ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

Nさんへの返信。

書き込みありがとうございます。


書いていただいたことにほぼ同意できると同時に僕の至らないところを色々と指摘していただけでありがたく思います。「これは条件付きの愛情」というのは全くその通りですね。現状の彼女が好きなところもあるし良いところもあるけど、やはり問題のあるところが多すぎてそれも含めて全て受け入れられるわけではなくて、だからこそ僕もここで書いていたように進歩するということが前提の愛だというのは自覚していました。


彼に頼らないと関係が成り立たないのが甘えというのはその通りだと思います。ただ言わせてもらえば彼が出てこないと分かりようがない彼女の感情や意図というのがあって、Nさんは「色々と聞いてみればいい」と言いますが僕は普段それをやっています。でもそれを聞かれても分からないことが多いのとそれを聞きすぎると彼女の心が安定しなくなるので色々と「どう思ったか?」とか「どう思うか?」というのを聞けなくなっていたというのはあるんです。そこは彼にも指摘されて、そんなことが今の彼女に分かるわけないんだから聞いてくれるなというような警告を受けていました。何が嫌で何を求めているのか?それが適切に言えれば自分はここまで苦労していない!といつも怒りを露にします。本当にその通りなんだと思うんですね。


あとこういうところにしても「いつも怒りを露にします」と書いても「いつもってほど怒ってないやろ!」とか、色々なものがトリガーしてしまうので、言葉には気を付けているつもりでも思わぬ地雷を踏むことがあったり、安定しているときの彼女がそこまで怒っていなくても、怒りが爆発した時に普段から我慢していることや言いたかったことが爆発してしまって、それが時間軸を問わずに和解ができたことすらもあたかも今それが起こっているかのように怒りだすので言い方は凄く悪いんですが手がつけられないというのが現状です。では「いつも」という言い方に気を付けるべきか?というとそれは事実なので、少なくともここでそれを曲げる必要はないからです。


そして対話をしようとしても突っぱねられて「じゃあ私は死ぬから」という脅しを受けるんですね。こういうことがしょっちゅう起こっている。ちなみにこの「しょっちゅう」というのも彼女の中では覚えていないこともあるので「しょっちゅうなんてことはないだろう」という反感を買うことになってしまいます。でもしょっちゅうそれが起こっているのは紛れもない事実です。煽りではありません。


Nさんが客観的に僕らを見ていてそう思うのは理解できるんですが、毎回壮絶な場面に遭遇している僕としてはやはり感情的にならざるを得ないぐらい感情が振り乱されることがあって、しかも彼女の脅しやこっちをコントロールしようとする言葉というのが凄く強いのでそういったものに影響を受けてしまっているという感は否めません。それでも「あんたが冷静さを失ったらダメでしょ」という言い分は言いえていると思います。そこは僕の至らないところなのですが、僕はもう毎回冷静にいられる自信が無いし、またああいうことになってこちらも釣られて感情的になってしまう可能性というのはあって、そこは僕はもうやれる自信がないというのが本音です。それは彼女の言う「売り言葉に買い言葉」のようなマイルドなものではなくて激しいものでなおかつ意図的にこちらの感情を乱してくるような、それを目的にしてるとしか思えないような言葉の数々です。所謂、暴言というやつです。でもそれは彼女の中では僕が暴言を吐いているから自分も吐いているのだという認識です。


いつも書いていますが、彼女が怒るポイントというのがある程度的を得ているのならまだ分かります。でもそうではなかったり、本当にただの言いがかりだったりすることもあったり、毎回ではないですが、幻聴が元であったり、あたかも現実のように体験される夢が元であったり色々とあって、この辺は僕も了承していたとは言え、正直、「ここまでとは思っていなかった」というところだらけなんですね。それがそういう人と付き合うということなんだよ・・・と言われればそれまでなんですけどね。今回の僕が知っている限りの3人目の人格にしても普通に「現れたので」と書いていますが、僕は毎回気絶しそうなぐらいのショックを受けています。それは彼女の意図的な攻撃なのではなく、知らない面が見える度にショックを受けるんですね。それはお分かりいただけますよね?これは分からないことですが、3人目もいるとしたらもっと実際はいるのかもしれないし、彼ですらも把握してない人格がある可能性が出てきたのでどうしていいか分からないというのが現状です。


彼女は変わりたいとは言っていますが、ここでも述べているように肥大したプライドと自己愛が邪魔してすんなりいかないのと、まぁすんなりいくなんて思ってはいませんが、素の彼女はそんなにプライドが高いわけでも自己愛があるわけでもないと本人は言うんですが、素に戻っても実際の根本のところは同じだったりするので、そこを「違う!」と言われても同じにしか見えないので、一体どの彼女が本物なのかが分からなくなってしまうんですね。素に戻れば素直な彼女に戻るというぐらい人格が独立していればいいんですが、どの人格も似たり寄ったりなんですね。そこは3人目と思われる人格の人も言っていました。根本は同じ人間の脳だから似ているのは当たり前だと。


