ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

ちょっとした暴力の必要性について。

ビットコインの話の続きはまた今度ということで今日っつーか最近思うことってのがまたあってね、それ書くんだけど何から書くかな。あれなんだよね、将棋についてネットで調べてたらネオニートっつーかまぁ実はニートじゃないエリートphaさんのブログとかあとちきりんさんのブログとかがヒットしてなんかインテリブロガーは将棋にハマりがちっていうあるあるなのか?とか思いつつまぁ俺がインテリブロガーかはともかくとしてphaさんってだいぶ前から別に知り合いじゃないけど当然存在は知ってるんだけど何年かぶりにその将棋関係でヒットしたっつーので読んだらすげー本とか出しててまぁなるべくして成功したなっていう感じだと思うんだけど実は一冊も読んだこと無くてさ、ただまぁブログはよく読んでた時期があったんで大体知ってるんだけどkindleでphaさんの本のいくつかがセールになってたんで買ったんだよねっていうか結構色々まとめ買いしたかな。まぁそのきっかけは将棋ということね。あ、phaさんの本を買ったというきっかけね。

 

んでまぁ本は実はまだ読んでなくてちゃんと読もうと思ってるからフォーカスできるときにって思ってまだ読んでないんだけどっつーかまぁどれか忘れたけどちょっとは読んだんだよねっつーかだったら全部読めよって感じなんだけどまぁちょっと思ったことがあるんでねっつーのがphaさんはニートではないんだけどなんつーか俺も元々はphaさんっぽい感じの考え方だったしそれでよかったんだけどまぁ色々とそうはいかなくなって仕事やるようになってってまぁ仕事やるってほど大げさなもんじゃないんだけどあとまぁなるべく外に出て人と関わるということだよね。まぁphaさんは人との交流は大事と言っていてそれはそうなんだけどただまぁなんつーか最近色々あるのとまぁあんま自分のことばっかって感じではなくなってるんだよね。生活的に。まぁそれでも自分中心だけどね。

 

んで思ったのはまぁ当然そりゃ所謂社会人としては当たり前の気苦労ってのがあるわけでそれはまぁ別にどうというほどではないんだけど道場に行っててもそりゃあるよね。特に人間関係に関しては敏感だからすげーそういうのには反応しちゃうってのがあってさ、まぁそれはそれでいいし上手くいってるんだけどぶっちゃけやっぱ人と関わるってすげーコスト高いよね。自分から選べるならともかく選べないような場合とか特殊な場合で色んな人とちょっとしたやり取りをする必要があったりとかそれもまぁ普通の所謂社会人に比べればゴミみたいな微々たるレベルなんだけど(笑)ホント、疲れるよね。将棋と数学だけじゃ闇に飲まれる・・・っつってもやっぱりそれが一番楽なんだよねってそれいっちゃーおしまいなんだけどね(笑)

 

俺のリアル路線ってそういう世界で別にオッケーっていう自明のことを超えてリアルをヴァーチャルから構築していくってことなんだけどまぁそのリアルってやっぱ人との関わり合いが介在するじゃん?理論ではヴァーチャルで弓を引いていてリアルでも引くようになってそのヴァーチャルとリアルの感じが混ざり合ってハイパーリアルになるっていうことなんだけどそれは弓術というところだけを見ればそうなんだけど実際はまず道場なら通うという当たり前のことから(笑)あんま具体的なことは書きたくないんだけどまぁやっぱ俺って怒りの沸点がすんげー低いからすぐイライラするんだよね。んでもまぁしょうがないことならいいんだけどこないだ決定的なことがあってかなり年下のまぁ道場の論理とかで言えば先輩ってことになるのかな。

 

そいつがいきなり先輩風吹かせてくるようになってきててまぁ単純に俺が上手過ぎて上達早くてそいつは苦労してるから一瞬で追いつかれる(追いつかれた?)のが気にくわないのかなんかちょっとちょっかい出してくるようになってきててっつーか何かというと近くを通ると「え?」「は?」とか言うようになってさ、いや、全然話が合わないし入門したての頃にちょっと話しただけで全然話してないからまぁ当然お互い敬語なんだけどなんかそういうルードな感じになってきてるなーとは思ってたんだけど先生方の一人に稽古終わりに安土の整備に行ってくれって言われたんで行ったんだよね。でもまぁ普通は大事なことだから誰かしらの先生とかもっと長くいる人と一緒にやるもんなんだけど俺一人でまぁーしょうがないかーとか思いつつやってたんだよね。

 

そしたら後ろから「ねぇ!ちょっと待って!ダメ!んでこれ逆!」とかすんげー剣幕でなんかそいつが言ってきたのよ。別に大したミスはしてなくてただまぁなんて説明したらいいのか分からないけど立てかけるやつって言えばいいのかな。その立て方が逆だとかまぁあと待ってって言われても先生にやれって言われたからやってるんであってね、んでそもそもその態度とタメ口はなんなの?と思ってまぁ分かると思うけどすぐ俺キレるのよねっつーか我慢すると病むからキレることができる場合は必ずキレるようにしてるのねっつーか普段からキレたほうがいいとか書いてるやつが実際違ったら変だから(笑)まぁ俺は我慢しないようにしてるのね。実際うちの父なんかも根本では凄い正義感とか強く言う力とか言葉があるんだけど我慢しなきゃいけない場面とかも多くて結果的に心臓病になっちゃったりとかしてさ、まぁとにかく我慢はよくないんだよね。

 

だからまぁその場はキレそうになったっつーよりかはなんで怒鳴られてるんだ?俺?と思って「あれ?急にタメ口になったね?どうしたの?」って聞いたんだよね。まぁその聞き方ってのが「あー相手間違えたー」っていう感じの厄介なやつだったかーみたいな感じの言い方なんだけどまぁその一言でビビったのかっつーか本質的にビビらせてくるような人じゃなくてんで俺は童顔だからよく舐められるんだよね。

 

それには本当に困っててんでも実際はすぐ怒るから何かとその怒るとかいや、ここまでキレる人なのかって分かるまでに時間がかかるっつーかんでまぁ大体だから何かしらのことを相手が仕掛けてきてそれがきっかけで・・・っていうパターンが多くてまぁでもアメリカではそんな先輩風吹かせてくるやつはいないっつってもまぁ嫌なやつはいてまぁそういうやつとはやり合ったかな。フィジカルにではないんだけどね。

