ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

完全に終わりました。

現状、彼女のより深い病理を垣間見たのと、新たな人格が出てきたということのショックとか、リストカットを実況されるということとか、書き続ければキリがないというか、そのために色々と書いてきたんで今は繰り返さないけど、とにかく彼女を支えていけるという自信が無くなってしまったのと、自分が深い傷を負い過ぎたという現状があって、これは彼女がどうという話ではなく、自分のバイオリズムの問題でもあり、彼女の病理が自分の想像の上を行くものだったということとか、とにかくいろんな意味で覚悟していたものとは違うものが来すぎていてもう限界だなと本当に思った。


これを言っても彼女には「いつもそうやって無理って言うのはあなたのほうでしょう!」という言葉が最終的に戻ってくるので伝えることすらできない。彼女からいつも「別れる」と言う脅しがあるけど、それがただの試し行為であったというのも「何をいまさら」かと思うかもしれないけど、態度がしょっちゅう豹変してなおかつこっちをコントロールしようとするその行動を自分が受容できないという現実も見させられた。彼女から「別れる!」と言っても「これで終わりなわけないやろ!だったら最初から終わっとるやろ!」とか「帰るわけないやろ!」とか歩み寄っても暴言を吐き続けられるということに俺はもう耐えられなくなっている。


そういった試し行為をするのも症状というのは理解しつつも、それが解離症状だとしても言葉や行動やふるまいに品性が無さ過ぎて、でもそれも彼女の一部なのだと思うとやはり耐えられなくなってしまう。Nさんが自分を批判したように自分は勝手に彼女の理想像を作り上げていて「それに向かっていく」という条件付きの愛情を注いでいただけなのかもしれないと思ったり、でもそれを言い出すとその条件付きが無ければ最初から破たんしていたんだよね。普通の恋愛としてみれば最初から成立していなかった。でもそこを俺は「現状の彼女は病んでいるし色々と本当の彼女と違う」とかって思ってたけど、でもやはりああいうときに出る彼女もまた実際の彼女なわけで、それは自分の想像とはかけ離れたものだったんだよね。


解離にしても彼の言うことを信じたかったという希望でしかなかったと思う。でも実際は彼と彼女だけではなかったし、彼からも他に8歳ぐらいの子供がいるとは聞いていたし、彼女の話を聞いていてもやはりもっと他に人格がいるのではないだろうか?と疑わざるを得ないところがあったんだけど、でも会ったときにそれは出ていないから大丈夫だろうって思ってたんだけどそこは本当に甘かったと思う。


やはり一番残念なのは素の彼女でも攻撃的な彼女でも彼女は彼女ということなんだよね。3人目はスカイプを貼られることが嫌だと言っていたので貼ってはいないけど、あれから1時間ぐらいやり取りをしたんだけど紛れもない彼女だったんだよね。本人は違う!というだろうけどやはり同じ人だった。考えていることも論点も彼女自体が勘違いして思い込んでいることとか俺に対する反感も全部一緒だった。それは彼ですらも一緒な部分があるわけで。だから彼も彼女に引っ張られ過ぎると俺に試し行為をしてきたりしたわけだ。そういう意味での全体としての彼女というのがおぼろげながら見えてきたと同時にやはりそれを見るともう愛せなくなっている自分というのがいたりして・・・。


あとは性的な面で自分の自信を著しく失ってしまったということね。最中に寝られたとか後でダメ出しされたということを根に持つつもりはないし、彼女を責めるつもりはないんだけど、たださすがに色々なものが重なると精神的ダメージが大きくて、これは3人目に言われたことなんだけど「あんたの女の扱いについてもー?」みたいな感じで単刀直入に下手くそだと言われたのもあって、そういうダメージも相当大きいんだよね。実際にあれ以降、全く性欲を感じなくなっていて、一切勃起もしなくなってしまっていて・・・。エロいものを見ても興奮しなくなっていたり、何よりまず本当に反応しなくなってしまっていて、まぁ相手がいなければ問題はないんだけども、ダメージを受けているというのはやはり実感せざるを得ないよね。抗うつ剤の副作用が酷くてほとんど性欲が無かったときですらもここまでのものは無かったので、正直、かなり怖くなっているよね。自分はまだ大丈夫だと思っていても確実にダメージは蓄積されている。こうなってくると自分が壊れるのも時間の問題ということになるよね。セックスに関しては彼女が言ったのではないと言っても残念なのは素の彼女が実際にそういう風に感じていたし当時の態度でも表れていたしそういう暴言を俺に吐いていたんだよね。それはリスカの時の電話なんだけども。


