ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

Googleに好かれるなんてやめてしまえ!って感じで日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

気功徒然。その3。

気功の効果は思い込みの次元を超えてオントロジカルにマジだと思ったというのはいつも書いてるけど意外と高くつくけど毎月通ってる心療内科の延長の東洋の両方だと思って趣味とかではないメンタルヘルスとしての気功という考え方にして毎週通うようにしたんだよね。

 

ただやはり受けているだけではなくて練功を独学ではなく達人レベルにまで極めたい!っていうまぁ何でもやったものは究めたくなるって良い俺の凝り性だと思うんだけど、中国武術について調べてた5年前に集中的に買ってた本を中心に読み返してみると結局、サラッと読んだだけでやらなかったなーっていう心残りがあるっつってもまぁその数年後に弓道やることになったんでいいんだけど格闘技としては前に書いたけど別に素手である必要はないから鈍器使えばいいじゃん!ってことでカリスティック的なものとか杖術とかまぁようは棒を振り回す術に行きついたんだけど、今の気功への関心から結局、太極拳って型自体が練功だから太極拳やればいいじゃね?とか思いつつネックは教室とか道場の質ですよね。

 

キッズとかおばさんがカルチャーセンターに通うかの如くやってるような感じの体操みたいな太極拳には興味ないし、動きはゆっくりでも武術としての太極拳をやりたいと切実に思うようになってまぁぶっちゃけ八卦掌をやりたい!と思ってたんだけどやるやらないではない常にやるメンタルヘルスとしての気功と中国武術っていう間を取るとやっぱり太極拳が良さそうというか八卦掌を教えてる道場ってめっちゃ少なくて遠かったりするから通いが大変だし一応今は働いてるからそんなに店を開けるわけにもいかないんで近場は無いか・・・と思って昨日ずーっと道場探してたらようやく良さそうなところを見つけたんだよね。

 

ぶっちゃけ地元の公民館とかで太極拳友の会みたいな感じでサークル的にやってるところはいっぱいあるんだけどまぁ違うじゃん?ベクトルが。ガチ武術としての太極拳となるともっぱら少ないんだよね。逆に健康法としての太極拳はヨガと同じレベルでスポーツセンターとかでコースがあるレベルでいっぱいあるんだけど武術としての太極拳を教えてるところが見つかってさ、ただまぁこんな歳になっても家族経営なんでママンの外出許可がいるんで(笑)ちょっと説明したら時間的にも弓道は片道1時間かかってたけど今回行ってみるところは近場だし何より目的は練功なんだってことを言ったらまぁ許可が降りましてね(笑)

 

んでまぁ早速行ってみることにしたんですよっていうか先生はガチだから願わくは変な奴がいないことを願うばかりだね。ただ日本の縦社会の道場とかと違ってパワハラとかしてくるみたいな古い感じのスポーツの世界とは恐らく関係ないと思うからその辺は心配ないかなとは思うけどね。いや、別に俺が言ってた居合とか弓道の道場でパワハラがあったわけじゃないよ。ただまぁイラッとする時代遅れな上下関係というのはあったからそういうのは本当に左翼体質の俺には合わないんだよね。

 

別に弓道に行かなくなったのはそれが理由じゃないけどね。行けなくなった年はちょうど今ぐらいの時期で店が忙しくなって一か月以上行けなくなるからとりあえず休みっていうことで在席だけしておいて半年したらどうするか?っていうので保留にして結局まぁ除籍にしてもらったってことなんだけど相変わらず親からは「またやめた」と思われてるようで(笑)んで今回も同じく「また何か始めるって言い出してる」ってすげー嫌な顔されるんだけど一応俺の親だから説明すればちゃんと理解してくれるんですよ。

 

