ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

さぁ、オナニーの話をしよう!

書いてない時期が長くて唯一の外出である通院の時に人ごみにちょっと入ることで色々と書く事が出来るっつーパターンがもう定型として出来てるよね。いや、最近書いてなくてさ、んでその書いてなかった話とかはもう書いたんだけどとりあえず今日は病院だったからそれをアップするわっつーか一回にアップし過ぎると読む気が失せると思うからチャプターで分けようかなと。なんか勿体ないしね。そんなに頻繁に書いてるわけじゃないから更新が滞るし。まぁそれはどうでもいいんだけど。


っつーかさ、もう凄まじいおっさん化なんだよね。俺。電車に乗って若い人の会話とかが聞こえてくるから新鮮じゃん?もう一切人と接してないっつーか家族以外とね、だからまぁ新鮮なんだよね。まぁ元々地獄耳で色んな会話を同時に色々聞けたりしちゃったりまぁ本読みながらとかね、それが良い場合もあるけど悪い場合がまぁ電車なんだけど、でも今は楽しみがあんまりないから外ではヘッドフォンしないで会話を聞く事にしてるんだよねっていうかそうしてるわけじゃなくて会話を聞くのも悪くないなと。まぁ別に聞こうとしてるわけじゃないにせよなんつーかまぁどの道耳に入ってきちゃうからね。


で、若い人のやりとりとかが微笑ましくなってくるんだよね。「若いっていいよねぇー」的な。観念時間が流れ過ぎて精神的にもう爺さんになってる俺らしい感じだよね。その一方で子供の頃からほとんど変わってない部分もあって子供の爺みたいな感じなんだけどさ、なんか「ご飯どうするー?」とか学校帰りっぽい高校生だか大学生だとかがさ、カップルが喋ってるのを聞くとさ、バカップルだとイライラするんだけど良いカップルだとなんかもう存在自体が最高!っつーかさ、こんな良いお似合いのカップルがいるんだな!って思うとやっぱ恋愛って素敵だな!って思えるんだよね。でも俺のおっさん化を感じるのはそれを微笑ましく見ちゃうことなんだよね。「俺も彼女欲しいなー」にならないっつーかもうメンタリティ的に孫がいる爺さんみたいな感じだよね。何なんだろうね?最近はそういう意味ですげー精神的に老けたなと思うね。


基本的に夜は山とかビルフォンタナとかのサウンドスケープを永遠にループさせて読書してる感じだから完全に隠居爺モードなんだよね。まぁニューヨークに居た頃と同じなんだけど。なんかもうこれがスタイル化しちゃってて無意識的にでもさ、いや、あれを再現しようとしてたわけじゃなくて、なんかスピーカーとか置きたくなっちゃってさ、で、気がついたらニューヨークの地下と同じような環境で居るっていう。あ、店ね。ホメオスタシスですかね。物質的な。


ところでまぁーさ、あれなんだよね、その会話で思ったのがさ、あ、話が戻るけどね、なんかトークが上手い感じでチャラ男とまではいかないけど女友達が多そうな男と割と可愛い女の子二人が喋っててさ、しかも席が3人席で男が真ん中で話してるからブサメンの負け組とかあんなの見たらルサンチマンしか湧かないなっていう感じだったんだけどさ、その会話聞いてたらっつーか本読んでたんだけど会話が聞こえちゃうから聞いちゃうんだよね。本を読みながら。ようはマルチタスクなんだよね。音楽聴きながら本を読んでる人とかはDJのミックス的に聞き分けとかができるようになってると思うんだよね。まぁそれはともかくさ、女の子が高校の時に全然かっこいい人がいなくてなんだかなぁーみたいな感じだったとかって話してるわけよ。で、大学入ったのかまぁその後に色んな人から電話とかがかかるようになって「私こんなにモテるんだ!」って思ったみたいなことを言ってたんだけどさ、「何だこの野郎!」とかって思うような感じだけど実際顔が割と可愛い感じでっつーかとにかく体つきがエロいんだよね。もう眼に焼き付けておかずにしようと思ったぐらいエロい。