だから「それは本当の彼女ではない」というロジックがもう通用しないんだよね。だからこその「全体としての彼女」を見れたということなんだよね。感情が独立して人格を持っているように見えるだけで、実際に感じていることや思っていることは紛れもなく本人のものなんだよね。だから3人目も彼女と怒るポイントが一緒だし、「彼女はこう考えている」という第三者的な留保をつけつつも、俺が彼女について語ると必死に擁護しようとして、タイピングをしている最中なのにも関わらず遮られたりとか既視感があってそれは彼女のそれそのものなんだよね。言葉や態度が違うだけで実際は彼女なんだよね。だからこそ素に戻っても謝らないんだと思うし本当に悪いとは思わないんだと思う。そこはそれでいいんだと思う。それが分からないわけだし、それに関しては俺が関与できるレベルのものではないと理解したからね。


記憶の連続性があるし3人目にせよ彼女にせよかなり酔っぱらった後にベッドに入ったことなんかも覚えているのを見ても人格と言えるほど独立しているという印象は受けなかったよね。だからこそ酷いことを言ったということに関しても意識の連続性はあるから謝罪できないんだと思う。それが彼女の真意だし実際にスカイプで「そのままですが、なにか?」と言っているしね。これが本性だと思うよね普通は。逆に本当は違うなら彼女は説明しなきゃいけないし俺に謝らなきゃいけないよね。でもそういうところは「覚えていないから」とか「曖昧だから」といって済ませてきたんだけど、関係が生まれてからも彼女は一貫してそうだったし今もそうなんだと思う。だからそもそも変われるのだろうか?という疑問があるし、そうまでして無理やり変えようとも思わなくなったんだよね。そこは彼女の問題だし彼女の人生だからね。


そこまで思っていても本当に好きであったので愛情が完全に無くなったわけではないんだけど、でも中途半端な愛情で付き合っていてもどうにもならないから、ここは関係にピリオドを打ったほうがいいと思ったのね。一応ここまでは考えて「ジエンド」を書いたつもりです。こういうのは表明しておいたほうがいいもんね。こうやって理性的に書くのがまた彼女の逆鱗に触れるというのは分かる。でも号泣しているのは彼女だけではないんだよね。それは俺も同じということ。それを態度に出さないから俺は彼女が本当に悲しくて泣いているというのが理解できていないという認識のときがあるんだけど、そんなわけないよね。それが理解できていないからリストカットを見させられても平気なんだろうという認識だから。でもそれは彼女には理解できない。俺は心底傷ついているのにね。そこも全て「お互いに共感能力の欠如があるだろう」という認識だからね。それは3人目も彼女も彼も同じ。論理展開が全く一緒なんだな。「そんなのは了承済みだろう?」で済むほど人間の心は単純じゃないのよ。


彼がブログを更新したと思ったからコンタクトしたら「なんだかんだで気になってるんだな」みたいな傍観者のような言いっぷり。彼もやはり彼女の一部だよね。逆になぜ彼にそこまで俺が期待をしてたのか?ってそこは彼女への期待と同じだったよね。ただの幻想だったけど。彼に対しても俺はずーっと立てながらやっていたけど、やはり限界はすぐ露呈したよね。色々と補正してて成り立っていたものがあるんだけど、今回ばかりは彼にしてもめちゃめちゃ過ぎて、でもそこはある意味明白でやはり根本は彼女だからなんだよね。言葉が違うだけで思っていることや言いたいことや感じていることのレベルは同じなんだよね。人格が独立していると思っていたので、それこそ色々なケースにもあるように人格によって知性とかも違うものかと勝手に思っていたけどでも彼女は違ったね。全員基本は同じだった。でも同じだからこそ統合しやすいのでは?とは思ったよね。何も悪いことばかりではないわけで。


