ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

フーフー。

mimisemi2008-02-07

俺の嫌いな2ちゃんねるで投稿された怖い話とか不思議な話をまとめたサイトがあって、んでいろんなエピソード読んでたらまぁ色々あるんだけど、やっぱ怖いのがね、怖くて寝れなくなっちゃってさ、明日学校なのにもう朝7時。どうしよう。そういえばすげー良いズリネタ見つけて久々にすさまじいオーガズムを感じたわけだけど、暗闇の中で射精して処理してたんで、明け方になるまでチンポにティッシュのカスがつきまくってたってのに気がつかなくてね、痒いんだよね。皮が。俺も不思議な話っつーか経験したやつとか聞いたやつはあるんだけど、今はとりあえず寝るからね。怖いからこうやって書いてるのよ。昔、通ってた塾の先生から聞いた話なんだけど、親戚の集まりだか年明けみたいなときに家族で集まって祖父・祖母の家で食事だかなんだかをしていたときに、その先生がその家、まぁおばあちゃんの家ね、トイレに行ったんだって。で、トイレのドア開けたら、道みたいなのがずーっと直線に続いてたんだって。真っ直ぐに。まぁ本来、便器があるところね。真正面。そっからずーっと道があって、その遠くから若い女の人が歩いてくるんだって。先生に向かって。で、その近づき方ってのの距離感がめちゃめちゃで、遠くから歩いてくる割に一気に近づいてる感じだったらしいんだけど、まぁ一瞬でその女の人の顔を見ることが出来るぐらいの距離になったらしいんだけど、そっから急に女の人が老けだして、どんどん背中が曲がってきて先生の横を通り過ぎるころには老婆になっていたらしいんだけど、それってのがその先生のおばあちゃんだったらしいんだよね。で、先生は驚いて居間だかに戻っておばあちゃんに今あったことを聞いたんだけどおばあちゃんはボケててヨボヨボで反応が無くて、家族もさっぱり信じなかったらしい。ようは通り過ぎた若い女の人から老婆になったのは確実におばあちゃんだったんだけど、おばあちゃんは居間で飯を食ってたっていうね、なんだったんだあれは!!っていう典型なわけだけど、まぁこういうのってあるんだろうね。俺って相当こういうの信じるからね。経験できる人と出来ない人がいるだけで、その存在自体は絶対あるわけ。こういう分からない現象とかね。まぁマジョリティは経験しないんで、あるわけないってことになるわけだけど、そりゃおかしいよね。俺も経験している人間の一人として言わせてもらうけど。ってことで俺のエピソードはまた今度ね。あ、一つんじゃあ簡単なのを。ドラクエ3ね、親父がクリスマスプレゼントに買ってくれたんだけど、上手く行かなくてイライラしたりなんかして、カセットを放り投げたり、目に付かないように洋服ダンスの裏とかに放ったまま放置しておいたりしたんだけど、ある時、妙にやりたくなってね、で、ほこりまみれの洋服ダンスの後ろからドラクエ3を取り出してまぁ埃を払ってファミコンに挿したんだけどダメなのね。で、例の「フーフー」をはじめるわけ。で、一端「フーフー」し始めるとこのフーフーの酸欠状態に興奮してきて過剰にやるタイプだったのね。俺。で、特にこのドラクエ3の時は今まで放置してた分、相当埃をかぶってるだろうってことで、普段も過剰にフーフーしてるのに、この時はもうサヒブ・シハブのフルートかってぐらい吹きまくったら酸欠になってフラッっと倒れたことがあってね、で、問題はその後なんだけど、酸欠でフラッっとした後、まぁ結局ドラクエ3はつかなかったのね。それだけ。じゃあね。

Minidisc

Minidisc

↑イメージ画像と本人違いすぎ。っつーか最近垢抜けたんだよね。イメージ画像と本人のギャップといえばさわらぎ(変換でない)野衣の割とイケメンな若い頃の写真と太った後の写真の差だよね。あれ別人でしょう。イメージ画像、もうあれ若いときの使うのやめたほうがいいよ。全然本人と違うんだもん。あとあれ、
いまだにミステリーなのが小柳帝ね。あのモンド本に出てくる人。あの人のアートスクール時代の写真とかいってさ、ギャグかと思ってたもん。南米のアイドル歌手みたいな浮世離れした顔してんの。凄まじく色黒で。で、今はっつーとふつーの日本人のおっさん。あれ読んだ人誰もが「えー!!」って思ったに違いないよ。しかも本では写真についてのツッコミ一切無いし。あれってギャグなんでしょ?本人の若い頃の写真じゃないよね?だってあれ、完全にラテン系の人じゃん。なんなんだよ、全くさ、ちゃんとした写真使えってーの。さわらぎのいと小柳帝は凄まじいよ。マジで。本当にハードコア。