ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

空軍に入ろうかなと。

mimisemi2010-05-04

こないだっつーか昨日、母親と話したんだけどっつーかサマークラスの件でちょっと色々と説明をしようかななんて感じでスカイプで話してたらさ、何気なくなんつーかまぁお金の話になってね、まぁ経済的な話なんだけどね、まぁあんまり引っ張ってもしょうがないんだけど、まぁお金が底をついているってのは知ってたし、まぁその上でローンとかで工面しながらなんとか4大は卒業しようってことでまぁそのプランでいってるつもりだったんだけど、いきなりさ、「学費とか払えなくなったらどうする?」とかって言われてさ、「え?」じゃん?学生ビザの更新は来年の1月にやらなきゃいけないし・・・ってときにいきなりもう一年先の学費すらも分からんってことになるとさ、わけがわからなくなるじゃん?ようは実家がもう疲弊しきってるってことなんだよね。色々あって収入が激減したってのは二年前ぐらいから書いてるけど、またさらに減ったり想定外のことがあったりしてなんつーか俺の学費っつって借りたお金も学費だけじゃなくて実家の色々な支払いに回されて半分以上無くなったらしくてさ、もうもたないみたいな感じなんだよね。


もたないけどローンがあったからギリギリセーフ!って感じだったんだけどようは今回の話だとそうもいかないって話らしくてさ、だとしたら学生ビザの更新とか無理じゃん?また5年分更新するわけでさ、ただ4大に入れないとかだとほとんど意味無いじゃん?コミカレはほとんど一般教養を終えてるからっつーかやっと終わったからあとちょっとなんだけどっつーかそれすらもままならないかもしれないってかなりヤヴァイよね?そんな話になってさ、もう一気に胃がキリキリしはじめちゃってさ、まぁいつもこういう話になるとこんな感じになるんだけど、今までのとはレベルが違うんだよね。


まぁそんな感じでさ、まぁ母親も俺の事を気遣って金銭的にヤバいってことがなかなか言い出せなかったらしいんだけどさっつーか今回みたいなレベルでヤヴァイって話ね。ようは俺が大志を抱き過ぎてるからさ、それを邪魔するようなことは言っちゃいけないとかって気遣ってくれたりあとはまぁ俺のメンヘラーの部分だよね。まぁ母親の気遣いではあったんだけど、俺としてはそういうのは言ってもらわないと困るってことで結構責めちゃったんだけどね、まぁ気遣いなのは分かってたんだけどまぁ微妙だわな。もちろん母親は責められないし全く悪いとも思わないけどね。むしろ悪いのは俺っつーかうだつが上がらな過ぎて悪いのは俺だよね。たればになってしまうけどやっぱ英語学校で無駄な時間を過ごし過ぎたなってのがあるよね。コミカレに入ってからノンクレジットのコースを取ったりっつーロスがあったけど、それはしょうがないとしてもまぁやっぱ英語学校がデカかったなと。


ようは最初から計画してたっつーよりかはこっちに来てからこうしようって計画立ててやり始めてる感じだからさ、予想外なんだよね。まぁそれはもう前から書いてるからいいか。ただなんつーかな、あとちょっと!って時にこれだとキツいな。さすがに。コミカレなんて単位になるから我慢して行ってるようなもんでさ、特に昨日みたいな話をした後だと一気にモチベーション下がるよね。意味無いのも積み重ねで4大に転入するまでの辛抱だ!ってことでやってたのが実質それは無理ってことになるとこの2年半は一体なんだったの?っていうことになるじゃん?いや、結構いるんだよね。知り合いにも3人ぐらいいたからね。俺みたいに4大入るっつー予定の最初のステップでコミカレ入ったけどもう金がもたないっつってコミカレ卒業した後帰国した人達ね。まぁ彼らは納得して帰国してるからいいんだけどね。


