ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

PUBG充。

PUBGだけど陽気なアメリカンとやると凄まじい抗うつ効果があるね(笑)「銃をよこせ。よこしたらみんなをハッピーにしてやるぜ!」とかって言いながら自分のスキルに絶大な自信を持つコリアン・アメリカン。そいつと割と打ち解けて仲良くなる日本人と中国人のハーフの女の子。んでもすんげー言葉使うんだよね。「ちんぽで口をフルにしてチョークするつもりはないわ」とかなんとか(笑)んでまぁ俺もボイチャやろうかなって思い始めてるねっつーのもアメリカンだからボイチャ率が高くて「あの死んだガイはボイチャ無しのやつだよね?」っていうボイチャ無しガイ扱いされるってまぁ当たり前なんだけどなんか蚊帳の外というかさ、まぁそれでも意思疎通はできてるなって相手もわかってるから一応コミュニケーションは取れてる感じだけどまぁそのうちチャットが実装されればいいかな。


んでネイティブなアメリカンジョーク満載だよね。「うわー始まって早々、俺はフラグしか持ってないから今敵と会ったらフラグで自爆するしかないぜ!」なんていうやつがいたと思ったら「そうだな。アラーハックバールアラーハックバールって言いながら自爆だな」なんつってまぁこのボイチャのアメリカン力半端じゃないよね(笑)んでまぁ陽気な黒人がいて「イエーメーン、俺は超今ハイだぜー!」とかいいながら「We should move to the other building」ってまぁ他のビルディングから撃たれ続けて位置がバレてるから動かなきゃいけないって状況でその陽気な黒人は「そうだぜメーン、ウィードを吸ってゲーム内の能力をエンハンスできるぜメーン!」とかって言っててまぁそのようはWeとWeedがかかってるんだけど俺はボイチャ無しだけど爆笑しててさ(笑)その爆笑が伝わるだけでも全然いいじゃん?なんでこんな笑ってんのに寡黙なボイチャ無しガイになってるのか?ってことでそんな積極的に話さなくてもまぁ「武器ないからなんかあったら教えて」とか単純にウケたら笑ってるっつーのが伝わるだけで全然雰囲気変わってくるぜメーンとかって思ったよね。


まぁでもすげーよな。コミュニケーション欲みたいなのが完全にこれで満たされるよね。Paydayとかと違ってハイペースで人が入れ替わって特にフレとかになるわけでもなくその場その場でコミュニケーションを構築してサバイブしていくっていうアメリカンのコミュ力の半端なさを改めて感じるよね。俺も元々別に寡黙じゃなくて無駄に色々とペラペラしゃべるのが好きだからアメリカン的なコミュニケーションとマッチするんだよね。そこをまぁボイチャ無しで黙ってる必要なくない?とかって思ったんだけどただその反面、オンゲーでアメリカンとワイワイやりながらゲームやることで実存的な虚しさのレベルが誤魔化されて緩和されるってのがあんま良くないなって思うんだよね。


別に悩みたいってわけじゃないんだけど悩み過ぎてどんだけリア充になろうがリア充にはなれないっていうところにまぁ俺の実存的な真骨頂があるわけじゃん?そういうところで色々悩みつつその都度何かを見つけたりブレイクスルーを発見したりなんかして苦しみながら前進していくんだけどヴァーチャル空間でアメリカンとワイワイやってたら文字通りリア充になっちゃうもんね。まぁ別にリア充になることには全然抵抗はないんだけどなんつーかアメリカンと接触することでドロドロした陰気なある意味凄く日本的な実存的な悩みみたいなのがカラっと晴れちゃうみたいなのがいやなんだよね。まぁアメリカンに学ぶことは多いけどあくまで雰囲気としての軽さを享受するだけでその軽さに入っちゃいけないなって思うんだよね。それは俺のことだから簡単に入れるんだけどさ、だからこそレギュレーションが必要なんだよね。


あとまぁブラックジョークだよなーって思ったのが「ガンショットがスクールから聞こえた」っつってsitrepするやつがいたんだけど「アメリカならそれは当たり前だよな。まぁ俺はアメリカンじゃないけど」みたいなさ(笑)英語圏の連中のコレスポンデンスの速さには本当に感心するよね。俺もすっかり日本に長くいるもんだからアメリカン的な感じってのに接するとなんか逆にまた新鮮みたいな感じがあるんだよね。でもまぁあれなんすよ、リア充になるとまぁそれがヴァーチャル空間によるものでもまぁ時代は国境を越えたオンゲーの世界ですよね。そういう世界で普通に楽しくやっていけるわけだ。でもそうじゃないんだよね。もっと悩まなくちゃいけないわけでさ、なんかまぁ一人でずーっとあーだこーだ考えているっていうところからまぁ俺の実存ってあるわけだしまぁそっから色々と進歩するわけじゃん?シリアスに色々と考えるのがバカバカしくなるようなアメリカンの軽い感じってのは好きだけど成長には結びつかないよね(笑)


でもまぁ本当にゾーニングというかさ、どこでオンゲーをやりたいか?っつーところで北米って選べばそりゃアメリカンになるよね。そうやって任意で選べるってのが改めて凄いなって思うんだよね。全然もうリアルでの俺の位置みたいなのに規定されないもんね。日本人とはあんまうまくやっていけないことが多いけどアメリカンとだと打ち解けられるってのはまぁアメリカの生活で本当に思ったことだけどそういう意味でアメリカにいるほうがまだ馴染んでる感じがあるんだよね。異邦人だけどまぁアメリカに適応するというかまぁ元々そっちのほうが合ってるっていうね。まぁんでそこでやっぱでもさ、馴染めない日本でやっていくっていうところから来るalienationってのがあるわけよね。でも別に適応しようと思わないしあとまぁ主に若い世代だけど日本的な堅苦しい感じからはフリーな連中ってのが増えてるじゃん?その流れだよね。その流れを前衛として切り開いていければいいのよね。


なんかもうだいぶ酔いが回ってもう寝る感じだけどオンゲーでアメリカンとワイワイってのはまぁ今後より強くなっていくっつーかまぁそういうゲーム増えるよね。でもまぁ自分で言うのもなんだけどコミュ力高いんすよ。俺。アメリカンとならね(笑)だからこそアメリカンとワイワイしないという道を選ぶわけよね。いつまで経っても馴染めない日本で疎外感を感じたまま実存的なモヤモヤを抱えつつでも日本的な何かっていうのに答えを見出していく的なね。


まぁそんな感じでもう寝るわ。んじゃまた。