ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

日々の鍛錬こそ頂への一歩なり! by Lee Sin

虚無感徒然。その4。

ってことで続きを。

 

つまんねーな・・・っていうつまらなさからくる鬱はあるんだけど謎のひたすら落ち込むダークサイドに落ちそうな鬱ってのは気功初めて太極拳初めて・・・っていうところから一回もないのを見ると効果は絶大ですね。まぁ運動ゼロから一気に動かしてるから変化が如実なのは言うまでもないけどね。体を動かさないというのがいかに健康に悪いかが分かったよね。

 

戸塚のアーチェリー場で弓とアーチェリーを両方やりながら場所が閉まるまで永遠にやってるときとか雑念とかが介在しないから単純に楽しいんだよね。んでやったあとの良い疲れっていうね。まぁなんか体を動かすことは必須だなって思いますよね。

 

あとまぁ語学ですね。中国語ね。マイナーな拳法の本とかが圧倒的に出版されてるのが中国語なんでこれもイニシアチヴ半端ないよね。語学自体楽しいし学ぶのと自分育成が好きだからこれもまぁ良いエンタメではあるんですけどね。

 

これは偏見もあるんだけどやっぱどうも欧米を介した伝統武術って欧米的なスポーツ的身体の発想が入っちゃってるから身体運用がスポーツ寄りになってたりするんだよね。詠春にしてもストリートでも使えるようにアレンジするのはいいんだけど先生にも言われたことだけど力を使って腕を鍛えるみたいなのは力の套路が全然違っちゃって治すのが大変だからやらないでくださいって話で欧米を介したやつだと受けとかは伝統なんだけど攻撃が格闘技っぽくなっちゃってるっていうね、まぁ詠春はアレンジしてオッケーなんて別にそれはそれでいいんだけどそれだと武術じゃなくなっちゃうんだよな。

 

何回も書いてるけど早く強くなりたいなら格闘技やったほうがいいわけですよ。ひたすら鍛えてスパーやりまくって・・・っていうのが良いに決まってるわけで。

 

でもまぁやり尽くしって体感としてはつまらないんだけど確実にレベルは上がってんのよね。飽和した先に次のステップがあったりするわけだから手直なことはとっとと飽きて飽和化させたほうがより次のステップに行くのが早くなる気はするよね。

 

人生100年時代に老後の不安・・・なんつっててもそれは形而上学だっていつも言ってるけどまず体が老いないように若さを保つってのは必須よね。んで体術って生活の中で使える一生の財産ってのが多いから例えば太極拳初めてまだ一か月ちょいだけど今の俺の体幹半端ないしって前が無さ過ぎたからなんだけどあとまぁ骨盤を常に上げることを意識することで腰痛ってほどじゃないんだけど下手な歩き方してると腰に来るってのが来なくなったしね。

 

一気に体が若返った感じよね。んでまぁ人生100年時代に100歳まで生きるための蓄えを今から用意するなんでバカバカしすぎるからずーっと動いていられる脳とか体を維持するってのと色々とやり尽くして飽き尽くすってのは必須だと思うんだよね。それによってふと大金を手にしても大金を手にしたことが無いやつがやりがちな下手くそな金の使い方とかできなくなるし何より欲しいものを買える範囲でゲットしてきてるからぶっちゃけ買うのないかグレードをめっちゃ上げるぐらいしかないんですよね・・・っていう感じになってると結果的にあれもほしいこれもほしい!っつーのを見境なく買ってると買うの無くなるのよね(笑)

 

そうなると逆説的に使い道無いから貯まるんだよね(笑)だから使うことは最高の貯金だと思ってるね。そう思うと俺のヴァーチャル貯金額半端ないよ(笑)刺激の限界効用逓減が半端じゃないから見合うものにしか金を使わなくなるんだけど使ってきてるから使おうと思わないんだよね。我慢ではなくその程度なら払うほどではないってことになっちゃう。

 

で、消費が飽和化したおかげで消費とかお金を使うこと以外に満足感を得られるものを見つけるしかなくなる結果、今みたいな武術とか語学とかってことになってまぁぶっちゃけ金かかんないっすよね。月謝ぐらいだわ。特に中国武術は道具とか揃えなくていいしね。あとまぁあれだ、書くの忘れてたけどギターだね全然やってないけど(笑)

 

今思うと良く買ったな・・・って思うギブソンの175とフェンダーのジャガーあればまたノイズ出したくなってもギター買う必要ないし最上級とまではないかないけどそこそこのを買ってるとそれ以下のやつって欲しくならないからね。エフェクター然り。ギターマニアではないから必要なのがあればよくて一通りの多機能で高級なブティックエフェクターを一通り持ってると他使ってもしっくりこなかったりブティックだとリバーブっつっても何種類も選べてパラメーターもいっぱいあるって中で安いやつだと一種類しか使えないとかってなると相当独特のそれじゃないと出ない音とかが無い限り機能面ではいらないからね。

 

最初から良いの買っちゃうってのは本当に得しかないよね。無駄金使わなくなるから貯金が増えてると思えばいいわけだ。あとまぁ楽器にしても音関係とか洋服にしても耳とか目を肥えさせておけば微妙なやつとか買わなくなるし厳選する結果、あんま買うのが無くなるということになるからまぁこれも結果的に貯金よね。

 

