ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

メディアとは暴力である。とかって言ってみる。

なんかさ、you tubeにアップしてて思うんだけど日本人ってなんであんなにネガティブなコメントばっかりするんだろうね?っていう。最初はやっぱ個人的に受け止めちゃうんだよね。で、ショックを受けてた。で、パターンが見えてきたっつーかさ、「good! 」とかって褒める人は大抵外人ってことねっつーか多分全部外人なんじゃないかな?少なくとも日本語でポジティブなコメントは一つもないよね。で、まぁそれを気にしてたのがちょうどパフュームのマッシュアップラッシュの時でさ、んでその頃に色々と調べたらなんか特に日本人がやっぱり酷いみたいねっていうか文化の違いなのかね。前にも書いたじゃん?例えばあっちでテストとかでさ、あ、アメリカね。テストで良い点を取ると他の生徒が「ビル!すげーじゃん!」とかって普通に言ってくるっていうさ、「あーあいつに負けたー」とかさ、「まぁあいつに買ったからいいか」とか思えば俺の経験から言ってもテスト一個とってもネガティブなことだらけだよねっていうか褒めるってことを全然しないのはなぜなんだろうね?


あとは実際は凄くても惜しかった部分っつーか完璧じゃなかった部分をいちいち指摘してくるとかさ、まぁ一般化はできないんだけどさ、でもyou tubeでああいう傾向があるのって結局なんか全体にも言えるよねっていうかやっぱ現れるんだよなぁー。引っ張りあいってのがもう基本にあるからさ、ルサンチマンしかないんだよね。凄いのに対して凄い!って素直に言えないのはやっぱルサンチマンだよね。自分はあんなの作れないとかああいうことはできないとかああいう才能は無いとかっていうそういうところがベースになってるよね。あ、別に俺のマッシュアップに対するコメントとかじゃなくて、一般的な話ね。


いや、俺のマッシュで言えば実際は英語の良いコメントばっかだからいいんだけどね。んでも明らかに良く出来てるやつにすげースピードでマイナス評価とか付いてるのを見ると本当に笑えてくるよね。マイナスの反応が良さ過ぎるんだよね(笑)それだけ良かったってことなんだって解釈してるけどね。外人だってまぁまぁ良いぐらいのもんにコメントなんてくれないし評価もくれないじゃん?まぁ基本的に日本人がムカつくからコメントとか評価気にしないようにしてるんだけどね。コメントはyou tubeのメールボックスに届くからどうしても見ちゃうけど評価は分からないから見ないんだよね。嫌なら無くせばいいのにって言うかもしれないけどそこはなんか残しておきたいんだよね。


んでもコテハンでコメントするだけまだマシなんだよなー。色々調べるとさ、例えば顔出しで何か時事問題なりさ、何かに対して喋ってる動画とかあげてる人とかさ、コンスタントにストーカーみたいなやつがいて必ず2つぐらいマイナス評価が付くらしいんだよね。だからあんま日本人で顔出しするってカルチャーとして根付かないのかもなぁーとは思うよね。なんかさー、匿名になるとすんげーいきなり強くなるって傾向あるよね。日本人。例えば買ってる犬が煩いっつーんでさ、直接言いにくればいいのに「お前なんか犬を買う資格ない。これ以上しつけができないなら手放すか保健所に連れて行け」とかそんな手紙平気で書くんだよね。


あ、俺んちじゃないけどね。まぁ煩いのは確かに迷惑だけどそれだったら直接言いにくればいいじゃん?で、匿名で手紙を書くわけだけど匿名になるとなんか攻撃性が剥き出しになるんだよね。急に逸脱するっていうかさ、「非常に困っています」とかっていうマイルドな感じでいいのに「お前に飼う資格はない」とかさ、なんでそうなるのかね?っていう。日本の掲示板とか大体そうじゃん?日本人って面と向かってこんなこと絶対言わないくせに匿名になると一気に攻撃的になるんだよね。あと群れるのね。衆愚性ってどの国にもそれなりの衆愚性ってのがあるけど特に俺はこの日本的な衆愚性に殺人的に嫌な感じを覚えるんだよね。「日本の衆愚性」というやつがいたとしたら滅多刺しにして殺すだろうなっていう。概念の擬人化って面白いね。


あとあれだよ、日本の衆愚的なところで言うとアマゾンのレビューね。特にアメリカと比べると本当に恥ずかしくなるぐらいの低能ばっかが書いてるよね。あとは太鼓持ちね。客観的で信頼できるレビューってのがあんまり無いんだよね。で、なんか著者への個人攻撃みたいなレビューとか平気であるし。なんかね、最近まぁメディアが増えたじゃない?色々と。で、俺が昔から批判してきた2ちゃんだけど悲しいことに2ちゃんって全然マシなんだよね。他に比べると。you tubeのネガティブ評価とかコメント残す日本人とか問題外だし、あとはyahooでのニュースへのコメントとかさ、知恵袋とかなんであんなにバカがいるのか?ってぐらいバカなんだよね。


