ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

わたしがウォール伝を書くのは地上に平和をもたらすためだ、 と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために書いているのだ。

ほどほどに孤独。

ずーっとMOBAやってて廃人みたいになりかけてるけど(笑)ちょっと思ったことがあるのでね、書くわ。

 

まぁそれってのも人とか社会とかってことなんだけどっつっても大風呂敷を広げると面倒になるからあくまで個人的なレベルでのことしか書かないけどまぁ実際は散々書いて来てて昔から言ってることの繰り返しなんだけどもっと世の中とか人が論理的だったらなぁーって思うんだよね。

 

AがBならBはAってまぁ自明だけどそれがスムーズにいくことなんてレアでしょ。相当に単純なことだったらともかく別に複雑なことでも結局は分解すれば論理なわけでっつっても全てが論理だ!なんて言わないですよ。小室直樹じゃないけど小室直樹が言ってたように俺も究極的に論理的な人間だから非合理的になりえるっていう感じなんだけどこれってまず論理のレベルをクリアしてるから非合理になれるわけだよね。

 

その人間のファジーな情動とかパッションとかそれこそ今俺がやろうとしているファッションの勉強なんて合理性から考えたらありえないでしょ。片手間で独学でやるならともかく学費が死ぬほどかかる学校に行くとかしかもこの歳で?とかありえないでしょっていうまぁそのありえなさが面白いってことでもあるんだけどまぁいいや。まぁこれも論理を通り超した非合理性だよね。

 

でもそこでさ、学校行くにもすっかり抜け落ちてたのがヒューマンファクターだよね。年末から今ぐらいにかけてっつーか最近ちょっと右手を怪我して太極拳の稽古にも行けてない状態でハードコアなぐらい引きこもりというかまぁ今のこの状況だと引きこもり推奨なわけだけどそこでちょっと人間ファクターで「はぁー」って思うことがあるとハッと思うのが誰からも干渉されずに邪魔されずに好きなことに没頭できるってのはなんて最高な環境なんだ!ってのを改めて思ったんだよね。

 

っつってもMOBAは対人じゃん!っつっても前に書いたようにチャットはオフにしてるしかといっても下手な時はスコアが悪すぎるとか所謂戦犯扱いされて通報とかされるんだけど最近はさすがにマシになってきたからそれも無くなったから余計に平和なんだろうね。

 

今の環境はぬるま湯なのは分かるんだけどでも別に常に熾烈な環境に居る必要があるのか?っていうと別にそうでもないじゃん?まぁあと大変な過去とか時期もあったから相対的に今は恵まれてるって思えるんだけどそれってやっぱり人からの干渉を受けないっつーところが大きいんだよね。ゼロではないしずーっと一人なわけじゃないんだけど一人の時間が多いから平和な時間が多いってことなんだよね。

 

んでちょっとさっきも書いたけど他者のヒューマン要素でちょっとイラッとすることがあると「あーこの嫌な感じだな」って思ったのがようはヒューマンファクターなんだよね。中国拳法を習いたい!とかって思っても道場がどういうところなのか?っていうのも重要だけどうざい人間がいないということが凄く重要じゃん?そんなの気にしなければいいっていっても気になるからそれは無理なんだよね。

 

そんなこと言ったら何もできないじゃん!ってことになりそうだけどマジである意味そうなんだよね。ちなみに今行ってる太極拳のクラスは先生も良いし少人数制でちゃんとした人しか来てないから全く人間関係におけるイライラファクターがないんだよね。だから続けられているっていうのも大きいんだけど。

 

でもさ、結局学校に行くだの半分冗談にしてもそのスキルを使って仕事をするだのっつってもそれって仕事とか学校だけじゃなくて人間が絡んでくるじゃん?そこだよね。厄介なのは。ただ恵まれてる人っているんだよね。なぜか嫌な奴に会わないとかずーっと連絡とり合えるぐらいの友達が色んなところで出来るって人もいてこればかりは不確定要素なんでどうにもならないんだけどさ、そこでまぁなんつーのかな?いや、もっとポジティヴに考えようぜってのは分かるんだよね。良い出会いがあるかもしれない!とかね、ただまぁそういうのに散々裏切られてきたり期待すること自体が間違いってさすがに分かってるわけでそうなるとまぁ防衛的なニヒリストにならざるを得ないよね。