でさ、まぁショックじゃん?まぁショックっつーかまぁ現実だからしょうがないけどさ、一気に脳がダメになっていくのが体感できたっつーかさ、今日は学校だったんだけど全然ダメだったねっつーかまぁ特に頑張るようなこともないんだけど、さっぱり読書にも集中できないし、ずーっと頭がボーっとしてる感じで。数学の授業の例の最後にやる問題も無駄にミスってさ「シュンイチ!どうしたんだ!一体!」なんて先生に言われちゃったりなんかして。まぁ普段点数が良いからね、あまりに無駄にミステイクが多いと「どうしたんだ!」ってことになるんだろうね。いや、まぁ弱過ぎるよね。俺は。本当に。そうか。ならイリーガルでも働いてなんとかやっていくか!とかさ、そういうタフさがゼロなんだよね。まぁそんなのやっちゃいけないんだけどね。本当は。やってる人多いけど。


あれだけ「帰国だけは絶対避けたい」をスローガンにしてやってきたのにさ、ここでダメになるって勿体ないよね。いや、これ以上無理なんだったらもうしょうがないんだけどさってことでさ、学校が終わった後にさ、最寄りの駅からバスに乗って家まで帰るんだけどさ、そこでちょっとエポケーしたんだよね。いや、エポケーっつー用語の使い方が正しいか分からないけどさ、つまりは俺がやりたいことって一体なんなんだ?っていう。


で、いつも言ってるようにそれってさ、ズバリ読書じゃん?かっこよく言うと研究だよね。で、それって今できてるよね。アカデミックでプロフェッショナルじゃないけどやれてるじゃん?だからいつも俺には学校はいらないって口癖のように言ってるわけでさ、でもそれでも学校に行くっつーのはようは学歴じゃん?こっちで仕事をしていくっていう基盤を作るためのものだよね。まぁこっちの学生が学校に行く理由と同じね。で、んじゃあなんでこっちで仕事がしたいのか?っていうとズバリそれはこっちが好きだからじゃん?あとまぁこっちの子が好きってのが大きいよね。でもこれってモロに物理空間レベルの話でさ、俺がやりたいことって言えば大雑把に学問全般っつーかまぁ興味がある学問全般ってことなわけでさ、ようは文献があればどこでもできるんだよね。別にアメリカだけにあるような設備とか使わなきゃやれないようなやつじゃないわけで。で、俺の生活ってのを改めて見直してみると読書だけだよね。たまにまぁゲームとかネットとかに無駄に時間を割くこともあるけど大半が読書だよね。


で、結局これってアメリカである必然性は無いんだよね。こっちが好きだからこっちでやってるってことだけで、別にこっちじゃなきゃやれないことではないんだよね。洋書が手に入りやすいなんてメリットも無いわけでさっつーのはアマゾンで買えるじゃん?日本でも。むしろ日本の書籍も定価で買えるって意味で実質的に書籍を買える幅は日本のほうが俺にとっては多いわけだ。こっちではわざわざ紀伊国屋とかで高い値段で買わなきゃいけないし。


そう思うとほとんど引き蘢りなんだよね。別にニューヨークっつー場所柄を利用した何かをやってるわけでもないしさ、ホント、家と学校の往復でその間にもずーっと読書じゃん?学校は本当に単位を取るためだけに行ってるっつーかなんつーか。それで実家を疲弊させてる俺って何なの?って今更ながらやっぱ改めて思うよね。まぁそれは当然思ってたけど、んでも結果が出ればさ、それはいいじゃん?4大卒業っつーのがある程度の結果の一つになるわけでさ、そこから先はあとはもう俺がどうにかするしかないって話だけどさ、でもそれがまぁとりあえず短期の目標だったじゃん?でもそれが無理となるともう学校に行く意味なんて無くなるよね。全く無くなる。目標が果たせないという前提ででも残りのニューヨークを楽しむみたいな感じで学校に行くって遊学的な語学留学と変わらないんだよね。すげー無駄なわけ。言ってる意味分かる?ようは結果に繋がれば今意味無さそうなことも全部報われるんだが、途中でダメになるってことになると今やってることが全然意味なくなるんだよね。途端に留学が遊学になっちゃうっつーかなんつーか。


