ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

ゾンビ大国日本。

いや、一連のアレで思ったんだけど、日本って自由放任でも個人が個人の幸福を追求しようとしないよね。レッセ・フェールのイデオロギーって基本的にはみんな合理的で個々が個人の幸福のために振舞うっていう経済人を想定してるじゃん?で、アメリカみたいな国とはそりゃ相性はいいと思うんだよね。でも日本の場合、満足しない自分を変えようとするのではなくて同じような自分を増やすっていうか、「俺もゾンビになったんだからお前もゾンビになれ」的なバイオハザード社会じゃん?実際はもっと幸福とか何がやりたいのか?とか根源的なことを問わなきゃいけないのにそれをやると「駄目な人」とか「大人になれない人」みたいな扱いを受けるんだよね。で、その肝心の大人達が満足した人生を送っているのか?って送ってないから「大人になれ」って人にわざわざ説教するようになるわけじゃん?自分の人生のクソゲーシステムをミーム的に増やそうとするんだよね。これは根本的にゾンビの考え方と同じだよね。あとは生きている人間を妬む怨霊みたいなメンタリティを同じだわ。そういう「クソでどうしようもない自分」という種を増やそうとするのはある意味で人間だったら当たり前のことかもしれないよね。俺がそういうのに抗うっつーよりかはむしろ「なんでみんな抗わないの?」っていつも思うんだけど、それができるってことは自分が自分をクソではないと思っているからだってことに気がついたね。自分がクソだったら他もクソが多いほうが生きやすいじゃん?で、そういうクソにとっての脅威が「クソじゃない人」だよね。ズバリ俺みたいな人間だろう。


クソかクソじゃないかは社会的地位とか生活の質とかは関係ないと思うんだよね。まぁド貧困じゃ難しいだろうけど別にそれはあれじゃない?金があったって満たされてない人たちがいっぱいいるわけでしょ?金があったら全部が良くなるんだったら金持ち全員が幸福じゃないといけない。でもそうじゃない人も多いわけじゃん?まぁ幸福は金で買えないみたいな話はベタ過ぎるからやめるけどさ、クソかクソじゃないか?ってそれってようは決めるのは自分じゃん?自分の価値観だよね。あとは自分がどうありたいのか?という欲求によると思う。で、俺はこういうところにおいて凄まじく貪欲でハングリーなわけですよ。自分を良くすることしか考えてないし、こないだ書いたようにそれが結果的に経済的にも合理的な行動ということに帰結するんだと思ってる。で、なんでそれをするのか?ってまぁスピノザなら衝動だとかって言うんだろうけど、でもそれはスピノザも言っているように衝動自体に目的は存在しない。幸福な生活を送るためというのは結果的に分析したときには出てくるんだろうけど衝動のレベルではそれ自体がこないだ書いたヴァーチューとしてのコナトゥスなわけで、それ自体が活動力で人間が生きる原動力そのものなわけだ。


ここまで深くなくても基本的に幸福になりたいと思うのがやっぱり人間の自然な姿なんじゃないかと思う。でも日本みたいな国の場合はロボット土人が大量にいて大量に生産されていてなおかつロボット達がゾンビのように振舞うわけだね。まぁゾンビがゾンビを増やすために生きている人間に襲い掛かっているのかは分からないけどさ、まぁ生物学的に言えば種の保存という原動だけは残ってるってことでしょ?で、ゾンビの場合、それがT-ウィルスと呼ばれるものであったりなんだったりっていう説明がフィクションの世界でつくけど、現実の世界だとやっぱりミームだよね。そういう振る舞いをするように強制させる力なんであって、それを国家がやるとアルチュセールが言うような国家イデオロギー装置の出来上がりで、それを個々の生活のレベルにまで侵食させてコントロールしようとするような政治がフーコーの言う生政治ってことだよね。で、これは前から書いているように特に日本の場合は誰っていう支配する権力者がいるわけでもなく、イデオロギーを撒いているような装置があるわけでもなく「そうじゃなきゃいけない。だってそういうものでしょ」とか「そうかもしれないけどそれは無理でしょう」的な発想の、人間の本来あるべき姿とはかけ離れた奇妙な常識っつーもんが個々をそうさせるように強制してなおかつ監視を担うわけだよね。そういう意味での「そうじゃなきゃいけない」っつーhave toパノプティコンなんだよね。それから外れるものは誰とは言わず匿名かなんとなくの雰囲気で「あいつが何か違う振る舞いをしようとしている」という通報なり警戒を作ってとにかく監視を強化させるわけだ。まぁどうしようもない主婦がやってるような井戸端会議の噂話レベルのことだわ。田舎の土人のメンタリティね。凄まじく原始的で限りなく馬鹿に近いという意味で土人という言葉が土人に失礼なぐらい日本のネイティブ・ジャパニーズはどうしようもないわけだよね。


