ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/Rockstaによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

生存のために欲望するということ。

アサシンクリードのオリジンって神ゲー確定っすな。というかめちゃめちゃ弓ゲーで弓好きとしてはたまらん感じだわ。まぁ別にそれはビルド次第で近接特化にすれば近接も強いんだろうけどね。んでまぁ笏がお気に入りなんだけどまぁ言わずもがなのハイパーリアルなわけですよ。リアルで弓も引くし感覚も分かるっつーのと同じで今ちょうど棒術やってるから棒の感覚もすげー分かるっていうね、感情移入しやすいってやつですかね。

 

まぁあんま書くことないんだけどさって最近の口癖になってるけどずいぶんとまぁ凄まじい猟奇殺人が発生したもんだなって思ったんだけど言い方悪いんだけどさ、別に殺された人たちというよりかは全般なんつーか平和ボケし過ぎてて危機管理能力とか察知する能力が凄く鈍いと思うんだよね。だから海外行くとスラれたり強盗にあったりとかさ、まぁ別にニューヨークをデフォにするつもりはないけど基本的にヤバいやつがいるっつー感じだから歩くときに気を付けるよね。常に気を張ってるっつーかさ、まぁそれも慣れるとそれが当たり前になるんだけどあとまぁ全米ライフル協会はともかくとしてやっぱ自分の身は自分で守るっていう感覚があるから別にみんな護身術やってるわけじゃないけど護身の感覚ってのが当たり前にあるんだよね。

 

銃あること自体が問題なのは明らかなんだけどやっぱり自己防衛を主張する側の意見ってやっぱり言えてるところはあってなんだかんだで銃あるから銃が必要になっちゃうっていうさ、前に書いたけどあっちのゴミカレでの英語の先生のお父さんが地下に射撃場とかがあるような家に住んでるんだけどすんげーヤバいことがあってそれってのが危なそうなホームレス風の男がフラフラしながらそのお父さんに近づいてきて懐に手を入れたんだよね。んでそのお父さんは普段からリボルバーを携帯してるっつーリアルカウボーイなんでクイックドローだったか分からないけど普段の訓練通りの射撃をやって相手は死んだんだけどんで手元見たら銃があったっつーまぁそこで反応してなかったら撃ち殺されてたっていうね、その話以来、銃規制がどうのっつー話以前にヤバいやつがいるから護身は当たり前だよねって考えになってまぁそのお父さんの娘である先生も常に銃を持ち歩くようになったらしいんだよね。

 

まぁクイーンズとかって夜中とかに銃声鳴ったりするから結構慣れちゃうんだけど(笑)日本は平和なのはいいんだけどさ、でもこのいざというときのヤバいときの対処ってぶっちゃけアメリカ人ですらもね、別に銃社会だなんつって強盗にあったりする確率とかは日本よりかは明らかに高いけどだいぶニューヨークなんかも治安良くなってるから使う機会なんてないんだよね。ないからこそそれで幸せなんだけどんでもそれと護身の必要性って別だよね。無いとは限らないから別に持ってる分にはそもそも自分の身を守るって意味でプリミティブな権利があるじゃん?犯罪に使われるからって言い出したらなんでも犯罪に使えるわけでさ、色々と最近その武器の携帯とかについて調べてるんだけど懐中電灯も武器になるからなんつって捕まった人がいたらしいんだよね。いや、それ言い出したらなんでも武器になるだろうというね(笑)

 

そういえばお墓参り行けてないんだけど仮に俺一人で行ったときに掃除用具の鎌とかハサミとか持ってたらアウトなのか?ってことだよね。墓参りに行って雑草を掃除するためっつー正当な理由はあるけど別にそんなもんいくらでもメイクアップできるわけでさ、すげー曖昧だよね。正当な理由って何なの?って話だもんね。武器になるからっつー理由だと色々最近調べてるマーシャルアーツ関係なんかでも護身術なんかでもそうだけど普段武器じゃないものを武器として使うっつー術もあるわけでそんなの使い道なんだよね。

 

その人がそれこそ特殊部隊の人だったりすればなんでも武器になるわけだからね。それってまぁようは使用者のスキルに依存するってことじゃんね?格闘家の素手は武器扱いになるみたいな都市伝説も実際はデマっつーかただの倫理観の伝達のために使われてるもので当たり前なんだけど格闘技使える人の素手は凶器になるみたいな法律は無いんだよね。もちろんそれが過剰防衛になるかどうか?ってのはやっぱバックグラウンドチェックで格闘技やってる人間が技を使いまくって正当防衛でも過剰防衛になるってことはあるとは思うけどんでもケガの具合なんて恣意的っつーか逆に格闘技とか経験ない人でも思いっきり突飛ばしたら壁に頭打ち付けちゃって死なせちゃったとかさ、そんなのいくらでもあるよね。

 

