ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

とにかく虚しいわけで。

mimisemi2010-05-28

月曜がまぁ最後のクラスだったわけだけど、例の割と最近よく喋るようになったメキシカンのやつと例のナーガルジュナのやつとテストの後にまぁなんつーかそのまま解散するのもアレなんでって感じでまぁ微妙な雰囲気の中でさ、「どうする?」みたいな感じになるじゃん?とりあえずまぁサブウェイでサンドイッチは食べたんだけどね。まぁいいや。日記的なことはいいか。ちょっと書きたい事があるからね。っつーのもさ、まぁ色々とまぁ雑談があってさ、結局まぁゲームみたいな話に落ち着くわけよ。共通した話題ってそんなに見いだせないでしょ?ナーガルジュナのやつとだったら仏教の話とかできるかもしれないけど、メキシカンのやつが入るとこいつはそういうのは知らないやつだからさ、また三人ってなると関係性が変わってくるよね。同じ人達なんだけど完全に接し方が変わるっていうか。


いやね、んで結局なんかさ、「鉄拳やる?強い?」みたいな話になるんよね。で、まぁ鉄拳やろうかみたいな話になってさ、んじゃあ誰ん家で?みたいな感じになって、んでまぁなぜか俺ん家になったんだけどその日はもう遅かったから水曜日ってことでね、んでまぁ3時過ぎぐらいにまぁこいつらが来たわけだ。で、俺はアメリカからはしばらく遠ざかることになるなってことでまぁ最後の至福のひとときを過ごしてたわけだけど、なんつーか頭がボーっするようになるのね。やったまま寝ちゃったりすると熟睡感ゼロで次の日とか喋りたい事が喋れなかったりとか。そんな中で彼らが来たからさ、なんつーかなんだろうね、俺ん家来るって時にまぁドキっ!とはしたんだよね。来ても多分つまらないことになるぞーみたいな。俺がダメなんだよね。「うわー!死にそう!あー死んだー!ダメだぁぁぁ!」みたいな盛り上がり方ができないやつだからさ、いや、元々そういう振る舞いはしなくてもコミュスキルとして一時的にバカになるっつーと変だけど異常にゲームを楽しむみたいなモードにできる人とかっていると思うのね。でも俺ってさ、特にまぁ当然まぁここ数年はもうゲームなんてどうでもいいことだからさ、まぁ本当に暇つぶし程度だよね。だから燃えてないんだよね。まぁ燃えるとすれば1プレイヤーのやつばっかだよね。


で、まぁやったのはね、鉄拳5だったんだけど「俺強いぜ!」とかってまぁノリで言ってた割にそんなに強くなかったのね。俺。鉄拳1から2ぐらいの時はやりまくってたから強かったけど今は本当にダメだね。鉄拳5はちょっと前に買ってっつーかサイモンのときか。もう結構前だな。んでもなんか昔みたいに極めようとかって思わなくなるのね。なんで昔は格ゲーにあんなに打ち込めたんだろうな?RPG然り。RPGにしても今はまぁ一部を除いてクリアできればいいって感じになってるもんな。昔みたいな通なこだわりとか一切なくなってるっつーか、特にこの二人と対戦とかやってたときにすげー虚しくなったんだよね。なんかさ、全てに終わりがあるなって。もう俺帰るのかーってことだよね。帰るってことでまぁ送迎会も兼ねてたのか分からんけどさ、ただまぁ俺は頭がボーっとしてたのと殺人的に何も喋ることがなくてさ、だからずーっと黙ったまま二人の対戦とか見てたよね。で、007のFPSがあるんだけどさ、二人ともFPSが上手くて話にならない感じだったのね。俺もまぁ下手じゃないけど、んでも彼らと対戦して勝てるほどじゃないっつーかさ、まぁ俺は見てるばっかになったけど、なんか座ってさ、ボーっとしながら二人の対戦見ててさ、俺なにやってるんだろうな?って気になってきたんだよね。気の効いた事も言えなければさ、テンションは低いし、わざわざアクセスが悪い所に来てもらったのに何にも面白い事がないっていう。なんかそれで申し訳なくなってきてさ、余計になんつーか彼らと顔を合わせることができなくなっちゃったんだよね。いや、それは言い過ぎか。ただあまりに俺は黙り過ぎてて「どうしたんだろう?俺」って感じにはなったよね。まぁ吸い過ぎただけかもしれないんだけど。