まぁ俺は自分の抑えられない変態性を理解してるからなるべく見ないようにしないようにしないとジロジロみちゃうからさ、いや、実際、「変態プレー可」ってラベルとか書いてあったら俺はとっくにセックスしてると思うんだよね。キンキーセックスね。だからそういう意味でセックスしたくないわけじゃないんだけどノーマルなやつに全く興味がないからさ、だから仮に関係が進んでも「こんなことしてほしいんだけど」とかってことになったらもう破綻するレベルだからさ、まぁだからピアノティーチャーとかすげーシンパシー感じるんだよね。でも俺の場合、あんな吐いたりしなくて凄まじく興奮してセックス依存になるぐらいだと思うんだけどさ、いや、そんぐらい性欲が凄いんだよね。性欲が少ないから草食系ぶったりしてるわけじゃなくて変態過ぎて風俗店とかじゃないとそのプレーができないみたいなレベルだからまず可能性がないんだよね。だからもうひたすら変態AVと妄想で抜く毎日になるわけだ。ド変態はみんなそうだと思うね。で、俺は全然そういう系統なんだよね。だから全然自分では草食系だと思わないんだよね。タランティーノとかすげー分かるんだよなぁー。ああいう感じ。


で、俺もすんげーこいつを犯したいなぁー!とか思いつつさ、もう「アタシって意外とモテるんだぁー」とかって言えないぐらいもうプライドとかをずたずたにしたくなるぐらいの陵辱をしたいと思いつつ話を聞いてたんだけどさ、いや、これってすんげーSだけど両方あるんだよね。すげーMであると同時にこういうお高くとまってる女に関しては徹底的にSでプライドとかずたずたにしたくなるんだよね。でも俺って結局田代まさしとかと良い勝負のレベルだからなんつーかやることが犯罪レベルになるんだよね。だからもうダメなんだよな。実際は妄想だけで行動力が無いんじゃない?とかって言われそうだけどいやいや、そんなの甘いですなと。本当の変態ってのはもう性欲しかないような感じだからやれるもんならマジでやるわけよ。


だからなんつーか変態の人とかってどうやって相手を探してるのかな?って思うよね。だから多分一生結婚しないで変態プレーが出来る娼婦とかを相手にするんだと思うんだよね。俺は金がないからやらないけど金があったら風俗通いして破産すると思うね。昔は無かったけど最近はあるんだよね。俺の性欲を満たしてくれるような場所が。だからもうたまに見るもんね。で、その店に言ってるのを想像して抜いたりとかしてるぐらいで。ガチ過ぎてひくでしょ?いや、ペルソナ4のアニメ見てて思ったんだよねぇー。俺も抑圧している自分があるんじゃないか?って。そんな感じで内省してたらやっぱズバリそれは性に関することだなって思ったわけね。で、セックスなんてどうでもいいとか思ってるけど実際は超変態なわけだから、例えば俺のシャドウっつーのがいたとすれば変態プレーを享受しまくっている俺ってことになるよね。完二とか非にならないぐらい他人に見てほしくないレベルだよね。「うわー!!!やめろぉぉぉー!!」ってさすがの俺も気が狂うと思うわけ。いや、だからまぁシャドウがいるんですよね。だからまぁそれは認めていかないとダメだなーってまぁペルソナ4のアニメを見て思ったわけですよ。「ペルソナ4のアニメ」っていう長い名詞が良過ぎてもう癖になりそうだ。


そうなんだよねー。色々と考えるとそもそも俺は普通のセックスに興味が無い変態なんだよね。困ったよね。ホントに。変態ってみんなそうだと思うんだよなー。全然性欲とか無さそうとか草食系っぽいとかなんとか。まぁそれはともかくその女に話を戻すとさ、俺がいつも書くようになんでそんなに女は売り手市場なのか?ってことじゃん?で、色々と考えてみるとさ、別にそのお高くとまってる子はそんなに超ハイクオリティってわけじゃないんだけどでもモテてるのはなんつーかもう可愛い女子ってのが貴重品なんだよね。超可愛くなくてもまぁまぁでエロいとなるともう市場価格が半端じゃなくなるわけだ。で、その女の子としても音が好きそうなエロい格好をすればするほど男が寄ってくるっつーんでもう一種の錬金術みたいなもんだよね。ああいうのはもうアルケミストっつーレベルだよね。なんで横文字で言いなおすのかがよく分からないけども。


