ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

彼女の本性と真実。

彼女の妊娠の話なんだけど結局、妊娠していたという証拠になるものが何一つなくて、あるのが唯一の例のエコー写真なんだけど見ても分かるように不自然に病院名の下に恐らく表示されるであろう日時が消えてるんだよね。あと病院に尋ねたところエコー写真には「YCH HP」と表示されるらしいんだけど彼女の写真には「CH Ladies CL」と書かれていて病院名が違うんだよね。彼女曰く「YCH HP」は総合病院のほうで自分が行ったのはKにある産婦人科専門の場所だと言うんだけど、そこは今年の頭に総合病院に統合されてて閉業になってるんだよね。だからY病院に行ったのならばKにある産婦人科専門の場所なはずもなく場所はKからだいぶ離れていて、でも彼女が行ったのは「KにあるK駅から歩いて5分のところ」ということなのでY病院ではないのは明白なんだよね。でもそのY病院系列の別にある産婦人科専門の場所というと今年統合されたKにある産婦人科専門のところしかありえなくて、そこは今年の1月に閉院しているので言っているはずがない。で、写真にはCH Ladies CLと表示されていてこのKで撮ったエコー写真だと言われてもやっていない場所でエコー写真が撮れるわけじゃないんでじゃあその写真は一体何なの?ってことになるよね。


仮に写真に日時がしっかり入ってれば別だよね。それと彼女がいつ行ったということが一致していれば十中八九それは本物ということになるよね。でも今は閉院している病院に行ったと言っていて、なおかつ写真もその閉院した病院名かもしくは全く別の病院名か、とにかくあと病院名の下に表示されるはずの恐らく日時が表示されていないということになってしまうと正当性の根拠がないよね。


あとそれについて聞くと「その話は今の私にはしてほしくない話題」とかって言われてはぐらかされちゃうんだよね。意地悪に見なくても何か隠してるとしか思えないというのが現状だよね。あといつ行ったか?についてなんだけど全く時期が定まらなくて、最初に行ったと聞いたのは26日で腕を切る前に婦人科にいたということで、分からないけどもその時に「昨日行ったってことなの?」って聞いたらそれっぽいことを言っていたから昨日分かった事実を言う機会が無くて今言うしかなかったという感じだったんだよね。


でも後になって色々と聞くと色々と矛盾してきてね、彼女はライブを見るために18日から21日にかけて東京にいたんだよねっていうかいつも会ってる横浜ね。で、その横浜でたまたま妊娠検査薬を使ってみようと思ったらしく使ったら妊娠が分かって大阪に戻ってから例のKにある産婦人科専門のところに行ったというんだよね。でもさっき聞いた話では妊娠が分かったのが東京に行く寸前でその時にエコー写真を持ってたからもし会えたらその話をしようと思ってたらしいんだよね。これは明らかに東京に来た時になぜか妊娠検査薬を使ってみようと思って妊娠が分かったという事実と矛盾するよね。


あとなんで産婦人科に行くことになったのか?という質問には26日のやり取りだといつも通っている産婦人科で定期の子宮筋腫の検査と漢方をもらいに行くということで行ったら「お腹に赤ちゃんがいますよ」と言われたから分かったということなんだけど、まぁこれも経緯の辻褄があってないよね。彼女は妊娠検査薬を使ってとりあえず産婦人科に行かなきゃ!と思って近場の産婦人科に外来で行ったということなんだけど、だとすると普段定期的に見てもらっている子宮筋腫と漢方の話と矛盾するよね。いつも見てもらうところで見てもらったら分かったということなわけだから、とりあえず近場の外来に行ったという話とは辻褄が合わない。


あとまぁ東京に行く前か東京に来てから検査薬を使って戻った後か、とにかく妊娠が分かってからこっちに言うまでにだいぶ時間があるんだよね。一週間以上ある。でも病院では一週間以内に下ろさないとと言われていたらしいんだけど、その事実があるのに特に何も言及しないまま普通にしていられるのかな?と思うんだよね。本人曰く悩んでいたらしいけど「一週間以内に堕胎してください」って言われたらすぐなんとかするよね。あとは叔父さんにすぐ連絡するとかさ、黙ってそのままでいるというのが全く理解できないよね。一週間以内に堕胎してくださいと言われた後に東京にライブを見に来ることができるのかな?とかさ、それどころじゃないだろ!って思うんだけどね。彼女曰くそれを伝えようと思ってエコー写真を持ってホテルで俺が来るのを待ってたらしいんだけど、なんでそんな大事なことを黙ってるの?ってことになるじゃん?まぁそれも言えなかったって言えばそれまでだけど、でもわざわざこっちに来ているときになんでそれを伝えないのか?っていうさ、まぁ仮に本当だとしたらの話だけどね。そういう意味でもおかしいわけよ。


あと本人曰くライブにはいかないでずーっとホテルで待ってたらしいけど、彼女はブログで「療養がてら小旅行に行ってきます」とかって言ってたじゃん?で、実際にはずーっと悩んでてホテルで俺を来るのを待ってたらしいけど、帰ってきたあとのブログを見る限りではなんかでダブステップってのを知ってそれで凄くいいな!って思いましたってことはライブ行ったんじゃないの?っていうさ、部屋にずーっと籠ってたらダブステップを聞く機会はないでしょうって思うんだけどね。ライブには行ったみたいな話になってたけど行かなかったってのを本人から聞いたから「え?マジで?」って言ったら「言わなかったっけ?」みたいに言っててさ、まぁぶっちゃけ整合性が保たれなくなってるから行かなかったという体にしないと成立しないから行かなかったということにしたのかな?としか思えないですよね。


どの道、分かったのが東京来る寸前か、あとはなぜか検査薬を使おうとして横浜で分かったとしてさ、それでライブ行けますか?って話だよね。まぁライブ云々はいいとしても来る寸前に分かったら普通キャンセルですぐ産婦人科に行くでしょうって思うしさ、横浜に来た時にふとしたときに検査薬を使おうと思って使ってみたというのも普通に聞いたら「えー」ってなる話だよね。どれかが本当なのかもしれないけど、その可能性が無いというのがKの産婦人科専門の場所は総合病院と統合されて今年の1月に無くなっているわけだから行っているはずがないんだよね。


やっぱりこう見ると行ってないし妊娠の事実が無いからこんだけ色々とバラバラになるんだろうって思うんだよね。嘘に嘘を重ねてるとしか思えないのと、どれかが嘘でどれかが真実だとしても全部真実ということはありえないからどれかは嘘ってことになる。実際に行ったのが事実で証拠もあればそれを出せばいいだけの話だしそれを言えばいい話じゃん?なんでこんなに毎回話が違うのか?っていうさ、で、ちょっと疑っているという姿勢を見せると「この話をなかったことにしたいわけ?」とかって言ってくるわけ。エコー写真の話をしているだけなのに彼女は「責められてる」とか「疑われてる」って思ったらしくてさ、んでなんかその時は彼女からスカイプ離席になっちゃって話が続かなかったんだよね。その話をすると怒る離席するって嘘だからでしょ?としか思えないじゃないですか?


