ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

Googleに好かれるなんてやめてしまえ!って感じで日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

耳蝉、キャットウーマンにベタ惚れする。

性にドライブさせて中国語を学ぶ!ってのは大成功で例のキャットウーマンについて調べてたらリンクを貼ったWeiboというのが中国政府の規制でツイッターとかできない中国の規制下にないツイッターのようなものらしくて総ユーザー数が一億人突破してるんだと。

 

ってことはツイッターにあげられてる変態動画とかは香港とか台湾なのかな?とか思いつつ例のキャットウーマンが活躍してるのはWeiboらしく中国では動画のクオリティからすんげーフォロワーが多い超有名人らしくて色々調べたらインタビュー記事が出たんでまぁ頑張って読んだんだよね。翻訳にぶっこむだけじゃなくてちゃんと文字とかを調べつつ調べてるだけだとキャットウーマンについて調べてるだけ・・・になるんであくまで語学としてやる!っていうコンセプトで詳しく中国語を調べつつ・・・って感じでやってるんで時間かかったんだけど色々分かったんだよね。

 

www.shuaii.com

 

要約が大変なんだけどキャットウーマンの中の人っていうかあのめっちゃ美脚の人は動画のために雇われてる友達とか使ってんのかな?それにしても美脚やし顔一瞬しか映らへんけど美人やんなーとか思いつつ記事を読んだらなんとね、製作者本人なんだと!

 

ただ残念なことに(笑)映画監督志望の彼氏っていうか元は彼氏じゃなくて別々だったんだけど一緒に動画を作ることになって恋仲になってまぁカップルよね。まぁあの映像の上手さとかは恐らく主に映画監督志望の彼のスキルに負うところが多いと思うんだけどプロットとか映像に出てくる小物とかジャパニメーションっぽいモチーフとかってのは彼女のデザインらしくまぁ映像も二人でやってるってことなんだよね。まぁプロットも含めて共同制作だから役割分担とか無いらしいんだけど日本語の部分とか日本的なサブカルの部分は彼女の好みで彼氏は全然そういうの分からないらしい。

 

まぁ生い立ちとかも色々あるんだけど端折るわ。んでまぁ彼は30歳ぐらいまでに映画を撮りたい!って思ってたんだけどWeiboで成功したから前ほどの「映画を撮らねば!」みたいなオブセッションはないらしくてWeiboの映像作品で一切に妥協せずやりたいことができるんで満足であんだけアクセスあるからマネタイズもどうやらできているらしく生活にも困ってないらしいっつーかまぁ超リッチなんだろうなと思うんだけど(笑)

 

んで例のキャットウーマンですよ。もう恋ですよね。脚から始まる恋ってのは往々にしてあるにしても(笑)

 

f:id:mimisemi:20200706083241j:plain

 

この子は美脚アクターと思ってたら製作者で日本の狂気SNS女をディスりつつこんなクリエイティヴなことしてるなんて!っていうファッションをアップしてんのに顔がメインになってる日本のビッチを公開処刑するような感じですよね(笑)

 

ネトウヨみたいなやつは「反日だ!」とかって騒ぎそうだけど妥当な批判についてはいいんじゃね?ってのと日本のカルチャー好きだから日本語も知ってるんだろうなとか思いつつここがポイントよね。

 

いつも書くけど顔がいくら可愛くてファッションがナイス!でも中身がアホだったり音楽のセンスとかが凄まじく悪かったりするとどんだけ見た目が良くても萎えるっていつも書くじゃん?まぁ俺はそんな選べるほどの面をしてないけど(笑)クリエイティブだったり頭良かったりするとっていうかやっぱそこだよね。

 

外面なんていくらでも盛れるけど才能とか知性ってのはやっぱりさ、女性の重要なところでっていうか人間の重要なところで肉欲がどうのというよりやはり精神の深いところで繋がるというのがリアル恋愛でまぁ結局のところプラトニックラヴなんですよね。渡部の例を出すまでもなくフィジカルオンリーなんてのは抽象度の低い肉欲なんで卑しいもの・・・と言いつつ男は頭と金玉という二つの脳を持ってるから脳では脳だけに「ノー!」って言ってても下のピョンキチが食らいついてしまう!というアンビバレンツがあるんだよね。

 

それは理性とか関係ないんだよね。それが男だからねっつっても渡部的な女性の肉便器扱いとかは問題外ですけどね。

 

んでまぁキャットウーマンに戻るけどあの子中の人だったのか・・・っていう感動からWeiboをディグってたらどうやら会員にならないと過去の投稿とか観れないらしくて頑張って登録したんですよね。だから何気に俺の初のSNSアカウントゲットはWeiboだったというね(笑)

 

ただ中国のマーケティングに使える!ってことで中国でも人気がある男女問わず日本のアイドルグループなんかはWeiboの公式アカウントを持ってたりビジネス展開する場合、Weiboでのミニブログ運営なんかを手伝う業者もあるぐらいなんだよね。

 

んでまぁWeiboに登録して過去の在下鐵頭阿彪さんの投稿見てたらキャットウーマンの人っていうか中の人がクソ美人で(笑)一気にFallin' Loveしちゃったんですよね。いや、ぶっちゃけ能年さんとかは別として俺ってそこまでネットとかの媒体で「この子可愛い!」とかって感動することないんですよ。でもこの子は・・・顔だけじゃなくクリエイティブで頭も良い・・・となると超点数高いじゃないですか?