で、2ちゃんもそういう衆愚性があるんだけど、でもさ、2ちゃんってオリジンが10年前とかで今ほどネットが普及してないっつーかまぁ今ほど普及してない感じがあったじゃん?だから始めた人とかも確かに気持ち悪いっていうかさ、変な用語使ったり言いたい放題言ったりってのがあったけど、なんか今思うと全然マシだったなって思えるんだよね。なんかこれが永遠と続いてる感じだよね。10年前ぐらいだとそのさらに5年前ぐらいのことを思い出して「ネチケットなんて言葉はもう死語だな」とかって思ったりさ、で10年経った今だと昔のネットのダメさ加減のほうが全然まだマシだったっていうさ、あとやっぱ2ちゃんにしても全体的な知能のレベルが下がったよね。それはひろゆきも言ってた気がするけどこれは明らかにそうだろうっていうかやっぱそれが大衆化ってことだよね。


2ちゃんってちょっとテクニカルっつーかさ、バカがスッポンポンで来るわけじゃなくてちょっと癖のあるやつらが集まってたって感じだけど、今って違うもんね。まぁ2ちゃんっつっても色々だからアレだけどさ、でもなんか2ちゃんがマシに思えてくるってなんだかなぁーって感じだよね。you tubeのさ、語尾にwとかつけて色々とコメントしてるやつらの低能っぷりっつったら半端じゃないよね。ニコ動とか全然マシなんだよね。いや、最近慣れちゃったね。ああいうノリ嫌いだったけどyou tube見てたり経験してたりするから全然可愛く思えてくるっていうかそれなりの良さがあるんだけどyou tubeってなんであんなに酷いのかな?っていうさ、ネットの特に酷いやつが集まってるような感じがあるんだよね。政治系のやつとか見てらんないよね。アホ過ぎて。


まぁ話を戻すか。あ、その褒めない文化だね。いや、なんか無いのかな?っていう。分析とか無いのかな?こういう引っ張りあいの原点とかさ、なんで海外は比較的褒めあったり良いものにgood!とかって言ったりするんだろうか?っていうこの差がなんなのが凄く気になるんだよね。もちろんyou tubeにしてもそこそこアクセスがある場合だとどこに限らず批判的なコメントなり評価を受ける確率は跳ね上がるけど、でも俺が言いたいのはそういうシステム的なことじゃなくてこの差は何?ってことなんだよね。you tubeとかに限らずじゃん?なんで純粋に凄い!とか良いね!って言えないのかな?っていう。


あ、別に俺のマッシュアップに関してってことじゃなくてね。自分のマッシュアップに関しては大抵のもんが俺が勝手に心の中で「いいね!」って思ってるから他人の評価なんてどうでもいいんだけどさ、でもやっぱ褒められたら嬉しいよね。んでなんでなんかそのある程度のインテリジェンスを感じさせるようなコメントが英語だけなのか?っていうさ、まぁそこがyou tubeの日本ユーザーの不思議な衆愚性なんだけどさ、あ、まぁあれはまぁあれだよね、そういうのに見かねてまともな人はコメントしたりやりとりをしないってのはあるからそういうのが目立っちゃうにせよさ、んでもさ、なんかさっきからさっぱり上手く書けないんだけどあれじゃん?その褒めない感ってあるじゃん?ネガティブなコメントしか残さないっていうさ、なんでそっちが多いのかな?っていうさ、色々と考えてみたってそういうところすげー多いと思うんだよね。昔から書いてる事だけどなんでこうもまぁ辛辣なことしか言わないのかな?っていうさ、少々良いぐらいだと何も言わないんだよね。


なんか今日ダメだな。調子悪いな。あ、んでその親戚の話で言うとさ、俺の従姉妹なんだけどさ、まぁいつも書くように親がダメだっていつも書いてるけどさ、あ、あっちのね。ホントに酷いんだよね。「あんたなんてアタシの子なんだから頭良いわけないでしょ」みたいなことを平気で言うんだよね。「あそこの家は違うんだから。あんたは違うんだから」みたいなさ、苫米地さんの本に出てくるような極端に描かれたカリカチュアライズされたような括弧付きの「親」なんだよね(笑)


いつも書くようにあの親でよくあんな良い子が育ったなってぐらい従姉妹は良い子だから前にも書いたようにうちで引き取りたいぐらいなんだけどさ、んでもなんかすげーもうあれだけで超勿体ない!って思うんだよね。いや、前にも書いたけど俺が数学教えたらさ「あーそうかー!」っつってそのなんつーか計算云々というよりかは概念的な理解をした時の理解度が半端じゃないんだよね。まぁ俺が教えるの上手いんだなって自分で分かったってこともあったけどんでもそもそも飲み込みが早いわけだから頭良いんだよね。で、溜まってた宿題やるっつーんで数学の問題をノート2ページ分ぐらいやって答えあわせしたらほぼ全問正解だったっていう。ミスは本当にマイナーなミステイクでようはケアレスミスだからほぼ全問正解みたいなもんだったんだよね。