 

あ、んで別にそのあれよ、俺はキレやすい人間なんだ!みたいなことを言いたいわけじゃなくて(笑)ここがやっぱリアルのクソなところなんだよねってことなんだよね。純粋に弓をやりたくて行っていてまぁ急になんでそんな明らかにムカつくようなことをしてくるのか?っていうのはまぁ俺が上手いからだろうってのはそりゃすぐ分かるわけよ。上達早いからね。

 

でもまぁ当たり前だよね。普通の人より普段練習してるし本も読んでるしかけてる時間が違うよね。で、普通に通ってる人は来れないときもあるしやれるのは来れるときで他で弓道書を読むとか調べるとかまぁ俺は弓を持つ練習はしちゃいけないって言われて以来はやってないけどまぁそれを逸脱しない範囲で自主練やれるところはやってるからまぁ別に上達が早くて当然なんだよね。才能とか自分の方が凄いとかそんなんじゃないのよ。結局は時間でしょう。それは普段から書いてるよね。

 

まぁいいや。別にそれが嫉妬だったかとかはともかくまぁアメリカ時代にも同じようなことはありましたよね。言うと烏滸がましいけど先生顔負けのプレゼンをしてしまって唖然とさせて以来、先生がすげー不愛想になったとかまぁそのギャップだよね。普段はちょっと困った子かもなと思っても実は色々と凄かった!ってことになるとギャップが強烈で与える印象が強くなるわけでしょう。ましてや俺は目を付けられやすくてとにかく目立つんだよね。目立ちたがってるわけじゃないんだけど。

 

まぁだから別に道場とか彼に限らず何かとちょっかいを受けやすいとか目を付けられやすいってのがあるんだよね。そういえば俺はそういうのが嫌でリアルはクソだって思ってたのをすっかり忘れてたなと(笑)ヴァーチャルとか自分の世界に没入し過ぎてそんなの気にしなくなってたんだけどやっぱりリアルだろうということでまぁ積極的に外に出るようになってまぁあと外出とかは関係なくまぁリアルで色々あるじゃん?

 

で、やっぱそれって人間が介在するものなんだよね。なんで弓やりたいだけなのにわざわざ時間かけて道場行ってるのに嫌な思いをしなきゃいけないのか?とかそれは別に道場が悪いわけじゃないからいいんだけどなんかこういうのを避けたいからリアルを避けてたんだよな俺ってのを改めて思い出したんだよね。

 

んでphaさんに繋がるんだけどphaさんはアクティブなお方だと思うのね。人付き合いも必要どころか必須だと言ってるしそれはそう思うんだけどまぁ俺にとっての今回のphaさんの本を読むっていうのはヴァーチャル時代の自分を凄く思い出したんだよね。別にphaさんがヴァーチャル志向なのではなくてphaさんのブログなんかも読んでた頃はヴァーチャル志向だったということでね、まぁそれって何らかの場に行くことのリスクだよね。んでまぁ目立つやつとか上達が早いやつはなんか文句を言ってくるやつが必ず現れると。んでまぁそういうのは事件にならないレベルでフィジカルも含めて色々とやればそういう上辺だけのいやがらせをしてくるやつとかは大体ヘタレだから武力解決が一番だっていつも書いてるじゃん?

 

逆に絶対ダメなのは今はあんまりお見掛けしないけど筋モノの人とか最近強くなってる半グレ系の人たちだよね。まぁそんなガチのレベルじゃなくてヘタレの場の曖昧な上下関係とかを利用したいやがらせとかに関しては徹底的に威圧感を与えて脅すなり話し合いの場を設ければいいんであってね、それはそれでいいんだけど別に喧嘩するために行ってるわけじゃないしなんか虚しくなってくるんだよね。店も空けてその時間だけ休ませてもらっている間誰かに代わりをやってもらっているという身で行って嫌な思いをするって何なの?って思っちゃうわけ。

 

まぁ何が言いたいのか?というとニート時代とかニューヨーク時代と違って偉そうだけど機会費用がかかってんのよね。出るってことにコストがかかってる。やらなきゃいけないことをオフにして誰かに頼むわけだから労働力の損失じゃん?まぁでも別にニートでも同じか。わざわざ遠出して嫌な思いをするということは理不尽極まることなわけでその理不尽さは不変だよね。まぁでも別にすんげー昔の理不尽な体育会系の部活で育った人とかにしたら全然マシな話かもしれないけどね。なんか調べたら黒帯の中学生とかがタメ口で40代ぐらいのおじさんにえらそうな口で指導をしてるみたいなこともあったりしてそんなの我慢できるメンタリティヤバすぎる!っつーかその道場狂ってると思うんだけどんでも道場は先輩後輩は年齢関係なく入った時期によるから年齢関係ないってことだったら絶対無理だから即やめますよね(笑)

 

そういうプロトコルがあんのかな?って色々と調べてたんだけどただまぁ人生初だったんですよね。年下にタメ口叩かれたの。しかも若干怒鳴られたというね(笑)まぁそんだけ歳を取ったということでもあるんだけどあー今度はもうナメられたら面倒だから気を張ってそいつを睨んだりとか威嚇しなきゃいけないのかって思うとすげー面倒なんだよね。楽しく弓を引きたいだけなのにそういうバチバチが生まれちゃうんだよね。まぁ相手は別にそこまで敵対心があるわけじゃないとは思うんだけどただもうナメられてるわけだしそんなことは人生で一度もないからさ、我慢すんの無理だよね。睨むし威嚇するようになるだろうっていうね、それがいやなんだよね。

 

んでも結局まぁこれだけじゃなくて他のリアルなことでも結局は事なかれ主義でナメられたりやりたい放題されているというのを放置して関わり合いたくないとするのは楽なんだけどやっぱり何かを守るためには威圧感って必要なんだよね。そんなの出したくないんだけどさ、まぁ結局見た目じゃん?強面だったらそいつもタメ口聞いてきたりしないわけでしょ?で、まぁ強面って別に顔のことだけを言うんじゃなくて雰囲気とか言動とかも含めたことを言うんだよね。

 