で、例のナーガルジュナのやつっつーかルディでいいか。彼がスト2と3が一緒になってるやつ持って来てくれててさ、あまりにネタが無いんでまぁこれやるかってことになって対戦したんだけどさ、俺って3は意外とガッツリやってなくてさ、あんま上手くないんだよね。使うのはヒューゴなんだけどもっぱらCPUと闘うためのまぁゴリ押し作戦みたいなのしかやらなくてさ、最初はルディは驚いてたけどさ、んでもルディは技巧派のキャラを使うんだよね。俺はもうこういうキャラ飽きちゃったから使わないんだけどね。どうせ強いし。あえて中ぐらいとかちょっと弱いぐらいのやつらを極めるのって楽しいじゃん?特にスト3はそうだよね。Qとか使いこなせるようになったら最高にかっこいいと思うんだけど、まぁ使い辛いわな。Q使ってからチュンリーとか使うと何をQであんなに苦労してたんだか分からなくなるぐらいだよね。まぁチュンリーはあんま好きじゃないから使わないんだけどね。マイナーキャラを極めるみたいなのって昔からの癖なんだけどね。で、まぁスト3に関してはヒューゴの単純な動きを見極められちゃってさ、もう敵わなくなっちゃったよね。まぁもっと練習すれば対等ぐらいにはなるかもしれないけど、まぁルディもなかなかのもんだよね。所謂まぁなんつーか大勢で集まったら勝ち続けるようなやつだね。俺もまぁそういうやつだけど。大会とかってレベルじゃなくてパーティとかのレベルね。素人相手ならまず負けないっていうレベルね。


で、なんかまぁスト3も飽きてきたんで半ば強引にスト2やろうみたいに俺が言いだしてさ、んでまぁやったらさすがスト2は強いね。俺。小学校の頃に猿みたいにやってたから完全に動き覚えてるのね。もう圧勝って感じだった。んで結構勝ち負けとか気にする自分にまた絶望してたね。負けたら凄い悔しいのよ。で、スト2で勝ってちょっと優越感みたいな。基本やっぱバカだな。俺。って思ったね。人間を総合的な評価で見た時にやっぱ俺ってダメ人間だよね。コミュ力とかさ、何かを読んでまぁ自分を作ってでもなんかその場を取り繕うみたいなさ、そういうの一切できないんだよね。本当にこういう時はダメだなぁーって思うね。だから特定の本当に話が合う友人としか話せないんだよね。いや、まぁこの二人とはもっぱら雑談が多いんだけどね。でもなんか雑談とかそこまで深くないレベルでも楽しく付き合えるスキルってあると思うんだけど俺には無いんだよね。ゲームやりながら親睦を深めるとかさ、そういうのが一切できないなって思ったよね。


いや、もう自己嫌悪だらけだったね。で、結局まぁ彼らも白けたのか早めに帰ることになってさ、んでまぁ帰っちゃったんだけど、帰った後に「あーやっぱ帰っちゃったかぁー」ってすんげー鬱になるのね。何もしなかったり愛想無かったのは俺のせいなのにさ、でもなんかすげー楽しくありたかったみたいなのだけはすげーあってさ、ただでも空元気とか出してもしょうがないしさ、まぁとにかくダメだったね。で、ボーっとしたまま大家さんとさ、まぁちょうど話す機会があったから事情を話したんだけど英語が来たばっかの頃みたいに退化しててさ、まぁあの時だけだったのかもしれないけど、まぁ酷かったね。頭がおかしくなってるんじゃないか?って感じだったよね。基本的にやっぱ葉っぱはダメだなとは思ったね。俺の場合、いつも吸い過ぎるから一瞬で無くなるし一日中吸ってたりするから生活が成り立たなくなるんだよね。典型的な自己破滅型だよね。まぁ最後だからいいんだけどね。