で、まぁその後かな、別に疑うという意図ではなく事実関係をクリアにしたいのと俺が知っておかなきゃいけないことってのが山ほどあるんでそれを確認したいということで色々聞いたんだけど、その時に聞いたのがまた別の今までとは違うバージョンだったんだよね。彼女が説明するたびに違うバージョンが生まれてくるからね。ライブに実は行ってなかったって話はこの別バージョンの時に聞いたんだけどね。このときに聞いたのが東京行く前に分かってエコー写真を持って横浜のホテルでライブに行かずに待っていたっていう話ね。その時にまた色々と聞いてもまた怒られると思ったから聞くことに徹してて色々とは聞かなかったけどね。


で、エコー写真についてなんだけど、病院からもらったものを彼女自身がスマホで撮ったものをこっちに送ってきたらしいんだけどさ、あ、んで「手元にエコー写真がないから確認できるわけないでしょ」とかって逆キレされたんで、彼女が送ってきたそれをスカイプで送ったんだよね。そしたら「暗くて全然分からない」とかって言い出してね、で、挙句の果てに最後には「本当に心配してないと思ったからさっき手元にないって嘘をついた」みたいなことを言っててさ、そもそも根本のことの正当性を確かめてる中で心配も何もないじゃん?少なくともこの「心配してないと思ったから」って言われた時点で今まで書いたことは全部俺の中でまとまってたからこれだけ辻褄があってないのを信じて心配するというのは難しいよね。


で、エコー写真は叔父さんが持ってるって言うんだけどね、最初に送ってもらった一枚を叔父さんが捨てたんだけどそれを拾ってまた撮影したって写真があってさ、で、もう一枚は叔父さんが持ってるからそっちに日時がちゃんと載ってるかもって言ってたんだけど、そもそも俺は最初に日時が載ってない二枚を見てるわけでさ、叔父さんのほうに載ってるのかな?と言われてもそりゃ載ってないよねって言うしかないんだけどさ、でもそんなことを言ってもしょうがないから言わなかったけどね。


スマホで直に撮影した写真をプリントアウトしたものをさらにスマホで撮って送る必要がどこにあるのかな?って思うんだよね。エコー写真そのものを撮った画像データがあるならそれを見せてほしいよね。これも辻褄があってないんだよね。元々二枚持っててそれをスマホで撮っているはずなら彼女のスマホの中に二枚のデータが入っているはずなのに一枚は叔父さんが持っているから今は見せられないっていうのはおかしいよね。スマホで撮影したやつを紙にプリントアウトしたものを見せてほしいのではなく、スマホで撮影したやつそのものを見せてほしいといっているんだけどね。


で、そのエコー写真自体は彼女が福岡に戻ってから送ってもらったやつもあるんだけど、だとしたら一枚は彼女が持っているということじゃん?でも不思議に思ったのは19日に大阪に一旦帰るからその時に家を探してみるって言ってるんだよね。色々な診断書的なものとかは全部叔父さんが払っているから叔父さんが保管していて事情を話しても仲が険悪になってるから見せてくれるとは思えないっていう理由で見せてもらえないらしいんだよね。いや、そんなに重要なものを俺に見せられないで叔父さんが保管しておく理由が分からないし。妊娠が分かったという書類は叔父さんが払っているから叔父さんが保管しているとのことだけど、でも最初に彼女の妊娠が発覚する前は叔父さんはまだ帰ってきてないわけだし一人で行ってるはずなんだよね。その時の書類をなんで叔父さんが保管してるのか?って話だよね。


ちなみに叔父さんに妊娠が発覚したのは彼女が俺の父と妹に電話した後らしいんだよね。「叔父が帰ってきた」って言ってたんだけどその時は「もう全部叔父に話す」って言ってたんだけど、後になると叔父が帰ってきたときにエコー写真を見られて発覚したみたいな感じになってるんだよね。これもまた別バージョンが出来ちゃってるっていう。


本当にはっきりさせないとなって改めて思ったのは画家のYokoさんからのメールだったんだよね。その後どうなの?って聞かれて現状を色々と説明したんだけどそしたらまぁ当然異様に映るよね。で、子供の命がかかっている(た)かもしれない大事なことなのに確定的なことを何も把握してないってどういうことなの?っていうことを言われたよね。彼女も俺にちゃんとそういうところを説明しないままはっきりしないエコー写真だけ見せて中絶するだの自然流産だのって言ってて責任感が無さ過ぎるみたいなことを言ってたよね。まぁそりゃそう映りますよね。彼女の言っていることや証拠というのがイマイチはっきりしない理由ってのはもう書いたけど、あとはまぁそれを放置している俺ってことだよね。


放置しているつもりはなくて事実関係を確認したいと思ってるんだけど、あ、んでまたそれもあって色々と聞いてみたんだけどね、母子手帳はもらわなかったのか?って聞いたら「産むつもりはなかったからもらわなかった」って言うんだよね。でもさ、その時ってまだ俺にも伝えてないし誰にも伝えてないわけじゃん?その時点で「産むつもりは無いです」って医者に言い切るってどういう倫理感覚なのかな?って思うよね。「そっちの気持ちがないなら勝手にもうおろしてるし」みたいな言い方も凄く品格に疑問を感じるよね。母性がどうのとか「それでも子供が私を選んでくれたから・・・」みたいなことを言っている割に裏では冷酷なことを言ってるんだよね。「勝手におろすし」とか仮に病院に行ったのが本当だとしてその場で「産みません。堕胎します」って宣言しちゃうっていうその感覚がさ、信じられないよね。「よくその場でそんなことを言ったね」って言ったら俺が「子供ができちゃったら大変だよね」みたいなことを言ってたのが脳裏に焼き付いてたからって言うんだよね。


母子手帳をもらわなかったという理由にするための嘘にしても後味が悪すぎる嘘だよね。仮に本当だとしてもそういう風に思っていたんだからその倫理感覚を疑うよね。正直、妊娠が俺の気を引くための嘘だったとしてもそれはそれで許そうかなという気持ちでいたんだよね。まぁ彼女が言うことが本当なら自然流産ということでそれは堕胎ということにはならなかったわけだし、嘘だったとしても気を引くためだったっていうまぁ必死の行動だったっていう風に捉えれば許せる面もあるよね。もちろん生命にかかわることをやり取りの秤にかけるなんてとんでもない!って話ではあるんだけどさ、でも問題は嘘だった場合は結局、他のことも色々と嘘なことがあるだろうっていう想定になっちゃうから仮に今後やっていくにしても凄まじい障壁になるよね。ようはオイラーが呼吸をするように計算していたかの如く彼女も呼吸をするように自然と嘘をつく人ってことになるもんね。


仮に本当だったらどうか?って本当であってほしいけど本当である確率が極めて低いよね。今はやってないクリニックに行ったと言っているわけだし、それだけではなく色々なところに矛盾があるから話自体が信用できないってことになるよね。逆に俺は本当であってほしいし彼女が嘘をついていたと思いたくないみたいなナイーヴなところがあるからこそ彼女からちゃんとしたエビデンスの提示を要求したいんだよね。日時が分かるものは全て叔父が保管しているとのことだから事情を話して全部俺に見せてほしいよね。あと叔父にも俺のブログを見せたということなんで、だったらまたこれを見せてなぜか俺に見せないエビデンスの数々を見せてほしいよね。


