ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/Rockstaによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

深みの外出。その12。

ではね。


あとまぁあれなんだよね、自己啓発本とかで言われてるような思考は具現化する!とかってのあるじゃん?で、まぁその今まで書いてきた性のことで言うと自己啓発本とかでも言われてるように無意識ってのが大事なんだよね。で、そのね、性欲減退に話を戻すと無意識のレベルでは去勢されてるとか威勢よく見せてるけど実際は立たないみたいなことが無意識に及ぼす影響だよね。こういうのも含めた薬理作用が人格に及ぼす影響ってことなんだよね。


それは物理的には立ちづらいとか反応しづらいとかいきづらいってことだったりするんだけどその実際にあるそのことがいかに意識に影響しているか?ってことだよね。逆を言えば実はすんげー絶倫というようなことがどう人格に影響するか?ってことだよね。そこで思ったのが英雄色を好むってやつなんだよね。まぁお盛んな人いっぱいいるでしょ?(笑)アスリートとかリーダーとかなんとかっていうね、それってやっぱ男ってことに尽きるよね。そのまさにリビドーなんだよね。性欲が原動力になっているわけではなくて生のエネルギーとしてのリビドーが強いから行動力もあるしそのエネルギーが強いということが人格とかメンタルセットに影響を及ぼして結果的に只ならぬオーラがある人間みたいな感じられ方をするようになるってことなんだよね。


まぁそんだけ積極的にアプローチして不倫とかもしまくるってことは相当自分に自信があるってことだし何個も掛け持ちできるマルチタスクな人間っつーかそういうことをhandlingできるんだよ俺はっつー自負があるからだよね。まぁそれは自負から来ているんじゃなくてもともとそういうことができるし性欲も強いからそういうことになるんだけどね。だからといってもちろん不倫していいという理由にはならないし道徳観の欠如ってのは由々しき問題だよね。ただ政治家とかの場合においては仮にお盛んなスキャンダルとかがあっても政治家として有能だったらいいわけでさ、ハーレム状態だろうがなんだろうが有能であれば全然いいんだよね。


それで言うと伊藤博文とか昔の政治家ってああいう時代だからいつ殺されるかも分からないし本当に命を張って政治家やってたからいつ死んでもいいようにとりあえずやっておくっていうのが凄かったらしいんだよね。会議と会議の合間に風俗行ってヤッてくるとか有能な人は盛んな人が多いっつーのもまぁ分かるよね。芸人とかでもまぁただ性欲だけのやつもいるけど芸人として有能でお盛んって人いっぱいいるもんね。それはやっぱりリビドーが高いっつーかエネルギッシュってことなんだろうなーって凄い思うわな。


まぁあとあれかな、逆にチャンスなんじゃないの?って思うんですよ。これは提案なんですけどもね、20代の時に見た目と勢いだけでやってきたやつが下手するとおっさん化して失速して内面を磨いてこなかった分、よりただのおっさん化する中で色々と自分なりにやってきたけどそれに忙しすぎて恋愛できなかったとか自分のことにフォーカスし過ぎていたみたいな人たちってのが「よし男になろう!」といって30過ぎてから男として再起を図ろうとする場合、失速がないそこからのスタートじゃないですか?元々勢いだけでやってきたやつが失速したり今までのようにはいかなくなってそんなにモテなくなったりする一方で内面を磨いてきたやつらってのは逆にチャンスですよね。そういう磨いてきた内面とか知識とかスキルってのを恋愛に活かせるというチャンスだし逆にトークとかになっちゃえばまぁ口下手とかコミュ力が低いとかってのは別にしても色々と語れる内容はあるわけじゃん?あとまぁ話を聞く人間的な心のスペースとかさ、それってまぁ若いときにできないことだもんね。なんかまぁそこそこ歳を取った甲斐のある感じっつーのかな?


