ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

彼女ができました。その5。

なんかまたちょっとあったんで書くけどね、彼女が俺のこの書いたやつを読んでて傲慢だって感じたらしいんだよね。わからんけどなんでもかんでも俺の影響で症状が良くなったり俺が光を与えることができて・・・みたいなのも「そこまであなたの影響はないよ」って思ってるらしくて。まぁあれなんだよね、被験者扱いされてるのが見えちゃってショックが大きいってことだったみたいなんだけど、まぁ彼女としては対等に接しているし接していたつもりなんだと思うんだよね。でもまぁ言わずもがなだけど対等ではないのは明らかじゃん?色々な知識を動員してあらゆるところで大人の対応をしてやってるから成立しているんであって普通の接し方じゃ関係すらもままならないよね。でも彼女としては普通に接しているつもりだったんだろうけど、実際に俺がこうやって考えてるってことがショックだったみたい。


でも被験者扱いっつってもさ、あれだけの症状があって普通に接しているだけじゃどうにも上手くいかないって現状があったらそりゃある程度メタ視点に立つのは当たり前だよね。で、あと態度として普段それが出ているならともかく普段は普通に接しているわけでさ、だからこそ彼女も普通に接しているって感じてるわけじゃん?でも実際は俺は色々と勉強して研究しながら物凄く気を使って接しているわけだ。これのどこが傲慢なの?って思うんだけど彼女としてはそこまで気を使われてるってのとそこまで色々分析されてるってのに一個人の尊厳を傷つけられたように感じたらしいんだよね。あ、そういうメッセージがスカイプで来てて。


やっぱプライド高いんだよな。一人前って思ってるからこそ病人扱いされるってことにすげー傷つくんだと思うんだよね。でもまぁ実際にあれだけの症状があってでも普通ですなんてのは無理じゃん?そこはまぁやっぱ彼女の未熟なところなんだよね。「そんなにあなたが言うほどあなたの影響はないから」っていうのもやっぱりプライドなんだと思うわ。まぁー頭に来るけどねー(笑)ここまで色々やってて頑張ってるのにそりゃないよって感じ。でもスカイプでのメッセージは今までにないぐらい凄く気を使った文面でさ、んでも俺が書いたのを見ると頭にくるところが多いらしくて「別れたほうがいいのかな?」なんて思ったりもしちゃうらしくて。


あとまぁ俺に無理をさせたくないらしいけどまぁそれも何をいまさらって感じだよね。まぁなんだろうね、普通に接してたと思ってたのに実は違ったってところでのショックと彼女のプライドが傷ついたってことなんだと思うんだよね。でもそれって不当に彼女を貶めるようなものじゃなくて完全にケアじゃないですか?またでもケアとかっていうと怒るんだろうな。まぁでもスカイプで彼女自身も「これは私の我儘です」って書いてるからいいんだけどね。なんかちょっと今はまたこれがあったんで俺との連絡を取らないで色々と冷静になって考えてみるって言ってたな。


でもまぁ大変な人がいてさ、その人のことを思うからこそ色々な知識を動員して「これはトリガーになるからやめたほうがいいな」とか「これは勘違いさせてしまうな」とかって考えながら接するってまぁ気を使ってるって言われればそれまでだけど俺は間違ったことしてないよね。それを傲慢って言うなんてどうなのよ?って感じなんだけどそこはまぁやっぱ彼女の未成熟なところなんだと思う。一人前として立ててほしいのかあとはまぁやっぱ一人前だって自負してる部分もあるからなんでもかんでも俺のおかげで良くなったとかって思うのが癪に障るんだろうな。


まぁんでここでは書くじゃないですか?俺が思ったことはね。あと全然間違ったこと書いてるとも思わないし、あとなんか彼女には俺が常に上目目線で優位に立とうとしてるみたいに感じたらしいんだよね。それもまぁ対等に接していると思ってたっていうところのギャップなんだと思うわ。でも実際は俺はめちゃめちゃ考えてて普段の何気ないやり取りの中ですらも常に考えて接してるんだよね。でも別にそれを彼女に感じさせることはないし彼女も感じなかったからこそこれを読んで実はそうだったってのを知ってショックを受けてるんだと思うんだよね。


どちらかといえば傲慢なのは彼女だよな。そこは謙虚に「そうだったのか」って捉えればいいんだけどそれができないんだよね。ましてや普通に接していたって思えるぐらい俺は表面上はそういうのを出さないで自然に振る舞ってきたわけだからね。それは彼女が今実はそうだったってのを知ってショックを受けているってことにも如実に表れているでしょう。そんなことを書くのは傲慢だって言われてもこれって別に俺が凄いでしょ!ってことを言ってるわけじゃなくて実際にそうやって接してきていたっていう事実だからね。まぁでもそれを受け入れるってのは今の彼女には大変なことなのかもしれないね。尊厳を傷つけるつもりはないけど何回も書くように普通に接しててもこうはならないよってことだよね。