まぁ自然流産だったんだからだれの責任でもないということにはなりかねないけど俺はそうはしたくないんだよね。事実関係はきっちりしておきたい。仮に妊娠が本当だったとしても、だったらなんであんなに言っていることがコロコロ変わるのか?とかさ、そういうところも含めて説明してもらえれば納得できるからね。そこは今すげー曖昧になっちゃってるんだよね。で、彼女も前に「もうなかったことにしたい」とかって言ってたしさ、でもそれってやっぱダメだよね。あ、んで自然流産後に行ったクリニックの診断書的なものとか明細とかは見せてもらったんでそこはオッケーなんだよね。


で、ちゃんとエコーとかで検査して残留物とかが無かったからちゃんと全部きれいに流れましたってことになったって聞いてるんだけどね、でも仮に妊娠してたんだったら流産後にも妊娠してたという確認ってできないもんなのかな?って思ったけど、診断書には「別の病院で妊娠が分かっていたとのことで・・・」っていうような感じだったんだよね。特に前の病院からのカルテとか引継ぎは無い状態で産婦人科に行ったらしくてさ、まぁそれはそれでいいんだけど「知り合いが堕胎専門のクリニックを知っているというのでそこに叔父と行ってきます」とかって書いてたからさ、でも彼女曰く病院に行く前日だかに塊が出て自分なりにそれを調べたら自然流産だったかもしれないってことだったんだけどそんなに血が出てるのになんで病院にすぐ行かないのかな?とかさ、またその辺も実際どうだったの?とかってよく分からないしね、でもまぁよく分からないじゃダメなんだよねってことなんだよね。


で、彼女から聞いた話だと日時がちゃんと表示されているエコー写真というのは伯父が保管していて、ただ伯父が気性が荒い人で今回のことについて凄く怒ってるからエコー写真を渡してくれないって言うんだよね。なんで渡してくれないの?っていうことを聞くと「お前に渡してもなんのためになる?」とかって言われたり俺が見たいと言っていることを言うと「あいつになんか見る権利はない」とかって突っぱねられるとか言ってね、でも大事なものじゃん?うちの家族も翻弄されてる中で生命に関わることの事実関係を確認したいということなのに伯父が写真をおたきあげすると言っていて誰にも見せるつもりはない!とか言って保存してるとかさ、本当なの?って話だし、本当だったらその伯父ってどうなの?って話だよね。


で、そこを聞いたらまぁ色々と言ってたけど伯父はいつも世話してくれていると言いつつも実際は虐待を受けていた叔母さんとほぼ変わらなくて、虐待していた叔母と伯父の違いと言えば伯父は暴力が無いというところってことだったんだよね。彼女が言ったことをそのままに受ければ現状でも虐待臭い関係性で伯父は叔母とほぼ変わらなくて違いと言えば暴力の有無ということになるんだよね。あとなんか気性が荒いということを言っていてってさっきも書いたけど、今回の件で仮に自然流産じゃなかったらうちの店に乗り込んでくるつもりだったらしいんだよね。話し合いも無くいきなり店に乗り込んでくるとかどんな人なの?って話だよね。これはまぁ彼女が脅しで使ったのが実際に伯父さんがそう言ってたのか分からないけどいずれにせよありえないですよね。


普段伯父さんと上手くいっているみたいに言っているのは「本当はこうありたい!」っていうような理想像を語っていたに過ぎなくて、実際の状況は叔母が暴力の無い伯父に変わっただけと言っててさ、まぁただそれが本当なんだったらエコー写真を取り上げられて怒り続けてるってのは分からなくもないんだよね。だから伯父に逆らえないというのは一応筋は通ってる。でもこの辺も矛盾してておたきあげするから写真を保管しているということだったのに、その話の前では伯父がエコー写真を捨てたっていう話になっててさ、で、福岡に移ってすぐの時に送った俺の写真は捨てたのを知っててゴミ箱から拾ったものを写真で撮って送ったっていうんだよね。おたきあげするって言ってる人がなんでそんな大事なもの捨てるんですか?ってことだよね。


でも仮に彼女がその時にエコー写真の一枚をゴミ箱から拾ったって言うんだけどね、だったら彼女は今持ってるわけじゃん?で、それを見せてって言ってもいつも色々と誤魔化されたり話を逸らされたりして、もう明らかに怪しさビンビンっつーかさ、どんだけ信じようと思っても無理なぐらい言ってることがめちゃめちゃで態度も怪しいわけ。いつも聞くと「ご飯だ。後でね」とか「眠剤飲んじゃったからもう寝る」とか「今はその話をしてほしくない」とか「いつか本当のことが分かるときが来ます」って言われたりとかね、写真持ってりゃ見せればいい話なのにさ、で、なぜかその後になると一枚は伯父さんが持ってて一枚は彼女が持ってるっつ話なんだけど、聞いたら「じゃあ伯父さんが持ってるほうに日付書いてあるってことなのかな?」とかわけのわからないことを言い出してさ、まぁでもとりあえず彼女が一枚持ってるわけだからそれを見せてって言っても頑なに見せないんだよね。で、後日はその1枚も取り上げられたとかって言ってる割にね、19日に大阪に戻るからそのときエコー写真探してみるとかって言ってたりさ、え?伯父さんが持ってるんじゃないの?っていうさ、なんで大阪の家にあるって話になってんの?とかめちゃめちゃなんですよね。


いや、結局、彼女がうちの父に電話したってことだしまぁ結果的に家族が知るということになっちゃってさ、だからもうすげー話したんだよね。両親と。で、まぁ本当に両親は俺の話を聞いて「色々と一人で大変な子なんだね・・・」って凄く心配しててさ、ただまぁもちろんエコー写真の件についてはそりゃ引っかかってるから半信半疑ではあるんだけど、そこもまぁ当然確認するってことになるよね。ただまぁ父は本当にそれを聞いて驚いてて、その後も俺に「その後どうなの?」ってよく俺に聞いてたしさ、そりゃ気になるよね。そういう意味でも親も知りたがってるってことを言っても「なんで親に知らせる必要があるの?」とかって言うんだぜ?その数分前は両親にお詫びしたいから会いたいとか手紙を書きたいとかって言ってたのに数分後には「なんで親に説明しなきゃいけないの?」だからね。親が凄く心配してるってことは説明してあるのにこれってことはうちの両親の気持ちも踏みにじってるってことだよね。生命が関わっていることなのにそういうところの倫理感覚はどうなんだろう?って本当に思っちゃうよね。


まぁあと写真が嘘だって分かったのは彼女が言ったとされるクリニックの産婦人科の部長が直々にメールくれたんだよね。色々と質問しつつ何回かやり取りをした後に「こういう写真なんですがそちらのものですか?」って確認したら今現在ではエコー写真に表示されるのはYCH HPかYCH Ladies CLがありうるということで、写真は明らかにYが抜けているから現在の写真ではないっていうことなんだよね。あとまぁ直々にもらったメールを貼るね。

Y病院 産婦人科部長 Mです。

画像を拝見させていただきました。 当院のレディースクリニックは2015年3月をもって閉院しており、以後はエコー検査だけをしている部門もありません。それゆえ今年の4月以前にとられたエコー写真ではないかと推察します。また、レディースクリニックがすでに消失しており、エコー用紙の表記がどうなっていたかは私が関わっていなかったため、詳細がわかりません。ただ、一般的にはエコー用紙に日時が必ず印刷されると考えてよいです。送って頂いた写真では不鮮明であるか、故意に修正している可能性を考えます。