だから俺はとにかく褒めたっつーか実際凄いからさ「凄くね?」って単純に思ったことを声に出すわけだよね。すげー正解率!っていうさ、別に褒める!ってことを目的にしているわけではなくてね、別に意図的に褒めようとしているわけじゃなくて本当に凄かったから褒めてるだけでさ、それって別になんつーか普通のアウトプットじゃん?凄いね!って思った事を凄いね!って言うだけのことなんだから。そこをなんで自粛するのかな?っていうさ、なんかんで細かいところのディスり合いっていうかなんでこんなことになっちゃうんだろうな?っていうさ、そういうマインドセットは毒だから捨てなきゃダメだよねっていうかその有害さにもっと気がつかないとね。なんか最終的にそれが労働効率の悪さとかストレスの高さとかさ、色んなところに繋がってると思うんだよねっていうかかなり自明か。だからやめりゃいいのにやめないんだよね。やめられないのかなんなのか。


あとはなんかそのむやみやたらに褒めないってことが鼓舞とか叱咤激励になるとかって勘違いしてるやつら多いよね。叱咤激励もやり方があってればいいけどただの悪口とかハラスメントにしかなってないじゃん?なんなんだろうね?あの勘違い。とまぁやっぱ色々と考えてみるとやっぱ日本人は欧米人に比べてルサンチマンが多いってことに尽きるんだよね。自分に無い才能なり富なり能力なりなんなりってのを徹底的に貶すわけだ。で、たいした事ないやつらで集まって傷の舐めあいというかさ、馴れ合いをして大勢で誰かを攻撃するんだよね。これを俺は昔から日本人の島国根性っつーか村人根性だって書いてきたけどさ、なんか今はそれだけじゃなくてさ、いや、そんなのはもう昔から書いてることで分かりきってることだからさ、最近は本当にそのyou tubeとかをきっかけにして源流はなんなんだろうな?ってすげー思うんだよね。あそこまで露骨に差があると笑えてくるんだよね。


あともうひとつぶっ殺したくなるのが「こういうことを言うやつがいる」的な言い方ね。「んじゃあみんな高評価ならいいのか?」とかさ、ぜんっぜん論点ちゃいますやん。俺はその根底のルサンチマンとか批判ばっかするっつー根が腐った感じを批判してるんであってさ、「そんなことを言うのはおかしい」とか「気にするほうが悪い」とかさ、ええー!って感じだよね。いや、俺が実際言われたわけじゃないんだけど常套手段っつーか必ずそういうやつもいるじゃん?これを俺は高みの見物型としてるんだけどこういうやつらはギャーギャー騒ぐ連中とは違って高みの見物なんだけど全く問題意識を持ってなかったりさ、全うな批判であってもなぜかそういう日本のネガティブな部分を「別にいいじゃん」って認めようとするんだよね。何なんだ?こういうやつらは?って思うよね。


どれが正しいとかってのはそりゃー相対主義的な見方をすれば無いけどさ、俺はまぁもう言い切りますからね。俺が価値観ですから。押しつけはしないけどここではとにかく言いまくってきたわけでさ、だからそういうのに負けちゃダメねって別にこれといった批判をされたことはないんだけど、ようはその確かさってあるでしょ?俺のこの島国云々とかルサンチマン云々って絶対言えてるし明らかだし良いわけないわけでさ、そこはもう「ダメです!」って言い切るんだよね。ダメDEATHだよね。もう殺しますよってぐらいダメです!っていうさ、それで俺が前から言ってるのはそういうやつらがいたら逆に村八分にするっていうかようは今と逆だよね。今ってダメなほうがまともなほうを村八分にするけどこの比率が逆転すればいいんだよね。


で、比率は逆転してもダメじゃないほうが8割ぐらいなわけだからさ、ようは2割がルサンチマン丸出しで典型的な日本型のダメなやつっていうタイプで村八分にされてるわけだからこそはもうそいつらの居場所を奪っちゃえばいいんだよね。そんなこと言ったり考えてたりするなら俺は付き合わねぇーぜっつーさ、んでもまぁ問題は実際まともなやつがどれだけいるのか?ってことなんだよね。日本はダメだから海外に行こうと思ってますって最近普通に見かけるようになったけど日本に帰ってきた身としては非常に微妙なんだよね。いや、行く人はいいしむしろ行ったほうがいいんだけどそういうまともな人が日本に見切りつけちゃって海外行っちゃうってそれってまともな人の居る場所が日本にないってことじゃん?そんなの相当マズいよね。


