ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

僕は死にまセントリービルド。

俺の人生の中で最も充実している時期になったってぐらいデスクトップPC環境が恐ろしく自分の今のメンタリティと現実との兼ね合いの中で絶妙なバランサーになっていることは否めないわけだけどディビジョンやり過ぎ感も否めなくてプレイ時間が120時間超えてもうた(笑)


まずあれなんですよ、難民キャンプのチャレンジをソロでクリア!ってのは達成したんですよね。Historianっつーまさに俺にふさわしいマークスマンライフルのおかげで恐ろしいDPSが出た結果ですけどまぁ本当にゲームやり込んでるからなんだけどね。まぁBFで言うところのmondragonみたいな感じかな。まぁレジェンダリーっつーか黄色のユニークのハイエンドだから300RPMのダメージモデルのマークスマンライフルの威力が一割か二割ぐらい普通のよりかは高いっていう感じなんだけどまぁまず気に入ったのが見た目ですよね。んでまぁいつも迷うところではあるんですよね。ヘッドショットのダメージを大きくする代わりにRPMを我慢するのかそれともドラグノフ的に何発も撃つのかっていうね、んでまぁこのHistorianは何発も撃つタイプのマークスマンダメージモデルにありがちな胴撃ちだとアサルトとかSMG使ったほうがダメージ高いっつー問題が解消されるのよね。


ベースダメージがデカいから胴撃ちでも良くてんでも胴撃ちモデルにするんではなくてあくまでヘッドショット狙いなんだけどでもまぁ基本何発も撃つ感じだよね。結果的にまぁそれがサプレッションにもなったりするし使いこなせるようになると強いよね。でもまぁ死ぬときは死ぬ。トムクラ系(トム・クランシーね)の良いところですよね。どんだけビルドアップしても近距離でショットガン撃たれたら死ぬっていうね。あとスナイパーっつーかまぁマークスマンやってて致命的なのが対スナイパーで「よっしゃスターリングラードだ!」みたいな感じで対スナイパーやってると撃ちぬかれて死ぬっていうね(笑)敵の精度は恐ろしいですからチームでやってるとダウンになっちゃってんで結構離れた場所で狙撃してる状態でダウンすると仲間がわざわざそこまで来なきゃいけなくてかなり迷惑かかるのよね。狙撃するのはいいけどさ、死なないでよっていう感じになっちゃう。


まぁそれでも強いんだけどね。そりゃチャレンジをソロクリアしたぐらいですからチームでやる分にはだいぶ楽ですよね。んでまぁそんな感じで安定してきてぼちぼちやることもないっつーかまぁあるっつっちゃーあるけどかなり最終ビルドになったかなって思ったときに過ったのがサブキャラ作るってことですよねっていうかショットガンとSMGをメインにやるスナイパーは使わないCQBキャラを作ろうとは思ってたっつーかまぁ別にそれは装備を整えればいいだけの話で今のキャラでもできるんだけどなんかやっぱ別のキャラでやりたいじゃないですか?だからまぁそれで作ったんすよね。サブキャラを。


まぁそしたらまぁそりゃ楽っつーかさ、まずデスクトップで当初ディビジョンを始めたときはノートだったから序盤が楽っつーかまぁ操作に慣れたりやり過ぎでうまくなってるってのもあるんだけどやっぱ画面がデカいというのは大きいよね。んでまぁやろうと思ったのがシールドビルドなんだよね。っつーかハンドガン好きとしてはさ、メイン二つ持てるとサイドなんて使う機会ないんだけど余裕があるときに使うとオツだったりするじゃない?で、シールドビルドって何気にそのハンドガン使いたい!っていうガンスリンガー的欲望をかなえてくれるものだったんだよね。シールドっつーとヘイト集めてけん制する感じがあるけど元がまぁようは俺はプレイスタイルがシャープシューターだからシャープシューターが盾持って銃のアイアンサイトで敵を狙撃する感じだよね。で、これがまたいいんだわ。楽しいっつーか違うビルドでやるとミッションとかも全然違うよね。まぁそりゃボダランとかでも他のゲームでもそうなんだけどさ、まぁそんな感じで全く飽きることなくサブキャラ作りに突入した感じなんですよね。