ってことなのよ。素人が「怪しいよねー」って言っててもしょうがないから専門の人に見てもらったってことでこういう回答が来たわけだからね。そういう風に確認したんだって彼女に言ったらまた暴言だらけですよ。

[19:01:49] 彼女: それが本当だとしたら個人情報漏洩で訴えるわ
[19:01:56] 彼女: ありえへん
[19:02:18] 彼女: というか細工なんてするわけないでしょう
[19:02:48 | 19:03:04を削除しました] ちゅり12: このメッセージは削除されました
[19:03:45] 彼女: というか私は処女だということも否定されるわけだよね
[19:04:39] 彼女: それはどう考えてもおかしいし、あれはあれでどの写真を見せたかわからないけど6週だったのは本当の話しだから、それを4月とか言ってるような医者はヤブだね
[19:05:09] 彼女: というか、もういいよ。こんなこと言い合ったりしてさ、治るものも治らない
[19:05:32] 彼女: あなたの自己満足にもう付き合えません


まぁ取りつく暇もないって感じだけど、先生が4月って言ってるのは例のレディースクリニックで撮ったんだったら4月以前しかありえないということを言っているんだよね。それ以降はレディースクリニック自体が無いわけだから仮にレディースクリニックで撮った写真だったとしても4月以前しかありえないということを言っているわけだ。処女だったということも否定されるとかって言ってるけどまぁそれについては俺はなんの言及もしてないけどさ何?だったら以前彼女が妊娠した時の写真の日時を削って俺に見せたってことなの?とかってまぁ疑い出せばキリないよね。そこは別にほじくる必要ないけどね。ただブログに「2人を殺してきました。来月で3人目になります」って書いてたら「え?二人すでにおろしてたの?」とかって思っちゃうよね。それはちょっと前に聞いて違うって言ってたけど、まぁもう分からないよね。ただそういうところをほじくっても意味ないから、だからまぁ今回の話はこれで十分だよね。今後の関係なんてあるわけがないというのは言うまでもない。彼女が送ってきた写真は産婦人科の部長が見て「故意に修正している」と言っているわけだからだったら本当に妊娠していたらそんな修正した写真を送ってくるわけないじゃん?むしろ怪しまれちゃうわけでそんなことするわけないよね。でも彼女は送ってきたわけだからね。


あなたに迷惑をかけないように頑張る!とかあなたを幸せにしたい!とかもう悲しませない!とか腐るほど聞いてきたよね。何回こういう言葉を聞いたことか。それで最後は「あなたの自己満足にもう付き合えません」だからね。本当に好きなんだったら誤解を解こうとかって思わないのか?とかさ、彼女の言う愛ってことも信用できないよね。まぁこれは前からずーっとそうだったから今始まったことじゃないんだけどね。で、後になって「あれはそんなつもりで言ったんじゃない」っていうそれの繰り返しじゃん?で、私は発達障害があって言語が云々とかさ、まぁそれがあるにせよ、それがあったにせよおかしいよね。


私を救ってくれた王子様!とまで言ってた人を数分後か数時間後にぼろ糞言ってたりするわけだし、俺は歩み寄って色々と話そうとしてるのにいつも「さいなら」だからね。今回のさいならは一番タチが悪いけどまぁでも本当に別れるきっかけになって良かったと思うんだよね。「れが本当だとしたら個人情報漏洩で訴えるわ。ありえへん」とかさここが素なんだよね。普段はめちゃめちゃ作ってるんだよね。で、そういう素は彼女が怒ると露呈して毎回俺はそれを見てきてるよね。もうそれこそ普段の彼女からは想像もしないぐらいのえげつない言葉が出てきたりするんだよね。あと仮にも尊敬してるとか死ぬほど好きだって言ってる人に怒ったとしてもそこまで言えるか?ということを平気で言うのよね。今回のことでやっぱりそこが素なんだなっていうか地の部分なんだなって思わざるを得なかったよね。そんな風には思いたくないし信じたかったけど無理だったよね。


まぁそんな感じですね。写真云々はちょっと色々と色合いを調整して加工跡をより目立たせたやつとかもあるんだけど、産婦人科の部長のメールもあるわけだしそれは別にあえてアップロードしなくてもいいかなと思うんだよね。そこまでやる必要はないかなと思うし、写真が疑わしい理由ってのはそれだけじゃないし。まぁ前に貼ってるけどね。まぁただあれね、画像は個人情報は載ってないからねっていうか個人情報載ってたら貼っちゃいけないし、逆にそれが載ってたら問題ないわけでさ、個人情報が載ってないいつのものかも全く分からない画像だからこそ個人情報もクソも無いって話なのね。あと俺が病院側に問い合わせたときには当然彼女の名前とかは言ってないしあくまでこっちの名前と彼女との関係性ってのを説明したっていうことね。それを「個人情報漏洩で訴えるわ」とかって言ってるほうがよっぽど「ありえへん」よね。これが彼女の本性なんですねって結論になっちゃうのはしょうがないよね。もう客観的にそうなんだから。


まぁそんな感じで非常に残念ですね。本当に悲しいね。彼女には色々と期待してたし、彼女が言う俺への愛情とかも信じたかったんだけどね、まぁこういうことだからしょうがないよね。もう俺がどうのって話でもないわけだし。まぁただ癒えるのにまた相当時間がかかるな・・・。前にさ、だからこそまた新たな恋愛をしていこうっていう気になった!みたいなことを書いたじゃん?彼女と前に別れ話になったときにね、ただもう今は傷の度合いが違い過ぎてさ、もうできるかぎりしたくないよね。セックスも一切したくない。あまりに壮絶過ぎたと思う。本当に。

彼女の妊娠の話なんだけど結局、妊娠していたという証拠になるものが何一つなくて、あるのが唯一の例のエコー写真なんだけど見ても分かるように不自然に病院名の下に恐らく表示されるであろう日時が消えてるんだよね。あと病院に尋ねたところエコー写真には「YCH HP」と表示されるらしいんだけど彼女の写真には「CH Ladies CL」と書かれていて病院名が違うんだよね。彼女曰く「YCH HP」は総合病院のほうで自分が行ったのはKにある産婦人科専門の場所だと言うんだけど、そこは今年の頭に総合病院に統合されてて閉業になってるんだよね。だからY病院に行ったのならばKにある産婦人科専門の場所なはずもなく場所はKからだいぶ離れていて、でも彼女が行ったのは「KにあるK駅から歩いて5分のところ」ということなのでY病院ではないのは明白なんだよね。でもそのY病院系列の別にある産婦人科専門の場所というと今年統合されたKにある産婦人科専門のところしかありえなくて、そこは今年の1月に閉院しているので言っているはずがない。で、写真にはCH Ladies CLと表示されていてこのKで撮ったエコー写真だと言われてもやっていない場所でエコー写真が撮れるわけじゃないんでじゃあその写真は一体何なの?ってことになるよね。


仮に写真に日時がしっかり入ってれば別だよね。それと彼女がいつ行ったということが一致していれば十中八九それは本物ということになるよね。でも今は閉院している病院に行ったと言っていて、なおかつ写真もその閉院した病院名かもしくは全く別の病院名か、とにかくあと病院名の下に表示されるはずの恐らく日時が表示されていないということになってしまうと正当性の根拠がないよね。