まぁでも葉っぱ以外にもさ、今日とかね、スト3で負けたのが悔しかったからエミュでやり直そうと思ってヒューゴ使い始めたらまぁまぁ感覚が戻って来たんだけど、んでもあんま強くないなとは思ったね。俺。あとQもまぁまぁにはなったけどまぁダメだね。スト2みたいなさ、みっちりやったベースってのがないから強さがイマイチなんだよね。まぁそれはともかくさ、なんかずーっと虚しかったのよ。ゲームってまぁ虚しいよね。もちろん楽しむっつー目的でやるからいいんだけどさ、でもやった後のあの疲労感とかさ、時間だけが過ぎちゃったみたいな虚しい感じね。あとはまぁ昨日の二人の事を思い出したり大家さんとの会話を思い出したりさ、あとこれはまぐれで知った事なんだけどスピーチ落ちてたのね。あんだけ通って全部のスピーチやって落ちるとかありえないよな。マジで。スピーチだけの平均点で言えばCぐらいだと思うんだけど、テストとか悪かったのかな?まぁどうでもいいんだけどね。


このフェールもまぁ虚しさに拍車をかけたよね。まぁ分かってはいることだけどさ、こういう意味無い一般教養の課程とかって卒業するためっていうか4大に入るために終わらせなきゃいけないプロセスだったわけじゃん?だから何かを得ようと思わないでとりあえず終わらせようっていうさ、それしかないからまぁ終わらせるしか無いっていうことでやってきたわけだけど、まぁ今回帰ることになってさ、まぁ今までやってきたのは一体なんだったの?ってのはあるよね。まぁ無駄ではないんだけどね。学校はほぼ無駄だったと思うけどこっちでの生活とか経験は無駄じゃないよね。でも残念ながら学校だけで言えば本当に無駄だったよね。で、俺がいつも言うように別にこれは大学を変えたところでそんなに変わらないんだよね。別にコミカレだからレベルが低くて無駄ってことじゃなくてまぁ大体学校なんてそんなもんだろうってのはあるよね。


葉っぱも吸い尽くせば終わるし、まぁこっちの生活もまぁ今の所終わるわけだ。彼らを家に呼んだくせに何も出来なかった俺という情けない記憶が残りつつも彼らとの関係ってのもまぁ終わるわけだね。まぁ続けようと思えばメールとかで続けられるかもしれないけど、まぁいつも言うように職場とか学校っつーセカンダリーグループが人間関係を支えてるって部分は大きいからそれが無くなると人間関係が希薄になるのは当然なんだよね。三年前とかの英語学校でのクラスメートとかもまぁメールの交換とかはしてさ、まぁちょっとメールやってたりしたこともあったやつらもいたけど、まぁ今はゼロだよね。まぁそりゃー続くわけないよね。だったら最初からやらなきゃいいのにってのがあるから俺は明らかに続かなさそうなメアドの交換ってやらないんだけどさ、でも社交辞令であるじゃん?メアドの交換すればとりあえずなんか親睦度が高まるみたいな。


