ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

わたしがウォール伝を書くのは地上に平和をもたらすためだ、 と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために書いているのだ。

行と宗教と金と。

今日は宣伝じゃないんだけど、自分がキリスト教を深めていく中で必要なのはアカデミックな聖書学の知識とか大雑把ではない体系的な歴史ではなくて、禅とか仏教で言うところの「行」だっていうことに気が付いて、んでまぁそっからディレクションが決まったというか、ただ学術的なものに興味はあるから結局そっちは読んじゃうんだけどあくまで行をメインにしていくってことなんだけどね。

 

そこでまぁキリスト教神秘主義とか近代神秘主義とかニューエイジではないスピ寄りサイエンスとかの本なんかを読んでて思うのはいかに自分たちが自分の世界を作り出しているか?っていうことなんだよね。

 

それはもちろん過去にオワコンシリーズで「自分の世界は自分で作れ!」っていうテーゼに行きついて、まぁあと俺なりのハイパーリアルな感じとかってのも基本ブレてないんだけどそこから更に先に行くと、主観という常識を取り除いていくっていう作業が必要だなっつーところなんだよね。

 

まぁ俺は常識に生きないしそんなのどうでもいいと思ってるけどでもそれでも常識というより主観とか思いこみとか経験による決めつけというのが今の自分の主観を締め付けていると思うとそこからマインドを解放させないといつまで経っても成長しないし、そのまま学術の、所謂、左脳とか言語の世界で知識を詰め込んでも自転車操縦マニュアルばかり読んでて自転車乗らないみたいなことにもなりかねないからその訓練をどうしていくのか?っていうのに非常に興味があるんだよね。

 

だから今はスピではない古来からのヨーガの瞑想法とか神秘主義にしてもオカルトではないキリスト教に限らない主観に縛られないような世界というか、あとは事後的に神秘体験をしてしまったので世界観が変わってしまった人の話とか思想ってのに興味がある感じだよね。

 

そういった意味で既存のドグマがあるキリスト教には全く興味が無くなって、まぁあんなの特に西洋のやつなんかは宗教ロジックと教義学の理詰めなわけで、そんなものを勉強しても何の自分の役にも立たないって分かったからティリッヒとかのもう買っちゃったティリッヒの組織神学の本とかは読むけどそっちのほうに行く感じではないよね。

 

もちろん行をやるにしても最低限知っておかなきゃいけないキリスト教の知識ってのはあるわけで、それはまぁなんというか神学の学部生ぐらいの知識だと思ってるんだよね。んでまぁ俺は余裕でそれに満たないので基礎的な学習はマストなんだけど、基礎的学習の後の進み方に関してはディレクションができた感じだよね。

 

でもそれはなんつーかあくまでキリスト教がメインなんだよね。瞑想メインだったらマインドフル瞑想とかヴィッパッサナー瞑想とか色々あるんだけど、キリスト教神秘主義とか正教の静寂の祈りみたいなものを行として行えるように瞑想法に関しては進んでいると思われる東洋思想における瞑想法を学んで実践するという感じだよね。

 

で、それは当然気功にも太極拳にも瞑想ってのはあるから気感を鍛えるという意味でも必要な瞑想なんだよね。だからなんつーか世俗的な教会に属して教会に通うというような宗教ではなくて行としてやる宗教だよね。でもそれは宗教的要素を抜きにしてもある種物理的に瞑想が深まってメンタルが鍛えられたり脳に変化を与えることができるっていう意味で有効なんだよね。ただ俺的にはそこに信仰が介在すると最強だと思ってるから俺は最強の道を歩みつつあるんだよね(笑)

 

結果的にそれは禅と何の違いがあるんですか?って言われてもおそらくそんなに差はないようなものだと思うんだけどね。ただ禅とか仏教は散々読んだけど思想で止まってて帰依にならなかったのはなぜなのか?ってのは分からないけどキリスト教に関しては帰依が一瞬だったからねっていうかセレンディピティ的なことが俯瞰すると長年続いていたというのに気が付いていたからということなんだけどね。ただこればかりは感覚の問題だからなんとも言えないよね。

 

あと変な話になるけど確固たる信仰があるとオカルトとかスピ的な神秘主義に傾かないっていう安全性があるよね(笑)あくまで主は神というかキリストだからそれは揺らがないわけでそこの軸がとにかくしっかりしてるから一般的にはただのニューエイジに思われるかもしれないけどそこは全然違うというね。