だからこの「そうじゃなきゃいけない」とか「そうかもしれないけどあなたにはそれはできない」的なイデオロギーはレッセ・フェールと相容れないんだよね。なぜか?ってそりゃ個々が幸福の追求をするっていうことをしないで自分のロボット化とパノプティコン化を進めるわけだから、「最大多数の最大幸福」なんてのが自由放任で達成されるわけがない。基本「あなたには無理だ」というから何かと色々とやりづらい。それでなおかつみんな他人が不幸になることを望んでメシウマなことを酒の肴にするような助けようが無い腐りきったメンタリティを持っているわけだから合理的な経済人の振る舞いなんて期待できるわけがない。幸福の追求という人間の自然な欲求や動機付けがないと経済的に駄目なんですよ。当然それは政治的にも駄目だよね。楽しいことばかりを追求するアメリカみたいな国に勝てるようになるわけがない。例えば、楽しいことの象徴でもあるようなゲームは楽しいことが大好きな欧米人に追い抜かれましたよね。で、ロボット大国日本ではロボット土人がロボット的ルーティン生活を送る上で必要になる、人間ではなくロボットがやるようなモバゲーみたいなもんばかりをやるんで変な需要と供給のバランスが生まれる。そんな中で「スカイリム最高!英語でやれればなおかつ最高!」とでも言おうものなら「原語房」だの「洋ゲー主義者」だの古いタイプのゲームばかりを持ち上げる「懐古房」なんて言われたりする。自分がやってて「楽しい!」と思えるゲームを賞賛しているだけなのにロボットが「敵確認!」と言わんばかりに人間を攻撃してくるんだよね。サイバーテロですよね。これって(笑)クソゲークソゲーだと言うことが駄目なことなんですか?


ようはロボット側がやってる恐怖政治みたいなもんじゃないですか?テロルですよね。実際はサイバーじゃないんだけどサイバーとしかいいようがないぐらい不気味に統一された連中が同じような言葉で同じようなことを言うから人間らしさを全然感じないんだよね。もう機械がやってるんじゃないか?ってぐらいのオートメーションな感じっつーのかな?俺が言ってるのはそういうやつらが増えると経済的にも政治的にもクソでなおかつ人間が人間らしい生活を送れなくなるぐらい国が根本から腐るってことになるから疑問を感じている人はロボット土人を恐れずに自分の人間らしい生を貫くべし!と言っているだけですよね。幸福の追求が経済の発展を生むって基本じゃないですか?だから社会ってもんが必要になるわけでしょ。だから個々が幸福の追求をしやすくなるような社会を目指すわけでしょ?お互いがお互いを潰し合う社会なんて待ってるのはただの滅亡ですよね?あとは別に経済に繋げなくても、せっかく生まれてきたんだからあえて不幸になる必要も、他人に不幸を強いる必要なんかもないわけで、個々が個々の幸せを追求できればそれって良いことじゃないんですか?それが倫理じゃないんですか?ってことを最近の俺は書いてるわけですよね。でもこれってなんの個性も無い、模範的なつまらない優等生的な意見ですよね。そのぐらい当たり前のことしか言ってないわけですね。なのに変わらないどころかこういうことを言うと嫌味を言ってくるやつがいたりするわけですよね。アンビリーバブルですよ。本当に。


人間から見たら逆じゃないですか?ゾンビが多いから人間での生存を考えてゾンビを排除しようと頑張りますよね。でもゾンビが多いとそれが民主的な民意っつー一般意思になるから人間側を排除するようなものが民主的ってことになりますよね。だってみんなが他人の不幸を望んでいて成功なんてするものなら必死に引き摺り下ろそうとするわけでしょ?他人の才能や幸福が妬ましくてしょうがないわけだ。これが日本が不幸である原因ですよ。これを変えないと基本的に何も変わりません。これを俺はここで言い続けています。もうこれはバイオハザードなわけですよ。生政治の脅威ですね。ロボットが社会を支配する日がくるかも?ってそのロボットは実はロボット化した人間なんじゃないか?ってことですよね。で、支配する日が来るもなにも日本ってのは元々そういう国なんですよね。だから何もかもが上手くいかないわけです。