あとそれについて聞くと「その話は今の私にはしてほしくない話題」とかって言われてはぐらかされちゃうんだよね。意地悪に見なくても何か隠してるとしか思えないというのが現状だよね。あといつ行ったか?についてなんだけど全く時期が定まらなくて、最初に行ったと聞いたのは26日で腕を切る前に婦人科にいたということで、分からないけどもその時に「昨日行ったってことなの?」って聞いたらそれっぽいことを言っていたから昨日分かった事実を言う機会が無くて今言うしかなかったという感じだったんだよね。


でも後になって色々と聞くと色々と矛盾してきてね、彼女はライブを見るために18日から21日にかけて東京にいたんだよねっていうかいつも会ってる横浜ね。で、その横浜でたまたま妊娠検査薬を使ってみようと思ったらしく使ったら妊娠が分かって大阪に戻ってから例のKにある産婦人科専門のところに行ったというんだよね。でもさっき聞いた話では妊娠が分かったのが東京に行く寸前でその時にエコー写真を持ってたからもし会えたらその話をしようと思ってたらしいんだよね。これは明らかに東京に来た時になぜか妊娠検査薬を使ってみようと思って妊娠が分かったという事実と矛盾するよね。


あとなんで産婦人科に行くことになったのか?という質問には26日のやり取りだといつも通っている産婦人科で定期の子宮筋腫の検査と漢方をもらいに行くということで行ったら「お腹に赤ちゃんがいますよ」と言われたから分かったということなんだけど、まぁこれも経緯の辻褄があってないよね。彼女は妊娠検査薬を使ってとりあえず産婦人科に行かなきゃ!と思って近場の産婦人科に外来で行ったということなんだけど、だとすると普段定期的に見てもらっている子宮筋腫と漢方の話と矛盾するよね。いつも見てもらうところで見てもらったら分かったということなわけだから、とりあえず近場の外来に行ったという話とは辻褄が合わない。


あとまぁ東京に行く前か東京に来てから検査薬を使って戻った後か、とにかく妊娠が分かってからこっちに言うまでにだいぶ時間があるんだよね。一週間以上ある。でも病院では一週間以内に下ろさないとと言われていたらしいんだけど、その事実があるのに特に何も言及しないまま普通にしていられるのかな?と思うんだよね。本人曰く悩んでいたらしいけど「一週間以内に堕胎してください」って言われたらすぐなんとかするよね。あとは叔父さんにすぐ連絡するとかさ、黙ってそのままでいるというのが全く理解できないよね。一週間以内に堕胎してくださいと言われた後に東京にライブを見に来ることができるのかな?とかさ、それどころじゃないだろ!って思うんだけどね。彼女曰くそれを伝えようと思ってエコー写真を持ってホテルで俺が来るのを待ってたらしいんだけど、なんでそんな大事なことを黙ってるの?ってことになるじゃん?まぁそれも言えなかったって言えばそれまでだけど、でもわざわざこっちに来ているときになんでそれを伝えないのか?っていうさ、まぁ仮に本当だとしたらの話だけどね。そういう意味でもおかしいわけよ。


あと本人曰くライブにはいかないでずーっとホテルで待ってたらしいけど、彼女はブログで「療養がてら小旅行に行ってきます」とかって言ってたじゃん?で、実際にはずーっと悩んでてホテルで俺を来るのを待ってたらしいけど、帰ってきたあとのブログを見る限りではなんかでダブステップってのを知ってそれで凄くいいな!って思いましたってことはライブ行ったんじゃないの?っていうさ、部屋にずーっと籠ってたらダブステップを聞く機会はないでしょうって思うんだけどね。ライブには行ったみたいな話になってたけど行かなかったってのを本人から聞いたから「え?マジで?」って言ったら「言わなかったっけ?」みたいに言っててさ、まぁぶっちゃけ
整合性が保たれなくなってるから行かなかったという体にしないと成立しないから行かなかったということにしたのかな?としか思えないですよね。


どの道、分かったのが東京来る寸前か、あとはなぜか検査薬を使おうとして横浜で分かったとしてさ、それでライブ行けますか?って話だよね。まぁライブ云々はいいとしても来る寸前に分かったら普通キャンセルですぐ産婦人科に行くでしょうって思うしさ、横浜に来た時にふとしたときに検査薬を使おうと思って使ってみたというのも普通に聞いたら「えー」ってなる話だよね。どれかが本当なのかもしれないけど、その可能性が無いというのがKの産婦人科専門の場所は総合病院と統合されて今年の1月に無くなっているわけだから行っているはずがないんだよね。


やっぱりこう見ると行ってないし妊娠の事実が無いからこんだけ色々とバラバラになるんだろうって思うんだよね。嘘に嘘を重ねてるとしか思えないのと、どれかが嘘でどれかが真実だとしても全部真実ということはありえないからどれかは嘘ってことになる。実際に行ったのが事実で証拠もあればそれを出せばいいだけの話だしそれを言えばいい話じゃん?なんでこんなに毎回話が違うのか?っていうさ、で、ちょっと疑っているという姿勢を見せると「この話をなかったことにしたいわけ?」とかって言ってくるわけ。エコー写真の話をしているだけなのに彼女は「責められてる」とか「疑われてる」って思ったらしくてさ、んでなんかその時は彼女からスカイプ離席になっちゃって話が続かなかったんだよね。その話をすると怒る離席するって嘘だからでしょ?としか思えないじゃないですか?


で、まぁその後かな、別に疑うという意図ではなく事実関係をクリアにしたいのと俺が知っておかなきゃいけないことってのが山ほどあるんでそれを確認したいということで色々聞いたんだけど、その時に聞いたのがまた別の今までとは違うバージョンだったんだよね。彼女が説明するたびに違うバージョンが生まれてくるからね。ライブに実は行ってなかったって話はこの別バージョンの時に聞いたんだけどね。このときに聞いたのが東京行く前に分かってエコー写真を持って横浜のホテルでライブに行かずに待っていたっていう話ね。その時にまた色々と聞いてもまた怒られると思ったから聞くことに徹してて色々とは聞かなかったけどね。


で、エコー写真についてなんだけど、病院からもらったものを彼女自身がスマホで撮ったものをこっちに送ってきたらしいんだけどさ、あ、んで「手元にエコー写真がないから確認できるわけないでしょ」とかって逆キレされたんで、彼女が送ってきたそれをスカイプで送ったんだよね。そしたら「暗くて全然分からない」とかって言い出してね、で、挙句の果てに最後には「本当に心配してないと思ったからさっき手元にないって嘘をついた」みたいなことを言っててさ、そもそも根本のことの正当性を確かめてる中で心配も何もないじゃん?少なくともこの「心配してないと思ったから」って言われた時点で今まで書いたことは全部俺の中でまとまってたからこれだけ辻褄があってないのを信じて心配するというのは難しいよね。


で、エコー写真は叔父さんが持ってるって言うんだけどね、最初に送ってもらった一枚を叔父さんが捨てたんだけどそれを拾ってまた撮影したって写真があってさ、で、もう一枚は叔父さんが持ってるからそっちに日時がちゃんと載ってるかもって言ってたんだけど、そもそも俺は最初に日時が載ってない二枚を見てるわけでさ、叔父さんのほうに載ってるのかな?と言われてもそりゃ載ってないよねって言うしかないんだけどさ、でもそんなことを言ってもしょうがないから言わなかったけどね。