でもそんなの一時的なもんなんだよね。ルディやメキシカンのジョシュアとかがどうでもいいって言ってるわけじゃなくてね、まぁフェードアウトする人間関係なんだから続けて何になるの?ってのがあるんだよねっつーかこんな風にドライに考えてる自分にまた腹が立つよね。まぁとにかく楽しめばいいじゃない!ってことじゃん?ゲームで盛り上がればいいのにさ、なんかできなかったんだよね。彼らは盛り上がろうとしてたみたいだけど、俺のテンションがあまりに低過ぎたのかさ、なんか本当にダメだなと思ったね。っつーかパーティー系って大体そうだよね。呼ばれていくのはいいんだけど話す事とか何もないからすぐ帰りたくなっちゃうんだよね。ジョシュアとルディは見知らぬ奴らじゃないからさ、まぁ話す事は無くもないけどさ、でもまぁ夏はどうするの?とかさ、帰ったらどうするの?とかさ、まぁそういう話題があってんであとはもう無いじゃん?頑張って何か話そうとしても空回りになるっつーかさ、まぁこういうところは俺ってやっぱ日本人だよね。無駄口叩かないっつーかさ、ゲームならゲームっつってそれをマジでやっちゃうんだよね。で、自分の弱さにマジでショックを受けるみたいな。


まぁいいや。とにかくすげー虚しさを感じたわけね。人間関係の儚さっていうか、まぁ彼らが家に来てさ、んで帰っていったってまぁ桜が散ったようなもんだよね。別にそれで絶縁とかじゃないしさ、別に元々そんなに深いわけでもないんだけど、なんかこういう終わりってダメなんだよな。俺。寂しいのか虚しいのか分からないんだけどね。だから結構別れ際とかってすげー俺ってあっさりしてるんだよね。「あれ?」みたいな感じであっさりしてるっつーか。心の中でまぁ結構色々と思うことはあるんだけどそういうのを表には出さないのね。「寂しくなるなぁー」みたいな感じでハグしたりとかってのができないのね。まぁやろうとも思わないんだけど。でもまぁ寂しいよね。数学の授業の最後の時もさ、「あー終わっちゃうんだー」とか思いつつさ、先生に「ありがとうございました」とかさ、「授業楽しかったです!」とかって言えばいいのにさ、そのまま素通りしちゃったんだよね。なんか言えば良かったのになんつーか俺ってああいう終わるときが何もかもダメなんだよね。妙に照れくさくなるのと寂しくなるのとでさ、まぁそれをね、寂しさを感じる人とかに言ったりさ、感情を表したりすればよい別れになるのにそれをやらないんだよね。素通りして忘れることでなんとか自分を保とうとするっていうか。だからまぁ自分勝手ではあるよね。ずいぶんと素っ気ないなっていう。そういうのにもうんざりなんだよね。自分が心底嫌になるね。


だから俺ってアメリカっつーかアメリカ人への憧れがあるんだよね。デフォルトですげー感情を前に出すっていうかさ、大げさな仕草とかさ、でもああいうのってまぁ作ってたりもするんだろうけど、でも感情表現としてそれってコミュニケーションになるじゃん?大げさなリアクションとかさ、そんなんでもまぁコミュニケーションになるんだよね。そういうの一切やらないからさ、だからなんか冷めてるんだよね。俺。妹とかはもっと酷いけどね。でも妹は俺と違って良い意味で普通の人だからやることはやるんだよね。まぁでもヘタクソかな。俺みたいに。


いやさ、「短い間だけど楽しかったよ」みたいなさ、まぁこんな臭いセリフじゃなくてもいいんだけど「遠い所から来てくれたのにイマイチ盛り上がらなくてゴメンねー」とかってジョークっぽく言ってみたりとかさ、やれることはいっぱいあるのになんでやらないのかな?手抜きなのかな?もう嫌だね。この世から消えたいね。マジで。同等に語るのはどうかと思うけど女の子にしても明らかに好意を持って接してくれてきているのにさ、それに答えないんだよね。無視するっつー最悪の選択肢しかしてないわけ。もう本当に嫌になるね。シャイっつっちゃえばそれまでだけどさ、なんかでも4年いて全然変わらなかったなっていう。まぁ逆に日本の友達とか家族が全然変わらないねって驚くぐらいなんだけどね。アメリカに言ったからなんかさ、普段も「ワーオ!」とかさ、感情表現が大げさになったりするのかな?ってイメージあるじゃん?まぁそういう人もいるけど、俺はもうアイデンティティが形成され尽くされてたんだろうね。だからさっぱり変わらない、まぁ行ったばっかの時が一番弾けてたかな。学校が狭かったからさ、学校で有名人だったもんね。まぁその英語学校って生徒が40人ぐらいしかいなかったんだけどね。あ、ロードアイランドのやつね。キューティーとかロジャーと会ったやつ。あーもうあれも4年前にもなるのかー・・・。


