ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

クラシックに目覚めたのか?

店で父がインターネットラジオで音楽を聴いてるんだけどっつーかBGMだけどさ、昔からモーツァルトが好きでネットラジオでもクラシックと言えばモーツァルトなんだけどさ、そのおかげもあってか俺はモーツァルト嫌いなんだよね。なんか学校で聴かされたから嫌だ的な、自発的に聴いてないんで嫌だみたいなさ、あとあんま元々あの旋律が好きじゃないんだよね。


でさ、んでもまぁ店番の時とかネットラジオ聴くぐらいしか音楽が無いっつーか、今はあえてCDとか聴いてるわけじゃないし、聴きたい音楽があるわけでもなくてさ、BGM程度にネットラジオのチャンネルを色々と見てみたりなんかして、んでブルースがあったんでさ、アコースティックだけのやつがあってまぁそれが良くて聴いたりなんかしてるうちに本格的にブルースが好きになったんだけど、そのネットラジオ経由でさ、興味本位でクラシックも聴いたりしてたんだよね。で、モーツァルトじゃなくてバッハとかベートーベンとかベタなところだけども。


んで面白いことにさ、特にバッハはずーっと聞いてても飽きないんだよね。だから数学の本を読みながらずーっとバッハ聴いてるうちに結構好きになってきちゃってさ、んで今は父のクラシックのCDを片っ端から聴いてるんだけどバッハはいいなぁーと思って。なんかすんげー構造にこだわりを持ってる人だよね。あとベートーベンなんかもいいんだよね。あとショパンショパンはCDが1枚しか無いんだけどさ、結構気に入ったから買ってみようかな?とか思って調べたらボックスセットとかすんげー安く出てるのね。所謂全集的なやつがすんげー安く出てたりしてて。


あんまり楽しいことが無いとようはこうやって自分から自発的に探していかないと人生詰むんだよね。俺はこういう感じで色々と音楽を開拓してきたからね。最初は違和感あるけど頑張って聴いてると結構好きになったりするのがあったりするのよ。もちろんクラブ音楽系はそんなの必要なくて自然に聴いてたけどさ、一時期デスメタルとかグラインドコアとかを聴いてたのもまぁ開拓だったんだよね。で、まぁ実際かなり好きだったし。まぁノイズ繋がりですけどね。


ジャズは何だったか忘れたけどとりあえずクラブ音楽を一通り聴いてんでなんか凝ってみようみたいな感じで買い始めてたらドツボにハマった感じだったんだよね。まぁ今はそうでもないけどね。別に嫌いになったわけじゃないんだけどまぁあえて聴かなくなったよねっつっても女性ジャズボーカルのやつは売らないでとってあるけどね。ビバリー・ケニーとかセレマ・グレーセンとかあとまぁブロッサム・ディアリーとかまぁ定番ばっかですな。ジャズボーカルに関しては可愛い白人女性のが好きで結構聴き方がアイドルっぽいかもしれん。これはまぁ昔からの趣味だね。ヘレン・メリルとかも持ってたけど確か売ったんだよね。ああいう真面目なやつはあんま好きじゃなくて。


ボーカルじゃないやつだとまぁひたすら黒人のばっかだよね。んでもジャズって結局、「これ!」ってのがいくつかあってそれがあるともう事足りちゃうんだよね。500枚近く持ってたけど良く聴くのはほんのごく一部だったから集めるのがバカバカしくなったっつーのはあるよね。コレクションって嫌いじゃないけどやっぱ俺ってモノが機能してないってのが凄く嫌でさ、ただあるだけってのがすげー嫌なんだよね。すり切れるぐらいまで聞くとかさ、本でもぼろぼろになるまで読むとかそういうのが無いとなんかすげー嫌で。だから読まないやつとか無性に売りたくなるんだよね。


まぁそんな感じで色々と売ったんで今は持ってるやつはレコードでも本でもまぁ本当に気に入ってるやつしか持ってないよね。あと本当に余計なのを買わなくなったね。一回読んで棚の肥やしみたいになるやつってすぐ分かるからちょっと興味があっても買わなくなったもんね。だから買うやつはっていうと本質的な数学書ばっかになるっていう。哲学書は積読も含めて買ったやつがかなりあるからもういらないんだよね。マジで。あーでも最近はちょっとカントをもっとちゃんと読みたいとは思ってるけどんでも読みたいのは主に認識論系のやつだからまぁ手元にあるっつっちゃーあるよね。


んでまぁ話を戻すとクラシックなんだけどさ、数学書読みながらクラシックってなんかかっこつけたがってるやつがやりそうなすげースノッブな感じだよね。だから正直かなり恥ずかしいんだよね。親とかには見られたくないっつーか。背伸びする時期ならともかく成熟期に背伸びっつーか気取った感じに見えるってなんかすげーダサいじゃん?まぁ見た目なんてどうでもいいんだけど客観的になんかすげーかっこわるいんだよね。


数学書を読むのはいいんだけどクラシックはちゃんと「これが好きなんだ!」って思えるぐらい好きにならないととにかく自分の中でダサいんだよね。凄まじくスノッブな感じがする。んでも「好き!」っていう感覚が介在しちゃえば関係無いじゃん?好きで聴いてるわけだから別にクラシックなんて括りとか関係無いじゃん?いや、ドビュッシーとかサティぐらいになるといいんだよね。これはもう前から好きで普通に聴いてたけどそれ以前の本格的なクラシックになるとなんか照れがあるよね。だからまぁ隠れて聴いてるような感じか(笑)