だからまぁ強面でいなきゃいけないのかと思うと嫌だなと思いつつまぁでも逆にそれでやってけてナメられないならそれでいいかなとも思うようになっててだからもうあんまそこも含めて偽らないで素の自分にしたほうがいいんだなって思ったんだよね。普段も善良な市民ぶってるかもしれないし道場とかでも上手くやっていくために丁寧に良い人を演じてるかもしれないわけでまぁそれも一面だけど実際は違いますよね。良い人が武力で解決しろ!とか言わないでしょう(笑)本質はウォール伝にあるよね。でもウォール伝丸出しじゃそれこそフェイクしないとやっていけないわけだ。

 

まぁだからそういうのをやめればいいだけなのかなとも思ったんだよね。我慢しないでナメられたらフィジカルまではいかないにしても武力解決というかね、まぁここで書いてる通りのことをすればいいわけよね。結局思うのはああいうちまいハラスメントをしてくるのって「なんだてめえ?何タメ口聞いてんだこの野郎?」って言えない場所で謎の上下関係を根拠にやってくるわけじゃん?だからその場じゃないにしても道場の後とかに待ち伏せして話し合いとかをすればいいわけなんだよね。

 

で、そういうやつは気が小さいから話せば大体済むんだよね。でもそこを我慢しなきゃいけない!って錯覚しちゃうんだよね。まぁそれがイデオロギーですよね。道場だから暗黙の上下関係があるのかも!とかさ、そういうグレーなところに付け込んでくるわけじゃん?っつーかそもそもいくら道場とは言え軸は社会じゃないですか?道場でだけ極端に言えば中学生が40代の人にタメ口で指導をするとか完全にスタンダードから見て狂ってるよね。その割に礼に始まり礼に終わるとか言ってるから頭湧いてんのか?ってマジで思うよね。

 

そういうのが嫌だから道場的なものは避けたかったっていうのはあったんだけど今までもまぁ何だこの野郎と思って呼び出して話をしようと思った人が何人かいたけど先生だからさ(笑)そこはさすがにまぁ我慢だよね。そこまで別に理不尽なこと言われてるわけでもないし。でもまぁ他のただの生徒が他の生徒に何の脈略も無しにタメ口って別にもうそりゃ学生じゃないんだから基本敬語だろって思うんだよね。そんなの当たり前じゃんね。

 

あ、んでまぁphaさんの話に戻るけどまぁこれも別にphaさんのコンテキストではないしphaさんの言い方とは違うけど持たない生き方っつーかやりたくないことはやらないということを徹底するっていうことだよね。結局まぁぶっちゃけ持たない生き方とはphaさんは言ってないけどんでもまぁなんらかの関わり合いがあると因縁ってのが発生するわけよね。まぁそれ言い出したら人付き合いできないけど組織的な場に行くんだったら必ずそういうものは付き物だからそこで天秤にかかるわけだよね。

 

低レベルな奴と極力接しないとか接点を持たないってのは俺のポリシーで貫いてるけど道場行ってるとまぁそれは無理だよね。まぁ別に9割ちゃんとしてる人で構成されててもなぜかやっかいなやつとか普通そうに見えてすんげー嫉妬心を抱えてるみたいなやつから目を付けられやすいっていうのは昔からだから大体まぁトラブルになんのよね。トラブルっつっても警察沙汰じゃなくて個人間のトラブルね。

 

んでまぁ普段は暴力なんて考えないで数学と弓と将棋のことだけ考えていたいんだけど結局ここでもうこういうことがあると道場には構えて行かなきゃいけなくなる。あんまり出したくない自分の一面ってのを出さなきゃいけなくなってでも別にそれは今自分が活動してる範囲内では不都合なことはないから別にそれを隠さないでそれをデフォにすれば構えなくてもそれが当たり前になるからそれでいいんじゃない?っていうことでもあるんだけどね、んでもなんかそれって結局そのなんつーのかな、道場だけじゃないんだけど何らかの人間関係で少なくとも自分の場合、そっちをデフォにしたほうが便利ということであっても別にそれをやらないに越したことはないんだよね。でも結局それなんだって感じることが道場以前にもだいぶあってさ、まぁそれが生きるっつーかまぁ生存することなのかなって考えるとしょうがないかなとも思ったりするんだよね。

 

あんまり進んで喧嘩をしたがらないって2種類あってってまぁ2種類あってって言い方がベタでなんか嫌だけど(笑)マジで気が弱くて何も言い返せないっていう人と気が強いんだけどそれでやり過ぎると色々とトラブルになるし根本的に事なかれ主義で平和主義ってやつだよね。すんげー内に秘めているものが強ければ強いほど我慢のストレスが強くなるんだよね。だからまぁそういうタイプの人は我慢しなくていいんだってことをずーっと書いてきてたよね。

 

それはもうニューヨーク時代からそうだよね。別に会社とかバイト先でもなんかにキレたっていうことで解雇されるまでのことはいかないわけでしょっつーかまぁそれはキレ具合にもよるんだけど大体我慢だよね。フリーな状態だったらボコボコにしてるっつーのを生活のために我慢しなきゃいけないと思ってるわけだ。

 

でも実際別にハラスメントしてきてるなら一般的には相手にしないとかさ、そういうのを左から右へ通すとかなんかそういうストレスフリー的な我慢するとか無視するメンタリティを強化するような本とかばっか出てるけど実際は武力が一番いいんだよね。昔なんて恐らくみんなそうだったわけでしょ。今はなんでもかんでもすぐに警察だとか行ってさ、だいぶ前に別にトラブルじゃないんだけどお巡りさんと話す機会があって色々と聞いたんだよね。

 

んでまぁ夫婦喧嘩だの隣人トラブルだの基本的に警察ってのは国家権力だからそんなのには介在できるわけがないし中立を保たないといけないから介在の余地が無いんだっていう凄くそういう人が増えててんでまぁしょうがないから形だけ市民生活相談センターみたいな窓口を設けてるけどっていうようなことを言っててまぁ刑事事件になることなんてまずないんだよね。よくなんか小突いただけでっつーか押しただけで捕まったとかってあるけどああいうの嘘だと思うのよ。小突いたということにはなってるけど力が強すぎて押し倒したというレベルになってしまっていたという力加減の問題でそれこそ受け身のプロなら小突かれたのを「痛い!痛い!」なんつって大げさに言って相手を脅すわけでしょ?これも完全な暴力だからね。メンタルの暴力よ。

