ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

基本的にスタンダード。

mimisemi2007-12-24

あ、んで社会学のテストはなんか前回受けたやつの点数がすげー悪くてさ、で、なんだか話によると、全体のテストのスコアが60点未満だと落とされるらしいんだよね。ってことで俺のテストの点数ってモノによって全然違うからさ、すげーびみょーなんだよね。で、まぁ最終試験は普通っつーか、授業で全くやってないところの2チャプターが出てたりしてるんでもう対策のしようが無いわけ。教科書読んできてても教科書に書いてあるようなことはほんの少しで、他の大半が聞いたことないようなのばっかでもう全然ダメだったね。まぁいいや。社会学は落ちたかもしれん。そう思うとリーディング・ライティング・社会学の3つがダメだったってことになるわけで、なんだか絶望的だね。で、算数はね、なんだか俺が時間勘違いしてて、30分遅れでテストルームに行ったんだけど、そしたら例のサルトル似の凄まじい訛りのあるおばちゃん先生が「ビルーー!!どうしてたのよー!!テスト受けなきゃ落ちちゃうわよー!まぁでもアレよ、あなたは私のベストスチューデントだから絶対大丈夫よ」とか俺の体をさすりながら言うんだけど、なんだか俺の心配をしてくれているおばあちゃんみたいな感じなんだよね。で、テストはっていうと、なんだか知らないのばっか出てきてさ、これもACTだから授業でやったのと全然違うやつが出てきたんだけど、まぁ公式とか分からんけど、なんとなく考えりゃ分かりそうなもんが多かったっていうか、まぁ中学とか高校1年ぐらいの数学なんで、やり方知らなくても答えれるみたいなやつが多くてね、んで結局、まぁ当然といえば当然なんだけど、クラスではトップのスコアでパスできたんだけど、スコアが高かったらしく、このサルトル似のおばあちゃんが喜んじゃってさ、「ビルー!!やったじゃないー!!あなたがトップよ!!さすが私の見込んだ生徒だけあるわねー!!」なんて抱きついてきたりなんかして、なんかすげー微妙な気分だったね。これが高度なテストだったら俺も嬉しいんだけど、中学レベルの数学だからね。そもそも俺がこのクラスを取ってること自体が間違いなわけで・・・。まぁいいや、んで先生がはしゃいじゃって、次のセメスターに役に立ちそうなプリントを数学のラボっつーまぁ数学用の教室があるんだけど、色々プリントくれたりしてさ、しかもなんかラボにいたほかの先生に「彼は凄いのよー!!テストで凄い高得点を取ったのよー!!」なんて言いふらしてるわけよ。たださ、高得点っつっても中学レベルの数学だから、高得点もクソもないじゃんね。だって俺おっさんだからね。まぁいいや、ただね、俺はすげー微妙な気持ちだったから、この先生のテンションに乗り切れず、テンション差を感じたまま別れたんだけど、最後におばちゃんが「グッドジョブだったわよ!さよなら、私のベストスチューデント」なんて言ってきてさ、俺はひたすら普通のテンションで「センキューセンキュー」言ってただけなんだけどなんだか今思うと俺もはしゃいでれば良かったのかなーとかすげー思ったね。あそこであのテンションについていけないのはやっぱり俺が日本で育ったからなんだろうなぁー。カルチャーディファレンスよ。俺はああいう欧米系の底なしの陽気さというか、感情の表現能力に心底ほれ込んでいて、しかも日本とか韓国とか台湾に見られるような、あのアジアの陰気さというのが大嫌いなんで、もう人格変えたいんだよね。だから今までの自分から脱皮するって意味で俺はこっちでわざわざビルって名乗ってるわけだし、ミスターノーバディーなわけよ。ビルってーのは。今までの負のカルマを背負ってきた俺からの脱却がビルなのね。アメリカで生まれ変わったビル。ありふれた名前ってーのがまたいいわけ。アメリカ人としてのビルをやっぱ磨かなきゃいけないね。まぁー前に比べたらだいぶアメリカンっぽくなってきたとは思うけど、でもまだまだだね。特にこういうサルトルおばーちゃんみたいな状況に出くわすと乗り切れないし、リーディングのラストミーティングでのハグなんかもイマイチ乗り切れてない感じがあったしね。まぁそりゃーあっちがアメリカンで俺は日本人なわけだから当たり前なんだけど、ただなんか変えていきたいんだよね。日本人のパーソナリティを持った俺ってーのは日本語を喋るときに出てくるわけで、そりゃー捨てようと思っても捨てきれないし、それはそれであってもいいんだけど、ようは英語を喋るときの俺としてのアメリカンモード、もしくはワールドスタンダードモードってのを作りたいわけね。でもやっぱ俺って極端に人見知りが激しかったりするから、アメリカンへの道は相当遠いんだよね。俺の元々の人格と遠いところが多い。まぁある意味で近いところも多いから、まぁこっちでの生活というか人間関係というかが割と明るいんだけどね。