だからまぁ俺はなんつーかあれだよね、シャドウを認めていかないといけないわけで抑圧は絶対嫌だなって思ったから希望を捨てずに生きようと思うね。まぁいつかは超変態の女の子と知り合えるきっかけがあるかもしれない的なね。超確立低いんだよね。まず元々の理想が高過ぎてさ、いつも書くように見た目は可愛くても中身がつまらないと一気に冷めるじゃん?で、顔はある程度じゃないと全然ダメなんだよね。別な言い方をすれば結構可愛くて哲学の話とか永遠と聞いてくれるような子ってまずオタクの妄想以上のハードルの高さだよね。で、それプラスド変態ってもう確率論的に言えばほぼゼロに近いよね。近似値はゼロでしょうっていうぐらいの。んでもなんかさ、無理なんだって諦めることがいかにつまらないことなのか?ってのをまぁ色々と思ったわけよ。ペルソナ4のアニメを見ながら。


だったらやっぱそこそこリッチになって風俗通いが出来るようになったほうがいいよね。で、晩年にニーチェみたいに性病にかかって死ぬみたいな。まぁ性病にかかる必要はないんだけどね。でもニーチェもそうだけどルソーなんかド変態だったんだよね。いや、哲学者だったらみんなそうだろって思うんだよ。だってあんなに色々と概念的なことをアレコレ考えているわけだから性に関して普通なわけないじゃん?むしろ普通に家庭とか築いてたら胡散臭いぐらいのもんだよね。あんまたいしたことないなって思っちゃうよね。実際、アメリカの分析哲学者とかさ、なんかアカデミックに成功してたりして良い家族も築けて・・・みたいな絵に書いたような勝ち組の人達とかって今も過去も大抵つまらない人達ばっかだよね。それはなんとなく数学者にも言えると思うね。どの道すげー変な人のほうが面白い研究をしていたりぶっ飛んだ定理とかを思いついてたりするんだよね。まぁ例がなくてあれだけども。


なんつーかまぁあれだよ、マジでシャドウを認めないとね。一気に話が戻るけど。いや、今まで書いてなかったけどペルソナ4のアニメはクオリティ高いよね。まずゲーム好きだったらツボにハマらないわけがない。そういう演出が意図的にされてるからね。で、それ以外にも最近の日本のアニメ的なノリっつーかさ、面白い感じのノリあるじゃん?っつーかあれか、まぁそれはだいぶ前にペルソナ4についてのことで書いたか。ようはそういう質が高い日本的なもののハイブリッドがペルソナ4なんだっつーさ、まぁゲームも完成度高いけどアニメも面白いって凄いよね。そんなに高く評価しなくても劣化してないというのが凄い。あれだけ原作のクオリティが高いもんだからさぞかし大変な事だろうなって思ってたんだけどあんなに良いとはね。


あ、んで話をさらに戻すとさ、例の電車の女に戻るんだけどさ、ようはね、なんでああいう女の売り手市場なのか?っていうとさ、ようはなんでそんなに別に超A級じゃないのに「かっこいい人がいないんだもーん」みたいなことを言ってられるのか?っていうさ、それはようはあれなんだよね、男ってのは年がら年中性欲を持て余しているわけでさ、特に俺もトレドミンからサインバルタに薬を変えたら勃起不全とかが割とマシになってきて性欲とかが戻ってきたんだよね。だからまぁ書いてることも変わったんだと思うけど。トレドミンの性欲減退と勃起不全は半端じゃないからね。男辞めますみたいなもんだから。あれ。実際今はシェアが少なくなってきてるらしいね。いや、そんな感じでようはさ、俺って性欲が戻ってるからだからもう持て余してるんだよね。もうオナニーとかじゃ消化っつーか昇華できないぐらい持て余してるんだよね。これが本来の男らしさだと思うしまぁ良いことだよね。性欲ってのは。我慢したらいけないもんだね。本当に。だから俺はもう我慢しない事にしてるんだよね。変態プレーの機会をいつかいつかと待っている状態だよね。トレドミンの頃には無かった発想ですな。


