ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

ルーツを探る。んでも今でしょうっていう。

だいぶ前にルーツを探る!っつってお寺行ってくるなんつって行ってなかったけどこないだ思い出してアポ取って行ってきたんだよね。そしたら廃仏毀釈だかなんだかでとりあえずいざこざがあったらしくて恐らく政府関係の連中に明治以前の過去帳が持っていかれちゃったらしくて残ってなかったんだよね。

 

明治まではさすがに分かってるっつーかまぁひいおじいちゃんぐらいだからまぁ知りたかったのはそれ以前なんだけど結局武士だったかも村上水軍だったかも分からずでノーエビデンスでフィニッシュですって感じなんだけどあとはまぁ本家の位牌とか資料とからしいんだけどまぁ諸事情により一切手が付けられない感じなんだよね。おばあちゃんから色々と伝わってるのが書かれてるのをいつか渡すとは言われてたんだけどアメリカ行ってるときに亡くなっちゃったし恐らく全く無いって状態よりかはまだ手がかりがあったはずなんだけどほぼ無いんですよね。

 

んでまぁとりあえず村上水軍について調べるべと思ってお寺行ったついでにお墓参りしてから横浜の図書館行ってきたんだけどあ、そういえばすげー高かったサングラスを色眼鏡っぽくして夜かけてても夜にグラサンかけてる人にはならないぐらいのやつがやっとレンズできたんだけど超絶的に似合わないんだよね(笑)クソ高かったのに似合わないし先祖情報ゼロだしすげーテンション下がっちゃって(笑)

 

まぁでも住職は凄い感じの良い人でさ、「今、道元にハマってて色々読んでるんです」とか言うと「あーそれだったら読破したら全部教えてください。それをパクッて法事の時に使いますから」とかって言う人でさ(笑)んでなんかね、まぁなんでそんな祖先のことについて調べてるんだと思ったんだろうけど、「過去より今でしょ!今でしょ!って誰かが言ってましたけどそれですよ!」なんて言われてさ、ようはまぁ結婚しないのー?とか妹さんも兄妹揃って結婚しないのねーみたいな感じでまぁ先祖云々もご先祖様がDVとかネグレクトとか無しに立派に子供を育て上げてきたんだから今があるわけで子孫は繁栄させなければいけない!みたいなことをまぁーようはそんなのディグってないで良い歳だからせめて彼女ぐらい作んなよーみたいな感じでさ、なんかまぁすげー接しやすい人なんだよね「道元読みながらでも彼女は作れますから」とかなかなかの名言だなと思って。

 

んでまぁお力になれずすみませんとは言われたけどウィットの溢れる会話を楽しめたりなんかして、まぁあと一人でお寺に行くとかってこともないじゃん?大体まぁ法事で家族だからまぁ良い経験だったなーと思いつつお寺からお墓までが近いんで猛暑だったけどお墓の掃除をしつつ先祖様にリスペクト捧げてこようと思ってお墓参りしてきたんだけどんでもなんかしみじみ思うとさ、まぁそこって高校とかがある場所であとまぁ江の島あたりだからカップルとかリア充っぽい人とか新鮮なJKとかがかなりいてさ、なんか確かに俺って今を生きてないよなーっていう住職の言葉がすげー心に突き刺さってたんだよね。

 

住職はなんとなく言ったのかもしれないけど今でしょ!ってのはまさにそうで特に最近の俺は過去にロマンを馳せてまぁ和歌だの古文だのルーツ探りだの武術だのもいいんだけど今の俺の生活ってどうなのよ?っつーとなんかその住職が言いたそうにしてたなんかやりたいことはちゃんとやってんの?っていうようなニュアンスが凄く突き刺さるんだよね。まぁめっちゃやってきた結果が今なんだけどんでもだからこそ今があんまり無くなって過去とかにフォーカスが行ってるんだよね。

 

まぁ過去を知ることでより現在を善く生きるという意味ではあるんだけどなんかもうちょっとアクティヴにやればいいのになとは思うよね。まぁ色々とやり尽くしちゃったってのが実際なんだけどってのはいつも書くけどさ、まぁ確かに客観的に永遠と独り身で先祖のことについて調べててリア充ひしめく中、猛暑の中一人でお墓の掃除とかまぁそれはそれでいいことなんだけどなんかもっと若いんだしなんかないわけ?ってのはあるよね。そう思ってくるとなんかさ、まぁ自分は納得してやってるしいいんだけど江ノ電のドアのガラスに写った自分の全然クソ高かったグラサンが似合ってない姿とあとママカットでサイドを切り過ぎてすんげー変な髪のバランスになってるっつーのとなんかもう超絶鬱要素満載でさ(笑)んでJKやカップルはキャッキャしてるけど俺のテンションはどん底だったわけよ(笑)

 