 

ただそこでんじゃあ体験を起こすには?っつってドラッグを使うってことでもないんだよね。まぁある意味そういう体験はあるし(笑)そっちのサイケな世界は分かってるんだけど本当の体験ってのは個人が飛んでいるっていうところ以外に実世界とも関係してくる体験だから内在的な体験だけでは終わらないんだよね。むしろ内在的な体験だけだとただの脳内物質の変化で神秘体験でもなんでもないわけで、そういうのって大体諫められてるよね。気持ちよくなって神らしきものが現れてもそれは想像の産物だっていうね。

 

じゃあ果たして日常生活を送っていて行なんてものが可能なのか?っていうのはもうトライするしかないよね。そこは知識を入れるだけにフォーカスするんじゃなくて重要なのは行だと思ってないと生活に組み込めないし時間もかかることだから練習しなきゃいけないわけだし、そういうのと左脳のロジックの世界が繋がって、ただそれが常識というロジックにとらわれない体験を伴ったロジックになっていくっていうことだよね。

 

まぁ逆算すると体験が先行してるとロジックが変わってしまうということだと思うんだけどね。これが常識だと思ってたけどあんなものを見たり聞いたり体験してしまっては今までの常識が変わってしまう!というようなことだよね。

 

それはいろいろ読んでるし見たりもしてるから予想はつくしそういう世界があるのは分かるけど体験してないからなんとも言えないわけだよね。でもそればかりを求めすぎてもまた目的が変わってしまうから、あくまで行としてのキリスト教ということにフォーカスする感じだよね。

 

まぁそういうのって言葉で言うとEsotericなものでMysticなものということで読んで字の如くなんだけど、言わば世俗宗教とは全く違う秘教みたいなものだよね。小乗的といったらいいのか。どうも俺が世俗的な宗教やマインドフル瞑想みたいな世俗的な瞑想にうさん臭さを感じるのはもちろんメンタル面を鍛えるとか脳を変えるってのもあるんだけど、そこで最終的に他人に優しく接することができるとか他人を否定しなくなるとかってことなんだけど、ここが偽善的なヒューマニズムで虫唾が走るんだよね。

 

だってクソみたいな人間多いじゃん?クソみたいな情報も多いわけでさ、俺的に言えばキリストが悪人に立ち向かうなって言ってたのは悪人のヴァイブスに付き合うなってことだと思うんだよね。気功の先生にも言われたんだけど俺は感じやすい人間だからそういう人間に合わせてチューニングしてしまうと悪いものが一気に入ってきて心を蝕むらしくて、だから俺的にはキリストみたいにはなれないから自分の救いだけで精一杯なんですよ。

 

で、自分の救いができれば家族ぐらいの範囲の近しい人なら救えるとか癒せるようになるかもしれない。でも「人々の救済」は無理っすよ(笑)ゴミ8割の社会でそれをやろうと思ったら聖人でもメンタルやられて山に引きこもっちまいますよ(笑)

 

だから俺はその瞑想のプロセスで自分の憎たらしい暴走する雑念とかと同じように、普段は全くそういう人と接しないしチューニングしないようにはしてるんだけど、そういうゴミみたいな人を人と考えずに塵とか石として考えるっていう風にしてるんだよね。いつもサルがギャーギャー言うって書いてるけどそれはサルに失礼だと思うので、何かギャーギャー言う中には憑かれてるんでは?ってぐらい他人を批判するとかとにかくひん曲がってて邪悪でどうしようもない人は自然として考えてるんだよね。

 

そういうやつがギャーギャー言うのは自然現象で、さっきまで晴れてたのに急に雨が降ったっつって気象予報とかに怒りをぶつけるアホもいるけど基本、それが自然現象だったら怒ってもしょうがないし怒る対象が自然ってのは基本ありえないよね。例えば同じようなイライラする現象が起こっているのに対象が自然の場合、怒りはそこまで怒らずに対象が人だった場合、急激にムカつくのはそれを人として認識してるからなんだよね。

 

そうじゃないんだよね。それは災害みたいな自然現象なんだよね。急に雷が鳴って暴風に煽られてるけどそれは自然だから頑張って家に帰るかタクシー捕まえるかっていう対処ができるでしょ。それと同じなんだよね。

 