 

今って小突いたら「あ?手出しましたね?警察呼びます」っつーアホみたいな国家権力の乱用が横行してるけどそれって刑事事件じゃないからね。平手打ちとかっていうレベルであれば暴力だけど肩をぶつけるとかって確かに脅しではあるけどそれをね、金品を巻き上げるためにやったとかハラスメントでやってるとかならともかくなんか根拠があって喧嘩になってるわけじゃないですか?そこをちょっと押しただけで警察だ!ってことになったらクレーマーの天下なわけですよ。

 

警察だ!ってこっちが言いたいぐらいのハラスメントを受けているかもしれないのに実際は介在するわけもない国家権力を出すぞ!っつって警察呼ぶぞ!って脅してくるっていうね、なんかこういうのもそもそもこういう話になるような人と接したくないじゃないですか?(笑)でもリアルのクソさってのはこういう人とも接しなきゃいけないこともあるっていうことだよね。

 

だからまぁそれはクソと言わず刑事事件と民事事件の違いってのをそれこそ図書館とか行ってるわけだから勉強して正しい暴力の使い方ってのを覚えればいいだけなんだよね。でもそれはあくまで防衛のためですよ。常軌を逸したハラスメントをされてるとかね、んでこないだDaigoの話を出して書いたけど「あ、こいつは反撃してくるやつなんだ」って思うと大体やめるわけよ。

 

そうじゃないやつもいるけど別に喧嘩=悪じゃないんだよね。ハラスメント=悪なのよね。なんでも暴力反対!とか言うやつがいるけどそれがどんだけの病理とストレスとキチガイの横行を許していることかっていうね、まぁそんな手は出せないって人は無理だけどまぁ気が弱い人の方が楽だとは言わないけどすんげーものを秘めている人がハラスメントに我慢しなきゃいけないって何が辛いか?ってその本来恐らく自衛のためにあるだろう正当な攻撃性ってのが当然自分の身を守るために出てきてるわけだよね。

 

でも病んだ会社とかなんでも警察だの暴力だのっつー社会の前だとそういう衝動を抑えなきゃいけない!っていうのがあって我慢しなきゃいけない!って思っちゃうんだよね。でも正当な怒りはあるわけですよ。別にそれは暴力に限らないのよ。怒りを露わにするというだけでもだいぶ違うでしょ。嫌なことをされて怒るのは当たり前ですよね。一回りも歳の違うやつが意味分からないことで怒鳴ってきたらそりゃ怒るよね。怒らないやつのほうがおかしいし怒らなかったらそいつは相当なヘタレでしょう。

 

んでそこなんだよね。そういうくだらないことからフリーになる!っていう意味での持たない生活ってやっぱ理想でもあるんだけどでもその反面、節度のある怒りの表現とか別に我慢しなくてもいいんだってことが分かれば別にそこまで色々と文句を言われやすいということに気を使う必要もないんだよね。普通に常識を守っていてでもそこでまぁ何らかの逸脱行為をしてくるやつはいるじゃん?それはまぁ別に逸脱行為とはされない範囲とか見え方でやってくるんだけどね。

 

まぁそういうのにはもうキレるのが一番いいんですよ。あとまぁ喫茶店一緒に行くとかね(笑)相手もタメ口叩いただけで毎回喫茶店に呼び出されるんじゃコストが高すぎてやってこなくなるでしょ?(笑)別に最初から喧嘩腰とかじゃなくてまぁー話をしましょうかっていうジェントルな感じだよね。でも相手は明らかに原因が分かってるからしらばっくれるからね、「なんですかそれ?」ってまぁそのナメた感じじゃなくてまぁそれについてはスルーしましょうよみたいな雰囲気だったらスルーでいいんだよね。ただ次は無いからねってことを釘指しておけばいいんだよね。それでハラスメントが済むなら超楽でしょう。

 

前にまぁ全く別のことなんだけどそういうのができる人はそれでいいかもしれないけどできない人はどうしたらいいんですか?って聞かれたことがあってまぁんで今回の場合、まぁ天下り的にその質問について書くとできない人はもうしょうがないし何も言えないよね。でも我慢してる人はただその我慢をやめればいいだけだからそれだけで楽になりますよってことなんだよね。怒るってことは当たり前なんですよ。そこがまぁいつも書いてる暴力の必要性なんだよね。

 

我慢することで病む人とか俺もそうだったからねって前にも散々書いたけど元々まぁ当然やんちゃだからすんげー暴力的で最悪なガキだったんだけど父がまぁすげーお坊ちゃまだしお母さんっつーまぁ俺のおばあちゃんだけど口答えするな!とかやっちゃいけないことはやるな!っつー抑圧するっていう教育を受けてきててそれは俺にも凄かったんだよね。

 

何かと問題を起こすとまぁそりゃお前がやり過ぎてるし人が嫌だと思うことは絶対やるな!ってまぁそりゃ道理は通ってるんだけどそこでまぁガキだからさ、問題を起こしちゃいけない=アグレッシヴだといけないっつー図式になっちゃったんだよね。で、そっからは暴力ふらなくなったし怒らなくなったし良い人を演じるようになったんだよねっつーかまぁあまりにやり過ぎてたからクラスほぼ全員からの男子からの総イジメを受けたんだよね。

 

図式はいじめだけどそんだけやんちゃ過ぎて集団でやるしか方法が無かったんだと思う。まぁ本当にめちゃめちゃだったからなって別にその武勇伝自慢ということではなくてっつーか武勇伝は無いしただまぁ凄くアグレッシヴな人間であるということね。で、それがきっかけて凄く抑圧をするようになってっつってもまぁ自分的に抑圧してたのにまだダメで何回かその総いじめがあったわけなんだけどまぁ当然それはいじめって書くけどいじめじゃないですよ。俺が悪いんだから。図式がいじめということだったのね。

 