うん。あとはちょっと話が戻るけどさ、一票は一票ですってのをすげー感じるよね。you tubeとか見てて。ようは俺がアップする側になってyou tube自体を分析的に見るようになったってことね。そこで見えてきたものみたいな印象で色々書いてたりするわけだけどさ、ようはコメントなりなんなりってのがあってもそれに誰かがバカな意見だ!っつってコメントを消したりするのって結局はマスコミがやってるような手法と同じじゃないか!って言われると確かにそうなんだよね。そこに価値観が介在してなおかつ意見というものに対して価値観の角度から判断を下してそれを削除するってのは言論の封殺とも言えなくもないじゃん?んでもそれって理屈ではすげー分かるんだけど消されて当然!ってのってやっぱあるじゃん?


こいつもう書くなっつーやついるでしょ?んでもそれも1つの意見として認めなきゃいけないんだよね。俺はそんな心の広い人物じゃないんでそんなのがあったら封殺するっつーかまぁ無視するけど跋扈しないようになんとかするだろうね。それは俺の価値観で「こいつアホだ」って決めつけることだから結局は封殺になるんだろうけどさ、でもあんまりそういう意味で何でも言えるっつーか言論の自由ってそっちの意味になるとやたら何かギャーギャー言うっつーバカが幅を利かせるようになるよね。その結果が今の日本のネットなんだって俺は思ってるんだよねっていうかまぁちょっとそういう仮の結論みたいなのが出た感じなんだよね。これで終わりではないんだけど。


いや、さっき書いたようなさ、「なら全部高評価ならいいのか?」とかいうギャーギャー騒ぐやつよりかはちょっと頭が良いやつらってのがようは妙に言論の自由とかって言ったりするんだよね。便所の落書きも意見なんだからみたいなことを言うんだよね。これって理屈では最強なんだよなぁー。だって理念的に言えばあってるんだもん。you tubeで何を書こうがそいつの勝手だからね。あまりに常軌を逸した誹謗中傷とかはともかくとして意見ぐらいなら言えるもんね。その「言える」って感じが幅を利かせてしまったから考えないやつらが脊髄反射的に何でも書いちゃう1億総落書き版みたいなことになっちゃったと思うんだよね。


2ちゃんの昔で言えば便所の落書きでも書くやつが今の落書きを書いてるやつほどバカじゃなかったし、あとは昔から2ちゃんやってる残党みたいな人達が割と面白いスレ立てたり面白いことやってたりするじゃん?でもあれってやっぱ昔の人達なんだよね。今の落書きをしてるやつらの低能っぷりはもう目も当てられないほど酷いんだよな。でもなんとかできないんだよね。言うのは自由ということがあれば何でも言えるわけだから。だからなんつーか顔出しでyou tubeで何か喋ってる人達とかに対してもまぁボロカス言えるわけだし低評価の嵐を起こせるわけじゃん?俺としては意見がどうのってより日本人が顔出しでやってるってこと自体が評価できるのに異様に叩くやつらがいるんだよね。俺はそういうやつらをぶっ殺したいって思ってるけどいやいやそれは言論の自由の侵害ですよってことになっちゃうんだよね。だから歯がゆ過ぎるんだよね。


んでもさ、なんで日本人って些細なことっつーかそういうことに必死にコミットするのかな?って思っちゃうんだよね。ブログとかは炎上させる癖に政府を炎上させようなんて思わないし社会性や政治性が全然無いじゃん?ただこれが不適切だのさ、言い方がどうだのこうだのっていう小学生みたいな理由でみんな「そーだそーだ!」ってギャーギャー騒いでバカが集まってなんか言ってるっていうさ、なんでこんなレベルの低いところで盛り上がってしかも威力発揮しちゃってんの?ってことだよね。そのブログを閉鎖に追い込む烏合の衆ってまさしくソクラテスをディスってた民衆みたいなもんじゃん?プラトンも怒ってそりゃー色々と書きたくもなるよなー。瓦版に。


まぁディスられてもしょうがないっつー炎上もあるけど俺が異様に思うのはそのレスポンスの早さと威力だよね。一言の不適切な発言にあそこまで大勢でよってたかってああだこうだ言うってことがあるのになんでそれが政府とかさ、ブラック企業とかに行かないんだ?っていうさ、そういうやつらこそ普段はブラック企業で我慢して働いてネットで憂さ晴らししてたりするんだろうなぁー。もうただですら有り余ってるルサンチマンがさらに蓄積されて煮えたぎるよね。余計に増幅されちゃうよ。面白いことにまとめサイトとか見る限りさ、ああいう2ちゃんとかのほうがよっぽどまともなんだよねっていうかそこは分からんね。まとめサイトを見過ぎてて自分の2ちゃん観が変わったのかさ、でもあれって意見をまとめてまともなスレとかに仕立て上げてたりもするからさ、2ちゃんがまともって言いきれないんだけど、それでもなんかむしろネット界隈ではあんま見かけないねーってぐらいちゃんとした人がいたりして笑っちゃうぐらいだよね。あと割と高度な話をしててもやっぱノリが2ちゃんだから「そんなこと言わなくていいのに・・・」とかって思うところはあるにしろ俺がさっきから書きまくってる本当にどうしようもない人達に比べるとよっぽど弁えてるんだよね。


