ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

ドラクエにおける対象aとは。

ドラクエにおける恋愛っつーのは言わば対象aなんだなってのを凄く感じたのはね、まぁ普通にプレイするならともかく結構デレデレしてきたり可愛い子ぶってたりするっていう、彼氏やゲーム内相方でも探しているのだろうか?みたいな態度の人もいたりして、もちろんそれはネカマかもしれないし豚かもしれないんだけど、そこをファンタジーとして不可知な部分として認識しつつアバター同士のやり取りを楽しむっていうのはまさしく対象aでしょう。


もちろん分析的なことをすればそいつがネカマかあとはただの痛い女なのかダメなタイプの精神的にちょっとアレな子っていう蔑みも含んだ意味であえてメンヘラーって言葉を使うけどさ、まぁそういうメンヘラーなのか?とかってのも踏み込めば分かるところなんだよね。でもあえてそれをしなかったりスリリングな実はおっさんかも実は豚かも実はババアかもっていうリスクがありながらもたまに垣間見れるネカマでは演じきれないようなリアルな女性のいやな部分とかが出たりすると「おー女性かもなー」って思ったりするわけじゃん?まさにこれは客観性が存在しない欲望の対象としての存在だよね。で、その欲望ってのは常に欠落しているっていうね、欲望を作り出すための欲望なので、だからこそあえてファンタジーを壊すようなこととか色々と詳しく聞いてしまうみたいなことをあえてせずに適切な距離感でコミュニケーションやドキドキ感を楽しむっていうのはつまりは欲望の再生産なんだよね。そこで実際に会ってみてそんなにタイプじゃなかったとか普通で落ち着いた人だったとかそういう感じになればもうドキドキ感はないわけだ。ドキドキ感を感じたいがためにその人がどんな女性なのか?とか旦那はいるのか?みたいなことをちょっとずつでも知っていくっていうかさ、でもあくまでやっぱり曖昧さってのを残すっていうのかな。


曖昧さを残すかどうかはまぁ個人の好みの問題だけど常に知りたいとかどんな女性なのか?ってのを妄想するのには限界があるので常に不完全な曖昧な欲望の対象としてそれを存在させておくっていうのかな。それが常に確かさの欠如とか欲望が完全に満たされるということに関する欠如を生むんで常にそれが再生産されて妄想により増幅されるっていうね、ここまで方法論的ではないにしても少なからずオンラインゲームでの恋愛ってこういう要素があるんだなって思ったよね。まぁ中には出会いのツールとして使ってる人もいるだろうけど、でも仮想の恋人を作ってるみたいな人も少なくないっていうのを見ると本当に対象a作ってんなーみんなって思うね。


これに説得力があるのはさ、別にラカンとか出してこなくてもそれが欲望とか対象aという存在の原理だから理屈を分からなくても人は欲望し続けるために自然にそれをやるっていうことなんだよね。解釈なのではなくドラクエだったらドラクエっていう世界の中でそれが自然に発生するっていうのがなんともオントロジカルというかね、欲望をそう解釈するのですか、とかオンラインゲームでの恋愛をラカン流に解釈するのですかという流派とか考え方とかイデオロギーの問題ではなく、客観的な現象みたいなレベルでそれが確実にあるっていう説得力ね。まぁもちろんそれは俺が最近ラカンとかラカン関係のを読んでるから影響されてるっていうのはあるにせよそれにしてもでも不気味なぐらいフィットするよね。無理にドラクエリテラシーレベルの高いものを利用して高尚に語ろうとしているのではなくて、あたかも数学のなんかの証明が何かの現象を説明してしまったり繋がりを明らかにしてしまったかの如くフィットしてるんだよね。


これって凄くない?ジジェクがよく言うように幻想自体が人間に欲望するということを教えてくれるんだよね。それを俺はドラクエ内での幻想に教わった感じ。もちろんゲーム的にももう飽きてきてるからそういうところを楽しむしかないみたいな感じになってるってのはあるにせよね、でもやはり相手は仮に女性だったら女性なのは確かなわけでさ、で、そこでピュアぶってたりお姫様ぶってたりするただの豚である可能性も高いんだけど、そこを「豚だろ」って思うのはリアリストなんだよね。欲望をしないとかそれを対象aとして認識しないということを選んでいる人だよね。まぁそれがまともだとは思うけどね(笑)仮に最終的にオフで会ってみるという帰結があるにせよそこにいたるまでのスリルというのは常に味わえるわけで、それにハマる主婦が多いってのもすげー分かる気がするんだよな(笑)モラルハザードというよりかはそれが欲望の原理という気がするんだよね。


これって全然気持ち悪くないんだよね。欲望として凄く普通というかそれこそ凄まじくラカン的なわけ。あとまぁ凄く経済的だよね(笑)物凄いグラフィックとか凄まじいアップデートとかを必要としない本当の意味でのファンタジーじゃん?ファンタジーだって割り切れるほどドラクエ内の仮想恋愛にハマるというのは凄くわかるな。俺はまぁリアル志向だからそれはやらないけどね(笑)仮に出会っても会いますわそれは(笑)でもその一方で会うまでのプロセスとか、そもそもおっさんかもしれないみたいなリスクがある危険性がある中で欲望することを楽しむっていうことはやってるんだよね。ゲーム自体に飽きててもそれが楽しいから単純に刺激になるもんね。完全に観念的なものだけどでも本当に欲望ってただの観念なんだなってのを改めて再確認したね。


まぁそんな感じですわ。んじゃまたね。