ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/Rockstaによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

浜ちゃんの黒塗りメイクについて。

ガキ使で浜ちゃんがエディーマーフィーに扮したのが黒人差別だ!って騒がれてるみたいなのがあるんだけどこれってどこを論点とするか?だよね。シニフィアンシニフィエ的な話なんだけど日本だとオッケーだけど海外のどっかの国だと完全にアウトなハンドサインとかいっぱいあるわけだよね。でもそれってローカルルールだよね。そこの国では侮辱の意味になるハンドサインが日本では「ナイスだね!」みたいなことを意味するハンドサインだったとして、んで特定の国のローカルルールが優先されてそのハンドサインはタブーになるのか?ってことだよね。

 

ようは重要なのって意味合いだよね。どういう意図でそれをやったのか?ということなわけで、んでもまぁローカルルールは守らなきゃいけないから当たり前に使っているハンドサインがタブーっつー国があったらそこでは気をつけないといけないけど別に日本だったら当然意識しないよねっつーか関係ないよね。まぁそこで差別ってことになるんだけど黒人に扮するということが差別になるっつーのもローカルルールじゃないですか?ミンストレル・ショーっつーネイティブアメリカンとか黒人をバカにするようなショーってのがあってまぁ昔の差別とかにまだ緩かった時代のものがあってそういうのがあった国ではそれ自体が差別としてあったっつー歴史があるわけで意味合いも変わってくるよね。そこで黒人に扮すること=ミンストレルショーっていう意味合いになるわけだけど日本にはその歴史が無いよね。

 

まぁ確かにローカルっつーよりそんなもんグローバル的に常識だって言われてもそれがガラパゴス化とか言われようが別にどっかの国の基準にしなきゃいけないっつー決まりはないわけだよね。国際的にそんなものはコモンセンスなのに平気でやってしまう日本のバラエティの意識が低いみたいな意見は全く的を得てないよね。国際的にそれがコモンセンスでも日本でそうじゃなかったら別にいいじゃんそんなの。

 

これって基本的にオリエンタリズムがあるんだよね。アメリカなり先進国的なグローバルな基準ってのが世界基準になるみたいな帝国主義的な考え方ですよ。でも黒人に扮するということにしても色んな基準があるわけでしょ?っていうかそもそもそれが差別を意味しない国でそれを差別の意味になっちゃうんだって主張する国がそれだけ見て差別だ!って言ってもそれはさ、グローバルルールを知らないやつがこんなことをしている!意識が低いぞ!ってのがそのままそいつに跳ね返ってくるんだよね。日本には黒人に扮することが差別になるという歴史が無いし差別してやってるわけじゃないっつーローカルルールを理解せずに勝手にグローバルルール持ち出してローカルルールに文句言ってるようなもんだよね。でも文化って台頭じゃないですか?どっちが優れてるとか先を言ってるじゃないよね。アメリカが最先端だからなんでもアメリカに合わせなきゃいけないのか?ってそんなわけないでしょ。

 

「それを見た人が不快に思う」ということを言いだしたらその可能性があるものを全部排除しなきゃいけないよね。ハンドサインにしても大抵の国では問題ないものでも侮辱を意味する場合もある場合は侮辱だと思う人のことを考えてそれを禁止にしないといけないよね。でもそれってサインなんであってさ、ようはそれが侮辱なのかなんかの別のハンドサインなのか?ってのを理解しないといけないよね。そういうコンテキストってのは必須でしょ。画像とか動画だけ取り出して黒人差別だ!なんて言い出したらキリないですよ。

 

むしろ黒人に扮することがタブーでもなんでもないしデフォの意識だとなにが問題なの?って思っちゃうぐらい差別意識なんてないっつースタンダードが理解されるべきだしそれが日本じゃん?そこは騒いでるやつらとか騒いでる当事者が黒人でも変わりないですよね。ローカルルールを理解しろ!って話だわ。お前らのグローバルルールが全てじゃねーんだぞってことだよね。

 

仮にでもそれはやっぱグローバルルールが適用されるでしょうって思っちゃうやつは本当にヤバいわけだよね。本質的な意味でそいつは差別的なわけだよ。そもそも差別意識なんてないところに差別意識ってのを植え付けてるわけだからね。そういう黒塗りすることがスティグマみたいになってる文化で他の関係ない文化を上塗りしてるわけだ。それ言い出したらガングロギャルはダメなのか?って話にもなるしラッツ&スターはオッケーでなんでももクロだけが差別だ!って言われるのか?っていうことだよね。ようはさ、いや、グローバル的にそうでも日本はそうじゃないしそうではないということが逆に誇らしいぐらいなんだって言えなきゃダメだよね。