いや、これがだからようは2ちゃんなんだよね。便所の落書きだと言われていたけど今がまさしくそんな感じなんで昔の2ちゃんのまともさというのがっていうかまともに感じられちゃうぐらい本当にどうしようもないやつらが言いたい放題言えるようになっちゃってるんだよね。で、そういうやつらのほうが頻繁に書くからなんか多く見えるんだよね。色んな所で妨害工作なり変な書き込みとかするからさ、量が多い感じがするんだよね。実際に多いとは思わないけどでもまぁー目立つわな。なんでこんなになっちゃったんだ?ってぐらい唖然とするもんね。逆に同じ人間って種類でここまでバカなやつがいたのか!って感じるぐらいね。


ようは今まででもネット上でバカなやつっていたけど人知は超してなかったんだよね。「あいつバカだな」っていうバカだったんだけど今の跋扈してる本当のバカってもうアメリカ風の言い方をすると顎が床に落ちるぐらいバカなんだよね。「どういうつもりでこれを書いてるんだ?」ってのがさ、もう予測できないぐらいバカだったり悪意に満ちていたりルサンチマン丸出しだったりどうしようもないんだよね。やっぱり俺みたいに割と昔からネットをやってた人で言うとさ、95年〜2001年ぐらいまでの雰囲気でそのままネットが大きくなるって思ってたからだからまぁ希望とか抱いてたわけよ。で、それがもう見事に打ち砕かれてるよね。より衆愚性が目立つだけになったっていうさ、で、集団で行動したり書き込みしたりっつー無力なやつらがよって集って力を発揮する場になってるっていうそういう言わばルサンチマン丸出しの連中の暴力装置になっちゃってるんだよね。


もうそういうのにテレビ出てる人達とかも怖がってるもんね。完全にネットってのが威力を持ったってことだよね。悪い意味でね。だから俺はホントにネットには何の期待も持てないなーって思うんだよね。朝から瓦版に目を通す男気がある俺だけどさ、でもなんか前に思ってたネット経由の啓蒙とかさ、それは誰が担うとかではなくてね、何かが広がっていくっつーまぁ左翼のマルチチュード的な幻想は本当に無くなっちゃったよね。それが前に書いた壁なのね。伝わる人は検索したり割と近い所にいるから情報に接する事ができるんだよね。だから結局類友になるわけだよね。そういうところに明らかにマジョリティなネットを利用する良心的な人達が集まるわけだけど一般を見れば分かるようにもう外はジャングルじゃん?ウォール伝なんてそれに比べるともう寺院みたいになってるよな(笑)黒い寺院ね。アジール的な。


バカでも坊さんは殺すまいってことで寺にズカズカと入ってこなくなったもんね。でも俺が一人で寺院を建設したところで何にもならないってのは外のジャングルを見てると死ぬほど分かるわけじゃん?だから本当にどうすればいいんだろう?ってマジで悩んじゃうんだよね。で、それで言うといつも一緒で憎しみというよりかは客観的で論理的な帰結として選民思想みたいなのが平気で出てきちゃうんだよね。結局悪の権化ってバカな大衆をそれを利用する賢い悪魔達でしょ?もう哲学とかを出すまでもなく古今東西で不気味なぐらい色んな人達が同じ事を書いてるんだよね。だからもうこれは普遍的事実だろうってことでさ、で、昔からそれはある一定の人達を悩ませてきたと同時に解決できなかったっていう歴史があるわけじゃん?


で、そっから何にも進んでないんだよね。テクノロジーやら社会システムやらが進化したってその根底の人間の構造みたいなのがさっぱり変わってない。これを変えないことにはどうにもならない感じだけど、それ言っちゃうと諸悪の権化は大衆とそれを利用する賢い悪魔ってことだからさ、そいつらを排除するってことになるとナチスと変わらなくなるもんね。ここが怖いところなんだよな。全然悪気はなくて虐殺なんてする気はないのに論理的に考えていくとナチスと似たようなロジックになっちゃうんだよね。だからもう何も言えなくなっちゃうんだよね。っつってもナチスヒトラーの予言だとかなんだとか変な理由で虐殺とか戦争をしてたから問題外なんだけど、そんな電波で気違いじみた行動に論理的に考えた上で結局は部分的に同じ行動になりうるっていう帰結に達しちゃうことがあるんだよね。恐らくハイデガーなんかもそんな理由で恐らくナチスに加担してたんだろうな。