なんか本当に虚しいな。いや、経験は最高だったと思うけどさ、何も俺は成してないよね。こっちに来てから。かといって学位取るみたいなことって成した事になるのか?ってそれもまた疑問だしねってさっきの話に戻るけど一般教養課程ってまぁ卒業っつー前提があるから耐えられるもんだよね。でもそれが無いってもう完全に意味ないよね。んでまぁ逆にさ、仮にまぁ今の学校を卒業できるにしてもまぁどの道あんま変わらんのよね。学校でやってることは意味無いことばっかだからさ、まぁ数学になれば変わるだろうって思っててんで結局まぁやっと数学だけやれる!ってことになって帰国になったからまぁなんかこれから!って時にさ、ちょっとまぁこれが寂しいってのはあるのかな。かといってまぁスピーチ落ちてさ、また受ける気なんて無いけどね。こんな金かけて高校数学をやるつもりはないから帰国はいいんだけどね。ある意味で今の最善の選択かもしれないわけで。


何かってさ、何かがまぁ結果として出てきたときに意味が形成されるっていうかさ、学校ならまぁ学歴とか卒業だよね?でもさ、学歴とか関係無くてもさ、学校ならまぁ何か学んでもよさそうなもんじゃん?で、まぁ8割ぐらいのクラスで何も学べなかったよね。2割は本当に良かったね。数えられるぐらいしかないんだけどね。哲学のクラスとモダンアートのクラスと政治学のクラスね。あとまぁ目覚めるきっかけを得た数学とあと今取ってて終わった数学かな。何百万かけて何十クラスっつー数を取っててたったのこれだけだからね。これが卒業っつー結実無しに終わるんだもんね。


で、別に卒業できたとしてもやってきたナンセンスのナンセンス加減って変わらないわけでさ、本当に時間と金の無駄だなって思うよね。でもこれが俺が批判してる虚偽意識そのものでさ、学校行ってるときはさ、なんか特に学校に一日中いたりすると帰って来てからさ何かやり遂げたような満足感があるんだよね。学校に行ったなぁー!みたいな。実際は何もしてないんだけどね。まぁ空き時間に読書してるぐらいか。でもなんかさ、夜遅く帰って来たりすると今日は頑張ったなぁーじゃないけどさ、朝9時とかに家を出て11時過ぎとかに帰って来るとさ、何かを成し遂げたような満足感があるんだよね。でも実際は何もやってないんだよね。労働の場合「働いたなー」ってことでさ、「俺なんていつも9時に家出て帰ってくるの11時過ぎとかだぜ!」とかって自慢できるみたいなさ、でもやってることはただの穴掘りレベルっていうのは学校もあんま変わらないよね。まぁどんなレベルの学校でもさ、あまりにやることが意見なさ過ぎて辞めるって人必ずいるよね。で、俺みたいなやつの場合さ、惰性なんだよね。中退すればいいのにさ、中退してもやることないからとりあえず出るしか無いっていう惰性でしか学校に行ってないんだよね。本当に情けないね。