 

そんなのないから逆に黒く塗っただけで大騒ぎするやつらがいるほうが頭おかしいって思うわけでそれってコモンセンスじゃん?黒人っつーコンテキストが無くてもただ黒を選んで例えば身体表現とかをするときに顔を黒塗りするってこともようはダメになるわけでしょ?白塗りなり赤く塗るなりってのはいいんだけど黒塗りってのは差別の歴史があるからダメっつってもそれはそういう歴史があったところオンリーのローカルルールなんですよねってことだよね。

 

それは黒人がどう思うか?なんてことに依存しないのよ。どうその文化がそれを表現するとかどう扱うか?っていうのが問題なんであってね、だからまぁ当然日本のローカルなものでも差別的だったり差別的であったものってのはあるわけでしょ?でもそれはそもそもが差別的という理由で当然のグローバルルールっつーよりかはコモンセンスが優先されるよねってまぁ実際は差別主義者多いんだけどまぁあからさまな表現として差別はいけませんよってことになるじゃん?だからそのルールを破ったときだよね。ディスられるのは。

 

エディーマーフィーに扮しただけで問題になるほうがおかしいんだよね。当たり前に自分たちで当たり前のものが他国でも当たり前だと思っちゃうっつーその短絡的さに問題があるんだよね。だから日本の場合、差別じゃないんですよ!っつーのも含めて自粛せずにどんどんやるべきだと思うんだよね。んでもそれ言い出すと黒塗りまでいかないにしても茶っぽいとか黒っぽいってのもダメになると例えば中東とかヒスパニック系の人たちの肌の色に扮するってことも黒塗りになるからダメってことになりそうだよね。黒はダメだけど茶色ならオッケーとかそりゃないでしょって話だよね。

 

そんなの広げていけばターバン巻いて肌茶色に塗ってインド人!とかダルシムのコスプレとかもアウトになるでしょ。まぁこういうのってノイジーなマイノリティの意見なんだよね。確かにコードの勘違いをする人たちはいると思うけどんでもだとしたらガキ使とかが正規の方法じゃないにせよ色んな方法でグローバルに見れるって中で差別意識があって黒塗りをするわけじゃないんだなっつーかそういう国もあるんだなってことを学んでほしいよね。この辺って難しくてさ、そもそも差別の対象にすらならないみたいなものも差別されてる歴史がある国とかのプレゼンスが大きくなるとそこの基準に合わせなきゃいけないってことになって他の国も結局その基準に合わせなきゃいけないっていうさ、でもそれって差別の歴史が無いってことも誇れるわけじゃない?普通にエディーマーフィーに扮することができるってのは差別がないからだよね。

 

板長が黒人とかで笑えるっつーのも黒人を差別してないからだよね。まぁこれってあれじゃんね、礼二とか劇団ひとりとかが中国人の真似をするってのもまぁ同じだよね。誇張して笑ってるところはあっても卑しい人種の真似をしてるっていうわけじゃないから笑えるわけだよね。逆もまた然りでしょ。中国人が日本人に扮して笑いを取るってのも別にありなわけだよねっつーか中国の場合、反日があるから一筋縄じゃいかなそうだけどんでもそれで言うとアメリカって人種ネタって鉄板だからね。

 

いやー俺のインド人のルームメイトさー帰ってきてるかどうか?ってのがすぐわかるんだよねー。返ってくるともうルームメイトが戻ってる場合、大体カレーの匂いがするからねーとかまぁ書きだしたらキリないけどアメリカってこういう建前のリベラルなんだよね。リベラルだから別にインド人だから笑えるんじゃなくて人種差別がないから人種ネタでも笑うことができるんだっつーリベラリズムの誇示だからね。アメリカの場合、差別の激戦区でそれをやるってのは理念みたいなのを表してたりもするんだけど日本の場合、日本に差別がないとは言わないけどそもそも黒人を見下すっつーカルチャーがない中だと差別っつー意識すらないわけでさ、別にリベラルなんですよ!日本は!なんてあえて言わなくても素で別に差別してないからアメリカンポリスっつってエディーマーフィーに扮することができるわけだよね。ダーティーハリーでもいいんだけど浜ちゃんがエディーマーフィーになったほうが面白いっつー理由だけだよね。

 