なんつーのかな、そりゃ別に基本大丈夫なんだけど大丈夫って思わなさすぎるに越したことないんだよね。そこは逆に一旦海外とかで長く住んだ人は日本にいたときよりも財布をスラれないようにする厳重な感覚とか身の安全を確保するっていう感覚が強くなってんでおそらく相当平和ボケしない限りそれはずーっと人生通してその感覚は得たままだと思うんだけどこれって良いことだよね。それだけ警戒するってことだからね。まぁヤラせだけどさ、いきなりAVの話になるけど泥酔した女の子を介抱するふりをして犯しちゃいます!みたいな企画モノとかあるけど今はどうか分からんけど実際に結構昔いたもんね。泥酔女子(笑)あれは逆にレイプされてもしょうがないだろうっていうようなダラしなさっていうかパブリックな場で無防備過ぎるってのもどうかと思うんだよね。別にまぁ猟奇殺人犯が自分を殺そうとしてるかどうか?なんて分からないわけだけどなんかヤバそうなやつだなっていう信用しきらない感じとかってまぁ野生の感覚っつーとなんか中二病っぽいけど(笑)そいつがサイコかもしれないって確率は常にあるんだよね。

 

それはまぁその殺しとかはしないタイプのサイコパスなんつったら結構な数でいるわけじゃん?でも見た目じゃ分からないからね。だから信用し過ぎてはダメ!ってことが鉄則になるわけだよね。まぁその善良な市民のふりをしてるやつがどんなに多いことか!って前にも書いたけど、ある意味、警戒っつー感覚があれば防げることってあるんだよね。実際まぁサイコなやつの見分け方みたいな本とか出てるしああいうのもようは護身術だよね。

 

んでもんでまぁいくらね、ヤラれそうな格好をしてるとかっていう落ち度があるにしてもやっぱ明らかに力では男の方が勝るわけで女性なんか特に護身の感覚が必要だよね。下手にそういうのを習って使おうとしないで逃げるのが一番って言う人いるけど逃げるのが良いってのはそりゃどんなジャンルでも言われてるわけよ。んでも問題は逃げれないわけでしょ?近づき過ぎてるとかちょっとでも転ばせたり距離を作れれば逃げられるかもしれないっていうところを術を利用してやるんであってノックアウトさせるわけじゃないんだよね。

 

相手を殺傷しないレベルでの護身なんてそんなのあって当たり前だよね。どんだけ平和だろうが言われてるほどそんな刃物を振り回すやつに出くわす機会はないけどでも振り回してるやつに狙われたときにナイフを叩き落としたりできなくてもその時にそういう動きができるかどうかはともかくとして何らかの術による回避の方法を知ってれば助かるって場合もあるわけよね。仮にまぁ格闘技経験者とかが後ろからとかじゃなくて正面から襲われそうになったら足さばきで回避できる確率は素人に比べたら跳ね上がるよね。それは武術で回避するっていうことをやってるからナイフ攻撃の回避っていうのを具体的にやってなくても応用可能だったりするわけじゃん?だったらそんなの知っておくに越したことないんだよね。

 

勇ましくナイフを奪ってテイクダウンする!みたいなヒロイズムを発揮しなくてもただ回避して逃げるだけでもなかなか大変だったりするわけだしさ、あとなんつーのかな?危険察知って意味で怪しい間合いとかってあるじゃん?これはまぁまさにニューヨークにいたときに身についた感覚なんだけど今でもまぁ元々嫌だからってのもあるんだけど満員電車とかはともかくとして人が後ろに立ってるってのがすげー嫌なんだよね。別に危ない場所じゃなくてもそれって無防備過ぎるからね。

 

で、そういう感覚があると完全に後ろ立たれてるなってのは分かるわけじゃん?感覚が無いとそもそも人がどういう感じでどういう風にいるのか?っていう感覚すらも鈍いというかさ、そういう意味でまぁ別に海外でも無防備な人を殺す猟奇殺人ってのはあるにしても普通に銃持ってるとか護身グッズ持ってるから返り討ちにあう可能性も無いことはないんだよね。

 

やっぱリアルにニューヨークいたときもどこどこのクイーンズの駅でレイプ事件があったらしいとかさ、あとまぁ普段使ってる駅前のバンカメのATM使おうと思ったらバールで破壊されてるとか(笑)そういうのが当たり前だと自ずと護身っつー感覚が生まれるんだよね。でも別にそれは術じゃなくて気を付けるっていうことだよね。無防備にならないっていうことだよね。まぁもちろん学校内で乱射とかされたらどうしようもないわけなんだけど少なくとも外では気をつけられるっつーかさ、気を付けるのが当たり前であってほしいって思うよね。気をつけなくても大丈夫なぐらい平和なのはありがたいことなんだけど治安が良い地域とかね、諸外国とかだったらぶっちゃけそんな護身術使う機会なんて障害にないわけよね。

 

俺も襲われそうになったことはあったけど襲われたことは無かったし襲われそうになったっつーのは狙われそうになったってことなんだけどあの時のことを思い出しててもそこで仮に自分が今ぐらいマーシャルアーツを研究してたり練習しててんでまぁ仮に警棒をバッグに忍ばせて置いたらだいぶ気分は違うよなっていうかそりゃデフォはそりゃ逃げるんだけど何にもないってやっぱ怖いですよね。同じ逃げるでも意味が違ってくるっつーかさ、そこでよく言われるように護身術とかを研究してたりグッズを持ってるから迎え撃ってやろうみたいに思うのは最悪なんだよね。