病理は大衆にあるってことになるとさ、それを認めると民主主義って成り立たなくなるしそもそも一般ピーポーの否定になるからさ、だからもう何も成り立たなくなるんだよね。で、原則として言論の自由とかってのがあるからさ、結局は大衆が最強になっちゃうんだよね。何も分かってない連中が近代的な民主主義の理念っつー基盤にたってやりたい放題できるようになっちゃうんだよね。そのある意味での民主的な暴力装置がネットなんだよね。それが政治的にワークするだろうと信じていたのが俺とか左翼とかまぁ昔からネットをやってた人達なんだけど真逆になっちゃいましたーってことなんだよね。まぁ日本に限って言えばだけどね。世界的には違う所もあるからネット自体に失望する必要はないんだけどさ、だからこそやっぱり論点はピーポーになるんだよね。


なんでこんなにルサンチマン丸出しなやつらが大暴れする暴力装置になっちゃったのか?っていうさ、いや、なっちゃうのは必然だったんだわな。俺が言いたいのはそのさっき書いてた度を過ぎたルサンチマンとかね、あとはそういうのを持ってる人達が欧米より多い気がするって印象とかさ、あとは人を褒めないとかやたら貶すとかね、匿名でボロクソ言うことにかけてはお家芸ってぐらい日本はそういうのが得意ですってこととかさ、それがどういう原因でどういうルーツがあるのか?っていうところに凄く関心がいってるのね。だからもうこれは日本学なんだよね。歴史的な衆愚性とかそういうのはもう色々読んだからよくてさ、この日本特有の衆愚性のルーツは何なんだろうな?ってところなんだよね。で、社会やらシステムがこんだけ変わってるのにも関わらずなんでこういう村っぽい感じだけが平気で残ってたり受け継がれてるのかな?ってことなんだよね。


あ、んで暴力装置としてのネットに戻るけどさ、ようは今までって所謂非リア充は惨めな生活を送るしかなかったわけじゃん?まぁすげー昔ね。ネットが普及する前。で、ネット時代になるとむしろそういう惨めなやつらがルサンチマンを武器にデカイ顔をして何でもいうみたいなさ、ネットでの活動力が半端じゃないんだよね。で、当然社会的に認証されてる人達とかリア充とかリアルを大切にする人達はあくまで実生活の中の人間関係の中でネットがあるとかさ、ようはコミュニケーションツールとしてのネットだよね。そもそもコミュ欲みたいなのがそういうので満たされてるから動画やらブログやらに文句を言うなんてことしないと思うんだよね。反論とか意見を言うならありえるけど、俺が言いたいどうしようもない感じってのは言葉でもなんでもない言葉ね。で、なぜか凄く暴力的なんだよね。ネットが暴力装置になっているというよりかはリアル社会で非人みたいな感じで疎外されてる人達がルサンチマン丸出しになってネットを徘徊するからネットが暴力装置になってるんであってまぁネットが原因じゃないんだよね。ようは声無き者達のうめき声なり妬みやら嫉みやらがネットで吐き出されるってことでそれが目立つってことでネットがなんかイコールクソみたいになっちゃうんだよね。


あとよくメディアっつーか一般論でもさ、弱者がモノを言える場所としてネットがあるみたいな言い方があるじゃん?で、俺もまぁメンヘラーという意味だと弱者になるのかもしれないけどさ、でもそこはルサンチマン系の人達と一緒にされては困るよね。それは俺が困るというよりかは俺系の人達もネットに居るじゃん?主にネット配信なりネット上でのコミュニケーションが主の人達でも人格に問題があるというよりかはジャングルに馴染めなくてネットを居所みたいにしてる人達だよね。まぁニートも一緒だよな。本当に悪質なニートと結果的にニートみたいになっちゃってる人達とメンヘラーと職場でのトラウマを抱えている人とか色々いるじゃん?


あ、んでね、あれなんだよね、恐らくルサンチマン系の人達ってなんであんなにドロドロしてるか?っつーと恐らく外見がブサイクだったりデブだったりさ、いや、デブだけならいいんだよね。ブサイクでデブだと最悪でしょ?そんなんで学校とかで迫害を受けてきたっつーかロクな友達がいないとかさ、女でもブサイクだと精神的にすり切れるっていうかやさぐれるじゃん?で、綺麗な人を見ると顔を傷つけたくなるっていうまぁルサンチマンだよね。自分が見にくいってことで。そういう女達が例えばグラビアアイドルなりさ、ちょっと綺麗な芸能人みたいな人達をネット上でディスってるとかさ、基本的にこういう人種だよね。ルサンチマン型は。ネットが無いときは本当に暗い生活しかできなかったのに今はネットでやりたい放題でさ、ヘタな活動家とかよりよっぽどネットでアクティブなんだよね。そこが怖いよね。で、言論の自由の名の下にそれは規制できないじゃん?それも意見とか本人が言論だというなら言論と認めないといけないわけだよね。それがどんな一票でも一票ってさっき書いたことなわけね。