そこだけピックアップして差別だー!なんて言ってるやつは本当におかしいってことなんですよね。あとまぁ差別ビジネスっつーか差別だー!って言うことを生業としてたり生きがいとしてたりする人もいるしそういう意味であれだよね、いつもディスってるけどユダヤの団体とかが反ユダヤだー!とかそんなつもりがないものでもガンガン騒ぎまくるみたいなのと同じで一部の黒人とか差別ネタを探してる連中からすると格好の的なんだよねこういうのは。でもそれは全てのユダヤ人がすぐ反ユダヤ的だ!なんつって騒がないのと同じで黒人も同じだよね。だから別に今回のこの件って言い出したのが仮に黒人でもそれが別に黒人をレペゼンした意見でもないわけだし文化の違いでここは差別してもいい国っていうわけではないってのはそんなの少しぐらい日本知ってりゃ分かるでしょ。ベイ・マクニールさんだっけ?完全に騒ぐタイプの人ですわこれ。

 

こんなの逆にカウンターで差別してないです!っつってどんどん黒人のコスプレとか扮するってことをカルチャーとしてやればいいんじゃない?って思うんだよね。そもそも差別がないという前提だったり差別をしちゃいけないんだったら扮することで差別になるなんてロジックは成立しないでしょ。こんなの謝ったら終わりですよ。それは差別になっちゃうんですねすみませんって認めちゃうようなもんだからね。問題になってるならせっかく問題になったんだから差別じゃないってことをアピールすればいいと思うんだよね。

 

あとおめーらのグローバルスタンダードが全ての基準じゃねーんだよって話ですよね。だってこれ言い出すと松崎しげるとかの物まねもアウトになるわけでしょ?黒塗りってところだけピックアップされてアウトなら黒塗りっつーか肌に黒いものを塗るってこと自体がダメになっちゃうじゃん?なんかさ、こういうのってこれは当事者がどう感じるかが問題だみたいに言われることもあるけど関係ないんだよね。黒人に限らず肌が黒い人もいるし浅黒い人だっているわけでしょ。んでその浅黒い人に扮するときは浅黒く肌を塗るわけなんだけど別に差別意識があるわけじゃないよね。

 

黒く塗るということが肌の色が違うということに意識的になるから差別意識を生む原因になるみたいなまた意味の分からない意見もあるけどそもそもそれは同じ人種だって肌の色違うし日本人だって黒人とのハーフの人もいるわけだし血がどうのじゃなく別に元々黒いって人もいるわけでさ、肌が黒いっていうところに関してのことを全部黒人が握ってるってわけじゃないんだよねっつーかバリバラってあるじゃん?障害を笑いのネタにするってのはさすがに抵抗あるにせよでも本当に障害フリーな場合、別に障碍者に扮しても問題ないわけだよね。まぁこれに関しては俺も障害者だから当事者として言えるんだけどさ、別にメンタルネタいじられても怒らないよね。そういうもんなんだしアスペルガーとかにしたってそうじゃん?

 

そもそも黒人であるなんてまぁレベルを設けちゃいけないけどバリバラレベルじゃないでしょ。バリバラは目指すべき理念と本当はこれでいいんだっつーところですよね。でもなかなか難しいけど差別自体が成立してないものに関してこれでいいんだもクソもないからね。そこにアメリカ的なスタンダードを持ち込むことで差別っつーバリケードを作っちゃう方がよっぽど有害だと思うんだよね。え?これがいけないの?っていうところから差別が生まれるもんね。黒人が彼氏彼女だったらテレビで扮したらアウトな人種が彼女だったり彼氏だったりするってことなわけですでに引け目感じるよね。周りの目が気になっちゃうでしょ。

 

それは自然でいたら差別なんてないものに差別っつー概念が介在することで差別が生まれかねないってことなんだよね。まぁこれはアグレッシヴな差別じゃなくてPC的な差別だけどね。っつーか逆にそれこそ差別だろって思うのが日本人は黒人を笑えるようなメンタルとか文化レベルなんだって思うようなことだよね。悪いけど文化的に同等かそれ以上なんですけど?ってところじゃんね。それで笑うカルチャーなんだって思われる方がよっぽど心外で差別的だよね。完全に認識が極東のモンドな国で黒人をネタに笑ってるところがあるらしいみたいなヤコペッティの世界じゃんね。こういう人にとっては日本っつっても一緒くたになってる遅れた国のアジアなんでしょ。あのオリエンタルっつって中国的なものとか日本的なものとかがごっちゃになったモンドの世界だよね。日本っつってなぜかBGMが胡弓だったりとかっていう(笑)これこそオリエンタルっつー差別なんだよね。

 

いや、自粛するなよマジで。