あとまぁここも未熟なところだけどそこって別に俺が優位に立とうとしてやってるわけじゃなくて彼女と接するためにやってることじゃん?相当な大人の対応と普通じゃキレるとか「何言ってんだ?」って思うところを怒らずに分析して対処するってのは大変だけどさ、でもこれって俺の努力じゃないですか?彼女のためを思ってやってることだしそれが無いと関係は難しいわけだからやっているわけだけど、そんな気を使われたくないとかって思われるとね、なかなかこれもくるよね。でもさすがに俺が思ってるほど俺の影響は無いみたいなことを言うのはどうかと思うけどね。いや、私は自分で考えてやってるしそんなにあなたに助けられた覚えはないみたいなことだと思うんだよね。だから俺が思ってるほど影響は少ないんだみたいなことを書いてきたんだと思うんだけど。まぁーしょうがないかな。未熟だからそれはほんとにしょうがない。


そこはやっぱ彼女が普段から言うように自分は病気だとは思っていないっていうね、そこもやっぱまぁプライドなんだよね。自信がないとかいいつつもこういうところのプライドは異様に高いのもある種の症状なんだと思うんだよね。普通に育ってきてないからそういうバランスが異様なものになってるってのはあるんだよねってまぁこれもマジなことを書くと彼女は怒るんだけどまぁでも「別れたほうがいいかな?」って思うからもうこれは読まないらしいけどさ、でもまぁーこれも一方的だよね。俺は彼女には言ってないけど実際はこういうことを色々やってたり考えてますとか勉強しながらやってますってことを書いたら「別れたほうがいい」ってことになるならそれは彼女のプライドだよね。普通に接してたって思ってたのに酷い!っていうさ、でもまぁ普通に接してるように振る舞ってるし、色々をめちゃめちゃ気を使って考えながら接しててそれをやってるわけでさ、こっちに別れる理由はないよね。でもそんな風に思っちゃうってやっぱ相変わらず自分勝手だよな。こういうところがまぁいたるところにあるからね、そこはもうしょうがないよね。


あとまぁこれは俺が思うことだから正当性っていうとアレだけど妥当性ってわからないところもあるからそこは例のスーパーバイザー二人にも意見を聞くけどね。スーパーバイザーを妹も含めて友達と3人も立てているってことを知ってもまた彼女にとってはショックなんだろうな。でもそんぐらい大変なんだよね。で、スーパーバイザー二人に意見を聞くってのも例えば今回のこととかでも俺の言ってることはどう思う?ってことを聞くわけでさ、で、そこで平均より知能が高いその友人二人から客観的な意見を聞くんだよね。それも全部彼女のためなんだよね。でもそれを彼女は認めない。死ぬほど我儘だ(笑)


でもこうなったらまぁスーパーバイザーの友人には悪いけどさ、お手数かけちゃうけど「おかしいこと言ってる?」ってやっぱすぐ確認したくなるよね。だから早速メールを書くなりスカイプちょっといい?って聞いたりするわけじゃん?まぁあれなんだよな、俺の思ってることを全部書いたら?って彼女は言ってたけどここまでとは思ってなくてまぁやっぱそこまで大事だとは思ってなかったってのもあるんだろうね。で、俺が陰でやっている努力がこんなことをしてたのか!っつって知ってさ、でもそこで「あなたの影響そんなにないから」って言うっていうね、俺が優位に立とうとしてるって思っちゃう認知もヤバいぐらい歪んでるよね。なんで俺がここまで色々と用意して接してるのか?ってのを理解できないんだよね。まぁ幼児性というか未熟というかそこはしょうがない。でもそこで「別れたほうがいいかな?」って思っちゃうってどうなのかなー?って思うわなー。


それはいつも書くけどお互い好きでも限度ってのがあるからね。まぁそれを言うとあっちも「それはこっちも一緒」って言うんだけどそのまた「一緒」ってのが絶妙にズレててさ、この場合でも限界があるって仮に俺が言ってもそれは「別れたほうがいいのかな?」とかって普通に言える感覚が色々あるとは言えそれがなかなかありえないなーって思うっていうことに対して私も被験者扱いみたいにされて限界だよ!とかって言うっていうそういうパターンだよね。「私も」っていうそのレベルが全然違うのに同じレベルのぶつかり合いが起こっていると思ってる。でも俺は常に彼女が言うような上から目線ってことではなくて一筋縄じゃいかないからこそ立ってなきゃいけない上の目線っていうところから言ってるわけでさ、上から目線とは違うよね。でもそれが上から目線って解釈されるってどうなのよ?って感じだよね。まぁそれ言い出すと彼女はこういう逸脱してるところはすげーあるんだよね。そこを変におだてたり甘やかすつもりはないんだよね。あ、んで甘やかすってことを言うと「私は甘やかされたことは無い」とかってよく言うんだけど、まぁそこを注意しないで「うんうん」って聞いてあげるってまぁ幼児性を放置するっていう甘やかしじゃん?そこは注意するべきところだよね。そういうのは俺はやっていくしガキのままでは困るし、だったら別れたほうがいいって言われても俺はずーっとそれでやってきたわけでさ、それが分かったから別れたほうがいいって思うのは本当にただの自分勝手だよね。


