ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

1に学問、2に学問、34が無くて、5にダァーッ!っつーかドーン!

外に出るといったら犬の散歩か月1の病院ぐらいなんだが、今日病院だったわけよ。で、ピークは過ぎてたと思うけど暑過ぎて死ぬかと思った。今はもう完全に体が鈍らになってるなぁーと実感したよね。ニューヨークが猛暑だった時とか通学してたりノークーラーでやり過ごしてたりしたのに今なんて絶望的に不可能だわ。なんつーかやっぱやる気というよりかは生きる気だろうね。それこそニーチェ的なwillね。今は無くなったとはいわないけどやっぱりニューヨーク時代のパワーは凄かったなと今更痛感だよね。だってあと真夏日にスーツケースにレコードやら本を入れて売りに行ったりとかもしてたじゃん?今考えるとありえねぇーなっていう。同じ人物だとは思えないね。


で、俺は完全にニートになったのか?っていうと客観的にはそうだけど実は学習という意味でいえば効率は今までに無いぐらい最大だよねっていうのはさ、改めて今日外出て思ったんだけど普通にやってる人達ってまぁ普通に通勤やら通学してるわけじゃん?あんな暑い中で不毛な時間をホームで過ごしていたり人ごみに飲まれながら「生きるって何だろう?」みたいなことが頭をかすめつつそれを誤摩化すために友人にメールを送ってみるだとかまぁそんなことがあるわけでしょ?で、俺で言えばさ、大学行くとか言ってたけどなかなかありえないよね。こんな暑いときに自分でもできるようなことをわざわざ都内まで行ってしかも満員電車でっつーかまぁ行きは分からんけど帰りは確実にそうじゃん?それで奪われる体力と時間といったら計り知れないよね。自転車こいでる時間とか駐輪場に止めてる時間とかさ、元々無い体力が特に暑いときはガシガシ削がれるわけじゃん?


いや、普段はマジでつまらんよ。起きてカフェイン系のコーヒーとか紅茶飲んで読書かたまにマッシュアップ作ったりあとはまぁネットでダラダラしたりっていうさ、まぁこの比率が狂うと完全にニートだけど、やっぱり読書の時間が一番長いからだからまぁニートにならずにいられる感じがするよね。で、これって毎日フルタイムみたいなもんじゃん?バイトも無いから疲れることもないし無駄な人間関係の悩みも一切無い。


かといってストレスフリーかと言えばそうではないけど、んでもまぁそれは内面的な葛藤なんであってろくでもないバイト先のやつのことが頭をかすめるとかそんなのないじゃん?これって本当に極楽みたいなもんだよね。毎日睡眠時間は寝過ぎるぐらいでさ、そりゃー読んだ事だって覚えるわな。忙しい人なんて絶対無理じゃん?俺って最高に脳に良い生活してんだよね。知的刺激を渇望してさ、んでもゲームとかも飽きちゃったし、最近ではアニメとかも一時期見まくってたから結構普通になってきちゃってさ、やっぱエキサイティングなのって本だよね。で、そういった刺激を脳に与え続けながら毎日生きてるわけだから脳に悪いわけがない。


ブラック企業に勤めてる人なんてストレスと睡眠不足と酒とかで脳はボロボロになるよね。まぁブラックじゃなくても基本的にまぁストレスフルだよね。これはアメリカでもそうだよね。だから基本的にデフォで脳細胞が死んでいくって感じだよね。だからなんつーかさ、ホント今の自分の環境に感謝しないとなっつーかまぁいつまでもこうしてはいられないんだけど、んでも最大限に活かさないと本当に勿体ないなって今日外出て思ったよね。


あんな不毛な暑さと時間が外では流れているんだなって本当に唖然としたよね。明日死んでもいいぐらいの気持ちでさ、いや、なんつーかいつ死んでもいいように読みたい本は片っ端から読むべきだなって本当に思ったよね。数学も物理もプロパーでやっていくかは別としてもとりあえず好きで知りたいことだらけなんだからやれるうちにやらないと!って感じだよね。やっていけるかどうかはその結果次第っつーか結果で決まるんじゃないか?って思ったんだよね。本当に好きでのめり込んでったらさすがにまぁ結構凄いことになるとは思うんだよね。まぁ最低でも4年ぐらいかかりそうだけど。


でもホント、大学でやる必要性が全く感じられなくなってるんだよね。まぁ四畳半神話体型の明石さんみたいな人と学園で出会えれば最高!っていう期待だけで大学に期待することはないよね。マジで。だから理科大とか無いんだよね。男の比率が高過ぎる大学はマジで行く気がしないんだよね。それは学問をマジメに考えてないっつーか逆なんだよね。大学でやろうと思ってないからこそ期待するところは女の子!ってところになるわけだ。