you tubeでもなんでもそれが良いコメントとかさ、批判でも的を得ているとかさ、そんなのってやっぱ主観が介在しないと判断できないじゃん?で、コメントに対してもthumbs upとdownがついてるけどあんなのも例えばネット右翼とかの発言に対してthumbs upする他のネット右翼って大量にいるわけでさ、全然あてにならないよね。なんか本当に暴力性だけが目立っちゃうんだよな。特に俺の印象だとyou tubeの攻撃的な感じというのは異様だと思うね。で、別に2ちゃんが良いというわけはないんだけどマシに思えてくるってぐらいレベルが低いのね。ニコ動なんてちゃんとした人達の集まりって思えるぐらい同じ動画サイトでもyou tubeは酷いね。ニコ動って動画職人とかさ、良い動画に対してリスペクトするもんね。「乙!」みたいなコメントとかよくあるし。コンテンツを発信してる側にたいしてのリスペクトがあるんだよね。あとは批判的なコメントでもユーモアがあるっつーかさ、その動画が引き立つようなユーモアがあってそれってやっぱバカじゃ無理だと思うんだよね。2ちゃんとかってそういうのがあるよね。で、本当にただ暴力的で何にも無いってのがyou tubeの非人達なんだよね。you tubeっつっても広いから一概には言えないっつーのはまぁニコ動にせよ2ちゃんにせよ言えることなんだけどでも比較的って意味でね。


結局まぁさ、暴力って凄いもんでさ、いや、褒められるもんじゃなくてね、例えばあいつが憎い!っていうさ、なんであんなに綺麗で自分はこんなにブサイクなんだ!っていうそのルサンチマンを例えばその綺麗な人を殺すとかね、顔に硫酸をかけるとかイタズラ電話なり変な手紙をよこして調子悪くさせるとかさ、そういうことで自分を表現できるじゃん?殺す場合はそのブサイクと綺麗っていう差をその場では無に出来るから凄まじいことなんだよね。社会的に抹殺されるのにそれがやりたいがためにそれをやるってもう尋常じゃないじゃん?で、思うにそこまでのエクストリームなレベルじゃないにせよ結局は同じようなルサンチマンで動いてるって人達がネット非人なんだよね。ようはそこでしか活躍できないし表現の場もないしかといっても表現っつっても絵画とか音楽とか文学とか文章みたいな才能があるわけでもないからひたすらディスるなり低評価をするなりさ、そういうことで表現をするしかないんだよね。本当に惨めな人達だって思うよね。で、さっきから書いてるのはそういう人達の力が異様に強くなるのがネットってことなんだよね。むしろそういう人達のほうがネットをガンガン使うってイメージがあるよね。ネットを使ってガンガン言論でどうのって人逆にあんまいないもんね。匿名での悪口なりディスならいくらでもあるっつーのに。


どうしようもないぐらいダメな右翼の典型みたいな人のブログとかあるけど中国とか韓国批判にしてもああやってブログでちゃんとした文章でコテハンで展開してるっつーのが評価できるじゃん?中身は評価できなくてもフォーマットはようは言論と言えるものになってるからさ、それはなんか俺も認めるのにやぶさかではないんだよね。同意はしないけどそういうブログがあるっつっても全然いいと思うわけ。でも再三書いてるけど許せないっつーかどうにかならんのかな?っつーのがルサンチマン型の非人達なんだよね。ようはロゴスなんだよね。ロゴスを使って何かを成立させているものは認めなきゃいけないってのは分かるんだけどロゴスになってないただの一方的な攻撃とかさ、そういうのがなんとかならんのか?って思うのね。


陰謀論とかのページとかもあるけどあれもようは言葉を使って書いてるからアリじゃん?中身には興味ないけどさ、でも言葉で説明して意見を展開してるってのがもうオッケーだよね。与件を満たしてるっつーかなんつーか。んでもそうじゃないさ、感情そのままのさ、ルサンチマンがそのまま表出したようなものって本当にやっかいだよね。その威力に畏れおののいて自主規制ムードとかになるぐらいだもんね。まぁこのレベルだと俺が批判してる大衆よりもっと低いレベルなんだけど、でもルサンチマン側の意見がたまたま大衆と合致して一緒に騒ぐこともあるじゃん?炎上なんつーのは混ざってるよね。ネット非人プラス大衆なんで絶対数がデカイわけだ。だからまぁすげー威力になるんだよね。それが現実への活動に影響を及ぼすレベルだっていう。