まぁかといってさ、4大出れば全部オッケーなのか?っていうとそれも分からないじゃん?だからまぁギャンブルだってのはいつも書いてるよね。ましてや数学だし。でもそれはさ、やってみたいし、チャンスなんて今ぐらいしかないからやってみたいっつーのはあってさ、それはとにかくやることに意味があるんだよね。でもまぁなんつーか基本的に多分大抵のことは自分でやれるだろうっていう矛盾はあるんだけどね。ただ数学ってある程度なんつーかコース的なものに巻き込まれてからの発見も多いかなとは勝手に思ってるんだけどさ、でも俺がやるのってMBAとかさ、ロースクールとかじゃないじゃん?まぁそんな巨大な金はかからないけどさ、でもまぁ半分ぐらいはかかるよね。ロースクールとかならリターンが大きいのは見えてるけど数学の学士なんて全然じゃん?だからある程度実力をつけて・・・ってのがあったにせよ実力って何なの?って話なわけでさ、仮に何も浮かばなかったら終わりだもんね。アートスクール言って絵の才能ありませんでしたとか音楽の才能がゼロだということが音大に行ったことで分かりましたみたいな悲劇だよね。でもそんなこと言ってたって何も始まらないわけで。だから後悔が無いようにやろうと思えることはやるってことなんだけど。


・・・・で、まぁそれが今は物理的にどうやら無理らしいってことになっててさ、だからまぁどうするんだ?ってことなんだよね。セメスターの最後でちょっとタイミングが悪かったかな?最終試験とかが色々ある時にいきなりこういうことがあるとちょっとなんつーかアレだよね。キツいよね。まぁしょうがないんだけど。いや、学校に行かなくてもこっちで暮らしていけるっつーのがあればいいよ。そりゃー。でも俺は市民じゃないからそれは無理だからね。でもなんかさ、金がどうだって理由でやっぱ諦めたくないんだよね。こうやって書いててもなんかあらゆるところに甘えが感じられるっつーかさ、全然ハングリーじゃないよね。


これでダメなら帰るなんて最高の負け犬じゃん?だったらそれこそなんつーかアメリカのMedschoolとか行くようなやつみたいにさ、1000万とかの借金をしてでも学位を取れ!って話になるじゃん?いや、借金できるならいくらでもしたいんだけどね。今後はその借金の仕方を調べて行くしかない感じなんだよね。俺名義で1000万ぐらい借りられないだろうかと。でも誰が貸すのかな?って感じだよね。でもそれは逆にアメリカの学生がどうやってあんだけ借金できるのかな?ってのもあるじゃん?彼らが借金してるってことは俺も借金できるってことなわけでさ、ようは未来から金を借りればいいんだよね。どの道、今諦めたら終わりなんだからさ、会社じゃないけど続ければまだ可能性があるなら借金をしてでも続けるべきだよね。だからそんな意味で落ち込んでる場合じゃないんだけどね。いや、借金できるのかがマジで分からないんだけどね。もうこっちの学生だから留学ローンとかは使えないだろうし。


それだけの借金をしてもリターンがあるからまぁMBAとか取るわけでしょ?分からんけど。でも数学はそうはいかないだろうからな。俺で言えばインテリア学校とかに1000万の借金をしていくみたいな話だもんな。1000万払ったってインテリアデザイナーのセンスは身に付きませんよって話なわけで。ただこういう才能系の話をすると終わりがないんだよね。だからまぁ何も始められなくなるんだけど。思考実験でさ、日本だけど家だけは今の俺の地下みたいな部屋があってさ、心置きなく読書できるって環境が日本にあったらさ、それって今の俺との差って何なんだろうな?って話じゃん?まぁこっちではさ、博士号取ったりさ、あとはやっぱ綺麗な人と結婚するっつーナイーヴ過ぎる夢があるにしてもさ、まぁそういうのは日本ではなくなるけど、それってまぁ環境的なものに対する付属物だよね。アメリカだからやれることってある意味でこれだけなわけで。まぁこれだけでもまぁ価値があるけどね、でも親を巻き込んでまでやることなのかな?ってのはあるよね。


