ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

わたしがウォール伝を書くのは地上に平和をもたらすためだ、 と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために書いているのだ。

純アシッドはレアなんですよ。

31日マックスにしておくれよ。これ以上伸びたら死ぬぜ。マジで。勘弁してくれ。

 

引きこもり仙人みたいになっちゃったけどアレなんすよね、FF7Rロスが怖くてパイパン13やり直してるんだよね。つまらな過ぎて二回も挫折したアレよ(笑)買ったのがもう恐らく5年以上前だと思うんだけどPC版ね。んでやり直して気づいたんだけどイージーモードってのがあるじゃん!っていうあれだな、FF7Rもノーマルだと変なバランスになってるじゃん?まだ最後までやってないけど後半の下水のサハギンとかと普通に戦ってるとサハギン3体が同時にジャンプしてきて食らうとHPほぼマックスでも即死とかっていう変なバランスで異様に硬いしここでイージーにしたら別にイージーでいいやっていうかイージーのほうがオリジナルのFF7の難易度に近いよね。

 

なんかさ、ダクソっぽくしたいのかな?雑魚戦でも気張ってないと死ぬみたいなさ、あんまそういうの求めてないんだけどね。屈強なバレットが雑魚にぺちぺちやられただけで死ぬとか世界観崩壊するじゃん?(笑)

 

んでパイパン13もイージーだと良い感じの脳死具合だよね。中ボス戦とかでちょっと気をつければスムーズに進めるっていうかノーマルでやると無駄に敵が硬くてよりクソゲーになるんだよね。イージーだとだいぶマシだね。なんかさ、乗りかけた船の割に最後までやってなくてかといっても動画とかでストーリーだけ見るとかやりたくない!みたいなのがあってこの機会に13-2とリターンズもやっちまおう!ってことでまぁパイパンセールで二つで2200円ぐらいでコロナ禍でも優しいプライスだったんで絶好の暇つぶしっていうかあれなんだよね、ツベとかの需要が増えまくってるんだと思うんだけど怪談とかがすげー増えてるんだよね。

 

アマゾンの恐怖チャンネルとかでの有料コンテンツでも怪談見てるんだけど見過ぎてるから限りあるんだけど今のツベラッシュで相当色々あって怪談聴きながらやってますね。あとはまぁテクノアナリーゼですよ。基本なんかを耳でやってて片手間になるとネットで無駄な情報とか調べちゃうからまだゲームやってたほうがマシなんだよね。ゲームだけ!ってのはFF7Rとかは別だけどなかなか無いよね。大体なんか聴いてるわ。

 

んであれなんすよね、色んな音楽サービスがアーティスト支援ってことで色々やってんだけどTune Coreってあるじゃん?年間アルバムとかに対して金かかるから元取れるわけないから便利でも使わないって思ってたんだけど今回の自粛が31日まで続くってことで31日まで1アカウントにつき全部だか忘れたけどいくつかのサービスがタダで出来るんだよね。

 

まぁサンクラのRepostが実質タダみたいなもんだしプロセスも早かったからあれでいいやって思ってたんだけど色々やってみたいじゃないですか?だからまぁTune Coreで配信しよう!って思ったんだけどアーティスト登録とかが面倒なのとサンクラでもリリース日間違えて今月の月末にしちゃったんだけど4曲入りのやつとかもう出してあるからちょっと出し過ぎじゃね?ってのがあってまぁ曲数絞って4曲とかでいいかな?とか思いつつまぁどの道6曲ぐらいが限度よね。聴く側もさすがに12曲とかあったら聴かないでしょっていうしかも全部アシッドだと腹一杯どころかもたれるだろうっていう(笑)

 

カニエのカルト臭いアルバムとか30分とかでしかもただのループの垂れ流しとかだったりするんだけどなんかあれにある種の未来を感じたよね。緻密な作り込みとかって元々好きじゃないんだけどもうそういうのが古いっていうかさ、あ、このループとビート合わせたらかっこよかった。んじゃあそれにラップ乗っけるべっつってそのまま出しちゃうっていうラフな感じのやつが一番かっこいい気がするんだよね。

 

まぁミニマルとか初期テクノにハマってるのも年代故のシンプルさなんだけど基本展開とかもビートの抜き差しとかだけでいいよねって思うよね。まぁそこは色んなテクノ聴いて参考にしてるけどドラムロールとかが大げさなやつとか時代を経るにつれてどんどんダサくなるよね。EDMのダサさってそこじゃん?曲自体がテクノと思ったらクソみたいなトランスのレコードでした!みたいな全部外れみたいな曲ばっかなんだけどあのブレイクとライザーっつーんだよねあの「ギューン!」みたいなやつね、んでドロップっつってメロディとかベースとかが全部鳴ってるっていうメインコーラスが8小節とか16小節流れたらまたビートレスのブレイクになるとかあの展開本当にやめてほしいよね。

 

大げさに演技してるAVみたいな感じの萎え方だよね。セックスってミニマルやと思うんですよ。ズンドコズンドコ日常のように単調な性器の擦り付けっていうね(笑)オナニーとかもミニマルみたいなもんじゃん?2小節のループみたいなもんだもんねあれ。それに比べてEDMみたいなのってジェイソンのセックスシーン並の作ってる感があるよね。作られたオーガズムっていうか(笑)なんつーのかな、グルーヴ感って永遠に続くループの中で感じるものだと思うんだよね。提示されるものじゃないんだよな。

 

ファンクとかもそうじゃん?ここ盛り上がるぜ!っていうところがあるわけじゃなくてまぁ特に45とかで出てるやつってミニマルじゃん?でも聴いてるとだんだんノッて来てまさにグルーヴにハマるっていうところなんだよね。そこがまぁ特に俺は黒人的なテクノが好きだしアシッドもユーロトランスとかレイヴみたいな303の使い方もあるけど基本的に黒人的なシカゴハウス的なファンクネスとかね、あとまぁリッチー・ホーティンみたいなexperimentalなんだけどグルーヴ感はファンクっていうね、まぁテクノってファンクだよね。野田努じゃないけどマシンファンクよね。

 

ってことで長くなったんで分けるわ。 まぁそんな感じでとりあえずTune Core用のミニアルバムみたいなのを考えよう!って感じっすね。

 

まぁそんな感じで今日はこの辺で。