まぁあとは刺激的な出会いだよね。まぁあんま同級生とかには期待できなさそうだけど。やっぱでもまぁキャリアっつーと変だけどさ、やっぱアカデミックでやっていくっつー前提で行くしかないっつーかまぁそれで行くんだけどさっつーか行くつもりなんだけどさ、そこで学ぼうとかって思ったらダメなんだよね。あまりに他力本願過ぎるわけだ。やっぱベースは今みたいな生活だと思うんだよねぇ。で、一応大学生ならニートって言われないで済むみたいなレベルね。でもやってることは同じなんだけども。面白いよねぇー。やってることが同じなのに通学してればそれらしく見えるって凄まじい社会という名の錯覚ですよね。これは。エッシャーのだまし絵みたいなもんだよ。学生とか大学って。まぁアメリカの大学とかは別だけどね。


んでもまぁ授業クソだったよなぁー。大半の授業がクソだった。あ、コミカレね。泣けるぐらいクソなんだもんね。何をメインで学んだか?って主に読書だもんね。まぁ政治学のクラスとか哲学のクラスとかよかったのもあるしさ、あとはリア二千とかさ、まぁ恋愛関係は結構リア充だったしいいんだけどね、ただやっぱ学問的なことはっつーかまぁundergraduateでしかもコミカレでリベラルアーツじゃまぁ当たり前か。でも大抵のリベラルアーツって高校の延長みたいなレベルだと思うんだよね。全部独学で出来そうなレベルのばっかなんだもんね。


まぁそれはともかくとしてさ、帰ってきてからまぁ8時過ぎてて涼しくなってきてはいたけど基本的に外出てないから熱が体に籠っちゃっててさ、ずーっと意識がアブストラクトなんだよね。で、異様に食欲がなくてさ、何もやる気が起こらない。で、ちょっと頭が痛くて気持ち悪い。ちょっと飯食って安定剤飲んで横になってたら回復してきたけどね。今はまぁ極端だけどでもやっぱ俺って週3ぐらいでしか働けないと思うよね。働くとしたら。すぐ疲れるしまぁそれは体力もあるけど精神的なストレスが半端じゃなくてそれで情緒不安定になったり不眠になったり鬱になったり・・・っていう負のスパイラルに入ってくると被害妄想とか出てきたりして最悪のレベルになるんだよね。だからまぁーホントに俺が無理無くやれそうなことをやっていくしかないよねっつーか見つけていくしかないよね。


んでもさ、引き寄せの法則じゃないけどすげー願ってるんだよね。「ちょー可愛い彼女が出来る!」って。やっぱ学校行ってた頃って付き合いはなかったけど定期的に可愛い子と接したりできたじゃん?それでやっぱ凄く満たされてたところがあってさ、今はそれが完全にないんだよね。それがやっぱ心の隙間みたいになってるような気がするね。「1に学問、2に学問、34が無くて、5にダァーッ!」って猪木と喪黒福造のミックスなんだけど今の俺にピッタリだよね。もう今までにないぐらい彼女欲しくて。あっちにいた頃は余裕があって「いなくてもいい」とかって言えたけど接する機会がゼロになった今だともう寂しくてしょうがないよね。


なんつーか可愛い子を見てウキウキするっていう感じが生活の中に無いということの寂しさね。こりゃ拷問に近いもんがある。これって学問とかじゃ得られない刺激じゃない?それも脳に対する刺激なわけでさ、なんつーかまぁ脳を大事にしたいなら読書とか研究もいいけど恋愛もしろよって最近思うね。色々あっての脳だからね。なんか恋愛してないとさ、いや、それは付き合うとかじゃなくてね、「うわーあの子可愛い!」って思うときめきメモリアルな感じっていうかスパークってあるじゃん?それが無いとどんどん老け込んでいく気がするんだよね。生物として異性にアピろうとするみたいな男としての本能とかが無くなりそうですげーイヤなんだよね。


まぁそんな感じですね。とりあえずやっぱ社会性っつーか社会とのコネクションを取り戻さないとダメだなって最近凄く思うわけですよ。学問っつー意味だと今は最強だと思うけどさ、でもそれだけでやっていけるわけじゃないしさ、先の事を考えるとやっぱ今のままじゃダメだなって本当に思うのね。やっぱ形は違えどアメリカ時代に構想していたような自分なりのレールみたいなのに戻りたいってのがすげーあるわけね。あとはやっぱそっから出るパワーとかってあるしさ、人との関わり合いとかだって刺激になる場合もあるわけだしさ、だからそういう意味で隠匿続けてたらダメだなって思うよね。だから社会とコネクトしつつ学問をやるってのが最高だからさ、だからやっぱ難しくてもその道を模索していくのは決して無駄ではないと思うんだよね。


なんか真面目な感じになっちゃったよ。んじゃまたね。