いやね、親も納得できる理由ってやっぱ学問なのよ。勉強したいからって意味でさ、親も同意してくれてるんだけど、幸か不幸かさ、勉強って俺が全部自分でやってるわけでさ、それ自体は別に実家でも可能なんだよね。まぁ実際、実家に帰ったらそうはいかないけどね。いつも書くように今の環境があるから今みたいな感じで学問を続けられるわけでさ、それは今の地下室であるということとかさ、ニューヨークであるってことがまぁ凄く重要でさ、まぁそれはなかなか説明し辛いことなんだけど、でもまぁ客観的な説得材料にはならないよね。まぁ誰を説得するわけじゃないんだけど。親は全部そういうの知ってるからね。全部洗いざらい喋ってるからお互い知らないことはないからお互い納得してやってるんだけど。


ただこないだ貼ったスティーブ・ジョブスのスピーチが胸に突き刺さったんだよね。決して裕福ではない親の蓄えを全然役に立たなそうなつまらないことに使うことに嫌気が指したから大学を辞めることにしたっていうさ、で、それは正しい選択だったってさ、まぁ俺にとってそれが正しいかはともかくとして、まぁ実際、学校で学べてることなんて自分でやってることに比べれば100を全てとして1ぐらいなもんでほとんど無駄だからね。4大行けば変わるのか?っていうとそんなに期待できないよね。数学なんてむしろ日本のほうが進んでるっつーと変だけど有名大行く高校生とかなんて半端じゃないじゃん?やるのはそんぐらいのレベルだからね。それに1000万って何なの?って話だよね。まぁ俺はレールに乗ってきてないからさ、俺のペースでやれば俺なりの何かが出てくるっていう確信があるからそういう対比とかはせずにさ、自分なりにやっていけばいいっつってまぁこっちに来てから色々と成長したわけでさ、それは良かったけど、ただまぁ通い倒してきた学校とかで学んだ事は何か?ってほとんどゼロだよね。学問的なことはね。まぁ政治学とか哲学とか例外はあるけどね。凄く良かったクラスもあるけど8割ぐらいは全然意味ないわけでっつーか俺にとってさっぱりな感じだよね。それは英語学校も含めてね。


では何をやってきたか?って読書だよね。あとはまぁ学校に行く時とかに歩く時にはさすがに本を読めないから考えるってことだよね。街を歩いてるときに何か思いついたりして、んでそれをまぁ色々とウォール伝に書いてるのはあるじゃん?ウォール伝を書くために俺はこっちにいるわけ?って話だけど、まぁインプットと出力って意味でまぁなんつーか別に外的要素ってあんまり関係無いよねっていう。気分転換程度だよね。まぁそれでもこっちが好きだし嫌なこともあるけどやっぱ学校は学校でいいもんだよね。いいところもあるよ。ただまぁ高過ぎるね。在籍する必要があるというだけではあまりに高過ぎる。結局、独学でやれるやつにとっては本当に矛盾でしかないんだよね。あとはまぁ本当に高いレベルの学校に行くぐらいしかない。そう思うと俺は本当に中途半端だな。コミカレレベルの頭脳ではないのは明らかだけど、プリンストンとかに行けるほど地頭良くないみたいな。MITとかね。行けるけど学費が・・・・ぐらいのレベルならいいけど、そんなんじゃないからね。だからまぁ本当に中途半端だよね。