 

そりゃもう基本逃げることだよね。んでも護身って最悪の場合じゃないですか?もう完全に襲われてしまった!っていうときに使うもんなんであってそういう意味で別に気を付けていれば使う機会は無いしね、俺も襲われそうになったときはヤバい時間帯にヤバい場所にいたからってのもあったしそういうの気をつければ大体まぁ大丈夫なわけでしょう。

 

だからそういう意味で日本は護身具とか護身術なんて身につけなくても大丈夫!って言いきれないっていうところはもうそれこそ刃物振り回す奴に遭遇する確率って確率論的にはだいぶ違ってもまぁまず滅多にはないだろうっていうことでアメリカで銃乱射に遭遇する確率もそんなには高くないでしょう。でもゼロではないんだよね。日本だってキチガイが刃物を振り回すってことはあるわけだしさ、そこでの最低限の身を守る方法ぐらい知っておいて全然いいと思うんだよね。

 

それを使えるから安心!ってことじゃなくて咄嗟の時に動きを思い出して回避できるかもしれないっていうことだけを考えたらそんなもん身につけてるに越したことないっつーかさ、結局後まぁなんか絡まれそうになったときとかでもよく本にも書いてあるけど昔だと懐にドスを入れててそのドスの抜き差しの「カチン!」ってことで威嚇するみたいなね、その音を出すためのドスだったなんて話もあるぐらいでようはそういう状況になったときに抑止力として使えるわけだよね。「こやつ!できる!」とかってハッタリでも思わせることが出来れば相手は襲うのをやめるかもしれないしカツアゲしようとも思わなくなるかもしれないよね。

 

んでもぶっちゃけ日本で売られてる使える!護身術!みたいなのって相当な体捌きを必要とするもんばっかでこんなの格闘技経験者しかできねーだろ!ってのが載ってたりするんだけど(笑)逆説的にガチなやつの場合、ガチであるが故にかっこよさもないしマーシャルアーツっぽさも無いんだけど実践的でシンプルで本当に体とか身体の原理を利用したものばっかでさ、やっぱここですよね。すげー訓練を必要とするような動きなんじゃなくてただ知識なんだっていうね、こうなると力は出なくなるとか逆に最大限に力を発揮できるとかね、体はこういう風には動かないっていうことだったりさ、まぁ本当にいつも書くように科学なんだよね。映画映えするようなかっこいいもんじゃなくて使えるものということだよね。

 

まぁただ自分もそのガチの護身感覚ってニューヨークに住んでて身についたからなんとも言えないんだけどさ、ただまぁバックパッカーとか色々と旅行に行く若者とかさ、たまにっつーかどんぐらいの頻度か分からないけど行方不明になったりその危機管理能力どうなの?っていうようなそりゃ無残だけど本人にも落ち度あるだろうっていうようなヤバいところでヤバいタクシーに乗っちゃったとかさ、こういう丸腰感覚がダメなんだよね。銃でもありゃ別だが・・・って地域を普通に歩いちゃったりとか普通に歩ける感覚もヤバいんだよね。明らかの場のヤバさってのがあるわけでそういうのを感じ取れないってのも本当に平和ボケしてると思うんだよね。

 

逆にこういうのって今だからこそ余計に加速すると思うんだよね。一昔前なら日本にもヤバい地区はあったしその辺で喧嘩してるみたいなのがデフォの場所とかがあったりして恐らく俺ぐらいの世代から下ぐらいからが一気に浄化が進み過ぎて平和になり過ぎてるって時代になって育った連中はそういうヤバい感覚すらも分からないっつーぐらい平和な環境で育ち過ぎてるってのはあるよね。俺ぐらいだと俺が小学生の頃とかの場合、例えば学校でディズニーランド行きましたっつって帰りに乗り換えで新宿駅を歩きますっつって先生が引率しててもホームレスが永遠に誰かと喋ってたり叫んでたりするみたいな場面に遭遇してたんだよね。もう明らかに怖いじゃん?ましてや子供なんだからさ。

 

でも今はそんなのないんだろうなってのを最近改めて思うんだよね。こないだ渋谷でステーキ食べたって書いたけど久々に宇田川町界隈に行ったけど危なそうな人全然いないし90年代の渋谷ってなんかかなりニューヨークのストリートっぽい感じがあってまぁそういう場所にレコード掘るために通わざるを得なかったっていう経験が度胸がつくきっかけになったってのはいつも書いてるけどさ、んでも逆に今育ってたらああいう誰かが必ず襲ってくるレベルではないけどエアマックス狩りとかレアレコード狩りとかさ、あとまぁブランドもののアウターとかをそのままはぎ取るみたいなのとかあとまぁおやじ狩りとかカラーギャングとか色々あったじゃん?無いのはいいことなんだけど無いがゆえに危機管理とかヤバい感覚ってのが全く分からないで育つんだろうなって思うとそれはそれでどうなのかな?って思うんだよね。

