ウォール伝、はてなバージョン。

革命家/徳の戦士/サタニストによる日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

Teen Spirit炸裂!

このビッグウェーヴに乗るしかないでしょ!ってことでジャガー買っちゃいましたね。んで届いたんだけど写真アップしようと思ったんだけどジャガーに反射する色んなものって別にいかがわしいもんじゃないんだけどギター以外の情報があり過ぎてってまぁ散らかってるってことなんだけど片付けるの面倒でやめましたね(笑)

 

あと宅録でもフィードバック出せるだろうってことでBlackstarの1Wの真空管アンプもゲットしたんですけどこれがまぁすさまじいことでね、まず自前のギターをアンプに突っ込んで弾いたってのが何気に初めてなんですよね。昔一回だけスタジオで弾いたことあったけどそれ以来だし今まではまぁ帰国後は古いUA-100に突っ込んで鳴らしてたのとまぁ今はアンプシミュだよね。

 

ヘッドフォン以外から流れることが無くて外に音が出るってのに感動したのとまぁ全然違いますね。なんか直接音が出ている感じというのがなんとも言えないというかんでまたジャガーがいいんだわこれ。

 

指が短いからショートスケールだろうと思ってはいたんだけど本当にサイズが良いのと弾いた感じが全然違うのね。別にジャガーとかジャズマスターって音が良いってタイプのギターじゃないのかもしれないけどなんとも言えない温かい音というかさ、あとアンプの歪ってこんなにいいんだな!って思ってデジタル系でやるのがバカバカしくなっちゃってせっかく買ったアンプシミュは?ってところもあるんだけどまぁあれはあれで使えるからいいんだけどさ、エフェクター類もデジタルじゃなくてアナログだったらやっぱ全然違うんだろうなってことを思うとハマり出したらキリがない世界だなと思いつつまぁとりあえずでも環境が揃った感が半端じゃなくてっつーかまぁ別に揃ってたんだけどね、ただまぁジャガー真空管アンプのダブルコンボがなかなかヤバくてね、あとまぁ先月よりさすがに若干弾けるようになってるから弾いてて楽しいっつー感じが出てきてるのはあるよね。

 

なんかまぁ予想以上なんだよな。楽器的なものを触ってここまで感動したのは中学の頃に買ったシンセを触って以来かもしれん。あ、あとまぁその後タンテ買ったからまぁそれも感動してたんだけどだいぶ前ですからねー。なんかあとこの自分のTeen Spiritも好きだわ。本当に好きなことになると無邪気に熱中するからいいよね。モテようとかかっこよくなろうとかっつー邪念が一切なくてもうそれが楽しくてやりたい!という衝動しかないんだよね。

 

んでまぁもうアンプから出る音にほれ込んじゃったからギターの録音はスタジオとかでやるようなマイクを立てて録音ってのにしようかなって思ってんでまぁ今日ずーっとギター関係ばっかで引きこもってたからいつものショッピング行ってきたんですよね。んでまぁ衝撃的な出会いがあってもう今年はジミヘンTシャツだ!って思ってたらまぁそこそこ高いブランドのやつなんだけどジミヘンのがあってさ、なんかもう完全にビッグウェーヴ来てるでしょ!って思って買っちゃいましたね。

 

Tシャツって3000円ぐらいのしか買わなくてブランドのって買わないんだけどやっぱデザインがね、さすがにバンドTシャツとはもう雲泥の差でね、まぁあとシャーマニズムって言うんですかね?弓やってたときもしょっちゅう書いてたけどオカルト的だけど降ろす感じなんだよね。武神なりなんなりに那須与一みたいにお祈りをする感じでギターも結局最近よく書くけど魂を込めるものですよね。

 

その媒介になる霊器というか武士における刀なんだよね。んでそこで自分の魂でもいいんだけど初心者過ぎて色々足りないしとにかくまぁドーピングですよね。ギターの神っつーかジミヘンが直接降りてくるかはともかくとしてそういう感じの神的なものを降ろす感じだよね。そこはもう唯物論とは正反対の世界観なんだけどでも最近本当にギターを軸に音楽を聴いててフリージャズにしろロックにしろ魂だなって思うたびに音楽の本質ってここだよなって本当に思ってるんですよね。

 

まぁそうじゃないものでも本質的っつーかまぁ英語のほうがしっくりくるな。エッセンシャルってことなんだけどでもまぁあれですよね、クラフトワークが身体性を排した電子音に徹しているとかって言いつつも凄まじい電子ファンクネスがあるからバンバータとかに繋がるっつーかバンバータがファンクネスを感じるわけだよね。

 

まぁそういう意味でソウルミュージックですよね。今の時代はアルゴリズム的というかこうこうこうすればこういう音楽ができるっていうなんかロボットが作ってるようなのばっかで魂が無いわけだよね。別にそれは生のやつでもそうなんだけど。そこでやっぱソウル的なのって洗練とは程遠いRawさっていうかさ、人間性だよね。だからそれって別にTeenagerの特権でもなくてTeen Spiritがある種Teen以上に培養されたようなアラサーなりアラフォーでも衝動で音楽って始められるじゃん?