ただなんつーかかといって俺は馬鹿でもないんだよね。プリンストンとかのハイペースにはついていけなさそうだけどまぁ講義は理解できるだろうけど色々と宿題やらなにやらってああいう大学はすげー忙しいだろうからさ、そういうのでダメになりそうなのは眼に見えてるんだよね。だから自分のペースでやれるところがいいなってことで結局は独学中心にやれるところってことになるわけ。ただ俺はマイペースでやっていけば自信はあるし自負はあるよね。今までもそれでやってきてんでまぁ色々読んできたわけでさ、それをプリンストンレベルだとかハーバードレベルだとかっていうレベルに当てはめることは不可能だし、まぁそんなのはナンセンスだけど、でもまぁ自分なりのものは得てるよね。プレッシャーが無く気が向いた時にやるっていうペースでやれれば俺はそこそこ凄いわけよ。でもそれって大学っつーシステムとは相性は悪いよね。これがまた矛盾なんだな。だから俺はプリンストンレベルだがシステムとの相性が悪いのだとかってそんなバカみたいなことは言えないよね。そもそもやり方が違い過ぎるからさ、比べようがないっつーかなんつーか。まぁプリンストンレベルってどんなもんか分からないんだけどね。ハーバードとかイェールとか。ただやっぱ憧れるね。


自分はなんてレベルが低いんだ!って打ちのめされるぐらいの凄いやつに会ってみたいってのはあるね。それも夢の一つなんだよな。大学院レベルではそこそこレベルの高いところにいってラマヌジャンみたいなやつにあって「俺は30点だな」って思えるぐらいの凄いやつに会いたいってのはあるんだよね。こいつどんだけ本読んでるんだ?っていうさ、本を読んでる俺ですらも思えるようなやつとかに会ってみたいんだよね。そういうのがまぁ俺の勝手なイメージだとやっぱレベルの高い大学にいるんじゃないかな?とは思うわけで。その反面、ボンボンの子息とかが集まってるだけのエスタブリッシュメント用の大学っつーイメージもあるんだけどね。この場合、結局そこそこのやつしか集まってなさそうだよね。でもまぁ院レベルだとやっぱり違うと思うけどねっつーか世界から集まってくるからね。凄いやつが。


あー!やっぱ諦められねぇーな!なんだかんだでやっぱ学校にも期待してるところってあるんじゃん!って書いてて思ったね。今はステップだけど仮に俺が自分の専攻に向いてればさ、起死回生は可能じゃん?GPAって意味で。で、ちょっと高いレベルのところに食い込んでプライドとかがズタズタにされるような凄いやつに会ってみたい!ってのがあるんだよな。いるか分からないけどでもいるかもしれないじゃん?アメリカはいる率が高いよね。ましてやニューヨークだと。だからそういう意味でやっぱこっちでやっていくって俺には意味があることなんだよな。決して遊学ではないんだよな。可愛い子と付き合いたいってのとこっちが好きってそれだけじゃないんだよね。学問をやっていく上で極められれば然るべき人間を受け入れる場があるから俺次第では理想的な環境に進めることが不可能ではないってことで良いよね。日本じゃ全然期待できないじゃん?ただまぁそういう意味で俺が目指しているレベルが途方も無く高過ぎるんで非現実的過ぎると言われればそれまでなんだけどね。そこそこのことなんてやりたくないって前に書いたけどそれはやっぱあるわけよ。自分がようはそこそこぐらいのレベルだったらそんなの辞めるって話だよね。こういう風に辞められればまぁそれはやることやって辞めるってことなわけだから潔いっつーかさ、まぁ良い辞め方だよね。今の状況の辞め方は最悪だよね。何も結果を残さないで全てが終わるわけだから。


俺は自分の能力を過信もしてないけど昔みたいに卑下もしてないよね。だからこそまぁ今で言えば数学っつー未知のフィールドに飛び込んで自分が何ができるのか?ってのを知りたいんだよね。こればかりは努力ではどうにもならないことだからダメなときはダメでしたでしょうがないけどダメって分かるのでも十分じゃん?全然向いてませんでしたって分かるだけでもいいよね。でも今はそんなのも分からない状態だもんね。専攻を変えてこれから基礎を一瞬でやってすぐに4大だ!ってときにこれだから余計にショックなのよね。すげーやつがいて打ちのめされてああいうやつで数学界が成り立っているのかって分かって絶望して辞めるって怖いけどこれはいいことだよ。自分の限界が分かるわけじゃん?でも今はそういうやつに会ってないし、自分が何ができるかも分からないわけだからね。それこそ高校レベルの数学からやってるわけでさ、これからだよね。本当に。まぁ高校レベルの数学なんてやってんじゃねーよ!って言われたらそれまでだけど。でもしょうがないじゃん。数学専攻になるなんて思いもしてなかったんだから。