相手に期待をし過ぎるというのは何も生み出さないから本当に気を付けないといけないね。期待ではなくありのままを見る。そして判断する。でも恋は盲目とよく言ったもので俺は完全にそういう意味で盲目になっていたと思うよね。でも現実に立脚していないものは遅かれ早かれ崩壊するよね。そういう意味で自分のリアリストとしての認識は前進したように思うよね。あと最後に勃起不全についてなんだけど「もともと性的体験が薄く、初体験などで異性に傷つけられた言葉を言われたなど小トラウマがあり自信の無さにより勃起状況を作れない場合」ということがあるらしいんだけど、それは相性の良い相手を見つけると抜け出せるらしい。それしかないんだろうね。多分。


知り合いの元彼女に虐待を受けて育った人がいるんだけどその方は「地獄は連鎖する」と言っていて、本当にそうなんだなというのを実感させられたよね。本当にそのぐらい虐待というのは影響が大きいんだよ。本人にも本人の周りにもそれは伝播するわけだし、本人の中でもいろんな形で虐待の再演ってのが行われていてさ、それはフラッシュバックしたり自分がやってしまったりとにかく連鎖するんだよね。彼女の叔母も「自分はこうされてきた」みたいなことを言いながらやっていたらしいし、とにかく負の連鎖なんだよな。それは虐待に限らず暴力とか貧困とか色々だよね。でも現実的に愛だけではどうにもならないということはあるよね。やはり。そこは俺はナイーヴ過ぎたと思う。でも後悔はしていない。


彼女の暴言は続いています。対話は無理ということが如実に表れていると思うので貼りますね。コメントはしません。「ちゃんとお話したい」らしいんだけど明らかに無理ですよね。昨日これを書いてて「愛情が完全になくなったわけではないんだけど」と書いたけど、彼女のブログを読んで完全にそれは無くなりました。ここまで来ても「もしかしたら・・・」という期待はまだあった。でもやはり無理だった。それでも理解しようとして距離感を置いてまた付き合いなおせば良いとかってちょっとでも思ってた自分が甘かった。性に関しての暴言も改めてまた書かれているので彼女が書いたものを読んでもらうのがいいね。本当に俺はこういうことを言われ続けて心がボロボロです。そして今も言われ続けていて悲しいです。色々と尽くした結果がこれなのか・・・と思うと残念だけど、それが現実なんだからしょうがない。


で、さっきスカイプで連絡してみてさ、「コーヒー飲んでたなんて知らなかったよ。面白いね」みたいな感じで話しかけたら「眠気覚ましねw」っていう回答でやっぱりまぁそんな感じなんだろうなっていう感じで、ちょっと話をしようとは思ったけど「なんで連絡してこようと思ったの?」っていうまぁいつもの「探りと試し」パターンに入ったんで諦めて「まぁ色々と分かって良かったこともあるよね」とか言いつつ「ここまで裏表があるとは思わなかった」ということを言ったら退席になったんで「ダメだこりゃ」って感じでした。

詳細。


2015-10-09 12:58:02NEW !


テーマ:自分のココロ


こんにちは。


今回は私の口からも言及したいと思います。どこまで私を批判すれば気が済むのでしょうか。いつも怒り出すと言ってるけどあなたも怒る時あるじゃないですか。自分のことを棚に上げてとはこういうことですね。なんか泣けてきた。


”いつも”か…。会っているときの彼は無表情で淡々と先を歩く感じ。そして買い物が遅いけどそれに表情も変えずに私はカフェに戻りもう1杯コーヒーを飲んで彼の元へ。ゆっくり買い物ができるでしょう?淡々とした表情のままSkypeで話す。私と話してても楽しいのかなと思い、エレクトーンやら聞かせたけど「それが耳障りだった」とのこと。とてもショックでした。直接言えばいいのでは?私普段からそこまでひどくないよ?ごめん、音が無理なんだって言えば”あ、ごめんね”でこんな感じで終わることだってよくあったじゃないですか。よほど私を批判したいんだなってブログで思いました。


俺はこれだけのことをしてきているんだ、こんなにひどいことされているんだ、、、同情されたいのですか?常に疑問に思うし傷ついているのも私も同じです。セックス時の陰部の周りが傷ついて婦人科でお薬もらってます。私は毎回無理にセックスしなくてもいいと思っている、って言いました。彼が途中で勃たなくなるので。そして私も弄られたりすることで傷がついてしまって…。なんか彼の中では射精するのが義務みたいになっていたと思います。勉強してくると言いつつ今回も痛くなったので多分何も知識をつけてこなかったんだろうなってする都度思いました。