 

それが当たり前だったら分からないから変な国に行って変なタクシーにも乗っちゃうだろうなって思うしヤバい人と接する機会が無いってのはそういうヤバいヴァイヴスを感じ取る機会もないってことだもんね。あ、新宿で思い出したけどさ、あれは2000年移行だから俺の昔話にしてはだいぶ最近の昔話だけど新宿のタワレコってだいぶ上の方に現代音楽とかがあってまぁ渋谷店とは違う独特の品ぞろえであとまぁ音響系なんかが特に渋谷とは違っててさ、そのためだけに新宿のタワレコに通ってた時もあったんだけど当時は明らかなヤクザとすれ違う場合が多かったし一番やべーなって思ったのが今思えばただの頭のおかしい人だったかもしれないけどタワレコのその現代音楽とかあと他にはワールドミュージックとかかな、そういうのを扱ってるフロアで一見堅気っぽく見える人が「だーかーらーさー、そんなのすぐやっちゃえばいいんだよー。それが一番はやいってー」とか永遠やるやるっつっててまぁそういうフリをして周りを驚かせるただのアホだったかもしれないけど明らかに電話の内容が堅気じゃなくて(笑)

 

そりゃ相手が何を言ってるか分からないんだけどそいつの話だけ聞いててもあっきらかにヤバいんだよね。でもまぁ新宿だしーみたいな、まぁそういうエンカウンター率は高かったよね。別に自分が巻き込まれるとかじゃなくて異世界のヴァイヴスを放ってるやつとかに遭遇する場面ってのが多かったよね。

 

あとまぁ知り合いがレギュラーでDJやってるっつー六本木のクラブに招待されたときもそのクラブのケツモチが明らかにヤクザでさ、んで「あーT君の知り合いなんだーへぇー!メアド交換しない?」とかってまぁそのレギュラーでやってたT君の仲間っていう扱いを受けて歳はそんなに違わないんだけどやっぱ明らかに堅気じゃないんだよね。んで職業なんなの?って聞くとピンサロ経営なんつっててあーやっぱ完全に筋モンだなーって分かったんだけどそこで俺が何を思ったかカマかけて君は何やってるの?って聞かれたから「俺は調査員だよ」っつったらすげービビっててさ(笑)

 

なんでそんなヤバいカマかけをしようと思ったのか分からないんだけどただイキってるやつだったかもしれないわけでガチなのあなた?って意味でそう答えたらそいつがササーッと去っていってVシネマとかに出てくるような巨漢のヤクザの兄さんを連れてきて俺を指さして「あいつ調査員とかって言ってるんですよー」みたいなことを言っててさ、んで「あーガチか。絡まれるかな」って思ったけどそもそもクラブ経営してるようなところだから「なんだてめー!」って来ないよね。だからまぁ大丈夫だろみたいな感じでスルーされたんだけどさ、んでそのピンサロ経営のやつは「さっき調査員って言ってたけどさーなんの調査員なのー?」なんて半分ビビった感じで聞いてきて「それは内緒だよー!」とかって答えたりしてたんだけど(笑)

 

まぁちなみにT君はバリバリのスモーカーだったからそういうクラブのケツモチつながりでいくらでも手に入ったんだろうなーとか思ってさ、まぁ家にコポコポあるぐらいのスモーカーだからね(笑)

 

俺ぐらいのストリートレベルなんて言えない温室育ちですらもクラブとか渋谷とか新宿っつースポットに出入りするようになるとそういうのに遭遇するのが割と当たり前だったってことだよね。六本木のクラブとかもDJの先輩というか先生みたいな人がいて一時期客が入ってないときとかずーっとタダで入れたんだけどまだ未成年だったんだけどそれでまぁ夜の六本木とかってなかなかの経験だよね(笑)まぁちなみにUFO大好きだったから頑張って緊張しながら青山のBlueにはよくってほどじゃないけど言ってたけどまぁあれもすげー絵にかいたような大人の世界でガキはほぼ俺だけでどうやってIDパスしてたんだか忘れたけどなんかそういう方法とかもあったんだよね(笑)だから主にクラブとかに行ってたのが未成年ぐらいまでで成人してからより音響系とかに行くようになったのもあってクラブとか行かなくなったんだけどでも今思うとすげー良い経験だったな!って思うんだよね。今の街を見ててマジで思うんだよね。あまりにフラット過ぎてあんな経験絶対できないだろうっていうぐらいフラットだもんね。

 

それでも俺世代でもそういうクラブとかに行ってない場合、そういう感じのと接する機会は少ない人もいるから必ずしも俺の世代がそういうのを経験しやすかった最後の世代だったなんてことは言えないんだけどただ急激にクリーン化が進んでガンガンクラブとか潰れてたのって俺がアメリカに行く前ぐらいだからさ、だから本当にあれがラストだったんだなって思うんだよね。あとまぁガラ悪そうなクラブだとトイレでヤッてるやつがいたり(笑)

 

