ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

わたしがウォール伝を書くのは地上に平和をもたらすためだ、 と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために書いているのだ。

アシッド真っ最中。

今日のアシッドはクラフトワークです。

 

soundcloud.com

 

作ってると他の時間全く無くなるんだけどやることないからいいね(笑)んでまぁ所謂DTMやってたのがもう20年以上前でDAW関係って基本的なのしかいれてなかったんだけど最近作ってると例えばシンセにしても303とリズム以外の音作るの面倒だからプリセットでやってるんだけどだんだん飽きてくるからどんどん足す感じになっていくんだよね。

 

でもまぁぶっちゃけ超高性能のシンセでもっつーか高性能だからこそ売れ筋になってセールとかになってたりして簡単にゲトれるからいいよねっていうね、んでまぁ予想以上に投資しちゃったから今アシッドにハマってます!じゃなくて永続的にできるようにしていこう!と思って配信してみようと思ったんだよね。

 

作っちゃえば後はどうでもいいんだけど色々と調べるとようはリリースっつーより例えばサンクラだけじゃなくて他のサイトにも同時登録できますよっていう昔のホームページとかを検索エンジンに一挙に乗せるサービスとかあったけどそういう感じで考えればいいんだよねっていうか露出を増やすってことですな。

 

ただ作ってるのが完全にオリジナルというものが皆無なので(笑)ちゃんとしたItunesとかでそういうのって配信できんの?って思ったらっていうかそういうのが多いから無理だろうって思ってたんだけどLANDRっていう配信サービスのところがあって驚いたことにカバー曲の配信もオッケーらしいんだよね。

 

んでモノは試しだからやってみたんだけどライセンスエージェンシーみたいなのに頼んでるらしくてそういうのも含めた月額の料金なんだと。でもまぁ安いよね。YMOのカバーを配信したいです!なんつってアルファレコードに連絡する!とかさ、そんなの素人じゃ絶対無理だろうけどなんかまぁそういうところを色々やってくれるらしいんだよね。まぁ金はただですらストリーミングじゃ全然入ってこないんだけどカバーだとなおさららしいけどあくまで露出を増やすっていう広告みたいなもんだからそれ考えると安いよね。

 

普段の俺のナチュラルでデンジャラスな音楽的アナーキズムを発揮したままライセンス関係も例えば明らかに加工してない露骨なサンプリングだとサンプリングリストを作らなきゃいけないらしいんだけどまぁぐちゃぐちゃに加工しちゃえばいいし何より俺はKLFの思想を受け継いでるアシッドテクノウォーリアーだからね。著作権は解放するためにある!っていうまぁそこをガンガンやっていくんだよね。ダメだったらダメでまた考えればいいわけだし。

 

ただなんか配信ってこっぱずかしい感じがあるよね。サンクラとかだと録音してみました!みたいなプライベートな感じだけど配信ってなると自主製作とは言えリリース感がすげーあるからなんか敷居を高く感じちゃうんだよね。まぁでも誰も聴かないようなノイズよりかはテクノのほうが音楽として認識されやすいだろうっつーのとまぁある種超絶的にオーソドックスな音楽づくりをしてるなー今・・・っていう感じがあってなんつーか人に聞かせられるっつーのかな?

 

普段のやつってノイズとかめちゃめちゃなやつばっかだから聴かせられないんだけど普通の人にも聴いてもらえそうな感じがあるよねっつってもまぁ相当ノイジーだとは思うけども。

 

んでまぁそのLANDRなんだけど提出してから連絡来るまでえらい時間がかかるんだけどまず最初に配信言語を日本語にしてるのに英語のタイトルになってるだとかなんだとかっていうメールが来てそれ修正したら次はライセンス関係のことでちょっと時間がかかってるっていうことでカバーの場合、普通より3日から5日ぐらい時間がかかるみたいなメールが来て逆に「え?行けんの?」っていう感じがあるよね。

 

ただ俺みたいなもんでもYMOのカバー!なんつって出せるとYMOのお三方永遠に儲かるよね(笑)曲もテレビで使われるしCDは永続的に売れるしんで無名のやつがカバーしたらクソみたいな再生回数でも一応金入ってくるしそういう意味で永遠に聴かれたりカバーされるような曲作るとすげーなって思うよね。んでまぁあれなんだよね、電気のカバーもやってるじゃん?んでYMOいけたら電気もいけるだろうっていうか今は事務所的にどうなってんのか分からないけど電気のやつをまとめてEP的に出そうかなと思ってるんだよね。

 

そう考えるとなんかワクワクしてくるよね。ただまぁ配信自体はプライベートなやつは昔からやってるからいかに聞かれないかってのが分かってるから期待しないんだけどね(笑)まぁなんつーかそのカバーを明記すれば配信できるっつーのが決め手でしたね。

 

ユニオンガールズに告白するぞ!とかハコ借りてイベントするぞ!とか当初の計画と全然違うけどクリエイターコースはなかなかいいんじゃない?って感じだよね。ハウスはJackしてナンボ!だから色んな所から色々取ってくる俺としては最適な選択ですよね。まぁハウスっつーかテクノだけどJackする感じってのは初期シカゴ精神ですよね。

 

で、俺なりのファンクをやると。もうなんかね、去年のレコード熱復活からの流れが神がかってますな。gizm0x x0xb0xもそろそろ完成するみたいだし楽しみでしょうがないわ。んで申請中の曲はとりあえずリリースされたら告知するわ。「金儲けのためにアシッドをやっている」ってDJファンクばりな感じになったら最高っすな。自分の心はデトロイトとシカゴにありますね。

 

ってことでそんな感じで今日はこの辺で。