んでまぁそういうのがあって抑圧するようになってんでもコントロールできなくなったりずーっと違う人間演じてるわけだから日々ストレスだよね。それでまぁ中1とか中2でパニック発作になって不登校になって・・・っつー暗黒期の流れがあるんだけどまぁんで前にも色々と書いたけどまぁついでだから書くけどその後にまぁだんだん抑圧が解けていくんだよね。まず学校っつー抑圧するようなものが無くなって我慢する必要が無くなったのとそれはそれで問題だったけど(笑)あとまぁ通信制の高校に通ってたんだよね。前にも書いたけど湘南高校ですけどね。

 

表は名門だけど裏はまぁ少なくとも当時はダメ人間とかアウトローのたまり場だったみたいなところでまだパニック発作が酷かったからスクーリングとかは薬飲んで行ってたけどそこでまぁ溶接工をしながらパンクバンドやってるっつーすんげー尖ったやつと仲良くなってまぁそいつタトゥーとか入ってたんだけど一気に自分が戻ってきた感じがしたんだよね。そいつにライブ誘われたんで行ったらガラの悪そうな連中がモッシュダイブしててんでまぁ俺もそのノリに見事にハマったんだけどんでまぁそっからそいつのステージが終わった後にステージ裏で色々話したんだけどまぁ「最高だった!」とかって言いつつまぁ結構有名なパンクバンドでまぁ名前出さなくてもいいけどまぁそのパンクバンドの人とかが後輩のライブだっつーんで来てくれてたりしてんでまぁすげータトゥー入ってて(笑)

 

普通これって真面目なお坊ちゃんタイプとかやんちゃとは無縁な奴がそういうやつと接するようになって真似し始めてグレ始めるっていうことだったりするんだと思うんだけど(笑)俺の場合、そのライブの暴力性とか何組ものガラ悪そうなパンクバンドの連中の演奏とか舞台裏であった有名なパンクバンドのボーカルの人とかね、自分が戻ってきた感じがしたんだよね。これなんだよな!っていうね、まぁようは抑圧してたもんが無くなりかけてたときにそういう出会いがあってライブを見に行ってインスピレーションを受けてっていうね、まぁただ当時もうすでに渋谷でレコード買ってたから当時のまだガラが悪かった渋谷に通ってたっつーのもあって度胸つくわけじゃん?(笑)

 

最初はちょー怖いし実際に怖い人とかいっぱいいたけどさ、シスコのあたりとかね、んでもまぁだんだん慣れてきてむしろそっちのガラ悪い感じのほうが合ってるっていうフィット感を感じるわけよね。やっぱそれが本質的に合ってるっつーかああいう雰囲気が好きなんだよね。だからまぁニューヨークも好きになるに決まってるんだけど。

 

まぁそっからちょっと色々あったけど割と良い出会いに恵まれてんでちょっと色々飛ばすけどそっからニューヨークだからどんどん覚醒していってるんだよね。最悪の抑圧がだんだん解けていって完全にニューヨークではもうそれが解放されていたというね、まぁウォール伝書き始めるぐらいからはもうだいぶ抑圧が取れてたんだけどっつってももう18年ぐらい前になるけど(笑)あーでも嫌なの思い出したわ。んでまた抑圧を経験するんだったんだわなっつーのがトラウマのセブンイレブンのバイトね。

 

今でもセブンイレブン入ると気分悪くなるぐらい特にそこが超絶ブラックなところでやくざ以上にやくざみたいなやつが店長の最悪のところでさ、んでまぁサービス残業はデフォで・・・ってまぁそれ長くなるからやめるけどんでも何もしないでっつーかまぁノイズとDJやりつつ仕事してないから部屋から変な音聞こえてきて爆音がしてきて仕事してないって完全にアウトだよね(笑)だからもう親からバイトでもしろ!ってそのノイズとか叫んだりしてるとかっていうそんだけパワーが余ってるならバイトでもしろ!ってことだったんだけどまぁ正当な理由ですよね(笑)

 

んでそのセブンイレブンのバイトを経験してまた昔みたいな抑圧っつーかいつ店長を襲撃するか?ってことをリアルに考えるぐらいまでに追い詰められててそこがまぁその気が弱いタイプではない気が弱く見られてナメられても内には色々と秘めてるタイプの独特の強烈なストレスだよね。それは店長にいやがらせされているとかサービス残業強要されてるとかうざ過ぎる意識高い系の大学院生とか色々とイライラする要素はあったっつーかその大学院生とモメたんだよね。

 

我慢しつつもそいつは店長じゃないからっつーんで普通にしてたらまぁそれが太々しい態度と見られたんだか椅子座ってたんだけどちゃんと話聞けよ!とかって椅子蹴られたりしてんでまぁそいつは有能なバイト型の社畜として有名だったから店長もそいつの肩を持つわけよね。この人が間違ったことを言うわけない。それより普段から問題行動があるこいつがおかしいだろうって決めつけられてまぁ何も言えなくてっつーかそこが抑圧だよね。てめーふざけんないい加減にしやがれ!っつってやめればいいのに親にノイズとかで迷惑もかけてるし(笑)バイトは続けなきゃいけない!っつーんで我慢するようになってまたそっから精神病むようになったんだよね。

 

まぁそっからの話はいいかな。ちょっと色々と大変すぎるから。まぁんでだいぶ良くなってニューヨーク行けるぐらいになって・・・っつーのからまぁ現在のウォール伝に至りますわな。で、今も渋谷と原宿に洋服買いに行くって書いてるけど本当につまらない場所になったなーっていつも書いてるけどガラの悪いやついないしZeebraがと知り合いっぽい悪そうなやつらとかっていないしまぁそういうのがいないってことは悪いことじゃないんだけど全く暴力の臭いがしないんだよね。渋谷なんてカラーギャングに絡まれたり金巻き上げられないためにっつーかそういうタフな街を歩くっていうだけで度胸がつくんだよね。あとまぁ度胸を付けないと弱そうに見えてカツアゲされたりするからね。

 

まぁんでその上位バージョンがニューヨークだよね(笑)銃声が聞こえたりホームレスに襲われそうになったりでもまぁ抑圧されてない解放モードだったからむしろ悪そうなやつらとかの知り合いのほうが多かったしやっぱそこが本筋なんだよね。日本人の留学生とかでもやんちゃなやつばっかだしアレパーティーなんてデフォだし(笑)んでまぁ日本に帰ってきてまた抑圧モードになったというかさ、それは内面的には違うんだけど結局まぁ当然ニューヨークに居た頃みたいな自分でいるともうすんげー周りと温度差があるわけよね。