スマホで直に撮影した写真をプリントアウトしたものをさらにスマホで撮って送る必要がどこにあるのかな?って思うんだよね。エコー写真そのものを撮った画像データがあるならそれを見せてほしいよね。これも辻褄があってないんだよね。元々二枚持っててそれをスマホで撮っているはずなら彼女のスマホの中に二枚のデータが入っているはずなのに一枚は叔父さんが持っているから今は見せられないっていうのはおかしいよね。スマホで撮影したやつを紙にプリントアウトしたものを見せてほしいのではなく、スマホで撮影したやつそのものを見せてほしいといっているんだけどね。


で、そのエコー写真自体は彼女が福岡に戻ってから送ってもらったやつもあるんだけど、だとしたら一枚は彼女が持っているということじゃん?でも不思議に思ったのは19日に大阪に一旦帰るからその時に家を探してみるって言ってるんだよね。色々な診断書的なものとかは全部叔父さんが払っているから叔父さんが保管していて事情を話しても仲が険悪になってるから見せてくれるとは思えないっていう理由で見せてもらえないらしいんだよね。いや、そんなに重要なものを俺に見せられないで叔父さんが保管しておく理由が分からないし。妊娠が分かったという書類は叔父さんが払っているから叔父さんが保管しているとのことだけど、でも最初に彼女の妊娠が発覚する前は叔父さんはまだ帰ってきてないわけだし一人で行ってるはずなんだよね。その時の書類をなんで叔父さんが保管してるのか?って話だよね。


ちなみに叔父さんに妊娠が発覚したのは彼女が俺の父と妹に電話した後らしいんだよね。「叔父が帰ってきた」って言ってたんだけどその時は「もう全部叔父に話す」って言ってたんだけど、後になると叔父が帰ってきたときにエコー写真を見られて発覚したみたいな感じになってるんだよね。これもまた別バージョンが出来ちゃってるっていう。


本当にはっきりさせないとなって改めて思ったのは画家のYokoさんからのメールだったんだよね。その後どうなの?って聞かれて現状を色々と説明したんだけどそしたらまぁ当然異様に映るよね。で、子供の命がかかっている(た)かもしれない大事なことなのに確定的なことを何も把握してないってどういうことなの?っていうことを言われたよね。彼女も俺にちゃんとそういうところを説明しないままはっきりしないエコー写真だけ見せて中絶するだの自然流産だのって言ってて責任感が無さ過ぎるみたいなことを言ってたよね。まぁそりゃそう映りますよね。彼女の言っていることや証拠というのがイマイチはっきりしない理由ってのはもう書いたけど、あとはまぁそれを放置している俺ってことだよね。


放置しているつもりはなくて事実関係を確認したいと思ってるんだけど、あ、んでまたそれもあって色々と聞いてみたんだけどね、母子手帳はもらわなかったのか?って聞いたら「産むつもりはなかったからもらわなかった」って言うんだよね。でもさ、その時ってまだ俺にも伝えてないし誰にも伝えてないわけじゃん?その時点で「産むつもりは無いです」って医者に言い切るってどういう倫理感覚なのかな?って思うよね。「そっちの気持ちがないなら勝手にもうおろしてるし」みたいな言い方も凄く品格に疑問を感じるよね。母性がどうのとか「それでも子供が私を選んでくれたから・・・」みたいなことを言っている割に裏では冷酷なことを言ってるんだよね。「勝手におろすし」とか仮に病院に行ったのが本当だとしてその場で「産みません。堕胎します」って宣言しちゃうっていうその感覚がさ、信じられないよね。「よくその場でそんなことを言ったね」って言ったら俺が「子供ができちゃったら大変だよね」みたいなことを言ってたのが脳裏に焼き付いてたからって言うんだよね。


母子手帳をもらわなかったという理由にするための嘘にしても後味が悪すぎる嘘だよね。仮に本当だとしてもそういう風に思っていたんだからその倫理感覚を疑うよね。正直、妊娠が俺の気を引くための嘘だったとしてもそれはそれで許そうかなという気持ちでいたんだよね。まぁ彼女が言うことが本当なら自然流産ということでそれは堕胎ということにはならなかったわけだし、嘘だったとしても気を引くためだったっていうまぁ必死の行動だったっていう風に捉えれば許せる面もあるよね。もちろん生命にかかわることをやり取りの秤にかけるなんてとんでもない!って話ではあるんだけどさ、でも問題は嘘だった場合は結局、他のことも色々と嘘なことがあるだろうっていう想定になっちゃうから仮に今後やっていくにしても凄まじい障壁になるよね。ようはオイラーが呼吸をするように計算していたかの如く彼女も呼吸をするように自然と嘘をつく人ってことになるもんね。


仮に本当だったらどうか?って本当であってほしいけど本当である確率が極めて低いよね。今はやってないクリニックに行ったと言っているわけだし、それだけではなく色々なところに矛盾があるから話自体が信用できないってことになるよね。逆に俺は本当であってほしいし彼女が嘘をついていたと思いたくないみたいなナイーヴなところがあるからこそ彼女からちゃんとしたエビデンスの提示を要求したいんだよね。日時が分かるものは全て叔父が保管しているとのことだから事情を話して全部俺に見せてほしいよね。あと叔父にも俺のブログを見せたということなんで、だったらまたこれを見せてなぜか俺に見せないエビデンスの数々を見せてほしいよね。


まぁ自然流産だったんだからだれの責任でもないということにはなりかねないけど俺はそうはしたくないんだよね。事実関係はきっちりしておきたい。仮に妊娠が本当だったとしても、だったらなんであんなに言っていることがコロコロ変わるのか?とかさ、そういうところも含めて説明してもらえれば納得できるからね。そこは今すげー曖昧になっちゃってるんだよね。で、彼女も前に「もうなかったことにしたい」とかって言ってたしさ、でもそれってやっぱダメだよね。あ、んで自然流産後に行ったクリニックの診断書的なものとか明細とかは見せてもらったんでそこはオッケーなんだよね。


で、ちゃんとエコーとかで検査して残留物とかが無かったからちゃんと全部きれいに流れましたってことになったって聞いてるんだけどね、でも仮に妊娠してたんだったら流産後にも妊娠してたという確認ってできないもんなのかな?って思ったけど、診断書には「別の病院で妊娠が分かっていたとのことで・・・」っていうような感じだったんだよね。特に前の病院からのカルテとか引継ぎは無い状態で産婦人科に行ったらしくてさ、まぁそれはそれでいいんだけど「知り合いが堕胎専門のクリニックを知っているというのでそこに叔父と行ってきます」とかって書いてたからさ、でも彼女曰く病院に行く前日だかに塊が出て自分なりにそれを調べたら自然流産だったかもしれないってことだったんだけどそんなに血が出てるのになんで病院にすぐ行かないのかな?とかさ、またその辺も実際どうだったの?とかってよく分からないしね、でもまぁよく分からないじゃダメなんだよねってことなんだよね。


で、彼女から聞いた話だと日時がちゃんと表示されているエコー写真というのは伯父が保管していて、ただ伯父が気性が荒い人で今回のことについて凄く怒ってるからエコー写真を渡してくれないって言うんだよね。なんで渡してくれないの?っていうことを聞くと「お前に渡してもなんのためになる?」とかって言われたり俺が見たいと言っていることを言うと「あいつになんか見る権利はない」とかって突っぱねられるとか言ってね、でも大事なものじゃん?うちの家族も翻弄されてる中で生命に関わることの事実関係を確認したいということなのに伯父が写真をおたきあげすると言っていて誰にも見せるつもりはない!とか言って保存してるとかさ、本当なの?って話だし、本当だったらその伯父ってどうなの?って話だよね。