まぁあれだわ、スポーツセンターでの太極拳を意味ない!って否定するんじゃなくてね、単純にそれは俺がやりたいものではないってことなだけなのね。で、今回行くところは少数レッスンで比較的月謝は高めなんだけどそれだけ少数だと嫌な奴とかうざいやつ問題が回避されやすくなるからいいよね。個人レッスンがあるからできればそれがいいんだけどさすがにそれは高いので(笑)っつーかセレブとかが個人レッスン受けるのってああいう感じなんだなと。あれでまぁ家とかに読んでやってもらって何百ドルとか払うんだよなーとか思うと金があると強いよなって思うよね。

 

それは今言ってる気功の先生が前にも書いたことだけどやっぱり場が重要で気をやるからには色んな人が来るところってリスキーなんだよね。変なヴァイブスを出してるやつがいるとそんだけで悪影響がある場合もあるからだからこそ道場選びは凄く重要で太極拳では良い先生を見つけるのに3年かけろっていうらしいんだけど先生もさることながら場探しというのも凄く重要だよね。

 

あ、んで今回とりあえず体験に行ってみるところは凄まじい激しい突きとか関節技とかをやってるってわけじゃなさそうなんだけど体操ではない武術としての太極拳をやってるんだろうなって推測できたのがちゃんと組手があるということなんだよね。別に殴り合いをするんではなくて(笑)ちゃんと型が出来ていて技が成立しているかどうかを検証するための組手なんだそうで、これってまぁやったことないことなんですげー重要だと思ってるんだよね。居合も弓道も組手はないからね。居合では型によってはあるけど俺は経験しなかったんでね。

 

んでまぁ目指すところは練功だから気功に行って調子が良くなるのと同じで太極拳のレッスンを受けると調子が良くなるっていう感じのサイクルを目指したいんだよね。それで気をガンガン高めて芯を強くしたいんだよね。バッドなヴァイヴスとかに影響されづらい強い良い気を持ちたいわけでね。

 

ただ居合でも弓道でも結局、最終的にみっちり型を習わないと独学の術でもなんでもないものになっちゃうってのは経験済みでそれは拳法も同じなんだけど逆に基礎を時間をかけてみっちりやると力の入れ方とか脚の動かし方とか重心の動かし方というのが文字ではない所謂身体的な記憶としてインプットされることで教室内では教わらないようなものでもちゃんとした本を読めば道理が分かるようになると思うんだよね。

 

何々が基本でこれはその応用ということになると基本が出来てれば応用ができるとは完全に言い切れないけど逆に太極拳をベースとする中国武術なら大体理解できるようになるってことになるとだいぶ違いますよね。柔術とか空手も同じよね。空手やってたからキックボクシングは簡単に習得できるとは言わないけど色々な道理や理論が似てるから初心者に比べたらそりゃ吸収は速いだろってことになるじゃん?あとまぁムエタイとかもそうよね。

 

んでもまぁ八卦掌はすげーやりたいと思ってるからまずは太極拳からだけど八卦掌もいつかやれたらいいなとは思ってますよね。本は昔買ったやつを持ってるんだけど。

 

ただまぁあれよね、武術とかは別に30代後半とかって生活に運動を取り入れて行かないと若い時みたいに運動しなくても体に問題ない!ってことにはならないらしいし、これは心療内科の先生に前から言われてることだけど40過ぎてから衰えがガクッ!と来るらしいからどの道、運動は必要なんだよね。

 

まぁそんな感じやね。武術マニアの夢っていかにも!な中国の老師がいる山奥とかで修行三昧!みたいな生活だと思うんだけど現実的に無理だからある種の駅前留学やね。ただまぁ凄く重要なのは技が形骸化してないか?とかただの踊りになってないか?とかっていうガチ度のベクトルよね。今回体験入学してみるところはガチ度が高そうだからってのとぶっちゃけここが合わなかったら他で近隣にはもう無いなっていう感じなんだよね。もう連絡して早速来週体験入学するんだけどまぁ俺ってハマったらすぐ!だから行動早いよね。そこは我ながら感心するわー。

 

ってことでんじゃまた。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