ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

河本の件について。

なんか色々と騒動になってるよね。河本の件。擁護する人達がいてそれをまた叩く人がいるって感じになってるみたいだけど、これに関しては普段のネットの感じとは別に考えないといけないよね。いや、所謂すんげーステレオタイプに考えたときの「ネット住民」ってのは有名人を叩いたりディスったりとまぁルサンチマンだらけのどうしようもない人達って感じがするけど、そこをごっちゃにしちゃダメだね。もちろんそういう人達が執拗に河本を責めているというのはあるにせよ、これに関しては普段から色々と叩いてメシウマみたいなルサンチマン連中以外にも別に普通の感覚として「なんなんだよ!」って思うわけじゃん?俺もそう思うし。


そこをなんか一緒くたにしてまたネット連中が河本を叩いてるなぁーとかって思っちゃダメだよね。これは普段何かと色々と叩いては楽しんでる連中とは別の割と普通の人達も批判してるってことなわけで。これってようはあとは最近の悪いイメージの吉本の感じだよね。紳介の件もそうだし何かと黒い人達を擁護したり守ったりするっていうなんか良くない体質っつーか油に火を注ぐような対応とか発言を平気でしてきてるじゃん?そんな中で河本の件が表に出てんでまたやった対応っつったら片山さつきに対して「人権侵害だ」だのと言ったり「生活保護を受けていたのは昔の話だ」とか言ってみたり、とにかく目立つ悪あがきだよね。最初から認めて謝ってればよかったのにこういうことやっちゃうからもう必要以上の反感を買っちゃったわけだ。


なんか色々なのが爆発してると思うんだよね。吉本への反感とかね、あとは芸能人ってしょうもないことしてる割にすんげー稼いでてムカつくなぁー的なこととかさ、まぁそれはただのルサンチマンにせよ、なんかそういう色んなもんがセットになって凄い批難になってると思うんだよね。ようは色々な種類の批判が河本の一件ってことで集中砲火になってるって感じね。で、それには色々な積み重ねとか種類があるんだけど、そこでさっき書いたように一緒くたにはできないってことね。これに関してはネット的な感覚ではなく一般的な感覚でも批難をされるレベルの話なわけで、それプラスああいう吉本の対応とフォーマルな謝罪とかさ、なんのためのツイッターなんだ?って話だからね。


不気味なぐらい全くその件については反応せずに限界になったら色々と作戦を立てて相談した上でのフォーマルな謝罪っていうさ、それじゃー余計にまた批難を買うわけで対応がクソなんだよね。往生際の悪さの居直り感が今年始めぐらいにあった町山さんとジャーナリストの上杉隆とのツイッターでのやりとりでの上杉隆の酷い醜態みたいな醜悪さを感じさせるんだよね。ああいうのが一番ダメじゃん?両者共に規模とか話の質は違えど「すみませんでした」って問題がこじれる前にまず謝罪しておけばいいのにそれをやらないであーだこーだやるから自分でこじらせてるようなもんなんだよね。


もう吉本はダメだろうなぁー。パブリックイメージが最低に成り下がったと思う。普段からのステレオタイプな意味での関西人がケチな感じっつーかさ、そういうイメージはもうモロに吉本にあるじゃん?吉本芸人自体が成り上がりが多くて貧乏なやつらが多いからこそ成功してもケチなまんまっていうさ、そういうイメージがあるじゃん?形成されてきたイメージだよね。そういうのがありきでの今回の爆発的な騒動なんだよね。また吉本か!的なさ、良くも悪くも色々と形成してきたイメージってのがありきでみんなキレてるんだと思う。そういう意味でなんか関西人へのイメージも悪くなってる気がするな。そりゃいけないことなんだけどね。


いや、あと一般的な感覚で言うとうちも今はそうだけど庶民がとにっかくカツカツじゃない?超ギリギリでやってる人達が凄く増えてる中で年収4000万の人の親が生活保護を受けてたってそりゃみんな怒るよね。みんな割とリッチで余裕があるならアレだけどこんな不況の中でこういうことしてればそりゃー庶民は怒るでしょう。芸人は浮き沈みの激しい職業でいつ何があるか分からないからみたいな理由もまた反感を買うような話だよね。


いや、今は庶民がデフォで普通に就職してもそんな状態なんですよっていう。しかも手取りもウジ虫みたいな値段ですんげー長時間労働を課せられててなおかつ社会的安定がゼロでいつ首を切られるかも分からないんで消費もできないしましてやローンなんか組めたもんじゃない。当然結婚なんかもできるわけがない。これがデフォでしょう。今は。そんな中年収4000万あれば先行きが不安ならいつ売れなくなってもいいように貯金とかしやがれ!って話になるのは当然だよね。手取り14万でいつ首切られるか分からない・・・なんて人が多い中で年収4000万で先行きが不安とか舐めてんのか!って思うのは当然。


貧乏な人が増えてるからこそ芸能人とかの金銭感覚とかに何となく嫌な感じを受けてるって人は多いと思うんだよね。それは貧乏人の僻であってもあまりにも庶民の生活が酷いからなんかムカついてくるのは理解出来るよね。そんな中で肝心の本当の弱者に与えられなきゃいけない生活保護ってのが年収4000万の人の親にいってたなんてさ、いや、勝手に金使うなり稼ぐ分にはいいけど税金使うなよ!って思うのは当然だよね。それは高額納税してたって関係無いでしょう。納税ってのは義務なんであって額で計られるもんじゃないのよ。高額納税しているから税金使ってもいいだろうってことじゃないんだよね。フリーターでも雀の涙ほどの納税でも納税は納税で額では差別されないわけじゃん?