で、まぁそれがまた予想以上にっつーかまぁ目新しいからってのもあるんだけど違うビルドでやると楽しいからまたそれでハマっちゃってさ、んで昨日サブキャラ作ったんだけど今もう最終ビルドができつつある感じで(笑)どんだけやってんだよ!って話なんだけどまぁあれなんすよ、スタッシュのアイテムが共有できるからボダランとかでみんなやってると思うけど高レベル武器をサブキャラにスタッシュ経由で渡してんでサブキャラはそれを売って常に最新のその時点での最良武器を手に入れるっていうね、金に困らないから楽ってのもあるんだけどね。


まぁそんな感じで普通にやってても普通にできちゃうから自分のレベルよりプラス4ぐらいでやるとなかなかエゲつないんだよねっていうかサイドミッションとか面倒だから一気にメインやってたんだけどぶっちゃけ良い武器を手に入れて高難易度にチャレンジするよりも貧弱な武器でレベルがあってないやつをやるのが一番エグいね。普通に瞬殺されるから一瞬ミスったらそれで終わりとか倒し損ねると敵が多く湧いちゃってもう手が付けられなくとかさ、まぁそれでもそれでやってたんだけどね。普通のプレイでは満足できない完全な変態になってる感じだけどまぁセックスもゲームも同じですよね。アドバンスドになると変態度が増すというね(笑)


まぁそんな感じでやってまぁそれでもまぁそれなりにやっぱ時間かかったけど最終ビルドにまでたどり着いてさっていうかレベル30まで言っちゃえばギアは共有できるから一気に256のを装備できるようになるからね。だからまぁ最終ビルドまでが早いんだけどまぁんで結論から言うとシールド強いんすよ(笑)シールドのmodでアサルトってのがあって盾の耐久は減るんだけど攻撃力とか武器のハンドリングの能力が全体的に二割増しぐらいになるっていうね、リロードも早くなるし威力も上がるしスタビリティも確か上がったと思うからリコイルが減るんだよね。その結果割と反動が強い一発が強いタイプのハンドガンとかを拡マガで増やしつつ常にヘッドショットを狙うっていうある意味マークスマン以上にマークスマンというかさ、まぁレインボーでも同じだもんね。盾持ちながらのヒップ撃ち乱射もあるけどハンドガンでヘッドショット狙いで狙撃するっていう近距離のマークスマン的な立ち回りもあるわけじゃん?まぁんで高反動高威力のハンドガンを打つタイミングとかリコイルとかがちょうどHistorianとかのマークスマンライフルにしては低反動のやつと感じが似てるんだよね。ようは同じリズムで撃てるから実質的に自分の慣れというかスキルというのがそのまま活かせるんだよね。


で、まぁそれに味をしめちゃってさ、んでまぁレベル差とかにもよるんだけどやっぱ硬いよね。シールドだけあって。んでなおかつ常にヘッドショットを狙えればアサルトモードのバフの効果が跳ね上がって実質的に銃のステータスで表示されるのよりかは全体的にそれを二割か三割増しぐらいにした感じになるからサイドアームしか使えない・・・ということにならないんだよね。サイドアームが実質的にプライマリーになるっていうガンスリンガーとしてはたまらない感じのプレイができるんだよね。