あと「自分だったらこうするのに!」ってのも他人は自分なわけがないからそれにイラつくというのは相当馬鹿らしいことなんだよね。仮に入ったコンビニとか店でまぁJ-POPが流れる場所ってあんまり行かないけど不可避的にそういう場所で結構な時間ガッツリそれが耳に入ってきたら聞かなければいいんだよね。所謂ノイズよ。

 

ファミレスでインキャパとかマゾンナがかかってたら最高だけど(笑)世間は逆だからJ-POPは俺にとってノイズだったらそれがノイズ音楽という意味ではなくただの騒音にまみれた環境で食事をしているとか買い物をしているっていうことになるだけでその音自体に怒る必要はないんだよね。

 

なんて浅はかな詩なんだ!とか詩まで聞いて分析するとか愚の骨頂でしょう。それはさっき書いたキリストが言っていた悪人に反抗するなってことなんだよね。まぁ俺流に解釈すればヴァイブスを合わせるなってことだよね。んでまたキリストの言葉だけど悪いものは全て内から来るんだよね。

 

ソースが自然だったらイライラしないのに人間という人格を認めるとイライラするのはなぜか?というのは心が勝手にそれを人格だと判断して「けしからん!」って思っている心の自動操縦だよね。だからそれは勝手に心が作り出している怒りなんであって相手が作っているわけでもないし自然が作っているわけでもないんだよね。

 

これがまぁ最初に書いたような主観が世界を作り出すっていうことで、まぁある種のエポケーよね。自然に顕在化したものに対して判断をしないということだよね。だからそれは嫌いでも好きでもない。ただ強靭メンタルを持っているわけではないのでバッドなヴァイブスのやつらとずーっと付き合わなきゃいけないと影響を受けちゃうから可能な限りそれこそそれを穢れとか呪いぐらいに考えるべきだよね。まぁキリスト教のタームで言うところのサタンだよね。

 

サタンよ!退け!ってイエスみたいに言えればいいけどそこまでの霊性があるわけでもないのでそこはそういう凄まじいベクトルを目指さなくても自分の救済で十分だと思うんだよね。

 

でもそれは自分だけ助かればいいということではなくて、自分が不健康だと他人に何かするとか助けるなんてことは上手くいかないわけよ。整体の先生が言ってたことなんだけど本人が不健康で施術をしようとしても技術とか知識はあっても結局ダメになるっつってたんだけどまさにこれだよね。

 

社会貢献をしたい!って野心があるならまず金を作れ!ってのと同じだわ(笑)金あればなんでもできるでしょう。だから利他ってのも俺はやろうと思わないけどやろうと思うならまず自分を救ってからだよね。

 

ただこういう自分なりのミッションがあってそれに忙殺されてほかのことに疎くなるってのはしょうがないと思うんだよね。ミッションをこなすための勉強とか自分で身を立てるための勉強とかも含めたものに時間を費やしてたら時間なんてほとんど余らないでしょう。時間がある俺ですらそうだからね(笑)

 

何かしたい!とかボランティア精神!とか言ってる人に限ってそういう内面とか金銭面が足りなかったりするんだよね。結果的にいらない洋服を被災地とかに送り付けて言いづらいんだけど「洋服はいりません」って言われちゃうとかさ(笑)まぁ残念ながら支援は大体において金が最強ですよね。それもうさん臭い団体に渡すのではなくて直に使えるようなところをリサーチして匿名で寄付するとかね。

 

中途半端な善意ほど偽善的なものはないしそんなの自己満足だからね。それをやることで自分が満足したいとか救われたいとかいいことをしたって思いたいっていうオナニーなんですよ。だから本当に善いことをしようと思うなら人並みの生活なんかしてたら絶対無理で凄まじい勉強とか訓練とか金によって救うなら金稼ぎとかね(笑)金ってなんか嫌らしいとか清貧の精神とかって言うけど貧者に金渡したらどんだけそれが役に立つわけよ?って話だよね。

 

人間的にリスペクトは全くできなくてもZozoの前澤が多額の寄付とかばら撒きをしてるのはそれがポピュリズムでも金で救われる人は大勢いるからそれは正義だよね。だから心の余裕と強靭メンタルと金があると最強なんだよね。

 

たけしが酔っ払うとその辺のおっちゃんにいきなり一万円上げちゃうとかってのも酔っ払って気持ちよくなった金持ちの行動なんだけど結果的に一万円上げてるから正義なんだよね(笑)それがそのおっさんの家計の役に立つというのは紛れもない正義だ。