権利とかが納税額で決まるわけじゃないでしょ?だからすげー納税してるんだ!なんて言い分はおかしいわけだ。額の問題じゃないのよ。納税しているかしてないか?が問題なんであって納税していればみんな権利は一緒だし満たしている条件は一緒なのよ。しつこいようだけど額は全く関係無い。むしろ額で差別されるなら金持ち超待遇になるじゃん?どこぞやの社長とかも言ってるようなさ、納税すらしてないやつらは道を歩く権利すらない!とかさ、凄まじい差別だよね。こういう感覚を持ってるやつらが下手に金を持つと酷いことになるよね。それこそ低収入=ゴミ人間みたいな価値観を平気でまき散らすようになるでしょ。ましてや一般的には成功者だとかって言われるんで手に負えないわな。


こんな価値観じゃさ、それこそ富裕層=偉い人になるじゃん?金を稼いでるし納税しているし消費もしているし・・・。それに比べてフリーターやら所得が低い人達は納税額は低いし生活だけでカツカツで消費しないし・・・ってことでんじゃあ低所得者がゴミなのか?って違うでしょ?納税して生活してるなら納税額なんて関係無いわけで。消費してるかしないか?なんてのは個人的な問題だからね。まぁ俺は金持ちが金を使わないってのが最高の罪だと思ってるけどまぁこれは行き過ぎると逆金持ち差別になっちゃうんだよね。んでも別に日本に限らず富の極端な偏在ってのは問題なわけで、こりゃなんとかしないといけないことではあるよね。


なんつーか成金は根本的に元はメシウマ系のネット住民とかと民度が変わらなかったりするんでだから下手に金を持つと凄まじい差別発言をしたりするわけだよね。本当の金持ちとかは低所得の人達が増えているとかニートが増えているってのを問題として捉えて何かできないことはないのか?とかって思ったりするんじゃないのかな?まぁ言わば社会の担い手として。成金はレベルの低いネット住民ぐらいの意識でいるからだからある意味での同族嫌悪みたいな感じでニートやらフリーターやらを批判するんだよね。この辺も凄く試金石的な感じでtwitter的なバカ発見機だったりするよね。その人の考えが凄く顕著に出るところっていうか。


まぁーなんつーかさ、話を戻すとさ、とりあえず説明すればいいんだよね。こういうことがこういう感じで不手際なりなんなりがありましたっていう非を認めるっていうかさ、「人権侵害だ!」なんて言っちゃったらもう宣戦布告だからね。勝てば官軍モードに勝手に入っちゃったわけじゃん?それで勝てればいいんだよ。んでも明らかに負けるっていう中でああいうこと言ってるんでもう手に負えないよね。吉本のリスク回避の手際の悪さって何なんだろうな?紳介の件からもそうだけどもう完全にパブリックイメージは悪だよな。そういうのって空気が形成されるじゃん?吉本=悪みたいな。そうするともう自然と人気が無くなってきたりするんだよね。そういうもんだからこそ気をつけないといけないのにそういう配慮が全然無いんだもん。他の無辜の吉本芸人が可哀想だよな。あんだけ色々と芸人なり芸能人抱えてるところなんだから気をつけないとダメだよね。本当にダメだなぁーって思うよね。


色々と隠蔽して隠して指摘されれば逆切れするような組織の体質なんだってみんな思っちゃったからね。こういう流れで。もうそれを払拭するのは無理だろう。隠蔽の最たるもんが紳介の事件でさ、んでこういう流れがあるから事実かはともかくとして他にも色々と黒な部分があるんだろうなぁーって勝手に思っちゃうじゃん?特にああいうイメージが大事な業界にとってはもう致命的だよね。色々と不運が重なったならアレだけど自業自得だから同情の余地が無いんだもんね。組織としての信用を失ったから弁明とかしてもまた誤摩化しなんじゃないか?って思われちゃうじゃん?そういうのをなんであえて作っちゃったのかなぁー?って気がするよね。組織の対応としてはもうクズ中のクズでしょう。


そういうことなんだよね。だからなんつーかネット住民がまた色々と叩いてる・・・とかとは違うレベルの吉本属性ならではの事情があるわけだよね。そういうのがあるからこそ擁護とかしてもまた擁護する側は流れを分かってないで言ってるのか単純に同業者だから擁護してるのかさ、どの道、すげー見当違いっていう印象を与えちゃうわけだよね。それは法がどうのではなく「また吉本か!」っていう怒りがあるわけじゃん?いい加減にしろ!的なね。


松っちゃんの映画に対する批判なんかも映画自体というよりかは吉本批判みたいなのが結構多いよね。海外の評論家も金で買えるのかーとかさ、イエスマンで揃えて金があれば無能でもゴリ押しで映画作れるんだなぁーとかさ、これも吉本属性だよね。見当はずれな批判でも吉本ってことで特有の批判をされてるような感じは否めないよね。あと吉本が戦略的にやってそうなことって大抵裏目に出てるから普段から下手なんだよね。やり方が。何をやっても無理矢理なゴリ押し感が出ちゃうっていうか野暮ったいっつーか。


なんかだから今回の件については執拗ないじめとは思わないよね。全部自業自得って気がするわけで。ようは前後関係が色々とあるからこういうことになってるんですってことなわけだよね。これはもう批判されてもしょうがないよなって思うよね。さすがに。


そんな感じで今日はこの辺で。