 

そういうのはやらないってのはかっこつけだよね。それこそTeenagerじゃあるまいしいい歳こいて・・・ってのが一般論なんだろうけど年齢関係ないですからね。いかにその感覚なり衝動がフレッシュかどうかってところなわけでね、んでまぁあと音楽って所詮はセンスですよね。すんげーセンスがダサいやつが色んなスキルと音楽の知識を得たところでダサいわけだからもうどうしようもないんだけどセンスがある人ならとりあえずRawなまま出してもセンスって出るからね。

 

むしろNo Waveとかなんかはそういう方法論だったわけでしょ。まぁDJと一緒だよね。めっちゃミックスとか展開を作るのが上手くてもダサい曲ばっかかけるDJはもう終わってますよね。んでも下手だけど選曲のセンスが光る!って人は伸びますよね。楽器全般そういうことだよね。クラシックとかは別かもしれないけど。

 

ただまぁそこで気をつけなきゃいけないのがセンスでしか勝負してないようなRawなものが変に洗練されてつまらなくなっちゃうってのは本当に最悪だよね。変に上手くなったり色んなイディオム覚えたからっつーんで型にハマるようになったりそれだと本当にダメだよね。だから本当にRawなままで居たいんだよね。でもそれでRawでいいやっつーんで練習しないってことじゃなくて高柳とかベイリー並に練習の鬼になるっていうそこは全てを習得して完ぺきにこなすっていうところでのRawさだからね。

 

できないRawさではなくてできるRawさね。まぁできないRawさのままでいいんだろうけどそれだと表現方法が限られちゃうからね。あとまぁギターはもう趣味っつーよりミッションとしてやる感じでまぁモチベーション的に学問とかと同じですよね。アマチュアリズムに拘泥するんじゃなくて極め尽くしたうえでのアマチュアリズムとかRawさを追求するっていうね、まぁいつもの所謂極めるの一環ですよ。ギターっつーお題目ができたわけですな。

 

まぁあと多角的で面白いよね。ギターのスキルを磨くっていうのと同時にギターシンセ的な音作りとかあとはもうReaktorとかでデジタルプロセッシングやりまくっちゃうみたいなのも含めたエフェクターいじりも面白いから永遠に終わらない永久機関的な没頭できるものとして最高な気がしてるんだよね。ホント、楽器はやってこなかったしロックも聴いてこなかったしだからこそ今楽しいんだよね。知らないことだらけだからね。まぁーでもすげーよな。

 

アンプで音を出してマイクで拾った音をPCに入れて音を加工とかPCでできるあらゆるエフェクト関係をかましたギターの音をアンプに突っ込んで鳴らすとかとにかく色んなバリエーションがあるよね。ヤバいですよ。ギター。ロック音楽ディグも面白いしね。気に入るのはごくわずかだけど歴史として流れを知っておくのもそうだしあとまぁロックの歴史的名盤みたいなのを知っておくってのも音楽史的な教養として楽しいしね。今はもうあらゆるロックディスクガイド系を読み漁ってますね。youtubeで聴けるから本当に便利だわ。

 

あ、んで買ったジャガーなんですけどアメリカンプロフェッショナルってやつですね。色々諸説あるにしてもやっぱりメキシコ製はアメリカのとは違うしそれは日本のやつも然りで本当はカートコバーンシグネチャー欲しかったんだけど恐らく機能的に勝ってる最新のアメリカンプロフェッショナルにしましたねっつーか死ぬほど高かったけどね。安いのもあるっつっちゃーあるんだけど5万とか6万のを何本も持ってるよりかはこれ!っつー上位機種を買ってそれを使い込んだ方がいいっつー考えに達したんだよね。上手くなるまででもショートスケール使いたいならまぁ安いショートスケールのやつ買えばいいんだけどんでも先になってどうせ上位機種欲しくなるわけだからだったらもう最初からそれでいいだろうってことなんですよね。えげつない出費なんですけどもね。

 

でもまぁ金は使ってナンボですからね。無駄遣いはもってのほかでこういう有意義に使うことだったら色々と惜しまないほうがいいよね。まぁあとこれはもうレジェンドの序説である!っていう大いなる勘違いとかね(笑)レジェンドの始まりなわけだからもうレジェンドらしいギターを弾いてていいんだ!っていうような方法論的な錯覚も含めての実践ですよね。

 

まぁでもいつか阿部薫みたいな人とセッションしたいなって思うようになったね。最近。まぁそんな人いるのか?って話なんだけど高柳・阿部のあれはやっぱ夢ですよねっつーかそういえばスカスカ音源じゃない元のLPからリマスターした解体的のやつだったと思うんだけど去年ぐらいにえらい高いLPが出ててまぁそれがCDで出るんですよね。音がどんだけ違うのか分からないけどまぁでも全然違うらしいっつーかまぁ2000年ぐらいのリマスターが酷いとされてるから買おうと思ってますけどね。あとYousicianってソフトがあるんだけどなかなかいいんですよねってまぁギター練習ソフトなんだけどRocksmithとか手先が不器用な俺としてはもう初歩の練習からえぐい難易度でさっぱりついていけなくてでもYousicianはなかなかまったりしててもちろんだんだん難しくなっていっても何回か練習すればできるようになるってまぁそれは別にRocksmithもそうなんだけど(笑)

 

まぁYousicianで練習してRocksmith挑戦するかな。ただまぁこれだけじゃ当然ダメでちゃんとしたピッキングの仕方とかね、他にもいろいろとアプリ以外でやらなきゃいけないことは多いからね。そこでまぁ本当にアンプから音を出すということの重要さがあるわけですよね。特にピッキングはアンプから音を出さないと話にならないっつー意見は結構あってなんかでもそれがすげー分かる気がしたんだよね。

 

っつーか唐突だけど寝るわ。もうギターはマジでやることにしましたよっていうかあのモンハンをDSでやるような暗黒期に戻りたくないし音楽が色々と身を上げてくれているからそれに乗り続けることにしますね。

 

ってことで今日はこの辺で。