ウォール伝、ディープWebアンダーグラウンド。

Googleに好かれるなんてやめてしまえ!って感じで日々の思索を頭をクリーニングするかの如く書き連ねるブログ。

気功徒然。

曲作り→ネタ探し及び買った音源を聴きながらゲームっつーかFF飽きたんでDQ10復帰したんだよねってもう一か月ぐらい経つんだけどアプデによりFFと同じくソロで完結するようになってるんでソロRPGに膨大な育成要素と脳死的暇つぶし要素っていうかまぁ手が空いてるから編み物をする的なアイドリングをなんとかできるってのがあるのとまぁ音源聴きながら読書って聞き流すのは簡単だけど精聴は難しいんだよね。どっか使えないかな?とかこりゃダメだっつってレコ買えたりmp3次に送るとかゲーム主体じゃなくて音楽主体でゲームできるっつーのかな?

 

だから対馬とか全然やってへんのよね。ガッツリゲームする間が無いんだよね。まぁそんだけ曲作りに行き詰らないってのはいいことですよね。なんかまぁ曲できると生きてていいんだなって気がするよね。なんかやってないと生きる意味がないとすぐ思う自分としては最高ですわ。

 

ってことでこないだアルバム出したばっかなんだけどまた音源がガンガン増えてるのと入れられなかったやつとかも含めるとすげーあるんだよね。だからまぁまた近々出すかもしれん。

 

あ、んで今日書くのは気功なんだけどさ、まぁあれから通ってるんだけどぶっちゃけまぁ命題的に厳しいんだけど気功やれば最高のコロナ対策になる!ってことですねっていうか基礎免疫を上げるってことだよね。かかりにくい体にするってことなんだけどまぁ感染するかしないかは運ゲー的なところがあってそりゃ完璧とまではいかないんだけど実感してるところだと本当にヤバいなこれって思ってるのね。

 

ある種万能なのよね。ネガティブな思考とかダルさとか自律神経が基本あんま上手くいてないとかってのが大体解決されんのね。でも難しいのが気功について調べると気がなんなのか分からなかったり実感してないレベルだとスピリチュアルにしか思えないとかテレビ的な人を吹っ飛ばすみたいな曲芸的な要素とか山師みたいな胡散臭い気功師ばっかが検索しても出てくるってことで気功自体の情報が胡散臭いものに塗れちゃってるんだよね。

 

気功っつーと胡散臭いイメージがあるのってまさにこれなんだよね。まぁ俺も受ける前は自分で5年前ぐらいに研究しつつ独学でやって色々とできるようになったっつってもぶっちゃけさ、前にも散々書いたけど自己暗示的な要素もあるんじゃね?とかね、あると思い込むことで感じられればどの道それはあるということになる的な思い込み的な観念的なオントロジーになったりするんだけど今の先生に気功を受けてからそれはもうスピとかと関係ない物理的パワーなんだってのを認識したわけだよね。

 

まぁでもそれは全く知らない世界っつーよりよく「気のせい」とかっていう言葉の色々なところに出てくる「気」ってのがまさに気なんであってそれは誰にでもあるものでそれこそ陰気なやつと接してるとこっちまで陰気になってくるとかそういう影響ってあるでしょ?それもようは気なんだよね。

 

普段みんな感じてるんだけど物理的なものだとは感じてないっていうね、ただそこは実感をしないと難しくて読むより体験なんだよね。そりゃ陰気なやつに接してるとこっちまで気分悪くなるってのは感じててもそれが「気」なんだとは思わないんだよね。でもまぁ人は何となくだけど「嫌な雰囲気」とか「嫌なオーラを発する人」とかってまぁその存在を分かってるんだよね。でも気だとは認識していないという。

 

んでまず気功の第一段階ってその気にawarenessを向けるという感じなんだけどこれが難しいんだよな。気功って中国でも文革とかで粛清されまくって在野に広まったのって文革後だし法輪功みたいに邪教とみなされて弾圧されてたりとか中国ってカルチャーは凄いんだけど政府が悉くクソなんだよね。キャットウーマンを好きになったという動機とかもあるけど中国語は奥深いから面白くて語学的に研究し甲斐があるとか気功とか中国武術とかまぁ中国文化は好きなんだけどね、国は最悪ですよね。本当に。

 

ただまぁそこで反中とかってやっちゃうと大間違いよね。それって反日やってる中国人とかと同じレベルだからね。なぜか個人間に歴史とか政治の問題を持ち込んでディスってくるとか人間的にどうかしてると思うけどそれ言い出したらフランス人がドイツ人と接するときに軽蔑しながら接するのか?って話じゃん?ナチ野郎め!ってドイツ人に言うのか?って話でしょ。