あ、んでもう続きはいいや。書くのが面倒だから。今日はっつーかここ2日ぐらいっつーかまぁ年明けぐらいまで休みなんだけど、ずーっとシムシティ4やっててさ、最初は難しくてっつーか理解できない部分が多すぎてやる気がなかったけど、慣れてくると止まらなくなるね。んでもう10時間とかぶっ通しでやってる感じで、んでまぁラフな形だけど完全系の都市が完成しちゃったね。とりあえず納得みたいな。シャワー浴びてないから体中が臭いわけだけども。Changes of Lifeのあのコードさ、ずーっとループさせて生でピッチいじってんのね。ダブじゃんとか思った。ところでシムシティとかさ、あと全然違うけど、カウンターストライクとかもそうなんだけど、世界中でヒットしてるゲームってある程度普遍的なインターフェースがあるのね。ようはまぁグローバリゼーションとかウェスタナイズって話は置いておいて、とりあえず例えば街を作るっつーのでも水道引かなきゃいけないとか消防署が必要とかさ、あれって誰でも理解できるものなんだよね。だから世界中でヒットするわけ。ただ誰でも理解できないゲームってのは、ようは世界観が独特だったり、ストーリーなんかがそのゲームが開発された国の人じゃないと理解しにくいとか、まぁ日本のアニメとかそうだと思うんだけどっつってもまぁ日本のアニメの場合クオリティが高いから世界中で見られてるわけだけど、ようはアメリカ人じゃないと理解しにくいような世界観のゲームなりアニメってアメリカではヒットするかもしれないけど世界では分からないよね。それは映画とか極端な話、音楽でもそうかもしれないね。それにしてもカウンターストライクのテロリストの描き方には驚きだね。中近東系の音楽を流しつつ、体中に爆弾巻きつけて体当たりしてくるとか、叫びながらマチェットで切りつけてくるとか、さすがヘゲモニー大国アメリカって感じだよね。仮にあのゲームのパチもんを中国のゲーム会社が作ったら大問題なわけだよね。もちろん主人公は人民軍で、敵は日本軍。で、「万歳!」とか言いながら日本刀で切りつけてくるとか、飛行機で体当たりしてくるからその前に撃墜しなきゃいけないとかさ、こんなのもう凄まじく大問題じゃない?でもアメリカが中近東系の国を相手にこういうことをするのは許されるし、まるでイラク戦争のように世界中が黙って黙認しちゃうんだよね。だからカウンターストライクは売れるんだわ。シムシティと同じ原理のまぁユニバーサルなインターフェースと内容ってことでね。こういうゲームとか映画とかまぁメディア全般ってコトだけど、こういうのを利用して極端な言い方をすると世界の思想のシェイピングを行うのって本当にアメリカのお家芸だよね。まさしくドミナントイデオロギー。世界中のアメリカナイズはもう止まらない。あーどうすればいいんだか。俺みたいにあえて敵の本拠地でレジスタンスするってのもいいと思うんだけどね。まぁいいや、さすがにシャワー浴びないと死ぬわ。もう部屋中が臭いもん。あと他にも書くことがあったんだけど体中が臭すぎて忘れちゃった。シムシティで紅蓮状態です。もう紅蓮紅蓮。じゃあね。


