ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/Rockstaによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

強度の持続。

音源アップしたのでよろしく。


Dedicated to Robert Ashley - Satanic Mental Klinik


https://soundcloud.com/mimisemi/dedicated-to-robert-ashley


よくよく考えてみれば「一人ブラックメタルやることにしました」っつってやれること自体が情報インフラの発達の産物なんだってことに気が付いたんだよね。昔交流があった鳥取でノイズを作り続けているELMAというアーティストがいるんだけどこの人と色々とメールのやり取りをしていたときに聞いたのはまぁこれ自体がもう10年以上前の話なんだけど凄く今でも覚えてるし共感を覚えたのがさ、鳥取っていう東京みたいに情報が来ない辺境の地でノイズを作り続けるということはようは色んな想像なんだってことを言っててね、例えばミュージックコンクレートをやりたい!と思ってもCDが無かったり買えなかったり売ってなかったりするんで自分でやってみるしかないっつーことで自分なりに「こんな感じかな?」というのを想像しながら作ってたらしいんだよね。これって情報インフラが今ほど整備されてないからこそできるクリエイティビティだよね。


別に何が良いか悪いかという話ではないんだけどもね、で、まぁELMAはメルツバウとか限られた聞けるノイズのCDなんかを聞きこんだりして研究しつつ自分の音を作っているし今でもそうだと思うんだけどこれってやっぱ昔ならではなんだよね。仮に俺が情報インフラが今ほどではないときに一人ブラックメタルをやろうとしても本当にそれこそ想像でやるしかなかったと思うんだよね。あと限られた聞ける音源を必死に研究して模倣するとかね。でも今ってsoundcloudとかbandcampとかyoutubeとか聞きたい放題じゃん?っていうかリサーチ能力があると一気に情報入ってくるよね。で、まぁ俺はもともと音作りはやってたからすぐそれをフィードバックとして出力できるっていうね、この速さはいいな!と思う反面、プロセスが高速化してるから具現化が早すぎてもうちょっと長く楽しみたい・・・っていうそれが無いのが寂しいよね。今はそんな瀬戸際なんだよね。「ガーッ!」と色んなもんが来て形にしてそれはそれで良かったんだけどそれが速過ぎて楽しみがなくなっちゃうっていうかさ、それこそ昔の音作り始めのころだったら何年もかけて研究してやってたことを今では一瞬でできるようになってるっていうのが寂しいんだよね。


あとまぁアップロードもすぐできるし「どうやってリリースしようか?」なんて考えなくてもいいんだもんね。で、結局なんつーかこの情報の速さに出力が追い付かない感じだよね。どんどんできてどんどんアップロードするのはいいけどだんだんアイデアが枯渇してきてやることがなくなったり同じことの繰り返しになっちゃって煮詰まるのが早いよね。今はまだ煮詰まってないんだけど煮詰まるだろうなってのが目に見えててそれが怖くてしょうがないんだよね。だからなんだろうね、ここ数週間ぐらい異様なペースでやってたからちょっとペースダウンっつーか「やらなければ!」みたいなオブセッションがあったとしたらそれは若干弱めたほうがいいかなって思うんだよね。腐らない程度に色々と温めておけばいいんじゃない?っていう感じだよね。どうせ誰も聞かないしsoundcloudは逃げないし慌てる理由なんてないからね(笑)


やっぱそういう意味でマイペースって重要だよね。これが継続の秘訣なんだと思うわ。まぁモノにもよるけど色々と研究して作ったりしてその繰り返しの中で良いのができたりするわけじゃんね。瞬発的にガーッ!と作るよりもそれを生活の一部のようにして継続し続けるってことだよね。そうなるとまぁようは志向性が「なんとなくこういうのを作ってみたい」っていう漠然としたイメージを具現化しようとするから日々それに無意識でも向かうことになるからね。そういう中から色んなものができてくるわけだよね。逆にまぁ「こういうのを作ってみたい」ってのがなくなったら完全に終わりなんだけどまぁそれはさすがにまだ色々あるよね。ただそんなにすぐに形にできるほど具現化はしてないってのが多いっていう感じだよね。で、望みとしては俺がSMKを始めたころ並にそのプロセスを楽しみたいってことなんだよね。色々と試行錯誤しつつイメージが近いものとか「これだ!」って理想とするようなものを聞き込んで研究するっていうあーまぁ結局研究好きってことなんだなって思った今(笑)


ようはオタッキーなんだよね。オタク的没頭が大好きなんだよね。まぁそういう意味だと予想もしないものに目覚めたりあとやっぱ政治哲学に気分が戻ってきたってのはすげー良かったねっていうか一連の流れが神がかってて凄くいい。サタンとかいって神をディスってる割に神に感謝しないといけないなって思うところもあって(笑)ただ神がいたとすれば超サディストだよね。サタンなんて比じゃないぐらい倒錯したサディストだと思う。でも快楽を与えてくれているのは事実だからそこは感謝かな。まぁわからん、その俺の神とするものがサタンなのかもしれないし、だから倒錯したサディストなのは当たり前って気もするけどね(笑)やりたいことが多いとそれをやってるだけで時間が過ぎるってことで余計なこと考えなくなるし健康にいいんだよね。俺ってデフォでやっぱ鬱気質ですぐネガティブになるからやっぱなんかやってるってのが一番健康にいいんだよね。で、今はやるプロジェクトとして政治哲学とかまぁ主にシュトラウス再読だよね。あとまぁシュトラウス関連でちょっと離れてた間に出た本とかも買って読んだりとかね、あとまぁネグリだよね。あと楽しみにしてて買ったのにまだ読んでないやつとしてドゥルーズの「スピノザの表現の問題」だよね。どれも片手間で読む感じじゃないからちゃんとフォーカスして読もうと思うと今はやっぱ色々と作りたいからそっちのほうに行ってるからお預けっていう感じなんだよね。楽しみが多いんだよね。


