときもあるんだよなーって凄く思うんだけど、なかなか出来ないんだよねぇー。考えないでただやるってことも重要だよね。凄く。ただそういうことが出来る人ってのがさ、ちゃんと社会にコミットしていける人で、出来ない人ってのが、自分の得意なこととか好きなことしか出来ないっていう、ようは競争率の激しいスペシャリストの道を行くしかないわけだけど、もっと凄いのは考えつつ弁えてやることはやるってことが出来ているちゃんとした人達だよね。考えてるんだけど、必要だからバカバカしく思えることも必要だからやれて、しかも最大限の能力を活かしながら遂行できるっていう人達。そう思うと俺はとことんダメ人間なんだよなぁ・・・。変わろうと思って変われるわけじゃないっつってやらなさ過ぎもダメなんだけど、ただその辺はやっぱ自分はダメだじゃなくて、自分はこうなんだからっていうのを認識しつつ肯定して物事を判断しながらやっていくしかないんだよねっつっても今日もさ、なんでテストに遅れたかってエロサイト見てたからなんだよね。しかも授業なんて夕方からでさ、別に朝早いとかね、朝ごはん食べてたら遅刻したとか、そんなんじゃないんだよね。はぁー情けないなぁー。で、「うわー!あと15分しかないじゃん!」とかいって焦りながらテストやってるっていう。まぁそれがあったから超必殺技を発見できたってのもあるんだけど、ただまぁもうちょっとちゃんとしようねって思ったよね。少しぐらいは人並みになんかやってみなさいって凄く思ったね。今日は。なんで俺ってこんなにやる気無いんだろうなぁ?リリカルな言い方になるけどさ、夜のマンハッタンって独特な雰囲気なんだけど、あの黒さってのがフィルムノワールの映像を構成しているドットのように感じられることがあって、ああいう時っつーか今日もそうだったんだけどああいう感覚になってるときって、そのまま俺自身がこのドットになってしまいたいなぁーとか思うんだよね。シュワー・・・って感じで一体化できたら気持ちいいだろうなぁーって思うわけ。日本でもそういう独特の闇を感じられる場所ってあるでしょ。まぁあれかもね、昔の人達って今の人達より恐らく感覚が凄かっただろうから、そういうのを何かの場所に感じることが出来て、霊場とかさ、神社とか作ったのかもね。まぁ別にマンハッタンが聖なる場所だとは思わんのだけど、まぁ闇っていいよねって思ったわけ。だから俺、夜が好きなんだよねぇー。昼間とか太陽って前にも書いたかもしれないけど、本当にアホらしいよね。特に夏が大嫌いなのはこういう理由もあるんだけど、冬はいいよね。特にあの夏から秋に変わるあたりのあの空気の変わり方がたまらんのよね。ホント。逆に春から夏っぽくなってくる時期って凄く嫌なんだけどね。まぁいいや。あんま書くことも無いしっつーかあるんだけど、タイピングオアデッドみたいな状況になってる俺が凄く嫌だから今日はやめるわ。

あ、そうそう。アップしててすっかり忘れてたんだけど、なんかね、昔、あるレーベルから1分のピースを15個作ってくれって言われてさ、まぁそのアルバムのコンセプトってのがいろんなアーティストっつーかアマチュアから集めた1分の音素材をそのレーベルのオーナーっつーかただのおっさんなんだけど、そいつが適当にミックスしてリリースしてるんだけどっつーかまぁ完成品が酷いんだけど、直接本人にメールで言ったら「今までレーベルをやってきてそんなことを言われたのは初めてだ」なんて言われてさ、まぁ俺も言い過ぎたかなとは思うけど、ただ烏合の衆みたいな感じでやってるインディーズレーベルって意味無いと思うんだよね。ホント。ロークオリティーの作品出してそれで何になるんだ?っていう。結局、それってレーベルのオーナーのオナニーだったりするんだよね。オーナーニーだね。ってことで出来がイマイチなこの一分のやつを混ぜるってやつの俺の部分だけ取ってきたやつをアップしてたんで適当に聞いてください。これは実際は3人のアーティストっつーかアマチュアの音素材が混ざってるんだけど、まぁ混ぜ方もイマイチで編集っつーかエフェクトのセンスとかもゼロなんだけど、まぁあれですよ、無いよりはマシってことでアップしましたよ。まぁ元の音素材が俺ってだけで構成とかエフェクトなんかは全部おっさんがやったんで勘違いしないでね。なんかあんまアップする必要も無いよね。ただなんか前にいきなり思いついてアップしたんだよね。忘れてたんだけど。まぁいいや。2つあるから今日はその1で。なんか説明する気力すらなくてごめんね。もうドットになりたい気分なんで。今日は。ところで俺ってよいこっち毎日録画してたんだよね。ちっこいよもへなちょこパンチも。社会貢献するためにも、いつか動画サイトにアップしないとダメですね。それだと冒冒グラフもあるし、アジア太郎もあるんだよね。よくもまぁ毎日、しかも大麻ーじゃなくて手動で録画してたよなぁー。

http://mushroom.cage.to/mp3/smk.mp3

死刑台のエレベーター [DVD]

死刑台のエレベーター [DVD]