 

家族とも物凄い温度差あるし街もパッションという意味で冷え切ってるし最初に震えたのはそんなに大きい音じゃないつもりで電車でヘッドフォンで音楽聞いてたら偉そうに脚組んで数学だか物理やってる大学生に「音漏れてますよ!」とかすんげー剣幕で言われて、相当下げた後もにらみ続けられて(笑)全然あっちのギャングのほうがマシだよね(笑)こういうルールに縛られ切った中で「それがルールだろ!」みたいなのを強要してくる一見真面目そうなやつがやっぱ一番怖いよね。だからまぁ俺はもう日本にいるんだし自分を変えなきゃいけないなっつってだんだんまた日本モードになっていくんだけどそれがどんどん自分自身のクソ化にも繋がってって・・・って感じだよね。

 

まぁこんなシンプルな話じゃないんだけどっつーかまぁ別にヘッドフォンで爆音で音楽を聴けないってことに文句はないし別にそれはしょうがないよね。そういうもんなんだから。でもそこでなぜか認知的にパーソナリティ的にも抑圧しなきゃいけないみたいに勘違いしちゃうんだよね。ただ電車の中では実質まぁもう音楽なんて聞けないですよね。ニューヨーク帰りの体感だったら。だからまぁ色々また我慢しなきゃいけないみたいな認識が戻ってきてさ、色々とフィードバックしてくるんだよね。まぁそっからはまた色々あってっつーかこれ書いてると色々無いことがない苦労は多いけど強度に満ちた人生ではあるよなって思ったけど(笑)

 

ダレルと会ったことでニューヨーク時代の自分を思い出したっつーかダレルを通して会ったような気がしたって書いたじゃん?そこなんだよね。まぁ国を変えようとするかしないか?は別としてやっぱまぁおとなしくなったビルなんだよね恐らく(笑)そりゃ日本にいたらそうなるわって話なんだけどそこでやっぱダレルからさ、結局は今の俺の生活はもうクソでしかないと見えるんだよねって当たり前だよね。あんな色々大志を抱いてたビルが引きこもって数学と将棋しかやってないって(笑)

 

まぁ大志はありますよ。ジャンボになるのが夢なのは変わりないしそりゃーもう金もジャリンジャリン稼ぎたいと思ってるけどんでもやっぱあとは抑圧を解くことだなって思ったんだよね。必要のない抑圧があるのよね。ビルがやっぱデフォというか一番あれが自分なんだよね。んでも日本に適応しようとしてそういうのを隠すからしょーもないやつから因縁つけられて面倒なことがあるっていうさ(笑)

 

別にビル丸出しでも道場には通えるんだし今の仕事はボスがいないわけでめちゃめちゃなふるまいしない限り別に自分のままでいいんだよね。まぁそれでもだいぶ丸くなってるとは思うっつーか逆にまぁ良い歳してまだ尖ってんなっていう印象しか与えないと思うけどそこがね、ダレルと会ってすげーまた丸くなって喧嘩は絶対ダメ!みたいなそういう感じになってないか?ってのを思ったんだよね。

 

結局そういう抑圧というものは自分にとってはロクなものを生み出してこなかったどころか精神の病理にも繋がるもんなんであってね、んでまぁそのリアルクソだよなーっつーのは色々我慢しないとねーっていうのを別にそこは人格のチョイス次第なんじゃないですか?っていうか我慢をそこまで強要されてないならそのままでいいんだよってことだよね。ヘタレっぽい嫌な奴はぶっ飛ばすのが一番だしまぁよく俺はニューヨーク時代には文句があんならいつでも話ししたいと思ってるんだよね。

 

喧嘩するなら日本刀持って待ってるから(笑)とかそんなことしょっちゅう書いてた気がするけどすっかり書かなくなったよね。やっぱ丸くなってるってことだよね。別に暴力を好まなくても手段としてはone of themであるってことは別にあってもいいんだよね。で、そこを我慢する必要はない。まぁ暴力好きですよ。そりゃ。

 

でもね、別に悪友自慢じゃないんだけど地方の暴走族の総長だったっつーやつが昔の知り合いにいて地元時代のヤバい話とかもあったけど当時はだいぶ抑圧が解けてた時代だからそういう友達がいっぱいできてた割と良い時期だったんだけどまぁ別にさ、暴力って悪いことじゃないよねってまぁ今の俺みたいな感じっつーかここまで論理的な意味じゃなくてなんで殴るっていけないの?みたいな話をしたんだよね。

 

そいつのうちに泊まりに行ったときかな。んでそいつ音楽作ってたからね、MPCだかに打ち込んでたやつをさ、夜中に起きて携帯の電源だったかなんだったか忘れたけど電源一つ作るために勝手に一つコード抜いてそっから電源取って次の日そいつが「うわ!打ち込み消えてる!」っつってまぁ俺はトボけたけど(笑)

 

悪いことをしたなと今でも思ってるけどまぁそいつはガチなやつだからさ、そういうやつが言う暴力は良くないっていうことには説得力があるんだよねっていうのがね、いや、俺も弁えて言ってるしなんでも暴力で解決しろ!っていうことが言いたいんじゃなくて、まぁそいつは基本的にまぁ見た目はイカついけどイカついやつと接するのが慣れてたからそんなにイカつい感じはしないんだけどまぁなんか因縁つけられそうな感じではあるんだよね。

 

で、まぁ上京したての頃に横浜を歩いてたらいきなり後頭部をビンで殴られてブチ切れてそいつをボコボコにしたんだけど結局まぁ裁判になるんだよね。で、いきなりビンで殴られたのはそいつなんだけどでもまぁボコボコにしたというのも事実でまぁ海老蔵事件とダブるようなところもあるけど(笑)とにっかくね、その裁判が超煩雑で面倒で時間取られてロクなことがないっつーんだよね。地元では多分ちょっとなんかあっても大丈夫だったんだろうけど横浜っつー都市部で派手な喧嘩をするとそういうことになっちゃうんだよね。

 