 

もうそっから完全に好きになっちゃいましたね。まだ一回もアプローチをできてないユニオンガールズのことはまだ好きなんだけどまぁリアルとは別のネット媒体の好きな人!って感じでまぁアイドルみたいなもんよね。まぁ猫動画のクオリティが高いというのもあるんだろうけど中の人が超絶可愛い!ってのも人気の一つなんでしょうな。ただSNS女みたいにしょっちゅう顔を露出させるわけじゃないんだけどまぁたまにお顔が出てるのとかがあってオフショットとかも美人なんよね。

 

まぁ実際はこの子もしたたかで・・・なんて言い出したらキリないけど(笑)貢がせる女をディスってるだけあって貢がせてるってことはないだろうしまぁ映像作家の彼氏がいるからね。

 

でもまぁなんだろうね、この子のWeiboを読む!とか色々文化の違いで大変らしいけどキャットウーマンみたいな中国人の彼女を作る!とかまぁ自己啓発メソッド的に不可能と思えるようなことを目標にしてそれをドライヴにして言語や知識の研磨に勤しむってのは方法論的にアリですよね。

 

アメリカにいたときも疲れてても「哲学を極めれば食えるようになる!」とかって勝手に思い込むと経済的イニシアチヴなんかも勝手に介在してより一層勤しむことができるんだけどまぁいつも書くけど目の前に顕在化しているものだけがリアルだと思うとそれに囚われることになるよね。可能な限りの範疇で不可能は可能にできる!と思えばまさに「吾輩の辞書に不可能という文字はない!」ということになるんだよね。

 

実際にそうか?というよりそういうマインドセットであるということが重要なわけで。ましてやコロナ禍で色々大変でメンタル的にも金銭的にも色々とテンションが下がる要素が多い中でいかに自分を奮い立たせるか?だよね。メンタルで負けたら終わりやからね。マジで。だから自分をより善い生にドライヴすることができればモラルの範囲内でanything goesなんですよね。

 

というわけで一瞬でFallin' Loveしたキャットウーマンの中の人の別動画のご尊顔を。

 

f:id:mimisemi:20200706101321j:plain

 

インスタとかにこれをアップしてるんじゃなくて俺が勝手に動画のワンシーンをスキャンしたものなので(笑)めっちゃ可愛くない?このメイド服みたいなのがまぁジャパニメーション的モチーフなんだけど元の動画はWeiboのアカウントが無いと見れないので。

 

んでこれがWeiboにアップされてるオフショットなんだけどまぁこういうのばっかアップしてるわけじゃなくて滅多にご尊顔をお見せにならないと思われるんだけどまぁオフショットのレアな写真かと思われます。

 

f:id:mimisemi:20200706101713j:plain

 

ツイッターとかインスタだったらすぐ「超美人!」ってすぐ拡散されそうだけどWeiboというドメスティックなメディアなんで中国では有名だけど世界ではまだそんなに・・・って感じなのかもっつってもまぁ多分人気あるだろうなっていう。まぁ世界的有名人になるのも時間の問題かと。まぁもしくはもう有名とかね。とにかくヤバいよね。もうめっちゃ好きやわ。携帯持ってないけど携帯持ってたらメイドのやつとか待ち受けにしてしまいそうだわ(笑)

 

まぁそんなわけでWeiboおもろいな!って感じでここ数日色々見てるんだけどこういう「楽しい」ベースで中国語を読むから勉強が苦痛にならないんだよね。なんかリベラルアーツで中国語やってた甲斐があったなっつーかまぁまた基礎から勉強し直してるけど楽しいね語学は。キャットウーマンの中の人とガチで付き合いたいわー(笑)フォロワー何百万人とかで彼氏いるから無理だけどそこを「無理」としないところにマインドの思い込みという足枷を外してチャクラを開放するということのポイントがあるんですよね。

 

ってことで最近なんかまた楽しくて曲作りも捗ってるわ。曲ずーっと作ってるのもメンタル疲弊するから息抜きにWeiboは最高やねっていう。

 

ってことで拜拜!

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