俺に無理させたくないんだったら彼女は成長しなきゃいけないよね。でもそういうのはなしで付き合おうって思ったらまぁ彼女が永遠とガキなまま付き合うってことでそれはぶっちゃけ無理なんだよね。ずーっとこれが続くのは無理よ。だんだんと成長していって人間的にも成熟していくからいいんであってさ、まぁ俺と接しててそういう成熟が見られてるわけよってまぁこれを書くとあなたの影響じゃない!ってなぜか否定されるんだよな(笑)そこは俺に助けられたとか俺のアドバイスがあったってことじゃなくて自分が変わることができたって思いたいんだよね。んーそれはどうなんですかねー。感謝しろなんていうつもりはないけどそれこそ傲慢なんだってことを彼女に言いたいよね。まぁだからあれなんだよね、彼女は普通に接しているつもりだったかもしれないけど、自分で言うのもなんだけど相当キャパが広くて精神的にも成熟してて色々と知識もあって知能もなければ彼女とはやってけないんだよね。そこを俺だから関係が続けることができてるんだよ!なんていうつもりはないのよ。でも事実だからな。実際に彼女は友達いないわけだし人間関係っつってもほぼ俺だけだからね。だから俺だから接することができてるわけじゃん?とかっていうとまた怒るよね。ガキだな(笑)


そこは俺も「ガキくせーなマジで」とかって思ってないとやってられないよね。あとまぁここでこうやって色々書くってのもまぁ彼女はもう読まないっつってるけどこうやって書けないと常に今日みたいにすぐ限界が来るよね。そんぐらいハードコアなんだよな。それもまぁ昨日まで普通でんで寝起きでスカイプとか見ると急にまたグサッ!と来るようなメッセージとかが来てて寝起きから超疲れるみたいなさ、それがデフォだからね。そんなのが散々あった上で無理させたくないって言われてもね、遅いよね。遅いっつーかでも彼女と接する上でのそういう苦労は俺にとっては価値のあるものだからだからコミットしてるわけじゃん?そこを理解するのはだいぶ先になるかもしれないんだけど、ただこういうところってやっぱ未成熟な人と接してて疲れるところだよね。だからそもそも俺の疲れは彼女の未成熟さと幼児性にあるわけだから、もっとこっちのことを考えられるようになったりある程度精神的に成熟したり良い意味で大人になってくれれば俺の疲れはだいぶ良くなるわけじゃん?それをやってくれって話なんだよね。それやらないでそんなこと言うと尊厳傷つくなんつって別れるなんて言うならまぁぶっちゃけそれでいいわって感じだわ。そんな未成熟さと幼児性に何の疑問を持たずに尊厳なんて言葉を出してくるような輩に用はないよね。っつーかそれ言われると愛が冷めるよね。そうじゃないから愛があるわけでさ、そこをそういうガキのままでいるっていうことに疑問を持たないってことになると「あれ?」ってことになって一気に愛が冷めるんだよね。あ、んで彼女に似たようなことを言うと同じく「それは私も同じだ」とかっていうんだよね。同じっつーレベルが違うって(笑)


でもこないだも呆れたのが結構まぁすれ違いのやり取りがあって俺が大人の対応と色々と知識を動員して収めたことに関してね、彼女がある程度時間が経ったあとにさっきのやりとりが結構笑えて来るとかって言い出してさ、「は?」って感じだったけど、あ、スカイプのネットワーク障害の件ね。まぁようは幻聴だったとかって分からないわけだしそこは時間かかってもある程度説明してくれないと困るっていうようなまぁ俺が色々とやってたことに対してさすがに呆れたのは「その原因を作ったのは昨日の無言でしょ?」って言うわけ。おいおいちょっとまてよと。そもそもちょっと無言になっただけでここまでのことになるってこと自体が普通じゃないし、でもそれで俺は必死に対応してるわけだ。で、なんにもわからないまま「さっき書いた通りやろ。ちゃんと読めや!」とかって言われてさ、それでも我慢して話聞いててさ、そういうやり取りがあって収束したんだけど後になって笑えて来るってのはまた凄い喧嘩しちゃったねーみたいな感じなんだよね。でも「その原因を作ったのは昨日の無言でしょ?」って言う自分の返しは上手かったなって思ったとかって書いてるんだけどこれは完全に馬鹿か?って思ったよね(笑)


こういう部分があり続けたら俺の愛は冷めるに決まってるからね。俺は死ぬほど馬鹿が嫌いだからね。それが嫌だから冷めるようなことはしてほしくないし許容範囲内のことなら今まで通りオッケーだけどひどいのがしょっちゅうあるとそれはさすがに無理だよね。無理なんて簡単に言わないで!って言われるんだけど幻聴が起こったなんてことが分からないまま「書いてある通りだしちゃんと読めや!」なんて言ってくる人なんてもう大人の対応したって無理じゃん?こっちもそこまでメンタル強くないしまぁ接してて楽しいけど心労はあってまぁ目がピクピクしたりあと耳鳴りがひどいんだよね。ストレス症状はめっちゃ出てるよね。で、それは先生にもスーパーバイザー達にも言われてるように俺はできる限りのことはちゃんとやってるけど無理し過ぎでダメになっちゃったら自分のためにならないからそれだけは絶対にやめてって言われてるんだよねってまぁ凄く正常な優しさを感じるわ(笑)彼女の場合、私と接しててそんな風になるなら関係は無理だよねってそっちになるからね。まぁそれも今後変わっていくとは思うからその変わっていくだろうっていうところに希望を感じるしかないんだけどね。