いや、今回の帰国でさ、虚構がすげー見えたよね。経験とか思い出っつー抽象的な概念で言えばそりゃー得られるものが多かったから凄くよかったわけだ。でもこれって俺が一人暮らしを続けつつさ、家に籠って本を読んだり色々考えて来たっていう結果なんであって留学そのものとは関係無いんだよね。俺が個人的にまぁ色々とやってたことが結果的に凄いためになってるっていうかさ、まぁこれもこっちにいるっていうのありきだからまぁいいんだけど、でもつくづく英語学校にしても学校にしても凄まじい無駄だったなとは思うよね。学校って意味でね。そこで会った人達って話をすればそりゃー無駄じゃないしさ、でもまぁこれだけだよね。色んな人達に会って会話したりしたっていうまぁこれだけだよね。肝心の学校からは何も得てないよね。だから今回の俺の留学って留学って言えないと思うね。海外での長期滞在だと思うね。「学」の部分はほぼ全部自分でやってたわけだから留学じゃないよね。


もう虚し過ぎるよ。本当に。人生自体が。これが俺のデフォルトなんだよね。ゲーム極めても何もならないじゃん?まぁ極めるほど強くなれないしね。スト3のトーナメントの動画とか見てるとありえないぐらい強い人達いるじゃん?ああいうの見るとやる気無くすよね。もう強さが尋常じゃないっていう。で、ゲームも虚しいけど人生も同じぐらい虚しいよね。で、何になるの?っていうのってさ、何にでもついてくるよね。だからまぁ学校もゲームも人生も同じなんだよね。そこには主観的な価値観しか存在してなくて客観的に見れば意味なんてどれにもないからさ、数学だってそうじゃん?意味無いよね。それは役に立たないって意味じゃなくて意味がある学問じゃないってことだよね。だからなんか俺ってもう学問をやることでしか人生に何かを見いだせないんだよね。こればかりはゲームと違って飽きないし虚しさは感じないよね。エンドレスに色々とあるからやり甲斐がある。でもまぁ意味無いんだよね。


哲学にしても政治哲学にしても数学にしても「意味あんのそれ?」って言われたら終わりみたいな学問の代表例だよね。でもここのまぁ主観的な価値を介在させてEXニヒロを回避するってことだよね。でもこれってどういう態度なんだろうな?毎日が虚しいから何かに必死になってたほうがいいからやってるのかさ、EXニヒロを回避するためにやってるのかさ、まぁ二つとも理由は同じようなもんだけどさ、ただなんか途端に全てが分からなくなる時ってあるよね。俺が何のためにこっちにいて何のために日本に帰るのかさ、もうさっぱり分からないよね。俺の存在意義みたいなのが分からなくなって来るわけよ。最終的には。


これってある程度さ、学校を惰性で生き続けるってことでなんつーかとりあえずベースが学校になるじゃん?まぁサマークラス取ってたとしたら6月ぐらいから始まるから「また学校が始まるけど次は物理だから楽しみだ」みたいなさ、学校っつー中にいれることで無駄なこと考えなくなるってのはあるよね。とりあえず単位を取って卒業するっていう分かりやすい目標があるからそれに向かって進むことができる。でも今まぁそういうのが無くなってさ、で、実質こっちでやることなんてもう無くなってさ、で、改めて考えてみると学校からなんて全然何も学べなかったなぁーとかさ、今まで俺は何をやってたんだろう?って激しく疑問になるよね。だからこそ学校ばっかに行ってなくて良かったってことなんだよね。学校は片手間で読書を主にやってたからだからまぁ本当に報われた感じだよねっつーかまぁ結局過ぎ去る時間は独学という有効な方法で過ごすしかないんだよね。だから結局何らかの研究をしてるってことが一番良い事になるよね。ホント、俺にはこれしかない。