だから暴力自体が悪いんじゃなくてっつーかまぁビンで殴られたのを殴り返してボコボコにしたのは正当だったにせよとにかくその後が大変すぎて後悔しか生まれないからそういうことがあっても手を出さないで逃げるとかしないとダメだって言われて当時も「ガチなやつが言うと説得力あるなー」って思ったんだよね。ちなみに鼻のあたりに地元時代にナイフでつけられた傷とかあるんだけど(笑)で、横浜の後頭部のやつは大出血して相当縫ったらしいんだよね。

 

んだからまぁこういうレベルの暴力は問題外ですよっていう実例も出して言いたいんだけど暴力で解決というのは裁判沙汰になるようなレベルの暴力ではなくて圧をかける暴力ということだよね。そりゃ当然凄まじく攻撃されてるから身を守らなきゃいけないから当然やらなきゃいけないという最低限の自衛のことを言うんですよ。で、まぁそういう暴力沙汰にはなるかもなっていう覚悟で臨んでもいいんだけどその俺が暴力で解決と言っているのは多くの人が困ってるだろうヘタレのハラスメントとかなんだよね。そういうやつはそもそも喧嘩したことないから手は出してこないのよ。

 

だからまず暴力沙汰にはならない。だから呼び出して話し合いをするのが一番いいんだよね。そこでなんですか?警察呼びますよ?なんて言われてもビビらないことっつーかまぁそれはまずそんなんで警察が介入してたんではっつーか介入する案件じゃないからね、そんなのなんの言い分にもならないっていうことなのよね。お巡りさん本人も困ってるわけだから。お巡りさんが言ってたんだから間違いないでしょ。

 

で、まぁここだけの話っつって教えてくれたことを書くのもあれなんだけどまぁでも結構大事だから書くけどまぁそういうショボいレベルのクレームは全部原則無視しろっつー組織的な通達が上からあるんだよね。だからなんでも警察警察って言う人がいるけど警察はそんな喧嘩を仲裁するみたいなそんなことはしないんですよっていうことだったねっつってもDVとかで包丁とか出てくる場合は全然別だけど少なくともバイト先とかホワイトカラーの職場で包丁どうのってことにはならんでしょう。

 

呼び出して脅しですか?とか色々言ってくると思うけど別にそのいやがらせをやめてくれっつーのをそれだけキレさせるだけのことをしてるんだから怒るのには正当性があるのよね。全くのニュートラル状態で呼び出してナメてんじゃねーぞこの野郎!とかって言ったらアウトだけど客観的にもう明らかにダメだよねっていうことをやってる中でそういうことがあってもそりゃ怒らせた方が悪いわけよっつーかそれがね、怒らせるつもりじゃなかったっていうことは別として確実にハラスメントとしてやってくるならもうアウトなのよね。

 

そこで一気に弁護士だ警察だってことじゃなくて話し合いっつーワンクッション置けば解決できることはいっぱいあるわけよ。それを相手は脅しだとかって言うかもしれないけど別にそんな明らかな常軌を逸したいやがらせをしてるなら怒るのは当たり前なのよ。相手もそれに対して怒ってきたんだってのが確実に分かってるわけでしょ?トボける可能性はあるけども。

 

だからまぁなんつーか実はアグレッシヴなやつが我慢しなきゃいけないっつー場合はね、度を越さないレベルでアグレッシヴでいいし別に見た目とかにしても丸くなる必要ないんだよね。丸くなれってのはイデオロギーなわけですよ。そこで結局はこないだ書いたような普通の見た目だけど内面はすげーヤバいものを持っているみたいなやつが幅を利かせるわけよ。善良ぶったやつらのハラスメントほどたち悪いものはないよね。悪いことしてませんよね?っていうロジックでやってるから明らかな悪人がやる悪なことよりある意味タチ悪いよね。

 

あ、でもあれよ、やくざ映画とか見て粋がるとかやくざぶるみたいなのは一番ダメよ(笑)そういうの一番ダサいしそもそも内面に凄まじい暴力性を持ってたらそんなことする必要ないし素を出すだけで相当怖いわけだからね。まぁあとよくあるけど我慢するケースで爆発まで我慢して殺しちゃうみたいなやつなんだけどこれこそまさに我慢せずにワンクッションおいてそんな刺し殺すだけの怒りがあるならそれを表現すればいいだけの話なんだよね。別にそれでナイフとか見せたらそりゃダメだしそんなのはダメよ。そういうことではなくてキレの限界まで行ったら刺すわけなんだからさ、そんなアグレッシヴさ持ってるならそこにいくだいぶ手前で発散するだけでもう怖いと思うんですよ。あ、まぁそのリアルギャングとかやくざ相手とかじゃなくてヘタレのホワイトカラーとかそういうタイプってことね。

 

なんかすんげー長くなったなっつーか持たない生き方で仙人的なのもアリだけど主にナメられるとかそういうことが面倒でリアルにあんま介在したくないって思ってる場合は別に常識の範囲内であれば我慢する必要はないからアクティビティを楽しめばいいわけなんですよ。そこをちょっとハラスメントしてくるやつがいるからっていうだけでそれをやめちゃうのは勿体ないですよね。まぁそれを今の俺で言うと道場だけどまぁまたアップデートしますよ。いや、別にその暴力とかじゃなくてね(笑)

 

まぁやっぱりやってこなくなりましたよっていうことをアップデートしますっていうことで。あとまぁこれもポイントかな。かなり失礼なタメ口を叩いたけどその一回の案件だけでこんな執拗に言ってくるってヤバいなって思わせるってのも必要なんだよね。それはハッタリなんではなくて事実じゃん?あんなこと次あったら絶対良くないし俺はあんな気分になりたくないからやめてってお願いするわけよね。そんぐらい不快度指数が高いわけでしょう。まぁその口調がお願いなんじゃなくてね、そこはまぁ効果的な言い方ってのがありますよね。まぁそれはいいやっつーかそういうメソッドまではさすがに書かないよね(笑)

 

ただなんかこういうのってさ、黙らせてやったんだ!みたいな自慢みたいに写る場合もあるよねっていうかそんなのを自慢するやつこそまさしくぶち殺されて当然のヘタレなわけで俺が書いてるのは自分のアクティビティなり職なり何か必要だったり楽しんでいることに関してそれをつぶそうとする輩がいてフィジカルかどうかはともかくとして若干暴力的な方法で解決できることもあるっていうことだよね。何しろそこで例えば俺がそれが嫌だから道場辞めますって完全にクソチョイスだよね。

