ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

弦の張り方逆だったというコペ転。

道場見学してきたけど雰囲気とか来ている方々が良い感じでそれと同時に物凄い懐かしさを覚えたのがようは居合道場に通ってたのを思い出すわけよね。まぁでも自分が通ってた居合道場ほど堅苦しくなくて和気あいあいとしてる感じだったんだよねってまぁ詳しいこととかは今も今後も当然書かないけどまぁ自分のことについてのみ書くんだけどやっぱ初めてじゃなくて道場自体に一応通ってたことがあるから懐かしい感じを受けたんだなっていうそういえば自分通ってたんだっけってのを思い出したぐらい(笑)なんだけどまぁ見学ということで見学させてもらったけど指導の方々が門下生に指導をしているのとかを食い入るように見ては盗む!という感じで(笑)見学というより見取り稽古ならぬ見盗り稽古だなとかって思ったんだけどまぁその凄く気になってる部分とかこういうところは実際どうなんだろうな?っていうのがまさに「そこそこ!それ知りたかったんだよね!」っていうのを見れたっつーかまぁ本当に興奮しましたよね。


んでまぁ次の日に見てきたのを実践するためにっていうかまず書かなきゃいけない衝撃的な事実があるんですけど、弓初めてっつーか触り始めたのが二月入ってからだからもう三か月ぐらい経ちますよね。んでまぁ見学行く前にもう入門するつもりだったから一応また基礎的なことをチェックしておくかと思ってつべで弓道の動画見てたら弓道の基礎みたいな動画があって見たんだよね。んでまぁ弓のパーツの説明とかの基礎やら張り方とかだったんだけど「ん?」と思ったのが張り方で「あれ?逆側に引っ掛けてくるんってさせてしならせてる!」と思ってもうここ10年レベルでの衝撃のレベルでしたね。そう。三か月時代劇とかミュージックビデオとかでよくある逆に張っちゃうっていうあれですね。もう「うおおおおおお!!!」ってなってさ、だから15キロの弓とか店で引いたときは重かったのに家で引いたら軽く感じたのかって軽いも何も逆だから(笑)


凄いよね。そんなんで三か月もやってたのか!と思って早速夜中だったけどようは今までの俺から見たら逆な正式な張り方をしたらなんか弓っぽくなったのと15キロが重い!と思ってさ、その衝撃を内に秘めたまま寝て見学行ったんすよね。「三か月ぐらいは自分でやってたんですけど」なんつっても弦を逆に張ってたなんて口が裂けても言えない!とか思いつつでも本来つくはずがない傷とか矢が通る面とは逆側の側面に跡ついちゃってるから自分の持っていったら確実にバレるんだよね(笑)


いや、まぁいいネタだよなーこれとか思って。それで15キロ軽いからっつって20キロ買っちゃうんだもんね。んで20キロも引けるようになってきた!なんつってるっていう(笑)でもそこでね、見学に行った帰りぐらいにすげーこと思いついちゃってさ、ようはあのリアルな15キロの重さじゃ到底引けるわけもなく練習にすらもなってなかったわけで、逆に張ってたからこそEDのちんぽの如くふにゃふにゃだったから引けたんだよね。分からん、8キロとかもっと低いのかな?あの張り方だからこそ最初からできたというね(笑)


んでまぁ見学の次の日と言ったらさ、まずやることだらけじゃないですか。まずちゃんと弦を張るってのと見てきたこととかを実践する!っていうさ、んでまぁ張るのがすんげー大変なんだわ。今まではようはアレの例の状態からそのままちょっと曲げて引っ掛けるだけだったのが全く逆になるわけだからね。まぁそりゃ張りが強いのなんのって!うわー固いなー!とか思いつつ長さとかを試行錯誤しながらようやく張ることが出来てさ、まぁその時点でもうわかってたけど弓返りしないのはそれが原因だったんだなと(笑)いや、逆に希望じゃね?っていうさ、絶望的に弓返りしなかったのが弓返りする可能性が高まったわけだからね。


そこでまぁ道場で見てきたのとか指導員の人たちとかが言ってたことを踏まえつつ角見を効かせるべ!と思っていよいよキリキリ引くことになったわけなんですよね。もうあるのは期待しかないですよ。んでまぁ先に書くとビギナーズラックだったんだけどなんと!発射したらありえないぐらいの勢いで矢が飛んでいってなおかつ90度弓返りしたんですよ!!!もうなんか頭シュワーってなってたね。うわーこれなんだなと。あとクソ重いけど引けなくもないぞ!とか思って今までの反対でやってた成果が見事に上がってたんですよね。・・・と思ってたんだけどまぁとにかく重くてさ、最初は良かったんだけど何射かやったらもう腕が痛くなってきて特にひどいのが左手への負担ね。角見を効かせようと捻ろうとすると重さに負けちゃうのね。あと親指の付け根の当たりとかちょうど弓が当たるところの皮が剥けちゃってまぁ普通やってたら剥けるんだろうけど今までEDモードで引いてたからそんなに負担がなかったんだよね。んでまぁフルモードでやったら凄まじいのなんのって!んでそこそこやった後に20キロも引いてみようと思ってやって引けたんだけど相当強引な腕力を使わないと無理だったんだけど一応引けたんだよね。でもこれは体持たないなと思って15キロに戻したんだけど。