彼はSkypeだと理詰めにしてくる。いつも。なぜ?なぜ?なぜ?と。右脳と左脳の連携がうまくいっていないせいもあって言語が出てこないことは言っている。そして最初に「今日の気分は?」と聞くようにしている。彼、気分障害ですからね。切るときも今みたいな感じでやられると嫌だってことは言っている。


あと金全感覚にしたって普通にあります。私のお金だから〜とか言ったこと無いです。むしろ、デートのときラブホと自分達の服以外は全部私が出しています。彼も金銭的にそんなに余裕がないってよく言っていたので、そこは私が出さなくちゃっていう。たまに彼に物を買ったりしましたね。でも、毎月使えるお金の中でのやりくりなので苦しいといえば苦しいです。彼に何度もこの件言ってるんですがねぇ。わからずブログにあげてるんですかね・・・


あとは喧嘩っぽくなると時間を置いて冷静になって考えたいほうだとも最初に言いましたね。コントロールなんてする気なんてさらさらありません。ブログ見なければいいのに、Nさんのコメントをあげるとか、了承得てるんですか?それを上げることによって何を求めたんでしょうか。


いつも喧嘩腰でくると書いてありましたが私は初めから「自分の言ったことが相手を傷つけてたりするらしいけど、前までは聞いてもわからないならいいよとか言われてきた、だからそう感じたら教えてね」とも言っています。で、”なんでそんな風に言うの?”の問いに”こう思ったから言っただけだけど?”と。”でもそこはさ、そうじゃなくて〜”と彼の言葉に”そうなんだ、ふーん”と返していたのも覚えています。でも特に怒っていなくても怒っているように感じてしまってるんですよね。そこは違うとか、覚えていることはそれなりにあります。脱却というか間違った見解というか。それに彼はしょっちゅう脅しを受けているとの事。Skypeのチャットを先生に見せてもいるので今の所、飛び降りたことと、ODしたことと今回の3回です。


私も自信がないのは明白です。苦手は急かす、ですからねw抗鬱剤の副作用で震えた手でちゃんと住所が書けるのか心配してます。


元彼さん達に私ってどんな人だった?と聞いても「ちょっと変わってるな、あとはちょっとした言葉に突っかかってくるな」程度に思っていたそうです。


なんにせよ、ちゃんとお話をしてお別れするなりなんなりしたいと思う次第です。


初期から読み返してみて思ったこと。


2015-10-09 14:51:19NEW !


テーマ:ブログ


何度も更新…。


出会いの初期から自分のブログを読み返していました。思ったことは今、こうやってること自体がアホらしいということ。彼が会って、ブログでそのときの気持ちを書いてるときに別れてあげたほうがよかったのかもしれません。


あれは本編じゃないから等言ってはいたけどなかなか本編まで行くのに長すぎたし見てる当人もしんどかったからね。


振り返って思うことはブログでお互い攻撃してなんの得になるんだろうってことと、当時はっていってもめっちゃ最近、私も彼もゆっくりのペースで行けば良かったんじゃないかな?彼は声聞いてみたい!とかなったりすると本当に夜中の2時とかにかけてくるぐらいなので;会うのももっと待っても良かったなとか、、、


じゃないとこうなってから後悔する。


そもそもブログに私たちのことを書いたらどうかな?と提議したのは私ですがここで、互いにズレが生じているのも事実です。彼が私に対して思った感情とかではなく、こんなことがあったけどこう理解しあいたいとか、こう諭すように言ったとか、そんな風に書いてくれるもんだと思っていました。もし、似たようなカップルがいても対処法なりそこで見いだせればいいよねって感じで。そこがそもそもの間違いだったんだと後悔してももう遅いけどね


なんだか眠い、最近とにかく眠たい。いっその事目を覚まさなければいいのにと思ってしまう。


情報が一気にきて脳内で喧嘩してる感じっていうのかな。とりまお昼寝しよう(´-`).。oO


本人に聞いても「書いたことはそういう認識であるということを伝えたかった」と言っていたので、まぁそういうことなんでしょう。これがまさに彼女の認識そのものならもうどうしようもないのは明白ですよね。