メディアとはメッセージであるっつーよりかは俺に言わせればメディアとは暴力であるって感じだよね。人間の暴力的な部分がエンハンスされるんだよね。でもまぁしつこいようだけど日本人が匿名になるといきなり言葉が強くなったりするのはなぜなんだろうか?ってのは本当に気になるところなわけで。あとダメなのがさ、人々を批判しちゃいけないってのがあるじゃん?どんな意見でも「貴重な意見として聞かせていただきました」みたいなさ、何かを発する側が大衆に対して王様としてのお客さんみたいな態度になっちゃうっつーかさ、それが的を得てなかったら全然反論していいわけじゃん?芸人の2700のブログが話題になってたことあるけど俺は2700の八十島の言いたい事はすげー分かるな。それが一般の人の意見であってもブログに「つまんなかった」とかって書くのってなんなの?って思うんだよね。それって嫌がらせじゃないのか?っていうさ、そこがまぁなぜかネガティブコメントしか残さないyou tubeの日本人って話にも繋がるんだけどさ、つまらなかったら別にチャンネル変えるっつーか例えば俺もつまらないと思う芸人はいっぱいいるけどわざわざその人のブログに「あなたはつまらないです」とかって書かないよね。あ、ちなみに俺は2700は腹を抱えて笑ったけどね。久々にメガトン級のが来たなと。


いや、好きだから2700擁護なんじゃなくて今日の話題なのよ。それは。なんでいちいちネガティブコメントを残すのか?ってことなんだよね。わざわざブログまで行って。2700スレッドとかで書くならまだ分かるけど本人のブログにそんなの書くってちょっと頭おかしいよね。それにあれが面白くなかったら逆に聞こう、何が面白い?って感じじゃん?まぁそこはまた面白さっていう主観が介在するからさ、人が何を面白いと感じるかは個々の自由だけどさ、あんな完成度の高いものにあえてネガティブコメントを残すとかって何なんだろうな?って思うよね。そりゃ怒るのも分かるよね。キンコン西野とかもネット住人に対してすげー事言うけどああいう態度が必要なのよ。「真摯に受け止めておきます」じゃなくて言いたい事を言えばいいんだよね。放言するやつらを甘やかしちゃダメだよね。無視するのも手だけどいらつくならコメントするのもありだと思うよね。


ただまぁさ、繰り返しになるけど2700の件にしたって「みんなが高評価」はありえないわけだから「つまらなかった」という意見も意見として認めなきゃいけないよね。でもそこが歯がゆいところでさ、理念的には認めなきゃいけないんだけどやっぱどうしても認められないよね。それはお前の笑いのセンスが無いだけで2700がつまらないわけじゃないって本当に言いたいよね。そんなセンス無いやつが本人のブログにコメントするなよ!って思うわけ。そこが本当に許せないよね。そこがもうパラドキシカルなのよ。言論の自由の名の下にあまりにも度を超したものじゃなければ全部意見として認めなきゃいけないっていうさ、それがすげー暴力を生んでるんだよねっつーかネットの暴力装置としての機能をエンハンスさせちゃってるわけだよね。


なんかようはさ、今日のことを見直してみるようはその俺が非人とした「ネットがなけりゃただの非人」みたいな人達にとってはネットってのは魚にとっての水なんだよね。「ネットを得た非人のようだ」ってのがようはすんげーネクラでブサイクで何の取り柄もないんだけど匿名性とネットってのを持つと水を得た魚のようにamazingな感じで動き出すんだよね。で、その動きが激し過ぎて目立っちゃうし暴力的なものはインパクトがあるから余計目立つってのがあるわけで。あ、んで俺が非人っつってるのも別に昔の非人と呼ばれてた人達とは関係無いからね。昔そう呼ばれてた人達はいわれのない差別だったわけでそんなのは問題外なんだけど、俺が言いたい現代の非人は差別されてもしかたがないぐらい人間としてダメってことなのね。だからまぁこういう言葉を使ってるわけ。ちなみに言葉狩りで言うと気違いって言葉がダメとかもおかしいよね。lunaticとかinsaneとかcrazyって形容詞でしょ?別にそれ自体が精神病患者を指す言葉じゃないんだし、精神病患者を気違い扱いするのが問題なんであってさ、言葉それ自体には問題ないよね。だってそれは気違いを指す言葉なんだから。


ってことで最近マッシュアップばっかで書いてなかったら出だしが最悪だったけど書いてるうちにグルーブ感が出てきましたねってことでまぁ良かったですね。あとyou tubeのことで言うとさ、恐らくまぁネット右翼なんだろうけどさ、韓国人としてyou tubeのアカウントを取ってんで色んなところで批判的なコメントとか中傷を日本語で書きまくってるってやつがいたね。まぁそいつが日本人かどうかもネット右翼かどうかも分からないからなんとも言えないんだけど反韓工作員なんだなーって思ったね。こんなやつもいるのか!って唖然としましたですけどね。