ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

近状みたいな感じで。

いや、もうずーっと店ですよ。毎日。今まで働いてなかった分を一気にやってるかの如く龍が如く。いや、別にそんな労働というほど大変なものではないけど、まぁ拘束時間は長いよねっつっても家にいても本を読むぐらいしかやることないからどこにいても一緒なんだけどさ、でもやっぱ家のほうが落ち着くよね。店は道路に面してるしキミの瞳に恋してるし。


いやさ、んでこないだまぁ本当に丸一日いなきゃいけない日があってさ、で、本を読むぐらいしかやることないじゃん?だからずーっと読んでたんだけどさ、あれは最長記録だったかもなと。結構ずーっと読んでたんだけど朝の11時ぐらいから夜の1時ぐらいまでだけどさ、そりゃーもちろんインターバルはあるけど、んでもニューヨーク地下記録を超したかもしれん。いや、読書って別に時間じゃないんだけどさ、でも全然これが非効率的なことだというのが顕著に分かったというのがさ、次の日すんげーボーっとするっていうか鬱っぽくなるんだよね。で、調べたらさ、なんかね、長時間思考をしていたり記憶をしようとするって行為をやり過ぎると脳の調整力が低下して情報処理がスムーズに行われなくなることで疲労を感じるらしいんだよね。所謂、ボーっとする感じと鬱っぽい感じだよね。


でも人間の脳って馴化が起こるようになってるんだよね。それだけやり過ぎないようにっていうかバランスを取るために飽きるってことが必ず誰にもあるっていうかさ、で、俺もまぁ飽きるけど昨日は飽きとは違うボーっとする感じっていうかさ、で、結局何をしてたか?っていうと家で横になってお笑いの動画見てたんだよね。で、ある程度笑ったりダラダラしたりすると回復してきて夜にはまた読書モードになったんだけど、でも長時間読書って実は効率悪いんだなと思ったよね。結局何でもそうだけどさ、毎日欠かさず負荷が無いぐらいの時間をやり続けるってのが積み上げに重なるわけじゃん?継続は力なりだよね。だから継続できないようなペースでやっても挫折するか、例えば身体的なことなら体を壊したりして、まぁ結局は続かなくなるんだよね。俺って強迫観念的に1日8時間は読書しなきゃいけないとかって思ってるんだけど5時間ぐらいにしようかなと思ってるんだよね。


いや、実際毎日8時間読書をしてるわけじゃないけどまぁ8時間を目安にって感じなんだけどさ、ちょっと長過ぎるんだよね。だからたまにボーっとしたり飽きたり疲れたりするわけで。でもそうなると他の時間を何に使うのか?ってことになって困るんだよね。ホントにやることないから。まぁ思考とか記憶を必要としないエンタメ的な読書ってのはありかな?って思ったけどそういう本に金を使える余裕が無いからね。そうなるとネットかゲームぐらいしか思いつかんな。ゲームっつっても本当にダメだよね。最近は。ゲーム自体もダメになってるけどいつも書いてるように前ほどハマれないしすぐ飽きちゃうんだよね。安けりゃいいけど安くないし。


アニメとかも2倍速とか2.5倍とかで見るから見たいやつほとんど見ちゃうんだよね。短期間で。1シーズンが12回ぐらいのやつだと大体まぁオープニングとエンディング抜かせば1話20分ぐらいじゃん?だから単純計算すると2倍速で見ると1シーズンを2時間で見られるんだよね。倍になったところでたかが4時間だから一瞬だ。だからどんどん見ちゃうからそんなに見たくないやつまで見ようとしちゃうんだけど大抵まぁつまんないから面白いやつは見尽くしちゃうってことになるよね。まぁ本もある意味一緒だけどね。やっぱ読むのが速いから読破が速いよね。映画は最近は面白いぐらい興味がなくなってるんだよね。あったとしても普通に見ると凄まじく遅く感じるから2倍速で見るからまぁ1時間ぐらいで見れちゃうよね。ハリーポッターとかも見てないやつを2倍速で一気に見たりしたね。最後のやつは見てないけど。


やっぱまともに見れるやつっつーとお笑いぐらいなんだよな。あれは倍速で見てもしょうがないからねっつーか倍速で見るもんじゃないからね。んでもそもそもお笑い番組に依存してるからさ、まぁやっぱ見たいやつは大抵見ちゃうわけだ。エロサイトが更新されればすぐ良さそうなものがあればそれでコスるみたいなさ、そういう感じだよね。doggy styleならぬdog eat dogな感じで。あとYou Tubeに上がってるさ、Skypeでやってる怪談話があるんだけどね、いや、どっかでやってるやつをYou Tubeにアップしてあるやつなんだけど、ファンキー中村って人の話芸が巧みでさ、稲川淳二とは違ったテイストがあるっていうかね、この人が本当に上手いしあと面白い話をいっぱい持ってるんだよね。だからまぁ聞くんだけど過去のアーカイヴとか聞き尽くしちゃうんだよね。で、印象に残ってるやつとかは誰かに話せるぐらい覚えてるわけ。


思うにこれって典型的な消費だよね。コンテンツの過剰消費だわ。アメリカ人が使い捨ての食器とかフォークを大量に使うような感じで俺はコンテンツを消費してるよね。だから行き着く先は無なんだよなぁー。何もなくなっちゃうんだよね。「うわーこれちょーおもしれぇー!」って思ったやつは短期間で凄まじくハマるからその時に大量消費しちゃうんだよね。怪談でもさ、まとめサイトとかにあるやつとかはもう過去のやつとかも大抵見てるんだよね。大体だからまぁ知ってるやつばっかになっちゃう。そもそも怪談って滅多にない話なわけでさ、ゴロゴロあったら幽霊大国ニッポンになっちゃうじゃん?そりゃないわけで。だからまぁ聞き尽くしちゃうよね。あとはまぁ心霊スポットだよね。いや、絶対行かないけど行った人の話とか好んで行ってる人のサイトとかは見てるよね。写真とかアップしてあったりして。もちろんこういうのも大抵見ちゃう。


俺はどうすればいいんですかね?趣味がないんですよ。マジで。趣味を言えそうなものはもう趣味というよりかは生活化しているから生活というほど近くない趣味が必要だなって本当に最近は思うよね。でもゲームも無理でアニメとか映画も無理ってことになると何があるんだろうね?っていうさ、何もないだろうね。前はバカにしてたけど車とかバイクとかスポーツ観戦とかが趣味の人達っていいよね。羨ましいとは思わないけどああいう感じの趣味が欲しいなって最近凄く思うよね。特に意味はないがいじっちゃうとかさ、性器だけではない何かが欲しいなと。といっても毎日暇じゃなくてさ、やっぱ半日は読書してるわけだし、あとは店の手伝いもあるからまぁほんの数時間なんだけどね、まぁ結局ダラダラでいいのかな。ゴロゴロしてネットサーフィンとかして脳を休めるっていうかあえてバカになりますみたいなさ、それで切り替えるっていうか賢者モードとバカモードを上手く切り替えるみたいなね、そういうのは必要かもね。


まぁそんな感じですね。