まぁそっからもう没入モードですよね。勝手に「そこそこ引けるようになってひと段落した」なんて思ってたのが全く逆でやってたわけでさ、うわーマジのスタートじゃん!とか思いつつなっかなか思うようにいかないのね。もう重くて重くて。そんな感じで試行錯誤しながらだったけど結果的に5時間ぐらいぶっ続けで引いてたんだけど途中で手が痛くなっちゃって痛み止めとか飲んでやってたんだけどそれが悲惨な結果を招くことになっちゃってさ、まぁその日は良かったんだけどね、まぁ5時間やって疲れた後に道場に連絡して入門させてください!って行って承諾を得られてよっしゃ!来週からだ!とか思いつつその日は疲れたからすぐ寝たんだけどまぁ次の日ですよねっていうかそれが今日なんだけど左手がとにかく痛いのね。いてーなとか思いつつ起きたら皮がむけたところがジュクジュクになっちゃってて完全にズル剥け状態で今もこうやってキーボード打ってても痛いぐらいのレベルで痛くてさ、もうこりゃ練習どころじゃねーなとか思いつつでも明日アーチェリーコースで引いてきちゃおう!っていうフルモードになったから気合だけは入ってたんだけどもう手が無理でね。


あ、んで病院だったんで病院行った後それでもまぁ明日どうしてもやりたい!っつーか道場で的前見ちゃってもうやりたくてしょうがなくなっちゃってさ、もうウズウズしてんのよね。ってことを弓具店の人に言ったら色々と良い意味でお叱りを受けてまぁとにかく巻藁でやっているとは言え指導者がいないところで飛び道具を初めて放つなんてのは危ないし道場に入るんだったらちゃんとそこの道場のやり方に沿ってやったほうがいいとか本当にありがたいご指導を受けましてね、いつも対応してくれてた人とは違う人だったんだけど厳しい感じで色々と言ってくれた後にでも笑顔で「なんか説教臭くなっちゃってごめんなさい」とかって言っててさ、まぁようは弓具は売る立場でこんなことを言うのも変だけど今までやってたことは忘れてゼロの状態から道場で初めてくださいってことで俺は完全にその武道的パターナリズムにメロメロになっちゃって明日アーチェリーコースでマジな矢をリアルにフルモードで引く!という考えは無くなりましたよね。本当にありがたいことですよ。


んでまぁ結局矢を買いに行ったんだけど買わなくなったからまぁあれだね、ゴム弓と本だけ買ってきたんだけどね。んでまた明日店行くかっつー案件が発生することになるんだけどまぁそれってのがね、家に帰ってきてから明日は行かなくなったけどなんかこの弓道を始めてからの弓関係の出来事とかが本当に素敵なことが多いよなーとか思いつつでもリアルな問題として左手が死んでるからみんなこんなハーシュな状況どうしてんの?とか思ってテーピングとかしてるのだろうか?とかさ、んで色々と調べてたら押し手かけというものがあるというのを知ってようはこれってその問題の左手のちょうど当たるあたりを保護する左手用のかけなんだけどこれがまさに俺のニーズにぴったりなんだけど本来は強い弓を引くときに左手の負担を軽減するためにあるものらしいんだけどなんかでも審査とかだと押し手かけつけてると心証を悪くするだのそんなのつけんな!とかいう人がいたりだのっつーまぁ閉鎖的な武道らしい意味不明なこととかもあるんだけどまぁそりゃ素手での手の内感覚がそりゃベストですよね。それを基礎として当然やるとしてでもやっぱ普段の俺の練習みたいに矢数かけるとそりゃどんだけ手の内がうまくても擦れるから手がダメになってきちゃうよね。だからまぁそういう場合はつけてもいいんじゃないかと思ったしまぁ現状EDモードじゃないフルモードの15キロの左手にかかる圧といったら凄まじくてそれで角見をかけようとするともう完全に手が死ぬんだよねっつってもまぁ下手だからなんだけどね。


でも別に押し手かけをつけるということがそのまま手の内ができてないとかへたくそというわけではないからまぁあくまで保護ハンドってことですよね。とまぁそんな感じで取り急ぎここ数日の感じを書いてみたけどまぁ目まぐるしいですよね(笑)でも楽しい。逆に弓引けてないときのつまらなさが余計増して別な意味でリアルどうでもよくなるっていう弓道オンリーな感じになってるよね。また明日も引きたい!と思ってるけどっつーか今日は引いてないわけだけどでも左手がこんなんじゃ無理だし木曜までに治しておかないと最初は矢を番えないにしても手が痛いままじゃダメだろと思って練習は自重かなと思いつつでも押し手かけは買いに行こうかなと思ったりね。


まぁー凄い展開ですよね。っつーか逆だったってまぁ本当にいろんな意味でコペ転ですよ(笑)でも逆なおかげでふにゃふにゃだからやれたっていうね、なんかもう弓道を中心に自分の人生の新しいチャプターが始まっていると言わんばかりの感じでさ、あ、んであれなのよ、フルモードを使いこなせてないけど15キロでもこれが本当の15キロなのねってぐらいうまくいくともう矢勢が全然違いますよね。あと弦音。今までは当然逆だったからどうやったらあんな音が出るんだ?って思ってたけどちゃんとやるといい音出るんですよね。まぁ滅多にないけどね。んでもまぁいや、言われた通り変に自分でやらないでちゃんと教わることにフォーカスしなきゃいけないんだけどんでも20キロをフルでちゃんと引くのが楽しみでしょうがなくて(笑)まぁでもきついのは左手なんで押し手かけをつければいけなくもないなって感じなんだよね。まぁ当分はやめるけどねっつーか手はさすがに治ってからだなってことなんですけどね。


まぁーそんな感じなんすよ。いやーまだまだ面白いことはあるね考え方によっては(笑)とりあえず相変わらずリアルが退屈過ぎてしょうがなくてんでもゲームとかも飽きたしって中でフルモードの弓とちゃんとした道場でやるというガチ弓道の道っていうリアルコンテンツが増したからなかなか最高でしょう。まぁそんな感じで色々とテンション上がってるけどね。


まぁそんな感じで今日はこの辺で。