ってことなんだよね。多分今後ダメになるかどうかはもう残念ながら今年で決まっちゃうと思う。そんぐらいまぁもう限界ってことだわ。ダメって決まったわけじゃないけどね。俺も色々調べるしさ、だから諦めるつもりはないけど、ただビザの更新になるかならないか?ってぐらいの時にはもうビザの更新は必要ないか必要あるのか?っていうね、そういう感じで決まるよね。さっきも書いたけど4大とか入れないんじゃ更新してもしょうがないわけでさ。そうなるともう帰国しかないんだよね。本当に。うわぁぁぁぁ・・・・。考えただけで卒倒しそうだ。段ボールに何百冊もの思い出が詰まった本を詰めて日本に送るなんてしたくないな。まぁ今日はその段ボールが何回も浮かんでだから授業どころじゃなかったんだけどね。イリーガルでこっちでやっていくっていうのもまぁリスキーだよね。日本に帰れなくなるしさ、まぁ仕事があればそれをやるだろうけどさ、でももう日本には帰らないっつー決断をしなきゃいけないよね。帰らないっつーよりかは帰れないって意味ね。ようはVisitができなくなるってことね。


こうなると前に書いてた夜勤のモルグモデルが思い浮かぶな。まぁそんな仕事があればの話だけど、あまりに不気味で孤独過ぎて誰もやらないっていう仕事を俺がやるってことね。孤独だろうが不気味だろうが屍体には慣れてるし、読書がはかどればいいからさ、そこで研究を続けるっていうね、まぁモルグで研究を続けるっていうまぁだいぶ前にダメになった時プランで考えてたことだけど、まぁでも永住権無しでやれるとは思わないよね。あとはもうそれこそ屍体収集とかそんなのしかなさそうだな。俺ができそうなのは。なんで日系のレストランとかで働かないの?って話だけど、そんなのできてたらとっくにやってるよっていう。そういう系は完全に無理ってのは過去のバイト経験で分かってるから無理なのよね。で、モルグってもちろん解剖とかやる人達じゃなくて警備員ね。あまりに不気味な場所なんで誰もやりたくないだろうっていう警備員ね。これって俺の変わってる習性が活かせる仕事じゃん?まともな人間なら気がおかしくなるっていう環境で逆に俺は正常でいられるっていう。逆にレストランっつー気がおかしくならない場所で俺は気がおかしくなるからさ、そこは普通の人との差でアドバンテージが得られるよね。まぁその警備員ってそんなのがあるか分からないけどね。ただまぁ孤独が強いられ過ぎて誰もやらないっていう仕事だよね。違法移民にピッタリの仕事っつーのかな?


あーダメだな。こういうことを考えるとどんどんマインドセットがおかしくなってくるな。数学とかに集中できなくなってるとか良くないな。せっかく前に良い点取ったのにさ、先生も俺の事を気遣ってたけど、なんか申し訳ない気持ちでいっぱいだったな。心配事があると数学っつーか読書もダメだね。逆に来週のスピーチが全然怖くなくなってるけどね。他のもっと大きな恐怖が出てきてるから、スピーチ程度の恐怖なんて微々たるもんだっていう。面白いよね。母親から知らされてなかったら来週のスピーチに関して「いやだなー」って相変わらず思ってたわけで。大きな心配事によってそれが相対的に小さく見えるってなかなか笑えるね。まぁ笑えないけどね。