マトリックスじゃないけどさ、そもそも人間の限界って大抵は自我が規定してるんだよね。マトリックスっつースペースでは実際そうなんだけど現実世界でもある程度そうなんだよね。まぁそういうことを意味するものがあのモーフィアスのセリフなんだけど、別にあれはだからまぁSFじゃないんだよね。で、俺もさ、「あれができない」とか「これは無理だから」とかさ、それってもう完全に自分が限界を規定してるわけじゃん?で、本当にそれがやりたいことなのにも関わらず「できない」とか「俺には無理」と決めていることに関して言えばもうそのリミテーションを外さないとなと思ったんだよね。いや、その理由とかが今日の昼間に書いたやつにあるんだけどまぁそれはまた今度アップするわ。


ようはその限界を自分で規定することでどんどん人生がつまらなくなっていくんだよね。歳をとっていけばどんどん体の機能は衰えるしはっきりって何もかもが身体的に言えば下がるわけだけどそれをなんつーかそのマイナスをゼロサムにできるのがようは認識の力なんだよね。大抵の場合、特殊なコーチングでも受けてない限り「お前はこうなんだ」とかって生権力的に親とか環境とか友達とか知り合いから限界を勝手に規定されるじゃん?で、「俺はそうなんだ」と勝手に思い込むようになる。で、それが結果的にもう身体化されてそうやって言われた通りのつまらない人間になっちゃうんだよね。でもそのリミテーションを壊すことが出来るのが認識じゃん?で、それは逆に若い頃にはなかなかできないことなんだよね。色々と悩むのが大学生の頃っていうか年齢的に言うと20代前半とかね。自我との葛藤とかがあるわけじゃん?無い人もいるけどね。


で、そういう紆余曲折を経て限界突破という認識の方法に出会うわけでしょ?俺はそうだったね。で、そっから全部自分に出来ないことなんてないぐらいの勘違いモードでやってきたのがまぁ自己啓発系のメソッドとかに影響を受けた4年前ぐらいじゃん?で、今となっては親は「なんでそんな人だったの?」って言われるぐらい変わったんだよね。それはいかに親が「あんたはあんただ」っていう像をそこまでしつこく押し付けることはないにしてもそういう感じでやってきて俺もそれに影響を受けてその範囲内で「あんた」のままやってきてたんだよね。で、アメリカに行ってまぁ色んな意味でフリーになったから限界突破が可能になって、で、今は逆に親が俺を理解できないようになってるっていうさ、まぁそんぐらいじゃないとダメだよね。そもそも親が理解できる俺ってのはもう親が描いている昔ながらの俺ということでしかないんだからそれはいかに俺が本質的にダメなのかを示してるよね。そういう親の認識とのギャップが無いとダメだよね。まぁ俺はそれに成功した後で帰ってきたから良かったね。今はそんな影響受けないで相変わらずgoing my wayでやってるからいいんだよね。限界規定とかしてくる連中が居ないから環境的にはオッケーよね。


まぁそれでも親はやっぱなんやかんやでドリームキラーでさ、「学問なんて趣味でいいんじゃない?」とかって言ってくるもんね。ようはそれはあんたに何かが出来ると思えないと遠回しに言ってるようなもんだよね。俺がどんだけそれに狂ってようが関係無いんだよね。「あんたにゃ無理だよ」って結局は親ってそう言ってくるよね。うちはそれでも全然マシなほうなんだけどそんなマシなほうですらそうなんだからね。いつも書くようにうちの親戚にドリームキラー一家が居るって書いてるけどそれに比べたらまぁうちは極楽だよね。そこまで干渉されないから勝手に色々と極められるんだよね。別に何かに没入することに関してガタガタと言ってこないからね。なんかくだらない話題から割とちゃんとした話になってるけどさ、いや、でも俺が言いたいことはその限界規定とその突破なんだよね。


で、それは俺の性癖についても同じで「そんなのを理解してくれる相手はいない」というのは客観的事実でも「いない」と断言して完全に諦めてオナニーに耽るのはそれはもう限界規定だよね。自分で無理だと決めているから探す努力とかをしないわけじゃん?それこそ本当に変態プレーがしたければそれだけしてくれる相手とかがいてもいいぐらいなわけで。そういう発想すらももはや諦めからは生まれてこないからね。「セフレなんて吾輩の辞書には存在せぬよ」的な限界規定ね。一般的なセフレとは違っても変態的なセフレだったら俺はわらをもつかむ感じで欲しいわけだからそこは別にいいじゃんね?なんでそんなのダメだ!というのかがさっぱり分からない。それは自分で勝手に決めてる制限だからね。