まぁ書いてて思ったけど思い当ることってのがまぁあってそれが本当に今回のことでよくわかったよね。対等のつもりでいるからこそ俺も「いや、こっちは何万歩も譲歩して怒りを我慢してこれなんですけど・・・」っていうそういうところが全く彼女は分からないから普通の喧嘩をしてるって思ってるんだよね。まぁそういうのが初期から多々あったから今回のことで改めて色々とわかったっつーのかな?で、本当のやさしさってそこで自分がもっと大人になって俺を困らせるようなことをなるべくしないようにする!っていうところなんだけどそれはそうじゃないんだよね。まぁこれは我儘ですって言えるようになってるのが進歩だから俺はこれで別れようなんて思わないけどね。こういうことになっても不器用ながらも彼女なりにこっちに気を使ったりとか、尊厳が傷つけられたように感じたけどあなたのことが好きということは変わりませんって書いてたりとかね、こういうところがあるから辛いけどやっていけるなって思うのね。いつもその繰り返しなんだけど、彼女がこれを見て不快に思うってのはまぁわかるよね。


っつーか俺がほとんど彼女に対して見せてない超素の部分じゃないですか?彼女にもよく言うんだけど俺はこんなに普段は優しい人間じゃないっていうね、根本は優しくて誠実だけど人を見るしダメだと思ったらすぐ切る人なんだよっていうね、そういうドライな部分ってまぁ自己防衛でもあるじゃん?あ、んでいつもさ、M字ハゲを見られるのが嫌だからサロンにいかずに母に切ってもらってるんだけど母がエグイぐらいいつも切っちゃうんだよね。前髪を(笑)切り過ぎたからオールバックになってるけどね今(笑)ただまぁスーパーバイザーの一人である母にこのことを話したら大体の意見は俺と同じでっていうかまぁコモンセンスで話してるから当たり前なんだけど、ただやはりそのね、彼女が自分はそこまで病気じゃないのに!って思っちゃうってことも病気の一種なんだとは言ってたよね。あ、母はケアマネやってて医療系のことに関しては素人ではないからまぁ結構色々聞けるんだけどさ、でもだからこそそこで「そんな言い方ひどい」って判断しちゃいけないんだよね。


被験者みたいになってる気分で・・・っていうのも母が言うにはやっぱりそこは彼女の被害者意識が極端に出ちゃうところで俺ぐらい深く付き合っている人ですらもやはり根本は信用できないって思ってる部分があって、でもそこは病気っつーとあれだけど彼女の症状とか虐待の結果じゃん?結果的にやっぱ落としどころはそこになるんだよね。罪を憎んで人を憎まずじゃないけどさ、罪ではないんだけど症状だからしょうがないんだけど、でもだからといって俺は症状だからしょうがないって終わらせるつもりはなくて、ここで書いているような本音をここまでストレートには言わないにしても言うよね。やっぱ。そういうやり取りができない関係なんだったらやっぱり無理かなっていうかそこは俺の自己防衛でもあるよ。それ以上行くと極端な負担になっちゃって俺が持たないからね。


だからこそ俺のことを思うなら大人になって成熟してほしい!って思うんだよね。まぁあとプライドがズタズタにされたっていうのもまぁこれも母が言ってたことだけど彼女は基本一人でやってきたし一人でやってきた自負ってのは当然あるし、あとはある程度そこで自尊心ってのが無いと自分を保てないってのはあるかもねってことなんだよね。でもやっぱり気のせいってレベルではない病的なものがたくさんあるわけだからやっぱそれってダメだよね。そういう部分をダメっていうところにまた被害者意識を感じちゃうんだと思うんだよね。凄くそういうのに敏感だからね。だからまぁこれは読まなくて正解なんだとは思うんだけど。


ただまぁあれじゃないですか?スピノザじゃないけどさ、言論の自由っつーよりかは言葉になっていない湧き上がってくる思考ってのは抑えようがないじゃん?俺は当然彼女のことを思ってるけど実際はこうやって色々考えながらやってるし、症状とは分かっていてもすんげー傷ついてるしメンタルに相当来てるってのは事実だからね。これはまぁ俺の日記なわけでどう感じたか?ってのをそのまま書くってのがいいわけじゃん?体の良いきれいなものにするつもりなんて俺のM字部分のように毛頭無いわけで。


そういう泥沼の記録なんですよね。それを見て彼女が傷つくなら見ないほうがいいよね。でも俺はそう感じているという思うというより直感的にそういうことを言われればこういう風に腹が立つし凄く精神的に疲弊するってのは事実じゃん?それを言えなくなったら俺は終わりだよな。あとはやっぱ書くことで客観性を維持したいってのはあるよね。まぁ入り込んだ話だから書き込みしづらいかもしれないけどいろんな人の目に止まってこれが読まれるっていうところに価値があるし俺のヘッジのやり方でもあるよね。あとやっぱりそうは言っても超コモンセンスのところでここは最低限のラインでしょ?ってところは押さえたいからだからこそ読んでくれてる人たちの書き込みとか客観的な意見とか、あとまぁ俺で言うと母も含めると現状スーパーバイザーは5人ぐらいいるわけだけど、そういう人たちに話を聞くっていうことでもあるしさ、あと彼女は俺のこの目線を傲慢とか有利に立とうとしてるなんて思ってるけどそんな風に見える?っていうことをさ、いや、んなわきゃない!ってコモンセンスで分かっててもやっぱり何人かに聞きたいんだよね。で、まぁおそらく来る回答が「傲慢?あなたが有利に立とうとしてる?なんのこと?」ってなるんだよね。そりゃ目に見えてる。でもそこは聞きたいんだよね。俺は当事者だからやっぱり客観的な意見は聞きたいわけだ。