ショックだったのはアレだよな、あとはやっぱ母親がさ、一人で金銭的不安を抱えながらずーっとやってたってことだよね。それは俺が知ってるレベルのものではなくてもっと大きなレベルの不安ね。でもそれはあまりにもハードコア過ぎるので俺に言ったら多分また鬱になっちゃうだろうとかっつって言い出せなかったってさ、これがまた辛いんだよな。俺にとって。俺と俺の母親との関係って特別なんだよね。俺が中2ぐらいで精神病になってからそれこそ母親とそれに関して色々なことがあったからさ、その辺の親子とは違うわけね。ようは母親としては「やらせてあげたいけど無理そうなのよ・・・」ってことが言い出せなかったって感じなんだよね。それを言えない母親が辛いじゃん?で、それを知った俺は後々になって余計に辛くなる。こうなると俺の留学ってのが全ての元凶のような気がしてきて凄まじい罪悪感を覚えるんだよね。


今の実家は二年前にヤヴァイって言ってた状態と全然違うわけね。そのヤヴァいのレベルじゃないわけよ。本当に。そんななってまで俺はこれを続ける価値があるのか?って話だよね。弁護士とか医者になるなら別にしても数学っつー得体の知れないものにさ、そんだけの金を費やすなんてねぇー。まぁ費やして学位が取れればいいけど、それは分からないって状態じゃない?まぁ俺が借金できれば一番いいんだけど。でもここでやめたら今まで投資が意味なくなるじゃん?経験って意味では得てるものはあるから留学生活が意味ないとは言わないけど、ただアカデミックなプロセスとしては全部パーになる感じだよね。数学で良い帰結が得られるかは分からないけど、ただまぁやってきたことの結果を出すって意味でやっぱ4大卒はいいよね。全てが報われる感じがするじゃん?まぁ気分的なものかもしれないけど、でもまぁ投資してきた分の結果がそれで分かるわけでさ、で、今ってもうプロセスの真ん中ぐらいからさ、ちょっと足突っ込んだぐらいだったら辞めるのもやぶさかではないけど、今はもうだいぶやってるからね。3年近くコミカレにいるわけで。しかもあとちょっとで終わりだからね。マジで。


あとはもう軍隊に入るしか無いかな。マジで。なんとしてでもこっちでやっていきたいなら軍隊に入るしかない。例のブディストのルディの話だと何も危険なことが無いので空軍がいいらしい。でも俺みたいなへなちょこが軍隊でやっていけるのか?ってのはあるけど、でもそんなこと言ってられないよね。イリーガルで働くよりかはリーガルだから良い気がするけどね。空軍入るかな。もうこれしかなかったらしょうがないね。帰るってことは無いわけで。それはもう終わりを意味するわけだからね。帰った後に感じる凄まじい鬱と絶望感と空軍に入った後に感じる辛さって明らかに空軍の方が精神的に楽だよね。そんぐらい日本に帰るってことは俺にとって絶望を意味するわけだ。これ以上に無いぐらいの絶望だよね。


まぁ分からんけどね、ただまぁ市民じゃないやつも軍隊に入れるらしいから、まぁこれも最終手段として調べてみることにするって感じだね。そんぐらいマジで追いつめられてる感じなので。そういえばあいつも同じこと言ってたよな。あの外交官の卵ね。まぁ通称卵のモンゴル人のやつね。あいつも選択肢が無いから軍隊に入るしかないとかって言ってたけど、これって割とメジャーな方法なのかな?まぁそれはともかくさ、10割の人が耳蝉が空軍でやっていけるわけないって思うだろうけどさ、俺から言わせてみれば俺が日本で生活していけないっつーか辛過ぎて発狂するって意味で日本でやっていけないっていうことを考えると全然空軍のほうがまだマシなのよ。まぁあくまで最終手段だけどね。違法移民になるのはやっぱ良くないよな。それだけは避けないとな。


ってことで今日はこの辺で。


PS


今調べたらグリーンカードが無いとダメなんだそうで。でも前に空軍じゃないけど「海軍に入りませんか?」みたいな手紙は来てたんだよなー。俺宛にね。