いや、ホントに薬を変えてからは性欲が戻って本当に大変なことになってるんだよね。やっぱ本来俺は男だなっていうのを嫌でも感じるよね。で、その電車の女に話を戻すとさ、その女の中身には全く興味がないのにも関わらず性欲を持て余している俺から見るともう肉体的にエロいわけでさ、だからそいつがアホだろうがなんだろうがとりあえず「犯したい」と思うわけじゃん?そういうのに理性は勝てないんだよね。まぁ俺は一時期仏教徒ぶって性欲なんていらない!って書いてたけどいや、それがいかに人生をつまらないものにしてるのか?って気がついてからはさ、ようは俺の帰結としては前にも書いたようにズバリ生の肯定じゃん?


で、それはつまりはこれまたいつも書くようにjoyなんだよね。快楽ね。ウィトゲンシュタインなんかも同じようなことを言ってたよね。幸せを感じることが幸福律なんだみたいなさ、黄金律だったか幸福律だったか忘れたけど、あんなに鬱っぽいウィトゲンシュタインですらそう考えたというよりかは鬱臭いからこそ生の肯定という帰結に至るんだよ。それはニーチェ然りだけどね。実存系の人達はみんなそうだよね。基本的にすんげー暗くて心の闇を抱えているからこそその闇に打ち勝つような認識の方法を考えるわけだっつーかはまぁもう生きるということと思索するということでそれが自然と生成されるんだよね。そういうのに俺は人間に魅力を感じるし哲学のパワーを感じるよね。まぁでも数学と結局は一緒で才能がないやつには全く縁がない世界だし誰でもできるもんじゃないよね。まず滅多にいないからね。俺はそういう人に会ったことがないし。


哲学者ぶってたり哲学について詳しいって人は学生やら教授も含めて腐るほどいるだろうけど本当に哲学ができてる人なんて一握りのまた一握りだと思うよね。そもそもそれが出来てたら教授とかでいられないと思うしまず世の中との折り合いがつかなくなるもんね。だから結局在野にいる人ほど本物っていう話の信憑性が高くなって上手くやってるやつらはソフィストかただの学者っていう話がもっともらしく思えてくるんだよね。そもそも哲学で上手くやるってこと自体が究極的な矛盾だもんな。実際、哲学者なんかでも人生で見れば負け組みたいな人達多いもんね。まぁだからといって哲学者がそうあるべきだ!というのを歴史的なものから導きだそうとするわけじゃなくて、なぜ負け組なのか?というのを哲学自体が正当化するっていうか証明しちゃうんだよね。本質で見るとそれが繋がっちゃうからだからもっともらしく思えてくるわけ。まぁ別に金があることに超した事はないけどさ、まぁカント的な生活というかなんというか。そこもまぁそれこそ限界規定しないほうがいいんだよね。


別に金が稼げるならいくらでもやったほうがいいわけで。そこはやっぱダメだよね。学問をやる人は貧乏じゃなきゃいけない的な古いメンタリティはダメだよね。本当に金がいらないならいいけどそんな人滅多にいないし金があったほうが学問できるわけだからさ、そっちのほうがいいに決まってるわけだからね。むしろ貧乏という状態におかないとストイシズムみたいなのをキープできないというのはそれは結局は自分の弱さなんだよね。それは非常にダメですね。


あ、んで話を戻そうか。例のトレインガールなんだけどさ、いやね、そういう男の本能があるからさ、抗えないんだよね。常に男が餓えている状態というのを男はちんちんがついていることでもう宿命付けられてるんだよね。だから有り余った性欲と精液の行き場を求めるしかなくなるわけだ。そこでもうリアルでの望みが無い人は二次元に精液を放出しまくるしさ、まず放出しないということがありえないから性欲という名の志向性があるよね。ちんちんに意志があるとしたらその志向性は常に精液の行き場というのを考えてるわけだよね。これはフッサール大先生も天国で納得してくださるに違いない。