で、そこを聞いたらまぁ色々と言ってたけど伯父はいつも世話してくれていると言いつつも実際は虐待を受けていた叔母さんとほぼ変わらなくて、虐待していた叔母と伯父の違いと言えば伯父は暴力が無いというところってことだったんだよね。彼女が言ったことをそのままに受ければ現状でも虐待臭い関係性で伯父は叔母とほぼ変わらなくて違いと言えば暴力の有無ということになるんだよね。あとなんか気性が荒いということを言っていてってさっきも書いたけど、今回の件で仮に自然流産じゃなかったらうちの店に乗り込んでくるつもりだったらしいんだよね。話し合いも無くいきなり店に乗り込んでくるとかどんな人なの?って話だよね。これはまぁ彼女が脅しで使ったのが実際に伯父さんがそう言ってたのか分からないけどいずれにせよありえないですよね。


普段伯父さんと上手くいっているみたいに言っているのは「本当はこうありたい!」っていうような理想像を語っていたに過ぎなくて、実際の状況は叔母が暴力の無い伯父に変わっただけと言っててさ、まぁただそれが本当なんだったらエコー写真を取り上げられて怒り続けてるってのは分からなくもないんだよね。だから伯父に逆らえないというのは一応筋は通ってる。でもこの辺も矛盾してておたきあげするから写真を保管しているということだったのに、その話の前では伯父がエコー写真を捨てたっていう話になっててさ、で、福岡に移ってすぐの時に送った俺の写真は捨てたのを知っててゴミ箱から拾ったものを写真で撮って送ったっていうんだよね。おたきあげするって言ってる人がなんでそんな大事なもの捨てるんですか?ってことだよね。


でも仮に彼女がその時にエコー写真の一枚をゴミ箱から拾ったって言うんだけどね、だったら彼女は今持ってるわけじゃん?で、それを見せてって言ってもいつも色々と誤魔化されたり話を逸らされたりして、もう明らかに怪しさビンビンっつーかさ、どんだけ信じようと思っても無理なぐらい言ってることがめちゃめちゃで態度も怪しいわけ。いつも聞くと「ご飯だ。後でね」とか「眠剤飲んじゃったからもう寝る」とか「今はその話をしてほしくない」とか「いつか本当のことが分かるときが来ます」って言われたりとかね、写真持ってりゃ見せればいい話なのにさ、で、なぜかその後になると一枚は伯父さんが持ってて一枚は彼女が持ってるっつ話なんだけど、聞いたら「じゃあ伯父さんが持ってるほうに日付書いてあるってことなのかな?」とかわけのわからないことを言い出してさ、まぁでもとりあえず彼女が一枚持ってるわけだからそれを見せてって言っても頑なに見せないんだよね。で、後日はその1枚も取り上げられたとかって言ってる割にね、19日に大阪に戻るからそのときエコー写真探してみるとかって言ってたりさ、え?伯父さんが持ってるんじゃないの?っていうさ、なんで大阪の家にあるって話になってんの?とかめちゃめちゃなんですよね。


いや、結局、彼女がうちの父に電話したってことだしまぁ結果的に家族が知るということになっちゃってさ、だからもうすげー話したんだよね。両親と。で、まぁ本当に両親は俺の話を聞いて「色々と一人で大変な子なんだね・・・」って凄く心配しててさ、ただまぁもちろんエコー写真の件についてはそりゃ引っかかってるから半信半疑ではあるんだけど、そこもまぁ当然確認するってことになるよね。ただまぁ父は本当にそれを聞いて驚いてて、その後も俺に「その後どうなの?」ってよく俺に聞いてたしさ、そりゃ気になるよね。そういう意味でも親も知りたがってるってことを言っても「なんで親に知らせる必要があるの?」とかって言うんだぜ?その数分前は両親にお詫びしたいから会いたいとか手紙を書きたいとかって言ってたのに数分後には「なんで親に説明しなきゃいけないの?」だからね。親が凄く心配してるってことは説明してあるのにこれってことはうちの両親の気持ちも踏みにじってるってことだよね。生命が関わっていることなのにそういうところの倫理感覚はどうなんだろう?って本当に思っちゃうよね。


まぁあと写真が嘘だって分かったのは彼女が言ったとされるクリニックの産婦人科の部長が直々にメールくれたんだよね。色々と質問しつつ何回かやり取りをした後に「こういう写真なんですがそちらのものですか?」って確認したら今現在ではエコー写真に表示されるのはYCH HPかYCH Ladies CLがありうるということで、写真は明らかにYが抜けているから現在の写真ではないっていうことなんだよね。あとまぁ直々にもらったメールを貼るね。

Y病院 産婦人科部長 Mです。

画像を拝見させていただきました。 当院のレディースクリニックは2015年3月をもって閉院しており、以後はエコー検査だけをしている部門もありません。それゆえ今年の4月以前にとられたエコー写真ではないかと推察します。また、レディースクリニックがすでに消失しており、エコー用紙の表記がどうなっていたかは私が関わっていなかったため、詳細がわかりません。ただ、一般的にはエコー用紙に日時が必ず印刷されると考えてよいです。送って頂いた写真では不鮮明であるか、故意に修正している可能性を考えます。


ってことなのよ。素人が「怪しいよねー」って言っててもしょうがないから専門の人に見てもらったってことでこういう回答が来たわけだからね。そういう風に確認したんだって彼女に言ったらまた暴言だらけですよ。

[19:01:49] 彼女: それが本当だとしたら個人情報漏洩で訴えるわ
[19:01:56] 彼女: ありえへん
[19:02:18] 彼女: というか細工なんてするわけないでしょう
[19:02:48 | 19:03:04を削除しました] 彼女: このメッセージは削除されました
[19:03:45] 彼女: というか私は処女だということも否定されるわけだよね
[19:04:39] 彼女: それはどう考えてもおかしいし、あれはあれでどの写真を見せたかわからないけど6週だったのは本当の話しだから、それを4月とか言ってるような医者はヤブだね
[19:05:09] 彼女: というか、もういいよ。こんなこと言い合ったりしてさ、治るものも治らない
[19:05:32] 彼女: あなたの自己満足にもう付き合えません


まぁ取りつく暇もないって感じだけど、先生が4月って言ってるのは例のレディースクリニックで撮ったんだったら4月以前しかありえないということを言っているんだよね。それ以降はレディースクリニック自体が無いわけだから仮にレディースクリニックで撮った写真だったとしても4月以前しかありえないということを言っているわけだ。処女だったということも否定されるとかって言ってるけどまぁそれについては俺はなんの言及もしてないけどさ何?だったら以前彼女が妊娠した時の写真の日時を削って俺に見せたってことなの?とかってまぁ疑い出せばキリないよね。そこは別にほじくる必要ないけどね。ただブログに「2人を殺してきました。来月で3人目になります」って書いてたら「え?二人すでにおろしてたの?」とかって思っちゃうよね。それはちょっと前に聞いて違うって言ってたけど、まぁもう分からないよね。ただそういうところをほじくっても意味ないから、だからまぁ今回の話はこれで十分だよね。今後の関係なんてあるわけがないというのは言うまでもない。彼女が送ってきた写真は産婦人科の部長が見て「故意に修正している」と言っているわけだからだったら本当に妊娠していたらそんな修正した写真を送ってくるわけないじゃん?むしろ怪しまれちゃうわけでそんなことするわけないよね。でも彼女は送ってきたわけだからね。


