ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

弓を引こうとしないこと。

弓道なんだけどやっぱつまんねー日々を過ごしてる中で道場で色々習ってる時間が一番楽しいね。何しろ毎回発見があって本読みながら自分で色々やるっていうレベルでは出来ないことを教えてもらったりするとやっぱ独学は無理だなこりゃって改めて思うし道場通い初めて良かったなって思うよね。何しろなんつーのかな、弓を引くっつー直感からかけ離れたような感覚ってのがあるんだよね。弓を引こうとする感覚があると無理なことってのがあってまぁ教わった奥義みたいなことをここで書こうとは思わないけど(笑)

 

結局今俺が今なかなか前に進めないのって一人でやったりしてたときについた離れの癖なんだよね。ようはバチーン!って感じでドラマティックに力入れて引いちゃうっていうさ、まぁそういう流派もあるんだけど今やってる流派だとそうじゃなくて本当にただ離すだけなんだよね。

 

今日すげー関心したのが先生が言ってた引こうとしてはダメで弦が無いぐらいの気持ちで普通に軽く離すだけっていうことなんだけどね、んでもまぁ俺はついつい離れの時に後ろに引いちゃうっつー癖があってまぁこれって別に一般的な癖としてあるものなんだけどやっぱまぁ話すときに後ろに手をやろうとすると後ろに引いちゃうよね。

 

これが致命的にダメでこういうことをやってると矢が変なところに飛んじゃうらしいんだけどなるほどなって思ってさ、まぁもう変な癖つけないためになるべく自重するけどアーチェリー場で全然真っすぐ飛ばない理由って色々あるんだけどやっぱこの離れが相当デカいなって思ったんだよね。力入れて引いちゃうからその時に矢が変な方向にいったりとにかく真っすぐ飛ばないんだよね。んでもある程度引くときに手に力が入っちゃうでしょうっていうそこを力を入れないってのががなかなか技術がいるところなんだけどんでも奥深くて楽しいんだよね。

 

こうでこうやりますっつってはいできましたじゃなくて認識的な気づきが必要なことで特にこの今日の先生の弦が無いぐらいの気持ちでやるってのがすげー響いたんだよね。なんか昔の武芸の話とかに出てくる先生と弟子みたいな感じなんだけどさ、いや、そこで言われたのが徒手でやりましょうっていうことでようは弓無しでエア弓でやるってことなんだけどそれでやってみてっつってまぁその言われた通りの引くというよりかは自然と離すだけというようなことをやったら先生が「それです!」っつーわけよ。凄くない?これ。

 

ようは弓があるっていうことと俺が色々とやってきた癖もあってついつい力を入れたり自然と話すということができなくなっちゃってるんだよね。でも直感的に弓を引くっつーとそうだろうってことになるんだけどそこが違うんだよね。ただ離すだけなんだよね。まぁそれが難しいんだけどでもそれができたほうが精度も高まるし威力も高まるんだよね。

 

なんかそこがすげー好きな要素だよね。すんげー力をつけて力いっぱい引く!とかじゃなくてまぁある程度強い弓引くなら力も必要だけど技術的なところを言うとむしろ力を抜くというところでんでそれのほうが威力が出るって凄いよね。「引こうと思わないこと」ってなんか道元みたいな哲学みたいだけどそれが禅的な教えから来てるっつーよりかは純粋に弓を引く技術としてそれを必要とされるっていうさ、なんかあれですよね、スナイパーとかの周りと一体化しろ、自分を人間だと思うなみたいなさ、そこにトリガーを引く人間はいなくてただ弾は飛んでいくだけなんだみたいな禅的な感じってのがあるじゃん?それが禅とかをベースにそうなってるっつーよりかは必然的にスナイパーにしても弓にしても引くときにそのぐらいの心境じゃないといけないのと力もそのぐらい抜けてないといけないっていうことなんだよね。

 

それが弓とスナイパーっつ異なるジャンルでも射という意味では同じで一致しているところが多くあるってのがなかなかの胸熱なんですよね。そういうときって純粋に「すげー!」って感動するよね。んだからまぁ先生から言われたのは家で練習するなら弓を持たないでただ離すだけっていう練習を何百回もしてくださいってことだったんだよね。弓っつーととにかく引かなきゃいけないっつー勝手な先入観があったけどやっぱ型ってこういうところなんだよね。

 

こういうのが完全にできるようになって初めて自主練が出来るっつーかまぁそれでも自主練やらないほうがいいっつー意見もあるから微妙だし一人で弓を引くことのリスクってやっぱあるからさ、特にまぁあれだよね、集中力が途切れてきて体力的にも疲れてきたときにんでも矢数かけようと思って雑になりがちなんだけどそういう雑になったときに何回も引いた弓ってのが型に悪い影響を及ぼすんだよね。

 

んだから仮に自主練やるならすんげー気を付けないといけないんだよね。そんだけ型を崩しちゃいけないってことなんだよね。なんかその型の深みを知る度に自分の浅はかさを凄く反省するっていうかさ、とにかく引きたい!っていう衝動は分かるけど出来てない型で矢数かけても体育とか筋トレにはなってもためになる弓の稽古はできないんだよね。だからそれは時間かけるならそれこそ先生が言ってた徒手練習だよね。

 

引こうとしないことっていうのを体に覚えさせて頭もそれをデフォにするっていうことだよね。まぁただぶっちゃけこれは元々自分でやってて癖がついてようがいまいが簡単に見えてすんげー難しいことなんだけどね。だからまぁ俺が癖がついてるからできなくなってるっつーよりかはやろうとしてることがすげー高度ってことなんだよね。まぁそんなのを教われるってのもまぁ本当に今の道場に行ってよかったなって思ってますね。完全に断言できるね。文字でそれが語り尽くされてても独学じゃ絶対無理!ってことね。

 

あとまぁ本当に急がば回れだよね。引きたい!っつーのは分かるけど引くまでに至るまでの型をある程度完成させるっていうプロセスが大事なんであってそれを一個一個精密機器を組み立てるかの如くやっていくっていうことなんだよね。んで一個一個の組み立てをめちゃめちゃ丁寧にやるということね。まぁ道場によってはいきなり的前に立たせるところもあるらしいけど今の俺の実感としてはやっぱすんげー地味で辛くもあるんだけどやっぱ型を完成させてからなんだよね。射は。

 

んでまぁ筋トレ的なことはゴム弓をすんげー短く詰めて切れない程度にして限界まで引き続けるってのをちゃんと型通りの体の入れ方でやればなんとかなるからまぁようは射をすることで稽古になるみたいな段階ってのは相当先ってことなんだよね。んでもまぁ筋トレは重要だからゴム弓を詰めるってのはアリなんですよね。まぁこれは毎日やってますね。おかげですんげー筋肉ついたよ。マジで。

 

まぁでも20キロの弓を型通りに正しく引くってのはやっぱすげー大変なことでさ、んまぁでも15キロならなんとかなりそうだからそんなに遠い話でもないんだけどまぁでもとにかくやり甲斐ありますねっていうそれに尽きるわ。

 

そんな感じで今日はこの辺で。