ドロップとか店のストックのアレにもよるからmodの拡張性が無くてあまり好きじゃないけど盾にリボルバーとかって最高にオツじゃないですか?俺が前に書いたボルトアクションの味がある感じってのと同じなんだよねっていうかまぁ西部開拓時代とかの銃の初期の感じが好きなんだよね。ローテク感というかなんというか。で、そもそもグループプレイではヘイトを集めたほうがチームに貢献できるしソロで盾やってるならサプレッサーの意味がなくはないんだけどstabilityを上げて高反動のハンドガンのリコイルを減らすとかしたほうがいいからcompensatorとかのほうがいいんだよね。あとまぁ銃の音が楽しめていいんだよね。「ジュボ」っていうサイレンサーの音もいいんだけど古き良きハンドガンの古典的な音ってのもまたオツじゃないですか?最高の人生の肴ですよね。そんな感じでシールドビルドやってたらマークスマンよりこっちのほうが気に入っちゃってさ、かといってもアサルトモードにしてると耐久は減るから撃たれ過ぎたり敵を落とせなかったりしてるとすぐシールドダメになっちゃうんだけどね。まぁそうなるとカバーに隠れてSMGをブラインド撃ちとかね、シールドならではの独特の立ち回りってのがあってそれがまた面白いんだよねー。


んでまぁそんな感じでやってて30超えて一気に256の武器を手に入れてもうデイリーミッションやっちゃおうかな?とかって思ってやったら意外といけるんですよね。まぁ元々マークスマンビルドでチャレンジやってるぐらいだからまぁ別にそこまで大変じゃないにしてもチームでやったときにどうなるのかな?とかって分からないじゃん?だかまぁなんだろう前に出てヘイトを集めてタンカー的になったほうがいいのかな?とか色々考えつつまぁ行き着いた結論としてはソロの時と同じくなるべく死なないように被弾し過ぎないようにして敵をヘッドショットして倒すっていうそれに尽きるんだよね。下手にサポートとかするよりもダウンしないことを大前提としてなるべく撃ち続けてどんどん敵の数を減らすってのが最善の方法なんだよね。あとレインボーシックスと違って盾の弱点って爆発物投げられたら終わりってところなんだけどダクソ的なローリング回避できるんだよね。盾持ってても。


まぁそんな感じで盾のポテンシャルを最大限に活かそうと思って色々と試行錯誤した結果行き着いたビルドがあってそれが「僕は死にまセントリービルド」ってことなんだけどね(笑)防具セットのやつとかも含めてシールドの耐久を最大にしつつ凄まじくアグレッシヴなハンドガンモデルにしてヘッドショット連発しまくるってのをやるとなかなかエゲつない威力になるんだよね。シールドっつーと難点はサイドアームしか使えないから火力不足に悩まされることになるってことなんだと思うんだけどむしろハンドガンこそメイン!と言わんばかりの感じなんだよね。ようは近距離で頭ばっか狙うわけですよ。しかもダメージが高いタイプのハンドガンでね。それの威力といったら・・・(笑)


もうこのビルドにメロメロなんですよね。わざわざヘッドショットをマークスマンライフルで狙うのがバカバカしくなるぐらいのダメージモデルが出来上がるんですよね。レシピは秘伝だから秘密ですけどね(笑)まぁただ「パンパンパーン!」っつーペースで撃ってヘッドショット一発10万近いっつーエゲつない感じですよ。ハンドガンでこれだからね。あーもうこれは強ビルド確定だなーと思ってレキシントン回しに参加してみたら回しまくってそうなベテラン勢に全然余裕で参加できる感じになってましたねっつってもこの時点ですでにプレイ時間100時間超えてるから短期間にしても俺はもうすでにベテランみたいな感じになってるとは思うんだけどね。


まぁそんな感じでやり過ぎでジャンキー状態なんだけどドラクエとかと同じで理論値的なものを追求しだすとなかなか終わらない感じになるっつってもドラクエより全然装備はすぐ出来上がるんだけどね。まぁとにかくハマってますね。ベテラン勢の混ざってルート稼ぎの周回プレイとかやってるとFPSの最前線にいるんだなーとかって思ったりなんかしてね。


まぁそんな感じっすね。ちょっとやり過ぎだからちゃんと調整しつつやり続けたいと思いますけどもね。


まぁそんな感じでサブキャラというよりかは結果的にメインキャラより強くなったサブキャラの画像を貼って終わりにするですよ。んじゃまたね。



あ、これ昨日撮ったやつで今は256になってますね。