明らかにキマッてる人が多かったしダメ絶対!なんてのは建前でクラブカルチャーにドラッグカルチャーなんてあって当たり前っていう感じで今思えばそれは生のクラブで良かったんだなって思うんだよね。ナンパする肉市場みたいになってるみたいなこともあったけどぶっちゃけ今思えば男子が草食化するよりよっぽどそっちのほうが良かったしさ、あとまぁナンパしてる人とかその現場に出くわすとかも多かったもんね。

 

男子の草食化が進んでるっつーのもやっぱこういう環境の変化は相当大きいと思うんだよね。昔だったら俺みたいなヒョロヒョロの文科系でもストリートカルチャーみたいなのに触発されて若干ワイルドになっていくとかさ、それってやっぱ人なり街ってものに影響されてるわけだよね。あとまぁそういうクラブの悪い面でのバッドな雰囲気とかね、で、今はそういうのは浄化されてあるところにはあるんだろうけどまぁほぼないだろうみたいなところで仮に今俺がそういう環境で育ってたらワイルドな渋谷とかクラブのトイレでドラッグ決めてるドラァグクイーンとかってまぁドラァグクイーンってドラッグって意味じゃなくてドレスを引きずるっていう意味でのドラァグだったんだけどまぁでも実際にドラッグやってるそういう人は見たことあるし別にそこで自分はやろうとは思わないんだけどただなんかそういうグレーなワイルドなところかさ、そういうのが残ってた方が触発されて一気にワイルドになるやつとかクラブでナンパを経験してヤッてみたら味しめて一気に草食から肉食になったとかさ、言わば契機だよね。今はそういうワイルドになったり肉食になるようなきっかけみたいなのがどんどん失われてるんだと思うんだよね。

 

だから余計なんつーかまぁ俺は違って意味での格闘技マニアだけどなんかやっぱ格闘技ガチでやってるっつーとイマイチウケが良くないとかさ(笑)実際どうなのか分からないけどなんかもうカルチャーが草食系になっちゃってるんだよね。もうそれはそういうワイルドなもんとか胡散臭いグレーのものとかを徹底的に無くした結果のペンペン草も生えないデジタル世代っつーかさ、結果的に草食獣は育ってるわけなんだけど(笑)そういうアウトキャストだったりマージナルなものとかグレーなものってのが排除されてるからインスパイアされたり影響されたりあとさっき書いた良い意味でも悪い意味でもバッドなヴァイヴスを感じ取るような経験とかってのがなくなってなんかなんでもネットだのツイッターだのコスパだの欲しがらないだのコンセプトはき違えてるミニマリストだの(笑)草食世代の独特の感じってあるよね。理屈っぽくてネットとかで反論とか強そうでってまぁ俺もそういう面はあるけど(笑)でもまぁ匿名でそういうのをやるヘタれではないし全然草食系のそれとは違うよね。ただまぁネット歴が無駄に長いってだけで(笑)

 

なんかさ、あとね、友達に山で友達たちがオーガナイズしてるフェスをやるんだよねー。来てみてー。なんつって普段フェスとか行かなかったりクラブ音楽とか聞かないやつがそういう場に連れていかれて行ってみたら何やらテントを張っててすげースモーキーでスティッキーな感じがあるっつーんで入ってみたらみんなハイで何やら怪しいものを回してるっつーんでそこで踏みとどまるのもアレだけど回し方って独特の日本の作法みたいなのがあってさ、凄く丁寧に回すんだよね。なんかの儀式みたいな感じで全く知らない人たちなんだけどそこで一体になるみたいな独特の雰囲気があってさ、そういうのもやっぱ経験があるのと無いのとでは全然人生違ってくるよね。まぁ俺はそのフェスでは回す側だったんだけどってあ、皿を回す側ですね(笑)ブツじゃないっすよ。

 

なんかああいう世界もあるのにやったら人間やめるみたいな扱いを受けてっつーかそういうのに洗脳されまくってるっつーさ、凄いもんね。シャブとかヘロインレベルならまだ分かるけど大麻ごときでなんでこんなに批判するのか?って完全に草食世代が洗脳されてるからだよね。それこそもっと昔のフォーク世代なんてアシッド食ってるのがデフォだっただろうしなんかの撮影クルーなんつってもロケのクルーで夜になるとなぜかパイプが回ってくるとかさ、そんなのが当たり前だったんだからね。今は無いわけでしょ。あとまぁやったら人間終わりみたいな扱いが凄いから誤解も凄いんだよね。

 

だから本質的なサイケデリックカルチャーとかってもう若い世代なんて分からないだろうしぶっ飛んだ経験が無いからリアルだけがリアルじゃないってことも分からないじゃん?かといってもVRつけてヴァーチャル体験!ってことじゃなくてぶっ飛んだ状態でVRでさらにぶっ飛び!っていうことなんですよね。なんでみんなサイケ関係は山とか自然でやるのか?って相性が良いからなんですよね。

 