そもそもちんちんが機能しているということはちんちんの意志というのが必然的に介在するということなわけで、だからもうその意志は断ち切れないんだよね。自分の意志とは独立した形でちんちんの意志があるからだからまぁちんちんをせがれとか息子といったりさ、ディックとかジョンソンとかって名前をつけるというのが普遍的な概念になるんだよね。全く違う意志をやつらは持ってやがる!っていう男にしか分からない感覚が言語的に見ればシェアされてるんだなってのがよく分かるよね。


お高くとまっているトレインガールを俺は軽蔑しているのにちんちんは「こいつとやりたい!」ってずーっと言っているっていうさ、なんていうアンビバレントな感じっつーかデフォでの寄生獣だよね。ど根性ガエルでもいいんだけど。ぴょんきちどころの話じゃないよな。Tシャツがビン!となるんじゃなくてジーンズとかズボンがピン!となるわけだからさ、「あー息子がテント張っちゃったよー」みたいなさ、英語ではwoodyとかって言うんだよね。枝が勝手に生える感じね。woody on the trainって感じだわな。まぁ俺は勃起はしてなかったけど精神的には完全に勃起してたよね。あとマトリックスみたいにさ、フォーカスして「ブオーン」とかってなって普通の1000分の1ぐらいで動けるようになったら超高速オナニーとかできるようになるよね。


犯すのは物理的に無理にしてもパンツ下げてちんちんしこるのはできるじゃん?でも1000分の1で動いてるわけだからさ、他の人にはインビジブルオナニーなわけだよね。もう「シュッ!」って五右衛門の剣とか座頭市とか非にならないぐらい速く抜くということになるわけだからね。ぶっかけたらダメね。気がつかれるから。多分大抵の男は能力をそれに使うと思うよね。まず拳銃の弾を避ける機会は普通の人にはないからさ、だからまぁ多分オナニーぐらいしか使い道が無いと思うね。いや、まぁ盗みとか考え始めたらキリがないしそれは例のプラトンの国家に出てくる指輪の話と繋がって話が長くなるからやめるけど、例えばここでサンデル先生的にさ、「さぁオナニーの話をしよう」ってことになってさ、「もしキミがマトリックスのフォーカス機能を使えたとする。さて、キミは電車の中に居る。目の前には男なら誰でもトイレに直行してオナニーしたくなるような女の子が居る。そこでフォーカス機能を使って電車の中でオナニーをすることが道徳的にどうなのか?キミはどう思うかね?」みたいな話になるよね。そこでまぁさっき俺はぶっかけはダメって言ったのね。


でも1000倍の速さでインビジブルなオナニーをすることに関しては誰にも被害がないしポケット型の灰皿の如く、オナティッシュをいれる容器みたいなのを常に持ち歩いていればさ、ちゃんと密閉できればイカ臭いこともないわけだから何にも問題ないじゃん?ちなみに男は電車で見た女とかをオカズにして抜いたりする場合もあるわけだからそれは言わばその場でやってるかやってないか?ぐらいの違いなわけだよね。結局それをオカズにして抜いていることには変わらないわけだから背徳的だよね。でも別に直接犯しているわけじゃないからいいじゃないかってことで別にオナニーは背徳的じゃないんだけど、だったら電車でのマトリックスインビジブルオナニーの件はどうなるのか?って話でしょ?そもそもちんちんを見られすらしないわけだから猥褻物陳列にもならないし。まぁ1000分の1単位では完全に性器を露出してるけどさ、あ、1万分の1とかでもいいんだけどね、1000とかだとどうなんだろうね?まぁそれは自分がオナニーしている動画を1000倍速で見ればどんな感じか分かるよね。オナニーをしてティッシュを携帯オナ容器に入れてズボンを履くという動きを1000倍速で見るのね。インビジブルでしょう。恐らく。まぁ1万なら完全にインビジブルだよね。


まぁマジな意見を言ってしまえば全然これはオッケーね。窃盗とかぶっかけとかそういうようは時間が戻って犯罪として成立してしまうようなことに関してはダメね。あ、でもまぁー色々とあるよなー。ようはオナニーは自己完結しているからいいってことなんだけど、あらゆる行動全般に話を移すと微妙なところもいっぱいあるだろうな。自己完結していて犯罪ではないけどでもモラル的にどうなの?っていう。例えばそれが盗撮とかだったらダメじゃん?俺が言っているインビジブルオナニーは一切その女性に触れずにその場でその女性のアウラを感じながらビンビンにオナニーすることなわけだからさ、それがインビジブルである限りは別にもう人間にとってはそんなもん存在しないようなもんじゃん?で、モラル的には別にそんなもん帰ってからのオナニーと変わらないじゃん?ってことになるんだよね。まぁ色んな意見がありそうだよね。こういう謎掛けが得意なんだよね。サンデル先生は。だからこんなことも実際は言わないけど考えてたに違いないよ。