 

それは怖いとかじゃなくてそういうコミュニケーションをあえてやったりしたくないっていう正当な方法なんだけどでも喧嘩を売ってきたのはあっちなんだからそれに然るべき方法で答えればヘタレなんか大体何も言ってこなくなるってことなんだよね。でも別にこんなの書くことでもないのよね。別にデフォにしておけばいいってだけで我慢するな!ってことなんだよね。

 

キレる世代とかってのが一時期話題になってそっからなんかもう暴力は絶対ダメだ!みたいな風潮になってるけど今問題になってるのってキレる老人じゃん?(笑)で、それはなんでか?っていうと当然のようにキレる場面ではキレてきていた人たちが暇を持て余してモンスター化してるっていうだけなんだよね。まぁもしくはキレてこなかったけど退職して組織的なしがらみが無くて色んなとこでキレたい放題みたいなのが蔓延してるってことなんだけどそれってまぁそんだけ若者が弱くなってるってことでもあるんだよね。

 

そりゃ当然で基本的に若者はデフォで暴力ダメだし暴力ダサい!みたいなそういうPRだとかっつーイデオロギーに洗脳されてて基本的にトラブルを起こさずに済ませるみたいなのを叩きこまれてるじゃん?だからまぁ困った老人たちはやりたい放題だよね。いや、最近90年代後半ぐらいに撮られた渋谷が舞台の映画見たんだけどんでまぁこんなことも思いつつ思ってたからドンピシャの映画だよね、それこそシスコとかが写っててさ、いや、当時のあの場所で老人クレーマーはほぼいなかっただろうなって思うんだよねっつーのが怖そうな若者がいっぱいいたから老人なんていなかったわけよ(笑)

 

でも今はどこもかしこも無難なファッションで犯罪とは無縁そうな若者ばかりが歩いてるでしょう。それは治安は良くなってるんだけどクレーマーみたいなタイプがやりたい放題できる街になっちゃってるってのもあるよね。いや、別に渋谷に限らずだけど俺が中学ぐらいの時とかキムタクの例のドラマでバタフライナイフが流行ってCD屋とか行ってもそのナイフをくるくる出し入れしてるやつとか普通にいたから老人なんてそんなのが街中にいたら怖くてしょうがないでしょう。クレームどころの話じゃないですよね(笑)

 

なんかね、そのホワイトカラー的なタイプのヘタレのハラスメントの横行とか何かといえばすぐ警察とかクレーマーがやりたい放題とか抑圧されてて当たり前の怒りすらも露わにできなくて困ったやつらばっかの声がデカかったりクレーマーが幅を利かせてたりさ、なんでも警察時代の弊害ですよね。結果的に自治能力を失ってある意味モラルのカオス化が生まれているというね、一部の警察っつーか元警察官とかはやくざがいないとやりたい放題やるどうしようもない連中とか半グレみたいなやつらが横行するからやくざはいたほうがいいなんて言う人もいるぐらいででも一理あるんだよね。

 

例えばすんげーサイコなレベルで近隣にいやがらせとかをしてる変なやつとかいたらまぁ昔はそこを仕切ってる親分さんとかまぁ組織であるかどうかは別として「旦那!お願いします!」っつってまぁそういう人が解決していたっていうこともあるわけよね。まぁやくざってそういう良い面だけじゃないけど自治的な面も無くはないんだよね。在日中国人の半グレ団体のドラゴンみたいなのが幅を利かせるようになったのもやくざの力が弱くなってきてるからっていうような説もあるよね。

 

ようは暴力がゼロか100か?みたいなエクストリームな状態なんだよね。昔はその中間だらけだったわけで今が相当異常なんだけどまぁ暴力を徹底的に無くそうとするとそうなるよね。こんなことをしたら殴られて当然だろうという案件が殴ったらアウトになってるから「こんなこと」がやりたい放題で・・・ってのがまぁヘタレのハラスメントとかクレーマー増加とか実際はそんなに強いわけじゃないのにやたら粋って脅すような雰囲気だけのやつが横行するわけよね。暴力を過剰に抑止しようとするからこそ生まれる新たな暴力があるということだよね。

 

だからそれは当たり前のロジックで過剰に抑止しようとぜずに殴られて当然ぐらいの案件でも殴ったら終わりみたいなハラスメントをする側が徹底的に有利みたいな雰囲気とか状況を変えるしかないよね。でも別にそれって警察の方針が変わって殴っただけでも警察が来るようになったんじゃなくてやたら呼ぶ奴が増えたっていうことなんだよね。最悪でしょう。自分で解決できないから警察呼びますか?ってなんでそこで国家権力出してくるの?っていうさ、そのやり方も汚いよね。

 

自分で吹っ掛けた喧嘩にリアクションがあったら警察呼ぶぞって小学生の先生に言うぞ!のロジックと全く一緒じゃんね。こういうの本当にクソだと思いますよ。実害があるわけだし我慢しなきゃいけない人たちが多いわけだしハラスメントする側天下になってるから歪んだ奴らがやりたい放題でのさばってるんだよね。昔っつーか昔よりもだいぶ昔だったらそんなの殴られて終わりだったのが今はなんでも警察だからそれが怖くて我慢するしかなくなってるっていうね、殴るとかはともかく言い返すとかキレるってのは違法じゃないですからね。それが違法だったらキレる老人たちがみんな捕まっちゃうじゃん?(笑)

 

キレる老人がやっていける世の中なんだからキレても大丈夫ってことなんですよ。まぁあくまで自衛とか必要な時だけですよ。まぁここも難しいよね。キレることができるのかっつって雰囲気だけで怖がらせるやつが横行するんだけどまぁでももっとそういうグレーゾーンの自治があった時代はそんなやつは目を付けられてなんらかの形で襲撃を受けていただろうっていうことだよね。でもまぁそういうやくざとかではない民間の暴力史みたいなのってすげー興味あるよねってことですでにもう図書館で数学の本諦めてまずは怒りとは何か?っていう心理学の本とかを借りてきましたけどね(笑)

 

まぁいいや。まだ書くことあるけどまた今度でいいかな。んじゃまた。