 

もちろんそんな期待はしてないんだけど人間要素が絡むが故のネガティヴ要素に出会わないとなぜ言い切れる?ってことなわけでそれって今の平和なほどほどの孤高な生活にノイズを入れるようなもんで、しかもそれに労力とコストもかかるとかありえねーじゃん!っつっても思い返せば苦労だらけだったニューヨーク生活で鍛え上げられたものってのがあるから今の俺があるんだけどただもう一回あの苦労をしろと言われたらさすがにしんどいよね。

 

だから今になると「よくやってたなぁー」って思えるんだけどさ、成長に繋がるような苦労ならいいんだけど全く無駄な苦労ってのもあるわけでっつってもまぁ無駄な苦労も結果まぁ経験値になるからいいんだけどヒューマンファクターを考えると本当に恐ろしくなるよね。

 

まぁただそうなると守りに入る人生になるし人を避けるようになったら隠遁モードに拍車がかかるからそれはマズいなと思うんだけどでもさ、昔、今も通ってる心療内科の先生に当時先生にこういうことを言ったんだよね。まぁようは虚無感とかってのも友達がいなかったりっていっても別にいないわけじゃないんだけど人間関係とかが無いから何か楽しいものを共有するとか好きなことについて語り合うとかってのが出来ないからなんつったらいいのかやっぱり人間関係って必要ですよねって相当昔だけど聴いたらさ、先生は今の俺みたいに誰からの干渉も邪魔も受けないで好きなことをやり続けられるなんてそこまで恵まれた環境なんてないですよ的なことを言われたんだよね。

 

先生がどこまで行ってたか分からないけどようは一般的に臨床的っつっていいのか分からないけど患者さんの半分以上は何らかの人間関係がトリガーになって心療内科に行くことになってたり心の病になったりしてるって言うんだよね。まぁでもそりゃそうだよね。俺みたいにトリガーが無くて元々気分障害とかがある人間ならともかく健常な人が鬱になるとかっつったらそれなりの理由があるわけでそれがようは人間関係なんだよねっつってもまぁ多岐にわたる人間関係でそれは旦那からのDVから親子関係から職場から学校から色々なんだけどまぁようは人間よね。

 

だから色んな患者さんを見ている先生からすると「何を言ってんだ」って感じだったと思うんだよね。別に友達を作るとかってのを否定はしないけど少なくとも言えるのは心療内科に行くハメになるような原因の大半は人間関係なんだってことでまぁそれって南直哉も著書で何回も言ってたよなって思い出したんだよね。

 

まぁようは何十年もの修行って客観的に見ると大変そうだけど実は本人的には楽でってのは確かサラリーマンとかを経験してる南さんからすれば煩雑な人間関係が無くてやらなきゃいけないことと修行と空き時間には仏教以外の哲学なんかの勉強もできるなんてこんな楽なことはないってことだったらしいよね。まぁ楽っつっても客観的に見ると楽じゃないんだけどね。まぁ朝めっちゃ早いとか飯が少ないとかまぁ一般から見たらすんげーストイックな生活してんなーってことなんだけど南さん的には結局は一番大変なことって人間関係だって言ってるよね。

 

ホント、そうだよね。自分の場合、人間関係までいかなくても人間が絡む要素で自分でコントロールするなりできない不確定要素に振り回されて心の平安を乱されるというのが本当に苦痛なんだよね。まぁそれはショーペンハウエルも言ってた気がするし昔からそう思ってたからショーペンハウエルにすんげー共感してたんだと思うんだけどまぁでも俺は人間嫌いではないし元々人と話すのは大好きなんだけど世の中ちゃんと話せる人ばかりでもないわけでそういう人と少しでも関わり合いがある時に胃に穴が開きそうなぐらいのストレスを感じるんだよね。

 

ってことで長くなったんでここで切るわ。1エントリーに何万字あると圧が凄いんでね(笑)まぁ何はともあれ俺が悩まなくなることはないだろうから書くことに困らなくていいなとかって楽観的に考えてはいますがね。

 

ってことでんじゃまた。