その上でんきゃわけないべってわかった後にやっぱ彼女のその認識はおかしいってことになるよね。じゃあなんでそんな認識になるのか?ってのがやっぱり彼女の根柢の病理の部分だよね。被害者意識とかグラグラの自分をなんとか維持させようとするためのプライドとか認知的整合性とかね、そこでなんでこんなに協力しているのにこれが攻撃みたいに感じるのか?ってやっぱそこだよね。まぁ母に言われて気が付いたところもあるんだけどね。認知的整合性がある中でそれでやってきているっていうところを病理だって言うからあたかも批判に見えちゃうんだよね。それで苦しんでいるのは明らかなんだけど本人はそれでやってきているから何かそこで自分を否定されたような気分になっちゃうんだろうね。そこはもう本当に病気だからしょうがないと思うわけ。


でもだからこそ本人も自覚してるように人が離れていくんだよね。まずこれじゃ無理だよね。対人関係は。本人は別に人と接しなくてもいいって思ってるみたいだけど少なくとも俺も人だし押さえるところは押さえてもらわないと困るよね。自分の彼女が人前に出せるような人じゃないみたいなのも嫌だし、そこはちゃんとしてほしいんだよね。「だから人が離れていくんだよね・・・」って気が付いてるところもあるんだけど急所を突きすぎると批判されたかのように思っちゃって凄く自己を正当化させようとして必死になるんだよね。で、相手を攻撃して傷つける。しかもそれは手を差し伸べている人だったりもするんだけど完全に善意でやっている人の行為すらも認めなかったりひどいことを言ってシャットアウトしちゃうんだよね。でもそれじゃ人どころか俺ともやっていけないからそこは現状困るよね。それだと。あとまぁおそらく彼女が別に人と接しなくてもやっていけるっていうのはまぁ恐らくおじさんのサポートとかもあって別に外に働きに出なくてもやっていけるっていうベースがあるんだよね。だからまぁある種それを選べるっていうのかな?でも永遠と自分は孤独っていう感じと誰からも愛されないっていう気持ちと愛情飢餓に苦しみ続けるんだよね。それってどうなの?だよね。彼女がそれでもいい!ってことを選ぶなら俺は口出ししないよね。ただまぁやっていけないけども。やっていくんだったらそれじゃ困るから最低限のことを押さえて相手を思いやって相手の気持ちとかも考えれるようになればいいねってことになるよね。


結果的にそれが彼女の人生の向上に繋がるのは明白なんだけど、そこでまぁやっぱり反発っつーのかね?あとまぁホメオスタシスなのかな?もともと彼女がこれでいいやって諦めてたところから俺は引っ張って別のところに持って行こうとしてるからそれがポジティブなものであれ反発ってのはあるのかなって思うよね。でもやっぱり結局はいろんなことがあってさ、これこれこうだから苦しみが生まれてるとか人と接しなくていいやじゃなくて少なくとも俺とやっていくなら思いやりとか愛情の与え方とか分かってないといけないよねっていうさ、で、ここはやっぱり自分のダメなところとか病理的なところなんだって認めないといけないよね。それは大変なことだからすぐやれとは言ってないけどそれがないと永遠と彼女は彼女のままでい続けるよね。で、最終的にまた俺とぶつかってお互い辛い思いをすることになる。そんなんじゃダメじゃん?しつこいようだけど踏み込まずに彼女と適切な距離を保って付き合うってのは無理だからね。適切な距離を保つ恋愛が成立するほど彼女は自立してないわけだから。基礎がちゃんとできるようになったら逆に適切な距離を保てると思うんだよね。いや、だってさ、日常的にいきなりスカイプで「別れたほうがいいのかも」なんてメッセージが来る関係性なんてありえないじゃん?(笑)そんなの成立しないよね。さっきも書いたけどそこで俺のことを思うならそういうのを変えていってほしいってことなんだよね。


別れたほうがいいのかもっつーのもすぐ俺がそういうことを言うって彼女は例の被害者意識で思いがちなんだけど、今回のスカイプの件とか前のやつも見てもわかるように言い出すのは彼女なんだよね。気易く別れるなんて言わないで!って言いつつも何かのきっかけがあるとやはり別れを切り出すのは彼女のほうが多いんだけどでもそれってやっぱ防衛なんだよね。彼女の。最終的に捨てられるよりかは自分から建設的な意味で別れを切り出して別れることができたほうが捨てられたということに比べたら楽だからっていう必死な防衛なんだよね。あ、んで彼女のスカイプのメッセージを貼るね。俺の名前はそのまま出してもいいんだけどなんかあれだから「あなた」にしとくね。

[11:32:01] 彼女: もうあなたのブログ見ないようにする。なぜかって


[11:32:17] 彼女: 別れた方がいいかなとか思ってしまうから。


[11:51:21] 彼女: 正直言うと、あなたからの影響はあんなに傲慢に書けるほどの物でもないの…。でもあなたを見て興味あることをやってみようと思ったことは事実だよ。ただ本当のことをあなたが知ったらきっと悲観する。確かにゴスロリとかはすごく開拓してくれたと思う。でも一個人としての尊厳はすごく傷つけられたと思ってしまう。そもそも私がブログ書けば?って言ったのにね。でも全てを吐き出すのはいいことだと思っているよ。だけど被験体扱いが垣間見られてとてもショックが大きいというか…。ゲームもあなたの影響でしない感じで書いてたりと、これは私の性格なのよ…。今は伯父さんも帰ってきてるし連絡はあまりできないけど、少し冷静になって考えてみます。