なんかそういうの無しでスタイルだけのサイケデリックなファッションとか音楽とかってのが消費されてるだけで根本のカルチャーってのが全然理解されてないっていうか理解を許されない世代が増えちゃったってことなんだよね。それはもう過剰な規制が悪いとしか言いようがないよね。若い人だったらオープンだったら飛び込む人いっぱいいると思うし相性あったら一生それでやっていこう!って思ったりもするわけじゃんね?アシッドイーターになるんだ!俺は!って現実オワコンだ・・・っつって引きこもって何もしないよりよっぽどアクティブで人間らしいですよね。

 

結局引きこもりを増やしてるのもそういう環境の要因が大きいんだよね。外出る必要もないしめかす必要もないから服もこだわる必要ないしまぁ恋愛に関してはまた色々とあるんだろうけどただまぁこれもキメセクみたいな世界とかそれでの乱交っていう世界があるわけで全くそういうのを知らないか人間終わってる異次元の世界のものって考えちゃうってのがいかに現実をオワコン化させているか?っていうことなんだよね。そりゃこんだけ雁字搦めだったら鬱にもなるよそりゃ。鬱になって非活動的になるよりサイケな世界を堪能してたり粉のおかげで活動的になって何かできたりしたほうがいいと思うんだよね。何かが活性化してたほうがいいに決まってるわけだ。そういうのを規制し過ぎなんだよね。で、洗脳もされてるから解禁しろ!って意見とかがリアル世代ぐらいからしか出てこないとかさ、まぁそういう意味だと葉っぱに関しては海外は違うけどね。

 

それこそ週末それだけが楽しみで生きてるやつとかもいるわけでそれって別な言い方をすればそれがあるからクソな日常もクソな仕事も続けられるってことにもなるよね。まぁそういう日常に埋没するとか我慢するってのは良くないんだけどそこでアルコールに行くよりかよっぽどいいと思うんだよね。まぁそこで若い世代はアルコールにすらも行かなくなってるってもはやどっちが人間辞めているのやらって感じだよね(笑)

 

クソなのは色々な決定権が任意でこっちに委ねられてる中で無欲ってことを選ぶのはいいと思うんだけど欲望すること自体を構造的に否定されるような、それは別に意図的にやってるんじゃなくていろんな規制と重なってネット的な要素とかもあって誰も恋愛しなくなるとかってのもまぁ欲望しないことっていう構造に組み込まれちゃってるってことだもんね。それが嫌だから俺は逆に恋愛してやる!っていつも思ってるわけなんだけど自分で決定してるようで全部周りに決められてるってのが今だよね。だからあんだけ若い世代は真面目なやつが多いのはいいことなんだけど理屈っぽくて人間的な魅力が無くて量産型NPCみたいなやつばっか増えてるっていうさ(笑)

 

でもそれってよくbefore afterの写真とかでもあるように高校時代の写真とか朴訥そのものなのにパンクに目覚めてから一気に見た目変わるとかさ、それはヒップホップでも何のカルチャーでもいいんだけどそういう意味でニュートラルなつまらないNPCってまだ何かに目覚めてないやつの可能性もあるわけよね。ヒャダインの高校時代の写真と現在のギャップとかもなかなか希望あると思うんだよね(笑)

 

なんかでも何かしらのあか抜けた見た目とかさ、なんかスタイルをゲットしてるよな!ってのもデフォはみんな最初は一部を除いてみんな朴訥なNPCでそこから色々と感化されて色んなスタイルになっていったりさ、そういうのが生き様とか見た目とかファッションとかってのに影響してどんどん朴訥なNPCから遠ざかって顔キャラレベルになるわけだよね。そういうミメーシス的なものとかってのってヤバい世界とかグレーな世界のほうが多い気がするし、なんでそうなのか?ってそういえば法律ってデフォだって思い込んでたよなっていうような考えとかも含めて色々と逸脱してても凄い人とかってそういうインスピレーションを与えてくれるわけじゃん?で、まぁ結果的にそれは逸脱キャラという社会的地位を獲得してカリスマになってたりもするわけでんでもまぁミメーシスを与えられるような人って大体そんな感じだよね。

 

あ、んで草食系って別に恋愛だけに限らないからね。例えばそいつがマニアなら恋愛において草食系でも全然いいんだよね。鉄道でもアイドルでもアニメでもそういうイリーガルなグレーな世界とは関係ない世界でもすげー強度をそこから得てるってやつが湯水のようにそれにお金を使って没頭してるってのがあればいいんだよね。最悪なのは何なのそれ?っていうような無欲さだよね。元々無欲な人間ならいいんだけど飼いならされてる無欲系だとそれは完全に洗脳されてるやつだからヤバいと思うんだよね。

 

もう国の方針とかこうあるべき!ってのにそのまま追従してるっていう思考停止なわけよね。大体自分で考えたらコモンセンスより外れる部分なんて多かれ少なかれ出てくるものなんだよね。それが言わば個人の考えとか主張だったりするわけでさ、そういうのすらも持たない主体ってのはもはや政治的に見てもポピュリズムで動員するただの駒だよね。利用される駒っつーかね、癖が無くて従順だから利用もしやすいだろうし飼いならしやすいから利用されてることも多いわけでしょ。