まぁ言うまでもなく大抵の音楽は飽きますわな。だから今の俺には聴きたい音楽が無いわけで。そんな中で開拓してないクラシックの領域って結構いいかも?って歯ごたえを感じてるんだよね。まぁクラシックっつってもコンポーザーはすげー決められてるけどね。好きじゃないのが圧倒的に多いからね。好きな音楽はクラシックってすげー言い方としておかしいよね。コンポーザーで言わなきゃおかしいでしょっていう。時計仕掛けのオレンジのアレックスみたいな系統ぶりね。心の友ルートヴィヒ!みたいに呼んじゃうぐらいの感じでまぁようは感覚としてロックスターぐらいの感じなんだよねっていうかそうじゃないとおかしいんだよね。


ロバート・フィリップ大好き!みたいなさ、そういう言い方だと本当に好きなんだなって分かるけどロックが好きですっておかしいよね。ロックっつっても色々あるわけで。なんかだからクラシックが好きですってすげー違和感あるんだよね。そういう言い方をするやつがすげー嫌いってのもあってすんげー聴くのに抵抗があるわけ。んでもまぁバッハとベートーベンとショパンに限って言えばかなり良いなぁーって思ってるからボックスセットに挑戦してみてもいいかな?とか思ってるんだよね。あとリストかな。つまらん毎日に楽しみが出来るし。すげー大事に聞き込めば相当時間かかるだろうし。数学原論と同時進行ってなかなかいいよな(笑)自分でも高尚過ぎて笑えるけど全然そういうつもりはないんで。ただの興味だから。


いや、例えばさ、音楽的にAKBが好きになったとして、んでもイメージとして低俗な音楽とかオタクの音楽ってーのがあるじゃん?聴いてみたいけどイメージが低俗過ぎて気が引けるっていうそういう感じね。まぁ勝手に俺の中のイメージだけどクラシック聴くって教養主義丸出しのスノビストってイメージがあってなんかすげーダサいんだよね。ドビュッシーぐらいになってくると近代音楽なんでいいんだけどそれ以前になると凄くスノビッシュなイメージがあるんだよね。だからまぁ凄くダサくて聞くってのに抵抗があったんだけどまぁ意外といいじゃん!って感じになったってのがまぁ最近のことでしたってことね。いや、でも色々父のCD聴いてるんだけど圧倒的に苦手なのばっかだな。


マーラーとか煩過ぎるっつーかああいういきなりデカイ音になったりするのってもうすげー嫌だよね。展開が大げさ過ぎるとハリウッド映画のサントラみたいですげーダサイ。そういう意味だとワーグナーとかちゃんと聴く前からもうクソみたいな音楽だって思うし。あとシューベルトとかブラームスとかも全然ダメだね。それで言えばベートーベンも恐らく好きなのは一部で大げさなやつとか結構あるからそんなにアレかもしれないね。だからなんつーか好みとしてはバッハはまぁ例外的な古典としてもリストとショパンってことになるとなんつーかクラシックっつーよりも固定のああいう系の音楽って感じだよね。ロマン主義っつーのかな?そういう意味でドビュッシーと同じ系統っつーかなんつーか。そう思うと別にクラシックに目覚めたわけでもない気がするな(笑)


ラフマニノフなんかは元々好きだったからまぁそう思うとクラシックっつーよりかはバッハが割と良いんだなってのに気がついたってだけかもしれない。あとまぁベートーベンの一部ね。ベートーベンの大げささってフォロワー達のそれに比べるとまだ地味って印象があるね。あ、んでさ、煩かったり大げささっつーかいきなりドカン!と来るやつってそれで言うとやっぱむしろそれメインっつーさ、あんま聴かないけどクセナキスとかブーレーズみたいなさ、ああいうのがあるしああいうほうがかっこいいでしょ?ロマンティックな旋律の後に大げさになる・・・んでまたロマンティックって繰り返しはバカバカしいよね。聴いててアホらしくなってくる。


あとドヴォルザークとかはなぜかドヴォルザークの何かの曲に日本語の歌詞をつけたのを学校で歌わされたっつー経験も関係してるかもしれないけど旋律がダサイムード音楽みたいで本当にダメだな。この辺のロマンティックで華麗な感じとダサい感じって紙一重みたいなところがあってさ、その辺がやっぱロマン系の人達は上手いっつーか洗練されてるよね。あっち系だと若干煩くなっても許せる感じがあるし。


数学でも哲学でもそうだけどやり始めから俺って好みがはっきりしてるんだよね。だからディレクションがすげーはっきりしてるっつーか。別な言い方をすると合わないものを毛嫌いする感じが尋常じゃないんだよね。それは恐らく好きが発生しているから嫌いが際立つんだと思うんだけど。まぁそんな感じでちょっとハマってみようかな?って思ってるね。意識的に聴いてみるって楽しいからね。まーでもクラシックまで来たかぁーって感じだよね。もうここまで来たら多分他はないだろうなっていう(笑)


まぁそんな感じで今日はこの辺で。