[11:51:28] 彼女: 勝手行ってごめんなさい。


[11:51:47] 彼女: あなたに無理をさせたくないのも本音です


[12:01:28] 彼女: 勝手に見といてまた我儘言ってるって思われるんだろうなってわかってる。傷つきやすいんだろうなって事も自負してる。ただあなたの事は大好きです。それはこれからもずっと変わらない事実です。だから、これを見てどうかパニックにならないで、これはまぎれもない私の我儘です。


[12:54:16 | 12:59:21を削除しました] 彼女: このメッセージは削除されました


[13:00:39] 彼女: 今日は死んだ母の命日でもあって少し気が滅入っています。勝手な事を言って本当にごめんなさい。謝る事しか今はできないけど少し冷静になりたいと思います。


・・・とまぁこんな感じなのよ。まぁ分析してしまうわけだがさ、凄い進歩なんだよね。「大好きです」「好きだということは変わりません」なんて前は書かなかったもん。前だったら「あんなこと書くなんてひどい。もう別れよう」だったと思うのね。でも今は彼女がそう感じているという事実はありつつも俺への配慮とそこまで俺が大変だったら別れたほうがいいんじゃない?っていうことにもなってたりして、俺が散々書くほど一方的ではないのよね。まぁでもさ、何が言いたいのか?っていうと彼女の何気ないスカイプのこういうメッセージからもこんだけの思考力を必要とするぐらい繊細な対応と思考が必要なんだよね。それを彼女が俺に無理をかけていると言っちゃえばそれまでだけど、でもそれは俺のコミットメントじゃん?あと前と違ってこっちへの配慮が凄いわけ。だからまぁやっぱそこだよね。毎回何らかのそういう片鱗があるので希望が持てるっていうか、あとは彼女の認知の歪みと単純にリアルにお互いがすれ違ってる部分ってのもあるわけでそういうのを修正していけばやっていけるっていう希望があるんだよね。


あ、んでゲームの下りはあれですよ、ドラゴンズドグマオンラインを思ったよりやってないんだよね。で、それは色々と前向きになれたからあえてゲームに熱中しなくてもよりリアルにコミットするようになったからゲームなんて必要としなくなったのかもしれないっていうね、そういう解釈を俺がしているのに対して「いや、そこは私の性分であなたは関係ないから」っていうことになるんだよね。むむむ・・・って感じでしょ?(笑)現に彼女は俺と出会えたことでゲーム脳モードから一気に色々と変わってきてゲームモードはしばらくは出てこないかも・・・って言ってたぐらいなんだけど、でもそこでまぁなんか頑なに俺からの影響だって思うことがいやなんだよねってのがまぁ今回色々と書いたプライドの部分なんだよね。


あたかもすべてを俺にコントロールされてるように感じるとかまぁ色々と被害者意識があるんだと思うわ。まず俺は面と向かって「俺のおかげだな」なんて言ってないしゲームに関しても「前向きになれてるからゲームなんて必要としなくなったのかもねー」ぐらいにしか言ってないんだよねってまぁそれでこれ読んでたらそりゃ印象変わるだろうけどさ、でもまぁそれは俺の解釈だからね。彼女が彼女自身の性分で自発的に変わったって思うならそれでいいんだよね。別に俺のおかげだ!なんてことを強いないし認めさせようとは思わないわけ。でもここは俺の場所だからね、思ったことは書くよってことだよね。


あと俺って別にそこまで俺のおかげっつーより色々ときっかけがあった結果、彼女は今そうなってるってことを言ってるだけじゃん?そこをなんで傲慢を感じるのかやっぱそこは理解できないよね。病気だとは思いつつも善意の第三者の好意ってのを認めないってのはなんかやっぱ欠如があるんだろうなって思う。あとお世辞でもこういうのって「みなさんのおかげで・・・」とかって言うもんじゃん?で、「いやーこっちはそんな大したことしてないですよー」っていうさ、まぁ思ってもいないことを言うよりかはいいんだけど、そういうなんつーかさ、そういうのってあるじゃないですか?(笑)それの逆のことをあえて俺に言うってやっぱなんらかの対抗意識が働いてるとしか思えないんだよね。


完全に味方なんだけどやっぱ彼女の中には俺との距離があるっていうかさ、信用しきれてないんだよね。あとまぁ嫉妬とかはすんげー強いんだよね。ドラクエやってるときも長年やってる自分はさっぱり必要とされないどころかいろんなチームに入っても結局トラブル起こして抜けちゃうっていうね、まぁ明らかに本人に問題があるんだけそこは認めたくないんだよね。普通こんだけ上手くいかないんだったらなんかしらの自分に原因があるのではないか?ってさ、それこそ原因が無さそうでも例えば話していた人が急にちょっと態度が変わったら「悪いことしちゃったかな?」とかって思ったりするじゃん?そこが無いわけじゃないんだけどそういうところの感覚ってのがやっぱりおかしくてそこもやっぱり過剰な自己防衛で自己の正当化と自分は間違っていない!っていう正当化に必死になっちゃうんだよね。それで大抵の人は「なんだこいつ」って思って離れていっちゃう。自分に原因があるって分かっているんだけどでもいざそういう原因が発生しつつあるときには認識できないんだよね。で、周りを傷つけて自分も傷ついて終わっちゃう。だから誰も寄り付かなくなっちゃうんだよね。そんなこと思ってたなんて!っつってもまぁ事実だからな。それを認めるのは大変だろうけどでもそこはまぁ彼女の大変な環境ってのはあるにせよ全然そこを修正してこなかったんだよね。で、箱入り娘みたいになっちゃってるから社会性が全くないまま大人になっちゃってるんだよね。