 

だから精神とか念みたいなメンタルっていう波動とかと同じく金もまたエネルギーなんだよね。ただのルールではあるんだけど高僧が弟子にチャクラの開き方を伝授するみたいな大変なプロセスを経なくてもインスタントにエネルギーを送れるってのが金だよね。

 

だからそういう有り余った金をそいつがどういうやつであれ他人のために使えるってのは凄いよね。善人面したやつほど金貯めこんでたりするからな。あと「お金あるんでしょ?」って言われても目立たない格好をして一般人を装ってるとかまぁこの時点で人を騙してるってことだからね。デフォの格好が目立たない格好ならいいんだけど現代やくざみたいに堅気のような恰好をするってのはステルスってことじゃん?

 

金がありそうに見させないっていうステルスは欺瞞ですよね。世界はそういうのに満ちてるよね。常に苦労するのは金がない生真面目で優しい人だよね。だからそういう人に金が行くような流れになればいいと思うんだよね。エネルギーとして考えれば芯から心が優しい大金を持ってもブレないような善人にお金が行くのがいいに決まってるんだから。

 

最近は金という概念が無くなればいいと思ってたけど、金が悪いんじゃなくて金の回り方のシステムが不健全だから貨幣システムが変わっていけばいいんだよね。今のままだから富裕層がより増えて世界の半分以上が貧困層になるんだって言われるんだけど、それって現在の貨幣システムが今後もずーっと続いたらの前提だよね?

 

そうじゃなくてシステムを変えなきゃだめよ。その貨幣システムを受け入れて前に書いたように恐怖ベースで貯金にいそしむとかただゾンビが増えるだけで何の得にもならないから金で善人が活きて活動できるような人間ベースの貨幣システムになればいいよね。今は金が中心のシステムだからね。だから善人なのに金のために人格を捨ててえげつないことをしなきゃいけないこともあるみたいなことになっちゃうんだけど、それが発生した時点で人間と行動の間に歪みが生じるからね。

 

そういう不健全な磁場のフィールドが世界中に張り巡らされているって考えるとそのフィールドを壊すというよりフィールド自体はいいとして、フィールドのシステムを変えなきゃいけないよねって話だよね。だから俺は前からどう稼ぐか?よりもどう変えればいいのか?のほうにしか興味ないんだよね。何しろ今のシステムが大嫌いだからね。まぁ根本ド左翼なので(笑)

 

あとはまぁ人の9割以上が「無理だ」とかあとは人間的に「お前には無理だ」って言われるようなことを「やりたい!」って思う俺の性でもあるよね。でもその「無理」ってのも現状のシステムがデフォだと信じてるだけでちょっと変わればいとも簡単に崩れるものだったりすると思うんだけど、まぁそれを許さない既得権益を持ったやつらが強いってことでまぁそういうやつらばっかに金が行ってるのが問題なのよね。

 

緊急事態宣言でエンタメ業界がぶっ壊れるとか地盤が強くても相当なダメージを食らうとかさ、そのエンタメってのも金を吸い上げるようなシステムだったら潰れればいいと思うけど必要なエンタメってあるじゃん?あと個人の料理屋とか飲み屋とかさ、人情な感じっつーの?そういうところがまず最初に潰れるよね。で、言われる言葉は「ビジネスとして内部留保が無いのが悪い」とかだったりするじゃん?

 

それ言い出したら大手しか生き残れないですよ。人情吹っ飛ぶよね。文化も吹っ飛ぶ。より金が中心になるよね。コロナ禍ってのはこういう元々ある金の流れの不健全性ってのがすげー如実に出てるよね。逆にウィルスがそれを知らせてんのか?ってぐらいだよね。まぁ亡くなっている人もいるから不健全な言い方ではあるんだけどプラスの面も見て行かないといけないからね。

 

だからまぁ期待だけじゃなくてなんかコロナで大本の何らかのシステムが変わるようにしないとダメだよねって前にも書いた気がするけどね。結果的にウィルスが金のアンバランスを正す結果になりましたとか、そういう良い帰結にしないとダメだ。これで今まで通りより貧しい人は貧しくなって富むやつらはガンガン儲かるってのはね、もう倫理の問題ですよ。個人の問題超えてますからね。

 

まぁそんな感じで今日はこの辺で。