ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

わたしがウォール伝を書くのは地上に平和をもたらすためだ、 と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために書いているのだ。

つまんねーから神展開へ。その4。

ってことで続きです。

 

まぁあとついでだからSurgical Mental Klinikの話でもするか。こっちは大したことないんだけど(笑)mp3.comでほとんど実験音楽とかが載ってなかった時代に俺は大量に自分の載せてたから常にランキング一位!とかだったんすよ。んで当時ってうさん臭い自主レーベルが乱立しててまぁちゃんとしたところもあったけどアメリカのミシガンの自主レーベルとかあとポーランドだったかスイスだったか忘れたけど断続的に色んなところから「今度コンピ作るんすけど参加しません?」みたいなのが来てぶっちゃけまぁクオリティは低いんだけど(笑)そういうのを「ああいっすよ」みたいな感じで送ってんでギャラは完成した荒い自主製作CDR10枚とかで(笑)色々やってたんだよね。

 

あとまぁノイズとかを出してるレーベルに片っ端からコンタクト取って「デモ募集してますか?」なんて聞いて募集してたら住所聞いて自分が作ったやつをCDRに焼いて送りまくってたんだよね。それこそアメリカとかあとロシアとかドイツとかスウェーデンとかマケドニアとかホントにアングラの自主レーベルが乱立してたから送りまくってたんだよね。

 

んで一つ凄かったのがSelf Abuse Recordsっつー荒いレーベル乱立系じゃないしっかりとしたノイズアメリカのノイズレーベルから反応があってサブレーベルでCDRでのリリースならいいけどどうですか?みたいな感じで、んでまぁ「よっしゃあ!」とかって思ってそこから出してもらったりしたんだよね。そういうのがSurgical Mental KlinikのDiscogsに載ってるやつだね。俺が作ったわけじゃないんで誰かがSurgicalのページわざわざ作ってくれたのかね。

 

Surgical Mental Klinik | ディスコグラフィー | Discogs

 

あと今ではすっかり有名になったフィンランドのDeathspell OmegaのMikko AspaがやってるFreak Animal Recordsってところからリリースできたりとかね。まぁ最悪なレーベルだと音源送って後は全く連絡なしとかね、Richard Ramirezがそんな感じだったんだけど(笑)Self Abuseとかなんかはレーベルのオーナーが手紙までくれたりして、まぁあれだわな、中学行かなくなった後の引きこもり期間の活動がこんな感じってところだね。

 

そっからちょっと体調良くなって美学校行くようになってまた流れが変わって、まぁそっからアメリカ留学って感じになるんだけどSMKに関してはそんな感じやね。あ、んでまぁあれか、Youtuberだった時期もあったか(笑)帰国後に大量のペースでマッシュアップ作ってたときね。パフュームとかきゃりーぱみゅぱみゅとかの知名度が凄いから単純にそういうアクセスが凄くて、あれでアクセス数の感覚がぶっ壊れたんだよね。

 

凄いYoutuberに比べたら全然だけどただ一つの動画に何万とか何十万アクセスがあるとかってありえないっすからね。当時も書いてたけど俺は中田ヤスタカのイマイチな音をかっこよくしているのだ!とかって豪語してたけど(笑)パフュームをドラムンベース化したやつをアップした数か月後にパフュームのドラムンベース風の曲ができたりして俺がオリジネーターじゃん!とか思いつつ(笑)二年ぐらい止まらなくてひたすらマッシュアップ作ってたんだよね。

 

んでまぁレコードなんたら法人からシャットダウン警告が来て潰れたわけなんですけどある意味、マッシュアップとは言え俺のコンテンツに一番アクセスがあったのは決定的にあの時期だね。もちろんアクセスが多かったのはパフュームときゃりーのやつだけどね。だからまぁ俺っつーより彼女らが単純に有名だからっつーんでアクセス数凄かったんだけどね。ただでも明らかにへたくそなやつとか低評価付きまくったから削除したりしてたけどね。

 

んでまぁそっからアンチクライスト方針でSurgical Mental Klinik改めSatanic Mental KlinikになってSacra Mental Klinikになって今に至る・・・みたいなね、いや、履歴送ってって言われたら色々思い返したら色々と思い出しちゃって書いたんだけど(笑)別に簡単なBioだから数行のシンプルなやつでいいんだけどね。

 

ただまぁすげー変な言い方するとさ、自己承認欲求とかもマッシュアップのアクセスで相当満たされたんだよね。毎日見たらアクセス数が何千って単位で変わってて何百って動画っつーか動画形式でマッシュアップをアップしてたからあんまもうアクセス数とか興味なくなるのね。

 

んであとウォール伝なんだけどアメリカにいたころは普通にコンテンツが面白かったと思うんで(笑)かなりのアクセス数があったんだけど、あれは当時のグーグルのアルゴリズムがまだ甘くてこうやって大量に書いてると例えば「生きづらさ」とかって検索するとウォール伝がトップに来たりしてたんだよね。

 

でもアルゴリズムがちゃんとしてからは(笑)全然そんなこともなくなってアクセス数が激減したのとまぁ帰国後にあんま面白い話がないってのもあったと思うし飽きられたのかな?とかとも思ったけど数年間の凄いアクセス数でこれもまた満たされちゃうんだよね。

 

なんかだからアクセス数を稼ごう!とかっていうベクトルに行かないんだよね。別に稼いだら稼いだでそれまででだからなんなの?っていう「So What?」の世界になっちゃうんだよね。まぁマネタイズとかできてれば違うのかもしれないけどさすがにそういうレベルではないのでね(笑)

 

で、趣味は趣味でギター買ったり弓道やったり居合をやり直したりあらゆるゲームやりまくったりその時々に興味があるトピックについての本を読んだりまたスニーカー収集を始めてんでまぁ都内で定期的に洋服買うようになったりグルメを趣味にするようになったり・・・っていう並行で色々とやってきた結果、やりつくしてつまんねーってなってるのが今って感じなんですよ(笑)

 

もちろんやりつくしてないんだけどね、ただまぁ普通だったら限られた時間の中でちょっとずつやることをフリーダムに身を任せてやりたい放題やってきたから色々とやれちゃうんだよね。まぁあとテクノロジーの発展も大きいよね。明らかにコンテンツ消費とか何かをゲットするにしても効率が良いから手に入るのが早いんだよね。

 

ってことで続くんでんじゃまた。