まぁそんな感じで江ノ電に揺られつつ江の島っつっても一人とカップルとでは全く世界が違うよなーとか思いつつこないだのFPSの話なんかも思い出しながら図書館に向かったわけなんだけどとりあえず村上水軍関係の本とあと苗字がどうのみたいな本を借りてきたんだけどなんか哲学のコーナーとか行っても全然読みたいと思わなくなってるんだよね(笑)まぁ図書館も結構通ってたから色々読んじゃったってのはあるんだけど通いだしてもあんま読みたいのがないなーっつーか気になるのは祖先のことばかりだなとか思ってさ、それにしてもまぁ節電もいいけどもっといる人への配慮してほしいよなってぐらい横浜の図書館暑いんだよね。

 

節電とインフラっていう違う次元のことをごっちゃにしちゃってるっつーかまぁ居づらくしてただ涼みに来るバカな連中を遠ざける図書館らしい高尚なバカ除けテクニックなんだろうけどそれにしても暑くてエレベーター乗る度にサングラスが超絶似あってなくて髪型も生まれてこの方これだ!ってのに決まったことがなくてなんか色々ダメだなーとか思いつつM字禿げがバレるのがいやだから床屋行きたくないんだけどさすがにちょっとスタイリッシュにしてもらおうかなーと思いつつM字禿げだからソフトモヒカンみたいにされがちで短髪って好きじゃないから床屋行ってよかった!って経験が無くてさ、だからまぁいいやっつーかサイド切り過ぎないようにして浅田彰とか古いけど湯浅弁護士みたいにちょっとボサッとしてるぐらいでちょうどいいなと思いつつサイドが伸びるのを待つ日々なんだけど全然楽しくない日々だよねっていうね(笑)

 

んでまぁさ、図書館にあった祖先を調べる方法みたいなのがあってちょっと読んだんだけどまぁ知ってたけどさかのぼれない場合は仮に武士関係だったら分限帳を調べればいいんだよねっつってもどこの藩か分からねーって思いつつまぁ帰ったら国会図書館とかのデジタルアーカイヴがあるらしいからそれをディグって見るかーと思いつつ超絶的に髪型とメガネ自体はすんげーかっこいいのに全然似合わない自分というのを全身に感じながら帰宅したわけですがね、まぁんでそっからまたちょっとストーリーがあるんだけど分限帳調べるのって結構楽しいんだよねっつーかなんかそれこそ昔にタイムスリップしたような感じでっつってもまぁ実際に藩士だったかなんてわからんしまぁ割と立派な戒名があったり墓があんまメジャーじゃなかったころに墓立ててたぐらいだからそこそこの家だったとは思うけど武士かどうかは分からないからねっつーかまぁでもそれ言い出すといつまでは武士やってたけど転職して平民になったとか庄屋になったとかっていうケースはいっぱいあるわけでそれ言い出すとずーっと武士だったってのがレアなだけで少しぐらいは武士だった可能性なんて誰にでもあるんだよね。

 

まぁでもやっぱ丸に剣片喰だしなんか武門であってほしいなっつーかそこはロマンじゃないですか?(笑)だから無性に子供のころから刀とか日本的な武器が好きだし今もそれで弓道やってるんだ!とかって勝手に思いたいよね。まぁそれはともかくだな、分限帳って全部デジタル化されてるわけじゃないからそれこそ現地の図書館とかに行かないと見れないとかそんなのも含めて膨大だと思うとまぁほぼ無理だろうなと思いつつとりあえず見れるやつは全部見ておきたいじゃん?

 

だから色々と見てたら似たような苗字の人がポンポン出てくるんだけどようは一文字違うと全然違うっつー話でくずし字だから今は自分の苗字っぽく見ても実際はもっと画数が多いやつの略字みたいなんだったりしてまぁ大体違うんだよねっていうか知り合いの書道やってる人に見てもらったのね。その見つけたいくつかプリントアウトして。そしたらまぁ9割ぐらい違いましたね(笑)ただ残りの一割がかなり自分の苗字に近いんだけどなんとも言えないっつーレベルでその書道やってる人の師匠なら分かるということで師匠に見てもらうようにお願いしたんだよね。いや、身近にそんな人がいてよかった!と思いつつ9割違うから(笑)どんどんロマンが目の前で音を立てて崩れていくのを感じましたよね。

 

まぁんでそれこそ住職が言ってたように今でしょ!ってことなんだけどさ、何がナウなんだかさっぱり分からんよね(笑)まぁ弓道も自主練規制がかかったことで逆に良かったかもしんない。よりこのつまならさとかそれこそ古語で言うところの徒然状態ってのをなんとかせねば!ってことなんだけどまぁそんなことを思いつつそんなにまぁ特にやりたいこともないんだよねーとか思いながら書いているこれはまさに現代の徒然草だなとか思ったんだけどね(笑)まさに日本的なエッセイなんじゃんねこれ(笑)

 