PS

ちょっと補足を。あまりに雑だ。ようはカウンターストライクシムシティのような、ユニバーサルに分かりやすいシステムや世界観があるんで、人々に受け入れられやすいということが言いたかったわけ。で、テロリストと自称善玉国家の戦いという単純な二項対立というのもイラク戦争を象徴するかのごとく、世界に受け入れられやすいという世界観なわけね。それにしても洋ゲーっつっても最近は例えば洋モノなんかで抜いてても俺の環境が洋なんで、ある意味で洋じゃないんだよね。日本のAVのほうがエキゾチックかもしれない。いや、これはマジで海外にちょっと長く住んだことがある人なら絶対分かると思うんだよね。洋モノが洋モノじゃなくなるわけ。まぁいいや、その洋ゲーなんだけど、ミリタリーモノは本当に酷いのが多いね。もうアメリカなりなんなりっていう自称善玉ってさっき書いたけど、まぁ民主主義をもたらす正義の軍ってのが西部劇みたいな善玉の描き方で、敵は西部劇に例えるならインディアン、まぁテロリストなわけだけど、そろそろプレイする側もアメリカなりなんなりのこういう単純なやり方に惑わされちゃいけないよね。今まで散々西部劇とか過去の戦争映画とかでやってきたわけだからさ、そろそろ学ばないとダメだよね。あ、ところでこないだホセに連れて行ってもらったコミックストアで911に関する漫画みたいなのがあってね、これがまた凄いんだわ。911の消防隊なりレスキュー隊というのを英雄化しているような、なんというか劇画みたいなコミックなんだけど、アメリカって部分的に最先端だけど部分的にちょーアナログっつーか古いんだよね。まぁ911に関して俺は陰謀説は取らないけど、なんであんな怪しい裏工作なり証拠隠蔽なりを政府がやらなきゃいけないのかさっぱり理解できないし、なによりちゃんとした事件の調査なり、ビルの崩壊のことなりってことをやらなきゃいけないのに、こんなに時が経ってるのにさっぱりやらないアメリカ政府ってのはなんなんだろうな?って本当にもう中国共産党以下なんじゃない?って思うよね。ああいうコミックから簡単に想定できるのは、恐らく911以降はみんなで昭和天皇が死んだときみたいなモーニンモードに入っちゃってて冷静な判断を失ってたんだと思うんだよね。それは色々なものを読んでもそうだったってのが分かるんだけど、特にああいった愛国心を鼓舞するようなものが本当に流行ったんだろうなっていうか、ああいうのを読んで一緒に悲しむというか、もしくは制裁を加えなきゃなって考えるのがモードだったわけだよね。俺はレスキュー隊とか消防隊に恨みはないけど、ポリティカル・コレクトネスがさっぱりないようなものが平気でガンガンに大衆によって消費されているというのが我慢ならないんだよね。まぁ俺みたいなアナル子が正しいとは言わないけど、ただ本当に極端なんだよね。アメリカ。ホント、アメリカはテロリストというワードの定義を考え直したほうがいいよね。だって単純に考えてさ、日本がどっかの国から侵略されてたとして、それに抗うっつーんだとまぁレジスタンスじゃない?でも攻めてる側は抗う側のことをテロリストって呼ぶわけだよ。そういう単純な図式でアホなアメリカのゲーム産業なり映画産業なりってのがどんどん映画作るからさ、だから余計にただですら頭の悪いアメリカ人がもっと頭が悪くなっちゃうんだよね。頭が悪いままでいてくれたほうが、権力者側にとっては好都合だからね。だからそういったヘゲモニーに対抗するにはもう知ることしかないよね。自分の頭で考えるってことが一人一人が出来る抵抗の行動なんだと思う。だから俺は毎日が抵抗の連続なわけだ。