んでもあれなんだよね、この人って80年代前半にロールズ批判の人として脚光を浴びたんだよね。最近ロールズに関する未読だった本をたまたま読んでさ、そういえばそうだなーとかって思ったんだけど、その書いてる人がロールズに懐疑的なのかさ、まぁそもそもロールズ肯定みたいな感じで書いている本だからさ、サンデル先生の批判とかも「は?」って思わせるようなものが引用されてて全然ダメだなって思ったんだけど、んでもその引用が酷過ぎてさ、こいつダメじゃん!って印象がもうファーストインプレッションでついちゃうんだよね。これって凄い威力だよね。引用は引用でそれはサンデル先生が書いたところなんだけど曖昧で何言ってるかさっぱり分からないから全然注目に値しないという印象をその引用によって感じちゃうんだよね。で、よくある大家に噛み付いて名を挙げようとする俗物の一人か的な話で終わっちゃうんだよね。まぁ俺の中だとそんな感じになっちゃってるけど。


あーなんか色々と書いてたらまたオナニーしたくなっちゃったよー。もうどうすればいいのやら。副作用が少なくなったのはいいけどまぁこれはその功罪ですな。これでもまだ飲んでるからデフォの性欲ではないんだよね。これでもまだ減退があるんだから無くなったらどうなるんだ?っていう。だからまぁみんな子供作っちゃうのかーって納得しちゃったよね。そりゃーメス探しに必死になるわなーっていう。同人誌とかでも最近凄いもんね。孕ませ系というか断面図系も凄く進化しててさ、1ページとか全部子宮の断面図とかさ、精液が子宮に注がれている絵とかだったりするもんね。ああいうのに男が興奮するようになっているというのがもう凄いよね。子供を作ることに興奮するということをもう設定されているというのが凄い。それにトリガーしちゃえば種は絶えることないんだもんね。


残酷な言い方だけどアフリカとかで飢餓が減らないのもこういう生命の宿命があるからだよね。良いんだか悪いんだか。救える命はあるかもしれないけど先進国側から言うとまず「飢餓で死ぬような宿命になる子供を作んなよ」ってことになるもんね。これもまたサンデル先生的な哲学あるあるになるよね。ようはサンデル先生ってあるある系なんだよね。だから日本でもあるある系とかが流行ってた時期に流行ったわけよ。まぁそれはともかく飢餓で死ぬということを運命付けられている子供を作るな!というのはもっともだけど、でもその人がセックスをするという自由意志がそういう道徳によって奪われて良いのか?とかさ、あとは先進国側の人がそんなことを言っていいのか?とかさ、まぁ俺は言っていいと思うけどね。募金も大事だけど性教育はもっと大事だと思うんだよね。そこは俺はヒューマニストじゃなくてリアリストだからそう思うね。別にアフリカに限らず日本でも育てられないような子を産むな!ってのはもう鉄則だと思うよね。虐待死させたり育児放棄するとかありえないってマジで。


なんかそこが本当にモラルの哲学を考えざるを得ない材料になってるよね。性欲というのがもう子づくりにトリガーされてるから放っておけばバンバン中だししまくって子供作っちゃうっていうさ、そこは人間のセックスの自由だけど、そんな一時的な快楽のために生まれてくる子供達が不幸になっていいのか?って話だもんね。そう思うともう避妊というのはマナーというよりかはモラルになってくるよね。カルネのおっさんがデブ女を堕胎させるロジックが残酷ながら正当化されちゃうんだよね。「この子供を60年の苦しみから俺が救ってやるんだ」って。カノンでいきなり「モラル」とかって出るのとか凄いよね。だからまぁ俺はあれが昔から好きなんだよな。


