ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

わたしがウォール伝を書くのは地上に平和をもたらすためだ、 と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために書いているのだ。

機会の平等の重要性。

ガラでもないんだけどコロナ禍とかさ、稼ぎ時のGWにまた緊急事態宣言が入ったりとかでなんかほかにやらねーとなって思ってて副業始めたんですよ。何かは言わないっつーかまだ立ち上げの段階なんだけどAmazon転売とかブックオフで本を買ってきてヤフオクで売るみたいな俺がやりそうなやつではないものを(笑)やってて、コミュ力とかがだいぶ必要なもんでさ、あとまぁ営業とは違うんだけど営業の基礎は絶対必要!みたいなね、そんなのやったことねーじゃん?

 

副業の勉強もさることながらそういう電話の仕方とか取引する方と会った時の話し方とか、今までってぶっちゃけこっちが客でっていう話じゃん?で、今回のって違うから普段使わない脳とか緊張とかするじゃん?緊張はぶっちゃけしてないんだけどバリバリやってる人だとガキの使いレベルなんだけど初心者としてはしょっちゅうやると疲れちゃって体もさることながら精神が疲れるんだよね。

 

でも嫌なことは続けられないのは分かり切ってるんで「これならやれる!」っていうものが見つかったからいいんだけどスタート時は大変だなと思ってね、体も精神も疲れてるから16時間とか寝ちゃってってまぁそれだけ寝れるだけ感謝なんだけどね(笑)新卒でそれメインにいきなり配属されたら睡眠時間無い中でそれやるわけだから若くても体おかしくなるよなとか思ったり。

 

ただ相変わらず内容はともかく言っちゃうことって大事じゃん?俺は青年(アラフォー)実業家です!って言っちゃえばやらざるを得ないし業績も出さなきゃいけなくなるから追い込みになるよね。「無理だったらやめたらいいや」という退路を断つってのはポイントだよね。

 

でも結局、会社とか上司とか居てやるわけじゃないから追い込むにしても自分の裁量でできるしノルマを課すぐらいじゃなきゃいけないんだけどそういうの無いじゃん?だから思ったのはやること自体に苦痛は全くないどころか楽しくて、おそらく会社でやったら人間関係とかパワハラ上司にガンジャかけられるとかっつーそういう要素なんだなって思ったよね。

 

そう思うと会社出勤なんてできない!っつーのも毎日必ず朝起きなきゃいけない!とかさ、調子悪い時も行かなきゃいけない!っつーところなだけで、自分の裁量でやれるならむしろ楽しいことってあるんだなってこれはなかなかの大発見ですよ。

 

んでまぁあれじゃんね、高校兼フリースクールだった時以来の携帯ゲットだよね。家族がIphoneなんでIphoneにしたんだけど使いだすとエグいよね(笑)外出ても当然電車の路線調べられるし迷ってもGoogleマップあるし、ご法度だと思ってたレコとかCDとかの内容をネットでその場で確認できちゃったりとかさ、まぁなんかそれだけでも金払ってもいいってぐらいメリットあるよね。

 

もちろんメインは電話にしても使い始めると持ってないのがありえなくなるよね。外出時のメリットが高すぎてしかも今はその副業で必須アイテムでまぁプライベートでもガンガン活躍するっていうね。

 

ただなんか金に余裕があって副業立ち上げられるとかじゃないからプレッシャーあるんだけどまぁそれが逆にいいんだよね。金があってやるんだったら精神的に緩むだろうしプレッシャーそんなにないけど今はやる以外ないって感じになってるからなんか神学も含めて面白い流れになってるなって思ってるんだよね。

 

そこでまぁ実務っぽいところで調べるにしてもズリネタからレアアイテムまで調べるっつーところの作業とかが慣れてるから新しいことでも調べるのは早いよね。でもまぁせどりみたいなもんじゃなくて結構な金がかかるものでましてややったことがないところだからここ最近は全くリラックスできる時が無いんだよね。

 

その副業に関する勉強とリサーチと・・・ってことをやってるとあっという間に一日が過ぎちゃってて、でも嫌なことじゃなくて能動的にやってるから時間があっという間なんだよね。絶望的な環境で働いてる人に比べれば子供の遊びみたいなものにしても、基本、生活かかってるからストレス半端ないよね。

 

ただ追い込めば追い込むほどやらざるを得なくなるし、こうやって公言しちゃうっつーかまぁウォール伝で言うことを公言といっていいのか分からんけど(笑)アメリカ時代も退路を断つ!で常にやってきてるからあの時のほうが英語をうまくしゃべれないストレスとか詐欺師に引っかかったときのめちゃめちゃになった生活とかって比べると超楽なはずなのにかれこれ10年前だし若いからできたってのもあるんだろうなって思うよね。

 

今は朝早すぎると徹夜して外回りみたいなのをしてるんだけどやってるときは疲れないんだけど昔みたいに寝ても一日で疲れが取れないのね(笑)んで馬鹿みたいに寝ちゃうし。まぁさっきも書いたけど寝れるだけマシなんだけどね。

 

でもそこで思うのは俺は色々とチャンスを頂いてやれることがあったからいいし、今の副業にしてもそうなんだけど、そういうチャンスが無い、しかも俺みたいにパニック発作・躁鬱・不眠・ロングスリーパーみたいなディスアドバンテージを抱えて生きている人ってのはやってけないじゃん?んで難治性で就職は不可能って分かってて障碍者の保険もらえるんだけど小泉移行通らなくなったしね。あとまぁ医療に金がかかりすぎててもっと重病な人優先になってるから仕方ないにしても、軽度の障害を持ってて国からの支援とかがそこまで無い人が歳を取るとリアルに詰むよね。

 

だから俺が今後どうやって一人でやっていくのか?ってのも含めてのケーススタディだよね。あとまぁ日々でも嫌なこと多いよね。家族は違うけど、ロングスリーパーなんて理解されないから「ずーっと寝てるやつ」とかって言われるし、調子が悪い時なんかもまぁ他人に分かるわけがないからさ、それが認知的歪みで鬱になってるならそうならない認知療法とか今やってる瞑想みたいなのを全力でやるべきなんだけど不可避なサイクル的な鬱ってあるからね。まぁ俺の場合はあるんですよ。

 

でもそこでなんとかやっていってくださいねっつわれてもこうやって実際に生きていけるにしてもコロナで大変になったりして自分はまだいいんだけどそういう障害を抱えてる人はどうするのか?ってことだよね。もちろん今は普通の人もどうするか?なんだけど重度とは認定されない軽度の人はもっと大変だよね。

 

結局、こないだ書いたことと矛盾するようだけど「飢えて死ぬかもしれない」みたいなDNAレベルで刻まれた恐怖が出てくるわけで、心がそれに支配されちゃうのもしょうがないし、ましてや精神病持ちなら余計にそれが増幅されるじゃん?

 

まぁそういうディスアドバンテージがあったほうが障害を克服しようとして邁進するように脳ができているらしいけど邁進にも機会があるからね。邁進まで行かないぐらい生活が色々と労働なり病気なりでがんじがらめになってたら挑戦すらもできないからね。

 

当たり前の話になるけど、そういう意味でチャレンジの機会の平等性って絶対必要だよね。自分は機会を与えられてるから本当に恵まれてるんだなって思ってるのよ。いや、自慢じゃなくてね、ただそれって自分が運が良かっただけで、じゃあそうじゃない人はどうなるの?って話だよね。普通のことするだけでも困難なんだからね。

 

まぁそんな感じ今日はこの辺で。