んじゃあ金があったらどうなのか?って同じくやることないね。金に困らないわけだから学校は行かなくなると思うけどさ、んじゃ学校行かなくなって何をやるか?ってまぁ引き蘢りだよね。読書は続けるけど・・・っていうまぁそれだけっつーかなんつーか。なんか特に欲しいものもないしさ、まぁ本は欲しいけどさ、それ以外にって無いんだよね。物欲がある時ってだからちょっと楽しいよね。メガネ欲しいとかスニーカー欲しいとかってそんときだけでまぁ楽しいんだよね。でもまぁこっちに来てから色々と金の工面をして買ってきた色々なもんがあってさ、んで大体欲しいものって買えちゃってるんだよね。いや、それだけ贅沢してるってことじゃなくて、まぁ金の工面をしながらちょっとずつ買っていったものがまぁこうやって蓄積するわけだけど、もうなんか必要なの無いんだよね。もう贅沢言ってもっと洋服が欲しい!とかメガネが欲しい!って言うぐらいでしかまぁ物欲って湧かないよね。だから本当に何もしたくないときってのが最近あるのよ。何もかも虚しくなっちゃってさっつーか数学者って多分そんなことを感じてる暇がないぐらいずーっと数学やってるわけでしょ?俺はそうじゃないよね。哲学然り政治学然り。そう思うと中途半端だよね。オブセッシヴってほどにコミットしてないっつーか。


そうなると何なの俺?って気がしてくるよね。昔みたいに自殺しようとは思わないしさ、そこまで生きていることが辛いってほどでもないんだけど、そういう次元ではない虚しさだよね。まぁ俺はこれを人生の真理だと思ってるんだけどね。こういうのって誰でも感じると思うのね。まぁ誰でもじゃないか。で、これに答えはないんだよね。とにかく誤摩化すしかないんだよね。仕事して稼いでkeep busyにして誤摩化すとかさ、何かにコミットして誤摩化すとかさ、何かの目標を決めてそれに向かって一直線とかさ、でもその目標とかkeep busyみたいなのも分析すると意味がなかったりすることばっかじゃん?だから意味無いことだらけなんだよね。スト3って意味ないけど、あれで食えるようになる可能性があれば極めることに意味が出てくるよね、俺にとっての学問も一緒だよなっつーか何もかもがそうだよな。それで食える可能性っつーかまぁ雇用があるかもしれないってこでそれをやるっていうさ、でもそれ自体には意味無いんだよね。食えるからやるみたいな。そこを俺は好きだからやるでやってるからまぁ社会のシステムと折り合いがつかないんだと思うけどね。だからまぁ無理矢理好きな事を社会的なものに結びつけるしかないってことになるんだよね。まぁ数学に関しては本当に誤摩化し無しにやりたくてさ、分からないことが多いからまぁ本当にね、まぁ毎日ちょっとずつ色々なのを読みつつまぁ大半が俺のレベルに合ってないもんばっかだから、もうちょっと基礎的なもんからやろうとは思うんだけどね。


でも数学やったところでさ、ちゃんとしたところでやっていけるぐらいのレベルになれるか?ってのが分からないってまぁいつもの調子になるからやめるか。一流って怖いよね。本当に。凄い人だらけで。ある人はこれを読んでて「お前になんて無理だよ」って思ったりしてるだろうね。でもまぁこれしかないからやるんですよ。やってからまぁその先のことは考えればいいわけで。そうじゃないと身動き取れないからね。マジで。俺ってさ、毎日労働が無くてさ、すげー幸せじゃん?忙しい人から見ればね。平日に友達呼んでゲームやったりしてるわけだから。でも別にそうでもないですよっていう。結局時間があると見えてくるのは深い自分の内面とか人生なのよね。


普段は考えないようなことが特にまぁ今みたいに学校に行く必要が無くなったり学校を気にする必要がなくなったりするとそれが顕著になるんだよね。意味が無い学校ではあるけど所属していればそれに気がいくっていうかさ、でも今は気がいってないじゃん?で、この先どうしよう?ってことでまぁやることも全部決まってるしさ、全然問題ないんだよね。親も大学行くことに関しては同意をしてくれてるわけだしさ、こんな幸せって無いじゃん?なのに俺は凄く虚しいんだよね。贅沢言うな!って言われそうだけどさ、でも虚しさを感じている俺がここにいるわけでさ、あとまぁ贅沢言うな!って相対的なもんじゃん?毎日忙しいってのを経験すればそんなことは思わなくなるってさ、それもまぁただの比例じゃん?すんげー寒い所に住んでれば暖房ってのがいかにありがたいものってのが分かるみたいなもんでしょ?暖房っつーものの価値が状況とか人によって変わるんだよね。