あなたに迷惑をかけないように頑張る!とかあなたを幸せにしたい!とかもう悲しませない!とか腐るほど聞いてきたよね。何回こういう言葉を聞いたことか。それで最後は「あなたの自己満足にもう付き合えません」だからね。本当に好きなんだったら誤解を解こうとかって思わないのか?とかさ、彼女の言う愛ってことも信用できないよね。まぁこれは前からずーっとそうだったから今始まったことじゃないんだけどね。で、後になって「あれはそんなつもりで言ったんじゃない」っていうそれの繰り返しじゃん?で、私は発達障害があって言語が云々とかさ、まぁそれがあるにせよ、それがあったにせよおかしいよね。


私を救ってくれた王子様!とまで言ってた人を数分後か数時間後にぼろ糞言ってたりするわけだし、俺は歩み寄って色々と話そうとしてるのにいつも「さいなら」だからね。今回のさいならは一番タチが悪いけどまぁでも本当に別れるきっかけになって良かったと思うんだよね。「れが本当だとしたら個人情報漏洩で訴えるわ。ありえへん」とかさここが素なんだよね。普段はめちゃめちゃ作ってるんだよね。で、そういう素は彼女が怒ると露呈して毎回俺はそれを見てきてるよね。もうそれこそ普段の彼女からは想像もしないぐらいのえげつない言葉が出てきたりするんだよね。あと仮にも尊敬してるとか死ぬほど好きだって言ってる人に怒ったとしてもそこまで言えるか?ということを平気で言うのよね。今回のことでやっぱりそこが素なんだなっていうか地の部分なんだなって思わざるを得なかったよね。そんな風には思いたくないし信じたかったけど無理だったよね。


まぁそんな感じですね。写真云々はちょっと色々と色合いを調整して加工跡をより目立たせたやつとかもあるんだけど、産婦人科の部長のメールもあるわけだしそれは別にあえてアップロードしなくてもいいかなと思うんだよね。そこまでやる必要はないかなと思うし、写真が疑わしい理由ってのはそれだけじゃないし。まぁ前に貼ってるけどね。まぁただあれね、画像は個人情報は載ってないからねっていうか個人情報載ってたら貼っちゃいけないし、逆にそれが載ってたら問題ないわけでさ、個人情報が載ってないいつのものかも全く分からない画像だからこそ個人情報もクソも無いって話なのね。あと俺が病院側に問い合わせたときには当然彼女の名前とかは言ってないしあくまでこっちの名前と彼女との関係性ってのを説明したっていうことね。それを「個人情報漏洩で訴えるわ」とかって言ってるほうがよっぽど「ありえへん」よね。これが彼女の本性なんですねって結論になっちゃうのはしょうがないよね。もう客観的にそうなんだから。


まぁそんな感じで非常に残念ですね。本当に悲しいね。彼女には色々と期待してたし、彼女が言う俺への愛情とかも信じたかったんだけどね、まぁこういうことだからしょうがないよね。もう俺がどうのって話でもないわけだし。


あと病院名はここでは一応伏せてるけど彼女のブログでは「行ってきました」というエントリーと共に名前も彼女自身が書いています。


あ、ただあれだよね、これがこういうことだったからといって彼女が全部嘘をついているなんてことは言ってないし、まぁそんなのそう思いたくないよね。本当に治療をしようと思っているんだろうし、実際に病院も行ってテストとかも受けてるし凄く積極的にやってるのは事実なんだよね。まぁそれも事実かどうかわからないなんて言い出したらキリがないけど、そこは本当なんだと思ってる。伯父との関係も実際分からないけど、凄くabusiveな関係性なんだったら本当に彼女は大変だろうし、そういう意味で頼れる人が俺しかいなかったってのも理解できるんだよね。まぁ本当にそうなんだったらあんな態度無いだろうとはやっぱり思うけど、彼女が病気であるのは事実で、intensiveな治療が必要が必要なのも事実なんだよね。だから昨日の時点ではこういう話になる前にちゃんとした大学病院に行って本格的な治療を受けたほうがいいって言う風に勧めてさ、んで彼女は今言ってる病院から紹介状を書いてもらってそこに通うとも言ってたしね、だからまぁその一面だけ見て全部決めちゃうのはやっぱり駄目だなとは思うのね。だからそういう意味で彼女を攻撃する意図はないんだよね。ただ事実はこうだし、やっぱりああいうところが本性なんだろうなって思うのは事実だし。でもやはりそれも含めて病気なんだということなわけだから、そこは考慮しないといけないよね。


治せるなら治せるで今でも治してほしいと思うし、彼女には治療を続けてほしいって思うのは変わらないよね。ナイーヴかもしれないけどそういうところは信じたいし、今でも信じてるよね。色々あったこと自体に関してはそりゃ良くは思わないけど凄まじい憎しみが生まれてるとかそんなことはなくてさ、まぁだからこそやっぱり俺は本当に彼女に愛情があるって思えるんだよね。なんかで読んだけど本当の愛情ってのはすぐに憎しみには変わらないっていうね、そういう意味で俺は色々な事実が分かった今でもその気持ちは変わらないわけでさ、でもそれだけじゃどうにもならなくて、彼女はそこですぐ憎しみに変わっちゃうじゃん?凄まじい攻撃性を見せるよね。それこそ訴えるみたいなことを言いだしたりさ、だからそれって愛情なのかな?って思っちゃうんだよね。俺がどんだけ愛情を持って接しててもそうなっちゃうからやっぱり誰かがどうできるような問題ではなくて、だからこそスペシャリストの治療が必要なんだとも思うしね。


あとまぁ俺は彼女に愛情は求められないよね。彼女の実際の俺に対する気持ちがそうなんだったらそれを変えてくれ!とも言えないしさ、彼女自身が他の人をそこまで愛することができないっていうのもまた障害の一つではあるんだろうけど、だとしたらまぁ本当にしょうがないよね。現状これではやっていけないというのは火を見るよりも明らかで。ただまぁね「それだったら処女ということも否定されるということだよね?」とか彼女の口から疑惑に次ぐ疑惑みたいなさ、やっぱりそういうのがどんどん出てきちゃうから信用できないってのは事実だよね。普段言っていることすらも怪しくなっちゃうのは当然だよね。で、そこで俺が「信じたい!」と思ってるのは所詮は幻想の投影にしか過ぎないわけじゃん?それは俺が望むシナリオなんであって実際そうかは分からない。砂上の楼閣だよね。そんなんじゃ崩れ去るのはどの道、時間の問題なんだよね。そのぐらいやっぱり信用とか信頼関係って重要なんだよね。俺はもうそういうナイーヴな「信じたい!」みたいなものを投影するってのが自分でも凄く嫌でさ、かといっても物凄くドライである必要もないんだけど、その辺はやっぱりはっきりしないと自分のためにもならないよね。だからそういう自分との決別ということでもあるんだと思うよね。ただそれとは別に彼女は治療を続けてほしいとも思うし、良くなってほしいとは思うよね。それは変わらないということ。