そういうのに慣れてなくても恥ずかしくないしそんなの見た目からじゃ分からないからね。そこはまぁある程度成熟したという経験値を踏まえてできることってのが増えるわけだし若いころの自分では無理だったことが今ではできたりするじゃん?それがまぁ恋愛におけるボキャブラリーにもなりうるってことだよね。ただまぁそこはあれなんだよね、何様?って思われても自分がそこそこっつーか色々と持ってると自負してるなら安売りはしちゃいけないよね。すんげー薄っぺらいチープな女に合わせる必要ないしこっちもチープになっちゃいけないんだよね。ナンパってなんかチープな感じじゃん?そうじゃないんだよね。まぁなんだろう、完全な非モテじゃなく魅力はあるけどイマイチ恋愛はしてこなかったって人は30過ぎでもというよりかはむしろ30過ぎから色気を出せ!ってことになるよね(笑)恋愛をしてこなかったということがチャンスになる!これは凄いことだよ。


まぁそりゃ言っちゃえば適応ですよ。贅沢だけど困ってはいないけどつまらなさすぎてマジで死ぬっていうその死ぬっていうベクトルがリアルなベクトルなんだよね。で、もうこれは生存的にヤバいっていうか生命がかかってるぞ!ってことでっていうかそこまで追い詰められないとやらないっていうことなんだけどね、でもまぁここまで追い詰められてよかったーと思うのは色々と調べると例えばまぁしょっちゅう書いてはいるけど加齢とかも由々しきことでさ、ただまぁそんな見た目とか気にしてなかったらケアしないしアンチエイジングとかしようと思わないじゃん?


で、一気に男を磨くモードになると本当にそういうのをリアルに気にしだすよね。見た目って重要だから。まぁナンパに年齢は関係ないけどやっぱり思ったのはスタートの時点で良い歳して何やってんの?って思われちゃうような年齢とか見た目の雰囲気に入っちゃってると一気に敷居が上がるんだよね。まぁようは若いうちだったら「若い」か「若作りした」人のナンパということでぎりぎりまだ若さが活かせるっていう年齢なんだけどそういうクリティカルポイントにいるなんてことが分からなかったからね。


まぁ出会いなんていつかそりゃあるでしょうなんつっててまぁぶっちゃけ見た目が維持できればいいけど本当に劣化していくからね。で、あとまぁコミットしないことから出てくる色気が一切ない雰囲気とか引きこもりっぽいオーラとか負のオーラって長年の蓄積だからね。そういうのを行動することでまとわないようにしないといけないんだけど例えば今の俺が5年同じ感じだったらマジでやばいなって思うのよね。で、マジでヤバかったしそっから逃れることができたのか!と最近気が付いたわけですね。


別にこれは自信とかではなくてなんとか形式が成立するんだなというギリギリセーフということへの感謝だよね。ただまぁこれは個人差があるしまぁ本当に20代後半ぐらいから30過ぎてたらもうヤバいからやらないとダメだし経験の蓄積がないといかにも恋愛してこなかった感ってのが出ちゃってモテる可能性がある人でも枯れちゃうんだよね。ようは後天的な要素がデカいってことなんだよね。で、それはマインドセット次第でいつでも変えられるわけよ。


っつってもすぐできるほど楽じゃないけどまぁ俺みたいにふさぎがちになっててただまぁ色々と克服してはきていて対人とかも苦手とかっていいつつそんなのも別に克服すればいいわけだしそんなに苦手でもないよなって思ったりしてっていうかまぁあとしつこいけどアメリカでの経験は大きいよね。こっちから話さないと英語力上がらないしっつーんでまぁ培えたものとかっていう土壌があるからちょっと一歩と言わず半歩ぐらい歩み寄れば新しい世界が広がる!ってのはまぁ土壌があるおかげだけど土壌も使わないと腐るってことだよね(笑)あとまぁ本当に恋愛するとか異性を意識してないと色気みたいなのって出ないし普段から意識しないようになるからこういうのがおっさん化に繋がっちゃうんだよね。だからまぁ加齢に対抗するって意味でも凄く実践的だよね。


ってことでまた明日。