何のために人々って生きてるのかな?俺は暇過ぎるから無駄なことばっか考えてるってことになるのかな?でもそうは思えないんだよね。時間があるからこそ色々なことを深く考えることができるようになってる結果、結局まぁ全てが虚しいってことが分かるんだよね。空っぽっつーかさ、何かの意味論とか物語を形成しないとやってけないよね。マジで。お金がどうこうでもないんだよな。経済的に困ってなかったら今の俺は幸せになれるか?ってなれないね。すげー自堕落になって葉っぱばっか吸ってゲームばっかやることになるだろうね。でもどうかな?ゲーム虚しいからなぁー。本当に。特にゲーム終わった後とかね、仮想現実で楽しい経験したけど、まぁまたつまらない日常に俺は戻ってきたってことになるんだよね。それを常に経験するからゲームってある意味で凄く嫌だね。


あーダメだ。完全にEXニヒロに飲み込まれてるな。俺。たまにあるんだよねー。これ。俺の存在意義とかさ、俺が生きている意味とかってマジで分からなくなるもんな。結局意味無いじゃん?俺の存在って。自殺したら迷惑がかかるから生きてるようなもんだよね。まぁもちろん借金とか返したいしさ、稼げるようになりたいとは思うけどさ、まぁこういうところだよな。自分がやるべき義務ってのとやりたい事をくっつけて実現可能かはともかくとして可能性がありそうならそれをやっていくっていうそれしかないよね。まぁ両親に楽させたいってのは俺のやりたい事の一つではあるけどね、でもなんかそれって全部お金じゃん?結局金かよ!っていうさ、全てが金を原動力に何かが決まったりしてるってのがなんだか余計に虚しさを倍増させるよね。


バイク欲しいからやってる時のバイトって嫌なことがあってもまぁ続けられるよね。バイクっつー目標があるから続けられるっていうか。でも生活するだけってのが目標になってる労働って辛いよね。その肝心の生活が楽しければいいけど、まぁ大半が労働で疲れ果てて家に帰ったら寝るぐらいしかないとかさ、週末とかは体を休めるためにテレビ見てるとかゲームやってるとかさ、で、まぁまた月曜から労働が始まるとかってまぁ何なの?って感じだよね。それが虚しいからこそ消費とかで自己実現を目指すしかなくなるんだろうな。マテリアリスティックな幸せってので自分を誤摩化すことでしか生きられなくなるんだよね。葉っぱもまぁ数時間すれば効果は消えるけど、まぁ買ったもんっつーのも嬉しさってまぁものにもよるけどさ、でもまぁ嬉しさって消えるよね。車は最初の2週間とかって言うよね。この全ては消え行く感じだよね。永続する幸せなんて無くてさ、まぁ大抵の幸福感なんて一時的なもんなんだよね。で、その幸福感ってのも何かを知らないから成り立ってるっていうかさ、幸福だと自分で思ってることでも自分の例えばあることでそれを知ったら幸せなんて吹っ飛ぶなんてことがあったりするわけじゃん?でもそれを知らないから幸福でいられるみたいな。


ちょっと分かりづらいかな?今俺が感じてるのは辛さじゃないのね。鬱で体が動かないみたいな辛さじゃない。まぁ鬱って酷くなったらこんなの書けないからさ、まぁそうじゃないんだけど、なんか怖いんだよね。こんだけ精神的に正常でさ、冷静に色々と考えてる俺が凄まじい虚無感を感じてるわけだよね。これって一時的な気分の問題とかじゃなくて真理なんだよね。だから怖いんだよな。