まぁやっぱでもこの辺はボーダーと似てるよね。0と100思考ってのもあるし、いきなり別れるじゃなくてなんか言いようがあると思うんだけど一気にそっちになっちゃうんだよね。そこは本人も自覚してるんだよね。何事においても白と黒で判断しちゃうっていう。まぁこれは完全に症状だよね。でも症状だよねって思われることすら癪に障るわけだ。だからまぁ取り扱いはめちゃめちゃ難しいよ。彼女がこれを読むかどうかはともかくとして、俺はこういう人間だし、自分の思考を押さえてまで何もかもを殺して彼女に尽くそうとは思わないからさ、あくまで俺なりやり方で最善を尽くすってことだよね。それ以外は俺には無理だし思考を押さえてまで合わせてたらまぁ完全に沈没するよね。そんなもん明らかに持たない。だから俺はリスクを厭わないで色々と言うし、無理なところは無理だって断言するよね。そうじゃないとやっていけないからね。


まぁでも彼女がこれ見て驚くのは分かるけどね。さすがにここまで考えてるとは思ってなかったんだろうし、そこをやっぱ被害者意識で被験者扱いされてる・・・って思っちゃうんだろうな。そこは普段接している態度で被験者扱いしてるならともかくそれは彼女が普通に接しているって思えるぐらい普通なわけだしさ、でもそこで俺がどう思ってるか?ってのを知りたかったらこれを読めばいいんだけどどう考えてるか?ってのが分かって別れたほうがいいかな?ってなるんだったらしょうがないのかな?って気はするよね。そこはもう彼女の問題で俺がとやかく言えるところじゃないよね。まぁでもさっきのスカイプの文面を見てもわかるように色々と俺が実際に思ってたことを書き綴ってるっていうのを見てショックを受けたっていうね、そのショックで衝動的にそう思っちゃったってのはあるよねっていうかまぁそれだよね。でも「わがままでごめんなさい」ってちゃんと言ってるから涙ぐましいほどの進歩が見えるよね。だからこそ俺はしんどい部分もあるけどやっぱり彼女が好きなんだよね。そこはもうやっぱり不動だよね。いや、好きだからこそこんだけ書くしマジなんだよね。自画自賛になっちゃうけど彼女のために勉強しまくってスーパーバイザー5人立てて普段接するのでも色々と意識しながらやってて・・・ってまぁ母から自分の息子に言うのもなんだけどあんたは誠実で真面目過ぎるって言われたぐらいなんだよね。だからこそ凄く危ういものを感じるって言われたのね。まぁそれは相談したYokoさんにも言われたしスーパーバイザーのSさんにも似たようなことを言われたよね。あ、ちなみにSさんにアポは取れて今夜の22時からチャットしてもらえるようになった!よかった!


全身全霊注いでるでしょ?そんな俺凄いでしょ?ってことではなくこんぐらいマジなんだよってことなんだよね。だからこそ危うく見えるわけだ。でも俺はそんぐらい彼女のことを思ってるわけね。まぁあと普段からそんな全身全霊注げるほどのリソースがあるのが凄いよねって言われたらそれまでだけどさ、まぁでもそりゃある程度余裕がないと無理だよね。余裕っつっても彼女ほど金銭的な余裕はないけどねとかって言うとまた「金無いとか言われると引くんだけど」とかって言われちゃうんだけどね(笑)でもまぁ所詮ブルーカラーだからそんなに使える金はないっすよね。まぁこの辺の金銭感覚の違いについてはまた色々と書くけどね。


あとまぁなんだろうな、こんだけ頑張ってる俺凄いでしょ!なんていう自己顕示ではないってのはまぁこれを読み続けてきた人だったらわかるよねっていうかまぁ読者のほうが俺のこと分かってるもんな。彼女はある種不思議なぐらい俺のことに踏み込んでこないんだよね。色々と話を聞きたいと言いつつ常に話すのは自分のことばっかでさ、たまに俺のことどう思ってるのかな?って思うぐらい興味を示さないんだよね。お互いを知るってことは大事なんだけどっていうかまぁ知らなきゃどうにもならないから俺は色々考えてるんだけどその辺が今の彼女にはないよね。まぁその辺も彼女に責任っつーか彼女悪いんじゃなくてやってこれなかったからしょうがないんだよね。