あと友達と話しているのは「こういうことがあって・・・」ということを聞いてもらって「それはキツいよね」というようなそういう話です。これだけのことがあるので友達に話を聞いてもらうというのが悪いことだとは思わないんですね。何をもってNさんが僕と友達との会話を「悪口」だと決めつけたのかがイマイチ分からないんですが、友達と話しているのはほかには雑談であったりアドバイスであったりして、「彼女がこんなことをしてきたんだ!酷いだろ!」みたいな、そんなやり取りは一切ありません。顛末はブログに書いた通りだからそれを読んでからスカイプをやりましょうという段取りに毎回なっています。悪口を言い合っているというのは完全な偏見ですね。僕も僕の友人も彼女の悪口を言い合うというような、そんなやり取りはしません。百歩譲って僕が仮にやろうとしても僕のその友人はそれに関しては付き合ってくれないです。


「人にどう扱われても明るい部分を見出せないなら、自分で見つけるしかないんだよ」というのはおっしゃる通りだと思います。あとはもう彼女がどうするか?という彼女次第のことなのであって、他人がどうこう言う話ではないと思ったんですね。僕が無理に介入して色々やるよりもやはりそれはプロの人にやってもらうしかなくて、で、Nさんが僕に「こうするべきじゃない?」と言っている提案は全部その通りだと思います。でもそこは正直言うと思った以上に基礎ができていなさすぎたんですね。そういう基礎の基礎みたいなところから始めないといけないのかと思うととてもやっていける自信はありません。


「ずっと「お金は個人のものなんだから、俺じゃない人が俺について言うな」と言い続けるしかないよね。まあ、これがわからないって意味がわからないけど・・」僕も全く同感で、「これがわからないって意味がわからない」全くその通りです。これだけではなく僕は彼女にNさんが言うように「言い続けていること」というのはあるんですが、やはり分からないことも多くて、なぜそれが分からないのか?というのが僕も分からないので物凄いフラストレーションになってしまっているんです。伝えようとする努力はしています。でもそれが伝わらない絶望感があるわけです。そういったものの蓄積が彼女が怒りに任せて僕を罵倒したりし始めたときに僕も巻き込まれて感情的になってしまうというのがあるんです。あと「子供ができたら」云々のくだりでも見られるように、特にこちらを責めるときの変貌というか、あまりの品性のない言葉とデリカシーの無さに凄い距離感を感じてしまうんですね。僕が仮に怒り狂ってもこんなことは言わないだろうということが彼女の口からはポンポン出てくるんですね。


あとカードは俺が使ってるゴールドカードなんつったって世帯の年収が500万以上なら使えるようなやつ、上限が300万ってのがどっから来たのか分からないんですが、仮にそうだったとして支払いが現金だろうかカードだろうがいちゃもんつけられる筋合いはありませんよね。便利だから使っているわけで、そこを「日本なんだから現金にしろ!」とかって言われる理由が分かりません。それも勝手に思い込んで勝手に怒っちゃってるからどうにもならないんですよね。思い込んで勝手に怒るってのがしょっちゅうあってしかも本人が普段は「しょうもないこと」とかって言ってるようなこういうことでずーっと怒ってたりするわけで、いざしょうもなくない凄く大事なことを「不毛な議論」とかっていつも言うし、それも必ず本人が怒りだしたものばかりなんですね。こういうことを日常的にやられているわけです。


上限が300万だから300万は今使えるはずだという認識なのかな?とか色々と思うんですが、こういうコモンセンスのベーシックなレベルで色々なものが欠けているとコミュニケーションは難しいですよね。欠けているだけでも難しいのにさらに彼女はそこに諸症状が乗っかるわけです。あと嫌味だけは超一流です。「なんなら着払いでもいいですけど、切手ぐらいはさすがに出せますよね?」とかこういう憎まれ口はしょっちゅう叩きます。普段からずーっと愛して時間を使って色々と尽くして・・・。それでも戻ってくる言葉は最終的にこういう言葉ばかりでは「愛して!」と言われても生理的に無理になってしまいます。


普通の感覚で言えばそれを言ってしまったら二度と顔を合わせられなくなるというようなことを彼女は平気で言い続けるんですね。もちろん・・・それが症状だというのは理解できるんですが、なんかのきっかけで怒るとこういう感じになってしまうので、そもそもの愛情が冷めていくのは必然的ですよね。僕の愛情が足りなかったとは思いません。あと我慢が必要と言っても度を越えた感情を煽るような言葉とかにはさすがに耐えられないので、そういうのが毎回あるので、今はもう正直、恐怖感しかないような感じです。


だったらそれを伝えればいい・・・となるかもしれませんが、それを言うと「それはお互いさまやろ!」といってまた怒りだすので手が付けられません。会話が成り立たない。あとよく言われるのが「それはお前もな!ww」とかですね。仮に歩み寄ってもこれですから無理なんです。彼女は物事を事実ではなく彼女の感情で判断してしまうので根本的なコミュニケーションが成り立たないのです。


「彼女の場合、距離があって、遠くから見守る我慢強い人が似合うんじゃないかなって思う」まさにその通りだと思います。でもそれは僕の役目ではありません。あと僕は自分の知識を使って彼女を批判しようとしたことはありません。あったことと僕が思ったことをそのまま書くと彼女にとってはそれが罵詈雑言となるわけです。今、書いていることも事実を書いているだけで批判ではありません。全てではないにせよ症状と病気によるものが大半なのは分かります。でも僕はもうそれに耐えられなくなったし、より深い病理を垣間見てしまったので、僕にはどうすることもできないという無力感を感じているというのが現状ということです。