で、早く作業を終わらせて読書をしよう!っていう感じではなくてすんげードープに時間をかけてゆっくりやる感じだよね。頭おかしくなるぐらいドープにやるんだよね。それがようはデュオニュソス的なものってのを伸ばすっていうイメージなんだよね。強度っていう瞬間のものを永遠のものとするっていうまぁ永遠ってのは無理だけどなるべく伸ばして最大限楽しむっていうことだよね。まぁすげー快楽ジャンキーってことなんだけどね。やっぱり内発性なんだよなー。外部に何かを求めるとか何か起こることを期待するんじゃなくて内発性だよね。それによって志向性なりフォーカスするものが変わってきてそれが強度に繋がるっていうさ、外部は外部でそのままなんだけど自分の向かい方が内発性によって変わってくるってことだよね。


まぁあとあれなんだよな、画家のYokoさんにも言われたことなんだけど「ガーッ!」となるのもいいけどなりすぎると落差のギャップで後が大変になるぜってことなんだけどまぁそれはあるよね。そこは良い意味でコントロールしながらやっていきたいね。集中的にやって飽きるとか燃え尽きるんではなく深くやるために時間をかけてドープにやるってことだよね。湯水のごとく時間を使えば使うほど快楽のフィードバックは大きくなるんだよね。そういう意味で本当にドラッグと同じなんだよね。まぁでもドラッグはともかく仮にその「時間」を「お金」にしたときにまぁ買い物だの散財だのってまぁそりゃ使えば使うほどそりゃ楽しくなるけど馴化してくるからね。あと所詮は消費だから飽きたら終わりだしモノが増えたりするだけだしね。でもそこで快楽ってのが入力とアウトプットによるものだとこれってやっぱ最強のドラッグなんだよね。それこそヘロイン並だと思うんだわ。


逆に色んなことがクソでもこれがあればやってけるなっていうそれだよね。で、それに関して凄くハングリーでいるってことだよね。そんなにハマれることは多くないから見つけたんだったら超大切にしないといけないってことだよね。それを壊さずにそれと長く共存していく方法ってのを模索するんだよね。一気にやって燃え尽きるとかじゃなくて時間をかけてやって細かいフィードバックに気を配ってまたそれを出力として出して・・・っていうそういうところに関して凄く意識的になるってことだよね。生成のプロセスの中に新たな生成の契機を見つけるっつーのかな?それがまぁ俺の言いたいドープにやるってことなんだよね。極めたいというよりかは強度を持続させたいっていうそういう切実なものだよね。そういう意味でめちゃめちゃ実存的なんだわ。


まぁでもやっぱなんかここ一か月ぐらいずーっと作り続けててその間ハッピーでんで今ちょっとラッシュが落ち着いてもうちょっとゆっくりやろうかな?って思い始めたらもうなんか鬱っぽくなってきたんですよね。ようは完全に作ってる間の快楽に依存してるんだよね。それがないとまたマジの虚無に落ちちゃう。いや、元のSurgical Mental Klinikって自分自身のメンタルヘルスのためにノイズを作るっつーコンセプトだったんだけど今のSMKも基本同じだなって思ったんだよね。昔のSMKやってた頃もずーっとそれやってたから生きていられたようなもんだしね。まぁそっからだんだん学問に目覚め始めてきて作ることに依存しなくなってはきたけどまぁそういう意味で二重のバリアって感じですかね。作ることに依存しつつ合間合間にクソ読むのに時間がかかる政治哲学の本とか読んだりしてまぁあとコンスタントに映画を見ることだね。そういうのを繰り返していけば歪に落ちることなくやっていけそうだわ。まぁでもなんか基本的に興奮したりしてるから情緒不安定にはなるよね。あと異様に疲れるっつーかすさまじい疲労感が出るときとかあるんだけどそういうときにまぁカフェインとか摂るじゃん?で、まぁカフェイン依存になっていって・・・っていう繰り返しなんだけどまぁ不健康っつっちゃー不健康なんだけどでも精神的には健康なんだよね。ただまぁなんか感覚みたいなものを研ぎ澄ませていくと情緒不安定になるのは確かだね。でもそれは鬱よりかは全然マシなんだよね。


まぁしばらくはこれでやっていこうかなって感じになってきてるね。なにより毎日楽しいからね。自分の世界に没頭できるってのはそれだけで幸せなんだわな。あと時間が一瞬で過ぎるってのもいいね。常に時間が足りない感じってのが毎日続くってのがまた強度に繋がってるっていうかまぁ緩むことがないってことだよね。それが強度の持続ってことになってるんだよね。


まぁそんな感じだわ。んじゃまた。