それにしてもなんかのニュースサイトでさ、天皇が「弱者に配慮を」とか言ってるのを見てキチガイアナーキストの俺としては「ケッ!!」とかって思わなきゃいけないんだろうけど、まぁ実際は感動したわけだね。まぁ特に18とかさ20ぐらいのときは馬鹿だったから、天皇=戦犯みたいな単純な図式があったわけだけど、天皇ってのはその辺の腐れ政治家と比べて恐らく相当な人格者なんだろうし、心のどっかで自民党クソ食らえとか思ってるんじゃないかな?とか思うんだよね。ただ腐れメディアは一向に天皇関係の報道ってしないでしょ?それは天皇の発言を含めてかもしれないけど、ただあえて天皇が身を乗り出して発言したことに関してはもっと深く受け止めるべきだと思うし、メディアも報道しなきゃいけないと思うんだよね。あと個人的には天皇の戦争責任を追及するみたいなことを言ってた人が右翼に撃たれたりしたらさ、いつもああいうの見るたび思うんだけど、天皇はあんなの絶対良く思ってないはずなんだよね。変な右翼は変な保守理論をかざしつつ天皇主義とか国家主義みたいなことを言うけど、天皇ってリベラルなんだよ。恐らく。というか本当の意味での保守なわけ。だから何気にリベラルと近いわけよ。天皇は。ってことはあんなしょーもないナスティな天皇の名を借りて国士とか言ってるようなやつらってさ、ああいうことをして天皇が喜んでるのか?ってのを真剣に考えたほうがいいよね。だって天皇は過去の歴史からさ、色々なことを噛み締めた上で旧日本的な軍事国家とかさ、天皇を頂点とする天皇機関説みたいなやつとかさ、まぁああいうの全般に対して嫌な過去だと思っているわけじゃない?繰り返してはいけない過去だと思っているわけだよね。で、なんで天皇陛下万歳!とか時代遅れなことをやってる似非右翼みたいなのがさ、国家主義とか天皇主義とか言い出すわけ?本当に天皇のことを思うんだったら、天皇の限られた発言を真摯に受け止めるべきなんじゃないかと思うんだよね。俺は基本的に天皇家の人達って過去のことも嫌というほど学んできている人達だから絶対その辺の政治家とか論調が偏った学者よりちゃんとした歴史観なり考えを持ってると思うんだよね。だから俺は天皇の名を借りて「天皇を侮辱するものには制裁あるのみ!」とか言って言論弾圧してるようなやつらってのは一番天皇に煙たがられてると思うわけだよ。こういうやつらが天皇=タブーみたいなのを余計促進していると思うし、チキンなメディアもちゃんと報道しなきゃダメだと思うね。だって天皇って別にヤクザとかさ、怖い人達じゃないんだから。怖い人達はむしろその迷惑な取り巻きなわけでさ、だったらこういう取り巻きは天皇がそういった活動に関して心の中では迷惑に思っているっていうのを肝に銘じたほうがいいと思うんだよね。天皇についてはホント、日本はもっと考えてかなきゃいけないと思うね。議論も少ないし報道も少なすぎでしょ。そもそもタブー視すること自体が俺は失礼だと思うんだよな。そんな中で今回みたいな天皇の言葉があると、やっぱり俺の思っていた通り天皇ってのは本当にちゃんとしたディーセントな感覚を持った人なんだなって凄く思うわけ。特に自民党のクズどもは天皇の今回の言葉を肝に銘じてほしいと思うね。月刊天皇とかあってもいいと思うんだけどな。天皇のコラムとかエッセイね。もちろん宮内省とかのセンサーシップは無い天皇の生の声を聞ける雑誌なわけ。前に雅子さんがメンタルいっちゃってさ、んで何が起こったのかわからないような報道しかされなくてさ、皇室だろうがなんだろうが報道するべきでしょ。むしろ雅子さんがあんな状態になっちゃう皇室のルーティンって一体何なの?って気になるところだし、なんだか色々な雁字搦めになっちゃっててああいうことになっちゃったんだとしたら、それって周りの責任でかくない?日本の象徴が鬱だとは言えないなんつーのも鬱病への偏見が相変わらず酷いなとも思うんだけど、日本の象徴が鬱だと言えないなんていう状況自体が余計雅子さんにプレッシャーを与えてるんじゃないだろうか?って思わない?俺は天皇関係の人達は本当にいい人達だと思うんでアナーキストながら信用しているわけだけど、あの宮内庁なり皇室を取り巻くよく分からないシステムってのに俺は凄く疑問を感じるね。まぁそれはともかく今回の天皇の言葉ってのは本当に重いと思うよ。特に自民党は肝に銘じておいてほしいね。で、ちゃんとした保守の理論で行くと自民党やら他の腐れ議員ってのが本当の国賊なわけで成敗する対象なわけだよね。そこを勘違いしちゃったりしてる似非保守はもうどーしようもないわけだけどね。それにしても最近、何気に一番感動したのが天皇の言葉とはキチガイ極左の耳蝉としてはセンセーショナルですね。

デフォルト・スタンダード

デフォルト・スタンダード

インキャパってノイズであってノイズじゃないんだよね。所謂、ノイズミュージックのジャンルでは語れない存在だと思うわけってのは、ノイズ音楽は久しく聴こうとは思わないんだけど、インキャパは別なのね。ビール飲みたくなるような感じで聞きたくなる感じってことで、やはりデフォルトスタンダードなわけですよ。インキャパは。シムシティ・CS並のワールドスタンダード