ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

躁鬱奇想天外さんへの返信。

躁鬱奇想天外

 

いい歳して初めて好きになった彼女にふられて失恋をしてしまいました。彼女とはネットで知り合ったのですがいまだにネットストーカーをしてしまいます。失恋がこんなにもつらいものだったとは。

 

耳セミさんは失恋したことってあるんですか?掘り返すようです悪いのですがこの彼女と別れたときは別に引きずってる様子もないので、耳セミさんはお強いなーと思ってしまいました。

 

失恋をどう乗り越えたらいいのか、というか、今一度耳セミさんの恋愛論を聞きたいなと思ってコメントしてしまいました。お願いします。

 

書き込みありがとうございますっつーかだいぶお久しぶりですね。

 

さて、矢継ぎ早に本題なんですが、僕の場合は特殊でしたので失恋ではありませんでした。なので引きずるものはなにもなかったんです。なのでそれは強さとはちょっと違います。

 

そういう意味で僕は本当に心の底から好きになった人と恋愛をしたという経験が無いんですよね。もちろんそれ自体が無いので失恋も経験したことがありません。

 

ただ本当に人を好きになったことはあります。昔のログをディグればあると思いますが、最初にマンハッタンに引っ越した時に通っていた英語学校での同級生のポーランド人の子です。んでその後はもはやもう懐かしいんですがリア2000と僕が勝手に呼んでいたアメリカ人の女の子なんですが、zooey deschanelをもっと若くして可愛くしたような最終兵器みたいな子でした。

 

今思えば本当に勿体なかったなって思うんですけど当時はガチで恋愛より哲学だ!って思ってたんでそういう関係には至らなかったんですよね。

 

なのでまぁぶっちゃけ失恋経験が無いので経験上からのアドバイスはできないんですが、それでもせっかく質問していただいているので答えますと、それはずばり自分を磨くということに尽きると思います。といっても失恋って色々あってシンプルに振られたとか好きだったけど彼氏が居たとか二股なり三股されてたとかまぁ本当にそれ以上に色々とあると思いますが、そこで普遍的に自分を磨くということに結びつく理由は明白でとにかく男としての賞味期限を切らさないということですよね。

 

死ぬほどイケてる男を目指すわけです。でもそれは外見だけではなく身体的にもそうですし内面的にもそうですよね。あとまぁモテようとするためにモテそうな趣味をやるとかじゃなくてあまりにダメ過ぎるこんなの女子から見てゴミみたいなやつだろうなって思われるような趣味ばかりが趣味だったらそういうのを見直すとかもちろん躁鬱奇想天外さんがそういう低俗な趣味をお持ちということではなくて自分を見直すっていうことですよね。

 

んで何がダメだったんだろう?とかこういうのが足りなかったのかな?とか色々と考えて少なくとも自分でなんとかできる範囲のことは今後の恋愛のために取り組み続けるという感じですよね。絶対改善できるところはあるはずなんですよね。もちろんそれを改善したところで次の恋愛が成就するかはわかりませんが少なくとも自分磨きと男磨きを常に意識していれば次の恋愛に移れる可能性は高まりますよね。恋愛なんてどうでもいいやとか全然女子意識しなくなると男なんて30過ぎたらどんどん劣化していくだけなので、常にムラムラしてて恋愛に飢えているみたいなテストステロン満載な雰囲気を出すってのは大事ですよね。

 

まぁようはそういった自分が次のステップに行く契機だと考えて次の恋愛にシフトしていく準備をするということですね。で、それは渇望すれば絶対にいつかは得られるもんなんですよね。そういう先にある完璧に成就する恋愛へ一歩近づいたと考えて前に進むことが大事だと思いますね。ただもちろんそんなに簡単にすぐマインドをシフトすることはできないと思うので数か月ぐらいは後を引いててもしょうがないと思います。でもそこは時が解決してくれると思うんですよね。

 

あとまぁネットストーカーみたいなことをしているということですが、そういうことをしているとモテオーラがガンガン無くなっていくのですぐやめましょう(笑)そういうことをしている時間をもっと次に繋げられるようなことに費やしたほうがいいですよね。確固たる自分があって恋愛的にも自信がある自分というのがあると余裕が生まれてくると思うんですよね。

 

ずーっと未練を抱いちゃうのは自己評価が低いということでもあると思うんですね。だからまぁ変な言い方になりますけど「こんな良い男を振るなんて馬鹿な女だ」ぐらいに思えるぐらいの実力が必要だと思いますね。そういうのがあるとモテオーラって勝手に出てくるんで終わった恋愛に固執しなくてもどんどん次の機会はあるよなって思えてくるはずなんですよね。

 

逆に女性から見るとそのぐらいの余裕がある男性じゃないと魅力的だと思わないんですよね。だからまぁ本当にさっきも書いたように自分磨きと男磨きの契機を得られたんだ!とオプティミスティックに能動的に次の恋愛に進むということが一番だと思います。あとまぁ恋愛に何かを求めてはダメですよね。

 

その子と恋愛できれば最高なのにそうじゃないと人生クソみたいだってことになってしまうとそれもまた女性から魅力的に思われない理由でリア充とまではいかないまでも自分の生活とか生き方を確立していて別に恋愛なんてしなくても色々充実しているぐらいの人じゃないとこれまた女性に見向きもされないので、自分のリアルの再検討という意味でも失恋はそういう契機があると思います。で、別にそれって外見とか関係ないんですよね。相当不細工なら別なんですけどフツメンぐらいならそういういろんなことを実践できてれば自動的にモテると思います。

 

だからそういう男というのはネットストーカーなどはしないので、だからとにかくイケてる男を目指せ!っていうそれに尽きると思いますね。それは僕も躁鬱奇想天外さんも同じですね。僕がすでにイケている人間なのではなくお互い切磋琢磨してきましょう!ということが言いたいんです。どの道イケてない要素があると仮に恋愛が進んでもそういうダメなところで愛想をつかされて結局はダメになるということなので自分の中のダメ要素を徹底的に見直して磨きをかけるっていうそこだと思います。

 

なんで僕がそこまで言えるのか?というと自分の場合、恋愛ではなく一般的な意味で挫折したり嫌なことがあったり底なしの鬱に陥ったりすると常にこういったものを自分磨きの契機と考えてステップアップしてきたからなんですね。そのおかげでどんどんレベルアップできたので嫌な事とか辛いことというのは見方を変えればレベルアップのチャンスということなんですよね。恋愛が人を成長させるとかって言われるのもそういうことなんだと思います。なのでそういうことを実践していきながら場数を踏んでいけばいいんだと思うんですよね。

 

まぁあくまで一般論的な話ばかりになりましたがこんな感じですね。まぁここでは書けないようなドメスティック過ぎることとかでも相談があるなら気楽にメールしてください。