まぁこれも俺の異常な凝り性の結果なんだけどね。あとまぁメンター的な存在のおかげとかね。ただまぁ買う時にはかなり無理があっても「これだ!」と思うのがあれば頑張ってそれを買って一生モノにしたり同じ系統のものっつってもそれの下位互換でしかなくなるみたいなものがあったら結果的にそれは財産になるからそれにしたほうがいいっつーのは鉄則としてあるよね。で、まぁそれはワークしているなと。まぁ何年もかけてワークしてるんだなっていうのを実感するわけですぐ分かるわけじゃないけどね。

 

飯もそうだよね。飯も趣味にしてから相当金使ったけど結局好きで美味しくて金出そう!と思うものって少ないから決まってくるんだよね。で、それにハマるとその系統の店を食べ比べとかするようになってだんだん飽きてくるんだよね(笑)散々食ったからいいかな・・・って感じになるんだよね。

 

言い方ちょっと大げさになるけど食通になったり目利きになったりするってことだよね。音楽に関しては昔から耳が肥えてたから世の中のほとんどの音楽がクソだらけで良いものなんて一部だっつーのが分かってるからその良いものにばかりフォーカスしていけばそのうち買うのが無くなるってのは分かってたしそれってなんにでも言えるんだよね。コスパよりも品質重視ですね。んで長くもっと言えば一生使えるものを買うってことだよね。

 

飯にしても舌が肥えてるとマズイところに入っちゃうと値段変わらないのに大したことなかったなっつーんでリスクを避けるようになるからちゃんとしたところに収まるようになる結果、失敗も減るし旨いのを食べてれば味覚もどんどん鋭くなるからその味覚に応えられるぐらいのものじゃないと金出そうと思わなくなるから結果外食の量が減るっていうね(笑)

 

スニーカーとかもそうだわ。自分のスニーカー歴はめっちゃ長いけど最初はジョーダンから始まってジョーダン集め終わったら次はコラボ系のプレミアついてるリミテッド系に手を出してそれも終わったら次はハイブラのスニーカーに行って・・・っつって何十年のかけてそうなったわけだけどそうなるとまぁいらなくなるんですよね(笑)いいなーと思っても似たようなの持ってんなとかナイキで言えばダンクとかエアフォースとか一通りのスタンダードのやつは持ってるみたいなことになると相当なスニーカーマニアとかじゃない限り同じ型の限定のコラボとかを何足も買おうと思わないよね。

 

どうせプレ値なんだったらドメスティックブランドの変わった尖ったデザインのスニーカー買ってみるか・・・とかさ、ナイキとかなんてみんな履いてるしってことになってくるしね。まぁナイキはナイキでいいんだけどさ。

 

メガネ然りだよね。これもまぁ歴長いけど結局写真とか見て「かっこいい!」って思っても似合うかどうかってまた別なわけでこれもまぁ今思えば手元にあるのでも結果的にあんまり似合わなくて全然かけてねぇーなっての多いし結局なんか全体のコーデにマッチするただ無難ではなくて尖ってるんだけど似合うものってのに限定してくると種類は腐るほどあれど似合うのなんて限られてくるからね。その鉄板の自分の中のスタンダードを何種類か持ってればオッケーってことになるよね。

 

まぁその系統のバリエーションをいっぱい持ってるってことでどうしても似合わない型ってのはあるからそういうのはどんだけかっこいい!って思っても買わないようにするとかね、後にあんまりかけなくなって後悔するのが目に見えてるからね。メガネだけに。これもまぁ浪費ではないかっこいい!って思うってのをセンサーにした消費の結果ですよね。だからあんま無駄に買わなくなって無駄に買ったのはかけなくなるからすんげー厳選することになるんだよね。でもまぁ出会っちゃうものってのはあるからそういうのは絶対買っちゃうけどね。

 

そうなっていくとバカみたいに買わなくなって、でも出会っちゃうものってのは年に数回あってそういうものが集まる結果、凄まじく厳選されたヘビロテになるメガネなりスニーカーなり洋服なりのみが集まるようになるから無駄が無くなるんだよね。色々と失敗してるから失敗しなくなるってのと色々なものに挑戦して似合う似合わないが分かるようになるからどんだけかっこいい!って思っても似合わなかったら意味ないから買わない!って結果、まぁ厳選されたもの揃いになるわけよね。

 

その結果、あんまり欲しいのがないな・・・ってことになるんだよね。まぁ当たり前よね。めっちゃ似合うっていうこれより上を探すのが大変!ってぐらいのを集めていったらそれを超えるのに出会う確率は相当低いでしょう。

 

だからいつまでも衒示的消費みたいな次元にとどまってる場合、金だけが出て行くだけで本当に気に入ってるものなのか?それは?ってことになるし浪費は永遠に終わらないよね。だからまぁ基本「好き」じゃないとダメよね。だからまぁ当たり前のことで好きなことに金使えってことになるわけよね。んでまぁそれが飽和するぐらい使っちまえ!ってことなんだよね。

 

飽和した先に何があるか分からないけど恐らくまぁもうそれは物質とかじゃない精神的な満足感とかそういうことになると思うんだよね。まぁ別に物質レベルを脱したから次は精神ってことじゃなくて精神レベルの満足感の物質レベルの満足感は並行してるんだけどより精神レベルのものが増えてくるんじゃない?ってことだよね。物質レベルのものは分かりやすいから潰していきやすいってのがあるよね。精神レベルのは探すのが大変だからなかなかそれを満たすってのは大変だしあとまぁその人の器にもよるし色々な複合的なことだよね。

 

って感じでこの辺までなんだけどなんか書き忘れてたらまた書くんでんじゃまた。