そう思うとまぁ変態っていいよね。何かにぶっかけたりとかさ、子宮に出すことが快楽になってないじゃん?俺もそうだけど。だからまず俺の子供というのは生まれないんだよね。精神病が生まれつきある確立が高い子供を産むリスクも嫌だしその子も可哀想だから子づくりは絶対嫌だけど、そもそも俺は子宮にペニスを挿入することに興味がないからその心配がないんだよね。だからまぁ性の究極的な行き着く先ってのは変態だと思うんだよね。実はこれは時代を先取りし過ぎていて変態扱いされてるけど、実際はこれが一番道理にかなっている性の形態であると。いや、素晴らしいね。今日のこの調子は素晴らしいわ。マジで。ずーっと書いてなかったのが色々と精液の如く溜まっていたんだろうね。まぁ別に書きたかったことじゃなくて今浮かんでいることを書いてるだけなんだけど。まぁこれも快楽原則だよね。楽しいから書いているというただそれだけで。だからまぁいつも書くようにメッセージ性とか求められると困るんだよね。こういう快楽の断片なわけだからそこにメッセージ性なんて無いでしょっていう。まぁ汲み取るのは自由だけどね。それがエクリチュールのいいところだよね。こういう都合のいい時だけデリダとか出したくなっちゃうよなー。散種だけに。


あ、んでぶっかけっつってもあれだよ、さっきも書いたように盗んできたり拝借してぶっかけて戻すとかは無しね。「盗まれたローファー」とか言うラカンネタもダメ、とかいいつつそういうのを実行している人の話とか画像とかを見て興奮してるわけだしさ、盗撮ものとかだってそうじゃん?違法なのに興奮するんだもんね。本質的に言えば誰も田代まさしを咎められないんだよな。まぁおっさんの入浴を録画してたとかレベル高過ぎてついていけないけど。まぁでもタイムズのトップを飾るレベルの人だとは思うよね。完全に抽象された「凄さ」ということの数値があればさ、その「凄さ」でトップレベルだよね。あの人は。尊敬はしないけど。


いや、でもぶっかけで言うとさ、ヤフオクとか楽天とかでも色んなオークションでフェチ系の出品ってあるよね。女は大もうけだよな。でもあれを禁止する道理はないよね。別に合意の元でそれでハァハァするということを知っていて売るわけで完全なる合法的なブルセラだもんね。ブルセラって絶対合法化するべきなんだよな。合法化というよりかはなぜあれが違法なのかが分からないんだよね。盗んできたとかじゃなくて売ってるわけなんだしさ、あれによってどんだけの性犯罪なりさ、パンティなりストッキングなりっつーオナニーグッズを盗むってことが抑制されてるか?ってことなんだよね。ブルセラ専用のオークションサイトとかあってもいいと思うんだけどなぁー。


あれを気持ち悪い!とか下品だ!とかって言うっつーのは完全に噓ついてますよね。ハァハァしたくない男が逆にどれだけ居るのか?ってことだよね。二桁いかないよね。「男子たる者、ハァハァするべし!」ってそんなこと言われなくても元々男子に内在されている機能ですよってことだよね。これが凄いのはさ、そいつが直接その人と関係を持たなくても一方的にお金で満たせるってことなんだよね。ようは全く相手にされないようなキモ男のレベルでもすんげーエロい女でブルセラできるわけだからね。二次元の抱き枕とかフィギュアとかはオナニーグッズであるのにも関わらずそういう認識がされてなくて普通にアマゾンとかで買えたりするじゃん?なのに3次元のブルセラは禁止!とかっておかしいよね。逆に3次元論者はそれが3次元だから2次元でハァハァするよりより現実に近いからってことで肯定できるもんなんじゃないのか?っていうさ、そういうところから話を始めようではないかってことだよね。


ってことでまぁ今日はこの辺でいいかな。全然書かない→大量に書くってサイクルはどうなんだろうか?って思うんだけど、ただまぁ更新するみたいなのが目的で書きたくないしさ、かといっても放置は嫌だしさ、あとなんだかんだで書き始めると今日みたいに色々と楽しいことになったりもするわけでさ、この辺のバランスは分からないですね。自分でも。ええ。はい。


ということで今日はこの辺で。


PS


自分の速度と精液っつー物質的な速度は関係無いだろみたいなもっともらしいツッコミは無しで。いや、それ言いだすとマトリックスのフォーカスって概念自体が成立しなくなるからね。