もう「手遅れ」なんでしょうか?まぁ手遅れでも俺は人間なんでゾンビにはならないしゾンビにならざるを得ないような状況にまで追い込まれたらゾンビ映画でゾンビに襲われる前に自殺する登場人物のように自分もゾンビになる前に自殺しますってことですよね。俺の自殺とはズバリこれなんだ。人間でいられれば死ぬ理由なんてない。一番怖いのは自分がゾンビにならざるを得ないとか、ゾンビのやつらに迎合しなければどうしようもなくなるような状況にまで追い込まれるってことなんだ。俺はそんなもんは死ぬより怖いことだと思っているんで毎日自分の生存に必死なわけですよ。その生存の作法がテクネーってことなんです。コナトゥスをヴァーチューとしたディオニュソス的な生ですよね。ゾンビになるときが来たら俺はいつでも死ぬ覚悟ができているっていうそういう覚悟があるからこそできる生き方かもしれないけど、俺的に言えばゾンビ云々抜きでデフォでこういうもんなんじゃないのかなぁ?と思っているんだけど、どうやら違うらしいね。そうか違うのか。では俺は自分の現実を作っていこう。ゾンビになるのはまっぴらごめんだ!ってことですよね。ゾンビがゾンビを増やそうとしているなら俺はそういう流れに抗って人間である限りは人間らしさっていう倫理を貫こうとしてるわけで、そういうパワーを広めようとしてるわけだよね。前は広めようとは思ってなかったけど、この場で「推進力が無いんじゃ意味が無い」ということをある人から言われたことがあって、もうまったくそれはその通りだなと思って自分のミッションの一つとしてそれはやり続けるわけですよ。ゾンビが多いなら武器が多いほうが良いに決まってる。だから俺は知識を増やして生存しようとするんだよね。で、人間の領域を広めようと思っているわけだ。


相変わらず書いていて当たり前のことしか書いていないなと思うんだけど、ゾンビ側から見ると俺が「手遅れの人」になるんだよね。いや、逆でしょ!っていう。「お前が言うな!」っつーよりかは「ゾンビが言うな!」ってことですよね(笑)いい加減俺はこういうバイオハザード的状況に嫌気がさしているわけよ。当たり前のことを言っても洗脳されている側とかプログラミングされている側には全く伝わらないって凄まじい状況だよね。ゾンビに言葉が通じないのと同じだよね。だから俺はこれを人間に向けて書き続けることにしているわけですよ。で、たまにゾンビが混じるけど大抵馬鹿なので一行何かを残して去っていくわけだ(笑)ゾンビは言葉も喋れないらしい。何のために生まれてきたんだろうか?って思うんだけど、まぁこのロボット大国ゾンビ大国日本を維持させるためのエージェントとして生まれてきたのかな?って思うと合点がいきますよね。組織でも細胞でもなんでも恒常性とか現状を維持させようとする力ってのは必ずあるからね。それをなぜか誰とも言わずに「組織」になるとやっちゃうんだよね。結果的に面白い人なんかは社会でやっていけなくてオミットされちゃってつまらない人間だけが幅を利かせるような世の中になるんだよね。結果的にイノベーションは全く生まれず、ただ他人の不幸だけを望むような不気味なやつらが永遠とフラフラし続けるみたいな、ゾンビが出てくるゲームで言えばゲームオーバーの世界ですよね。驚いたことにゾンビ達には意識があって言葉も話せて一見人間のように見えるけど、全くここに俺が書いているような内容のことは「空虚な内容」にしか見えないらしいんだよね。それだけもう脳がやられてるんだよね。あとはまぁさっきも書いたようにゾンビ社会を維持させるためのエージェントなんで、俺みたいなやつを排除するってのは彼らの行動原則で言えば理にかなったことなのかもしれないけど、俺はそこでただの生存というところからさっき書いた推進力という意味で陣地取りをしていかないといけないなって思ってて、まぁようは解放ですよね。liberationというかemancipationというか。


で、人間が生きやすい世の中にしていくっていうことですよね。あとはゾンビに囲まれて孤立して自殺するしかないような人たちに「実は解放運動をしてるやつらは結構いるらしい」っていうことを知ってもらうとかね、そういう意味での情報発信ですよね。この情報発信が無駄なことではないというのは色んなフィードバックをここでもらってきている中で本当に実感してることなんだよね。そういう正のフィードバックが俺の活動力にもなっているし、だからコミュニケーションは必須だ!って思うようになったのね。だからもう隠居しようなんて思わないわけですよ。永遠とゾンビ達との市街戦を繰り広げるってことですよね。これが俺の言う必要な攻撃なのね。お互いがある程度認め合って棲み分けできるなら俺は攻撃しようとは思わないけど、あっちは放っておくとどんどん攻撃してくるし人間を感染させるからそんなものを見過ごすわけにはいかないんだよね。俺は感染しないし、人間のままでもゾンビたちと一緒にやっていかないといけなくなったらそんときは自殺だって思ってるから気が楽なのよ。あいつらと一緒にやっていくっていうこれが俺の考えうる現世でのもっとも悲惨な苦痛なんだよね。まぁそれはそういうやつらと接してきたしやってきたし散々嫌な思いをしてきたっつー経験があるからこそ言えることなんで、まぁ辛いこともモノによっては良い経験になりますよってことだよね。そういう意味での苦労は今の時点においてですらもうすでに報われてると思うわけですよね。そういう思いを共有しようとするってある意味普通のことじゃないんですか?って思うんですけどね。そこで「お前には無理だ」と言われても共有なんつーのはファイル共有と一緒でアップロードしちゃえば誰かダウンロードしますよね。で、共感する人は共感するわけだ。で、「まだこんな人が生きていたのか!」なんて思ったりするそうですよ。とりあえず今はそれだけでも十分じゃないですか?


まぁそんなところで今日はこの辺で。