 

ブラック企業で精神崩壊するまで頑張っちゃうようなタイプも完全にこれだよね。もっと手前で「てめー!ナメてんのか!」ってキレるのが当たり前なのにキレたらダメっつーイデオロギーだとか社会に適応しなきゃいけないみたいな「これが社会なんだよ。分かる?」みたいな寝言をそのまま真に受けて利用されちゃうみたいなさ、もうこうなったらね、ラカン的な解釈を受けてアレンジされたフロイトの去勢そのものなんだよね。

 

そこでの父の名ってのが言わばドラッグやったら人間終わり!とかそれ完全にダメなやつだろ!みたいな勝手な決めつけとかっていうような意味での本質的な自我に関わる重要な欲望するということを去勢するような父の名なんだよね。そういう去勢されたところに自己のベースがあって、んでまぁそっからは完全に俺の考え方になるからアレだけどようは自分のちんぽをロマンだろうがイマジナリーなものだろうが内発性なりミメーシスなり色んなものに惹起されてペニスを勃起させろ!って話なんだよね。それがつまりは欲望しろ!ということとそれによって自我を確立しろ!っていうことなんだよね。んで本来のミニマリストはその去勢と欲望による自我の確立とペニスの勃起なんかを経たうえで結局はミニマルなのがいいよねっていう快楽に価値を見出すようになるんだよね。金が無いからそこだけ真似て欲望しようと思っても金無いからできない!っつーんで去勢されたまま一気にミニマリストに行くってのはもう最低な行為ですよね。金が無いから欲望出来ないなんてただのエクスキューズなわけですよね。

 

それこそ戦後みたいなドロドロした世界では金無いけど欲望はあるっていう中でシノギを削ってきたから今の経済成長があるわけでさ、欲望なしに人類の文明は栄えないですよね。だからもうその起爆剤がシャブだろうがなんだろうが勃起できればいいわけで草食系ってのは言わば比ゆ的な意味での環境ホルモンとかの影響で精子が少なくなったり性欲が少なくなるような環境に身を置いてるっていうことで草食化しちゃっているっていう言わばシステムに従属する奴隷なわけでつまりはそれってサバルタンってことなんですよね。

 

んでもかといっても金っつーアドバンテージがすぐに手に入るわけじゃないんだけどでも別に欲望のレベルでサバルタンであるというのは別に資本は規定しないわけよ。資本関係だとそうなる必然性があるけど欲望ベースな場合、欲望することだけはできるからそれは資本に規定されないよね。

 

で、むしろ欲望した方がサバイヴできるわけだよね。とにかく食べれるものに食らいつくとか肉を食うとかっていうそういうアグレッシヴさだよね。まぁ逆に今ぐらい草食化した世界でサバイヴできるのはそういうアグレッシヴな肉食系だけっつー意味で草食系は淘汰されてそれで終わるっていう運命にあるのかもしれないし人工増殖の歯止めっていう摂理のカラクリでもあるかもしれないわけで一概に草食化がダメだ!とは言えないんだけどね、ただまぁなんか忘れてませんか?っていうね、本当はこうしたいけど・・・ってのがあったらそれを諦めてたらもうそれは完全にクソですよね。

 

逆に俺みたいにやりたいことやり尽くしちゃってどうすればいいの・・・っつー結果草食系になるっつーのはまぁ富豪のミニマル化とプロセスは似てるわけでガンガン欲望してやりたいことやって満たすっつープロセスがあってのミニマル化だからそれは進化なんだけどその欲望のプロセスを飛ばしたらそこに自我は無いですよね。仏教で自我を無くすってのもやっぱブッダ的に言えばバリバリ欲望しまくるっていうプロセスありきの滅却じゃん?

 

欲望し尽くしてそういう境地に至るのと欲望したくてもできないとかやる勇気が無いっつって必要不可欠なプロセスを飛ばして悟りの境地とかそれは悟りでもなんでもなくてただの諦めなんだよね。だからそれってのは本質的に諦めた欲望が渦巻いている諦めの境地で悟りでも何でもないし父の名によって去勢されたままの自我が確立してない人間的に未熟なまま人生諦めるっつーようなことなんだよね。もう完全にニーチェが言うところのthe last manですよね。終わってますよそれは。

 

ラカン的かはともかく去勢ありきで欲望することによって自我を確立するっつーかペニスを勃起させるってのが言わば主体性っつーのもロボットの反乱に例えると分かりやすくてAIとかが人類を支配しようとするみたいなSFで描かれてるのって象徴的なのがAIに自我が生まれるときに欲望が生まれて人類を支配しようと考えるっていうことなんだよね。そのぐらい自我の形成=主体として生きるっていうことにおいて欲望ってのは大事なことなんだよね。環境に生かされてると自分の身を自分で守ろうともしないし本能的な護身という考えすらもなくなっちゃうんだよね。それはもう去勢以外のなんでもないですよね。ゲバルトを警察が独占したいっていう権力側の論理は分かるけどじゃあそれやり過ぎて最低限の護身すらもできない状況ってどうなんですか?ってことだよね。あ、最初に護身の話から始まったのもまぁそういうことなんだよね。それは結果的に主体的に生きるということと直結している重要なことなわけだよね。