まぁでもこの苦しみって凄いよ。別に押し付けるわけじゃないんだけど物凄く彼女のことを思ってるのに彼女にはそれが伝わらなかったり理解できなかったり攻撃されてるって思われちゃったりさ、まぁ愛情ってのがそのまま伝わるほどシンプルな関係じゃないにせよ、悪意があってやってることなんて一切なくてすべてはお互いのためと彼女のためにやっているのに色々と批判されちゃうんだよね。それでもだいぶ良くなってるっていうかようは前よりかは色々と言われなくなったからさ、その辺も含めての希望なんだけどね。彼女は突発的に色々と思っちゃって、でも冷静になる時間が必要でちょっと考えるねって言ってるわけでさ、凄いことだよね。今までの喧嘩でありがちだったことの教訓とかを毎回生かしてるし思考力が出てきてるし何もかも前に進んでるんだよね。変な話、結果がどうなろうとも俺は彼女の礎になれればいいなって思ってるんだよね。ただ熱中し過ぎると体壊すからそこはほどほどに・・・ってことなんだけどね。この礎って感覚はまぁ烈士とか革命家的なそれと似てると思う。まぁその辺は思想で鍛えてきた部分だよね。でももちろん日常的にそういう部分をふるまいとして出すってことではなくてあくまで俺のメンタリティはそういう感じで、ただ思想的にそういう感じっていうそれだけのことね。それはパーソナルな部分で彼女に押し付ける部分ではない。


まぁそんな感じで何回かに分けようかと思ったけど分けるようなもんでもなかったんで一気に貼ることにしましたわ。ってことでまぁSさんとのチャットも含めてまたアップデートあったら書くからまぁそんな感じで今日はこの辺で。あ、あとね、母が言ってたことなんだけど、彼女はもっと普通に付き合いたいって思ってるんだけど俺が色々と戦略的に考えすぎてるからそういうのが気に食わないってのはあるのかもねって言ってたね。まぁお互い自然に接したい!ってのが理想にあるんだけど今はまだそういうフェーズじゃないじゃん?でも自然に振る舞ってますよ。あとまぁ母が言うにはそれを抜きにしてもやっぱり色々と分析的に考えるのはあんたの性分だよねとは言われたんだよね。そこはマジでそうだよね。ここばかりは誰も規制できないでしょう。俺の性分なわけだから。


あとまぁこれが俺のリアルで俺は聖人君子ではないっていう実際の俺のスケールってのを表現しておきたいってのはあるよね。体をよく書けば色々大変だけど頑張ってます!みたいになるけどそんなのどうでもいいじゃん?一体何が起こってるのか?ってのをレポートできるのがいいわけでさ、まぁ彼女は書いたらいいんじゃない?って言ったけどここまで俺がガチだとも思ってなかったんだろうな。そういう恐ろしさはあるんだと思うわ。だからまぁ見るのをやめるでいいんだと思うんだよね。本音はここに書くけどそれが関係にどう影響を及ぼしているのか?ってのは彼女との関係性で分かるわけだからね。そこで彼女が判断すればいいことなんだと思う。まぁそりゃそうよ。理想は俺がこんなに色々と用意しなくても普通の男女みたいに接することができればいいに決まってるのよ。そのためのプロセスなわけだからね。でも今はそれは無理っていう現状があるわけだからね。「普通に接してると思ってたのに」っていうショックが大きいのはそういう意味で理解できるんだけどね。


あと分析されるのが嫌だっつっても分析してしまうということに制約はかけられないからね。分析してるような振る舞いがいやならともかく普通に接しているけど色々と分析的に考えているってのはその人の性分だからね。そんなの普通の人間関係でもそうじゃん?損得勘定から人間の分析からこうじゃないか?って色々考えながら接するなんてまぁある意味で普通だからね。だから分析しないで!ってのは無理な話だよね。あとまぁ彼女がこうなんだから可能な限り理解して関係に役立てないとやってけないよね。それがお互いのためでもあるし俺の自己防衛でもあるわけだ。そこはやっぱ理解してもらえないとダメだよね。残念ながらまだ普通じゃないわけだから。


あとまぁウォール伝の特殊性か。公表するということが発言するというふるまいになるんだけどここの場合、公表しないような個人的なことってのを思ったまま書くって場でしょ?彼女曰くあんなんじゃ普通の人は読めないって言ってるんだけどまぁその通りだよね。でもこういうフォーマットだからこそ読まれてるって部分もあるからそれはなんとも言えないよね。そこも別に個人的なことだからお互いが干渉しあわなくていいところなんだと思うわ。完全にこれは俺の個の部分だからね。


まぁあれだよね、なんかのことがあってさ、政治運動でも慈善活動でもなんでもいいんだけど個々がなぜそれをやるようになったかっていうものって完全にパーソナルなものじゃん?結果的にそれにコミットしてはいるけど個々で理由も経緯も違うわけだ。でもそれは一致してる必要ないよね。宗教観然り世界観然り。まぁあとこういうリアルな話ってしてないからな。彼女自身リアルとの接触が少ないからこういう話になることはないんだよね。でもまぁ俺はリアル感覚あるからね。だからこそやっていけてるわけで。で、その彼女のリアルからの解離って症状としての解離じゃなくて浮世離れし過ぎてて問題があるって部分はやっぱり駄目だと思うんだよね。最低限の社会性とかマナーが無いってのはダメだよねって完全に無いわけじゃなくて部分的に異様に欠落してる部分があるってことね。それで結果的に周りの人を傷つけることがあるんだってのはやっぱ彼女が理解しなきゃいけないところなんだと思うわ。今はいろんな意味で自己中だからな。でもそれだと人とはやってけないよね。俺とですらも無理。それでも俺はやっていく!ってことになると書き方は悪いけど前に書いた重病人とその介護者みたいな関係性になっちゃうんだよね。それは無理だから絶対やらないわけね。


まぁそんな感じですね。んじゃまた。