でも徒然って決してエレガントなもんじゃなくて本人はなんかやりたいけど退屈しまくって持て余してるって状態で辛いもんなんだよね。だから徒然待つみたいなことも例えば息子の安否を気にしながら母親が徒然待つっていうっつーのは暇を持てまあして待っているってことじゃなくて待っていることぐらいしかできなくて手に余る思いでんでもどうにもできなくてハラハラしながら待っているってことなんだよねっつーかなんか書いてて思ったけど早速古文若干やり始めてる効果が出てんじゃん!(笑)いや、これはいいね。ぜひ続けませう。

 

まぁでもさー妹に言ったんだよね。いやー昨日住職と話したんだけどお兄さんも妹さんもご結婚されないんですか?なんて言われちゃったよーなんつったらまぁ苦笑いっつーかこういうところは本当に兄妹して似てるんだよね。んでもまぁ俺のほうがまだアクティブだしすぐ好きになったりするけど妹はまさに尼か?というぐらい淡白で本人曰く全然魅力的と思える人がいないっつーかまぁ出会いがそもそもないってのは俺と同じなんだけど別に理想が高いとかではなくてまぁようは普通に合コン行ってどうのっていうタイプじゃないから全然そういう機会がないんだよねっつって結局まぁ俺も同じなわけでうちの家系はまぁ本家は別にありつつ実質的に血筋的には一番濃いんだけどこのままだと断絶ってことになるねーとか言いながらなんかこの「断絶ってことになるねー」っていう会話からすでにもう結婚する気なしでましてや子供なんて絶対作らん!という意志が感じられて血は争えないなって思いましたね(笑)いや、使い方おかしくないか?別に血筋で結婚しない血筋なわけじゃないし。

 

ただでも今は割とデフォだよね。余裕がないし余裕があっても精神的余裕がないか奪われるかで結婚の必要性ってのは結婚している側からは凄く強く主張されたりするんだけどあんま上手くいってなかったり離婚してるだとかそんなケースばっかで全然説得力無いっていうね(笑)まぁただ俺は無駄に性欲だけは凄いし変態だから性関係のことはやっていくけどね。むしろそれに特化して余暇はセックスにひたすら勤しむ!でもいいんだけど結局まぁ飽きるのが目に見えてるっつーかナンパしまくってた人がナンパに飽きて書いてる文章とか読むとまぁ実際にそうなのかは分からないけどまぁ実際にそうなんだろうなって思うよね。それに慣れちゃって何も感じなくなるっていうね。

 

そう思うとJKと付き合ってみる!みたいなのに一気に触れちゃうってのも良さそうだけど最近それで捕まってる人多いしっつってもまぁ相手がキモイ!って思わなければ別にJKと付き合ってもいいんだよね。あーそれはいいな。それにしようかな。まぁあとJKからキモイ!って言われないぐらいの体系とか外見を維持するってことですよね。まぁ実際にJKと付き合うかはともかくとしてそこそこ年齢いっててそれでも恋愛しようと思うならそんぐらい最低限やってないとスタート地点にすら立てないってことだよね。まぁとりあえず近々誰かと付き合うってことを宣言したほうがよさそうだね。なんか本当に締まりのない生活してるからね。嫌らしい意味ではなくて(笑)

 

なんか話の落としどころがない感じだけどそんな感じっすね。それにしても徒然スタイルって徒然なるままにみたいに達観してると無理でなんかやりたい!とか実際はJKとセックスしまくりたい!みたいな欲望が無いと徒然にならないんだよね。ようは持て余せないわけだから。達観しててただ暇だったらそりゃただ暇ってことだよね。なんかやりてぇ!でもなにやっていいかわかんねぇー!っつー状態が徒然でしょ。

 

あーなんかでもマジでつまんねーおっさんにだけはなりたくないわ。マジで。変に落ち着きたくないわ。そういう意味でプリミティブさという意味では本当に子供のままでいたいよね。まぁそれでいいんだよね。落ち着きって逃げだからね。歳取ってきて衝動性とかが無くなってきてつまらなくなってくるのを大人の落ち着きみたいなところに落として誤魔化すっていうそれを成熟とするなら未熟こそが道でしょう。実際になんかを異様に追及してる人なんてガキ臭いところいっぱいあるわけだからね。落ち着いてたらそんなのできないっつーかね、それでいいんじゃないですかね。

 

なんか大風呂敷広げ過ぎたなー。JKと付き合うかー(笑)まぁでもいいんじゃないの本当に。勝手に自分で規定しているようなリミットをどんどん外していくっていう作業でしょ。そこをアウトローとかバランス崩すとヤバいっていうすんげーそういうエッジーなところでやっていくってことだよね。落ち着くっつーことがなんか大人だとされててもまぁそんなのマジでつまんないよ。実際につまんないやつ多いでしょ。だからまぁちょっと厄介なやつでもエッジーなほうがいいのよ。んでまぁそういうんで組織だとか集団でうまくいかなくてもそれだったらやめりゃーいいわけだし自分を殺す必要ないよね。結果的にそっちのほうがうまくいく世の中になりつつあるよね今は。アベレージなんて求めてないわけだから。

 

まぁそんな感じで今日はこの辺で。