 

とりあえずコスパ最強!っつって老後の貯蓄とか若いうちから考えてるようなやつは生きてるようで生きてないし仮にそれで老後も生き残れたとしても主体的に生きてないからもうそれは死んでるのと同じまさに死に体ということなんですよね。サバイブしようとして貯蓄ばかりを気にして自我やら欲望するということやら生きる喜びということを忘れてただひたすらサバイヴだけに固執するなんてのはもうアンバランスそのものですよ。生存に気を取られて結果的に死んでるわけだから最低の人生ですよね。

 

もうとにかくダサいよね。それは。なんでもコスパでさ、まぁ必要に迫られてのコスパならともかく老後の貯蓄のためのコスパとかもう最高に死んでるよね。なんで今老後を考えるわけ?人生は常に今でしょ?前に先祖の由来を調べようとしてお寺の住職にまぁ先祖のルーツとかを調べるのもいいけど今でしょ!って住職に言われてハッとしたって前に書いたけどまさにそれなんだよね。それを生きていけなければもはや生きていると言えないんじゃないか?って思うよね。それで死んでも天寿を全うしたとは言えないだろうっていう自我を殺した自殺したような状態で生きてるわけだから天寿を全うしても霊体は地縛霊として残るようなそんな感じになると思うんだよね。自我を超越して輪廻の環すらも超越するっていうような本当の意味での人生の上がりってのは今を生きて欲望に生きることでしか成されないと思うんだよね。とにかく死んでたらもうそれは生きてないからもう駄目よね。超越できないですよ。ニルヴァーナに至れない。

 

ニルヴァーナなんつって結果的に頭撃ちぬいちゃうみたいな人生とかは最悪にバッドなわけでやっぱり天寿を全うしないといけないんですよね。今を生きなきゃいけない。結果事故や病気で死のうが常に今を生きてればもうそれはどういう理由で人生が終わろうが終わるまでは生きてたわけだから生きてた証なんですよね。その主体的な自分の人生における生き証人に自分自身が生き様でそれを体現しなきゃいけないよね。

 

だから俺は欲望し続けるしヤバいリーサルなスキルを究めるし昔と違って旨いものを食べようと思うし恋愛してこの子とやれたら今昇天しても全然いいわ!って思えるような射精を体感したい!って思うしもうとにかく欲望しかないですよね。だから生きられるんだよね。結果的にそういうやつほどサバイブできるんだよね。欲望したいからそのために生きたいと思うからサバイブしようと思うんだよね。

 

負け犬と順序は逆ね。サバイブしたいから欲望を抑える!ってのは死んでて生きてても死んでてそれは自殺みたいなもんだからニルヴァーナできないわけで本当に生きたい!って思ってるやつはやりたいことを死ぬほど楽しみたいし旨いもん食べたいし最高のセックスしたいから生きてるわけだよね。それこそが生なんですよね。それをやり尽くしたうえでの悟りですよね。ミニマリストというのは富豪がするものってのもようはそういうことなんですよ。形だけのミニマリズムなんてただの自殺なんですよね。人生の舵すらも取れてないやつがミニマルなんて選択肢を選べるなんて思うな!ってことですよね。

 

あ、んで前にだいぶ色々書いたphaさんみたいなタイプは覚者ですよね。ガツガツしてないけどミニマルだったり旅っつーよりかはその移動時間を楽しむっていうような、そういう世界観があってミニマルになってる人はめちゃめちゃ今を生きてますよね。あー何にもしたくない・・・なるべくダラダラしたい・・・ということが欲望ならそれを全力で満たせてればそれは旨いもん食ってこれだ!と思う女性を最高のセックスをしてるのと同等なもんなわけよね。つまりは欲望ベースってことなんだよね。で、その欲望ってのはダラダラしたいってのも欲望足りうるんだよね。消極的にダラダラするのではなくて積極的にダラダラするっていうね、まぁとにかく生きる!ということに尽きるよね。

 

まぁとりあえず今の俺はあれだわ、ヤバいレベルでリーサルなスキルを究めるのと相手がセフレだろうがなんだろうがとにかく生のセックスをするっていうことだね。だってあれじゃん?最初に書いたアサシンクリードでもオリジンがなんで楽しいか?って俺がリアルでも弓とか棒術やるからハイパーリアルなわけでしょ?セックス然りなんだよね。そこをマスかきで済ませるというのはやっぱダメだよね。セックスもいいけどオナニーもいいっていうような位置でのオナニーじゃないといけない。

 

っつーか書くことないっつってこんだけ書いてるってことはやっぱ言いたいことはいくらでもあるんだろうね(笑)俺もやっぱ捨てたもんじゃないわ。これからも国士の矜持を保ったまま色々と切磋琢磨しなきゃなって思いましたね。やっぱ三島的な憂国って感覚はすげー大事だよね。まぁそんな感じっすね。んじゃまた。