 

あとまぁ反日って洗脳だし洗脳が強すぎるっていうか中国政府って散々色々と過去にアメリカとか日本からやられたことから支配に使えるっつーことで悪な部分とかめっちゃサンプリングしてるんだよね(笑)だから悪が集約されたような政府になってんのね。だから本当に中国文化と中国っつーどうしようもない政府をどうにか切り離したいよね。まぁただ関係ないけどね。日本文化は好きだけど日本政府を好きになる必要はないのと同じで現在の政治と文化って関係ないからね。

 

ああんで気功に話を戻すとさ、ただまぁ感じやすいとか気功の先生に施術してもらって効果が出やすい人とそうじゃない人っていう個人差はやっぱあるみたいなんだよね。んでまぁ俺は元々やってたのとやっぱりなんかビビッと来るものがあって元々なんかやっぱある人なんだよね。気は誰でも持ってるんだけど割と強い気というと変なんだけど凄く練りやすい素材を持ってるっつーのかな?だからまぁこんな劇的な効果が出てると思うんだけど歯がゆいよね。

 

だからとにかくヤバいからみんな気功やれ!って言いたいんだけど良い先生と会う必要があるし良い先生でも気の相性とかってあるからそういうマッチング的な部分が相当難しいんだよね。んでまぁ前にも書いたと思うけど俺が今行ってるところは気功やり始めたころから妙に気になってたところで5年越しに行ったということになるんだけどそういう良縁っつーのかな?そういうのを必然というのか運というのか分からないけど「とにかく変わりたい!」って思ってる気持ちがあるってのは大きいと思うんだけどね。

 

だからみんな俺みたいにうまくいくとは限らないんだけどただオカルトの類ではないってのは確定してるんだよね。まぁヨガみたいなもんだと思えばいいやっていうか気功の元って達磨太師だからインド由来のある意味ヨガなんだけどヨガって呼吸法とかフィジカルな動きとかがいっぱいあるじゃん?だからまぁそれは必然的に体にそりゃいいでしょうねってことになるんだけど気功って体を動かすのもあるけど俺が今受けてるのって先生は全く言葉を発しないしっていうかまぁそりゃ集中するために当然何か言うわけでもないんで暗示でもないんだよね。体に触れるわけでもないのにやりだすとだんだん体が動き始めて次第にグルングルン回りだすとかね、あーやっぱ文字だとムズいな。

 

変な宗教にハマったとしか思えないよね(笑)でも違うんだよね。まぁ強いて言えばタオイズムではあるけど色んな気功の本に書かれてるように宗教的儀式とか構造があるわけじゃないんだよね。教祖様がいて貢げばより良い気をもらえるとかそういう世界じゃないんだけどまぁそういう胡散臭いのが跋扈してるってのはあるよね。

 

気の啓蒙というのは俺のミッションになりつつあるな。烏滸がましいけど先生にも読んでるばっかじゃなくて書く側にならなきゃ!とか言われて余計にその気になってるってのはあるんだけど(笑)そんだけ気功はヤバいんだよね。それは気功がヤバいというよりかはRPGに例えるとつけてるだけで全ステータスが爆上がりしたり経験値がガッポリ入るアクセとかを所持してるのに装備してないみたいなことなんだよね。

 

デフォでみんなその装備品は持ってるんだけど使い方が分かってないっていうね、まぁ中には気功とか知らなくても自然に使ってる人もいるしそれこそ威圧感とかってまさに気よね。ただまぁそれを威圧するとかじゃなくて気を使えるんだってことが分かるだけで全然違うじゃん?で、気を介して体を整えることで薬とかにばっか頼らない健康な体を維持できるって普通にヤバ過ぎると思うんだけどね。

 

あとまぁ自分が先生の施術にめっちゃ反応できたっていうのも相当下地ができてたってのはあるよね。気功に偏見がないどころか自分でやってたことがあって、あと他に居合とか弓道とか明らかに気の調節を必要とするようなものをやってきていたっていうのとかがあるわけじゃん?まぁ武の気功と癒しの気功って全然違うんだけどね。

 

っつーか時間があっという間に過ぎて行くんだけど(笑)続きはまた今度書くわ。やることが多いというより体の調子が良いから色々なことに取り組むパワーが出来てるってことなんだよね。特に今の状態は凄いと思うんだよね。音っつーまぁ音楽ですよね。それに毎日の大半の時間を費やしててフィジカル感覚は自分でやる気功とあと気功の本とかのインプットと中国語やるっつー頭と感覚のフル活用でめちゃめちゃ細胞が活性化してる感じがするっつーかね、そのパワーはどこから?っていうと本当に気というしかないですよ。マジで。

 

でもやっぱりあれなんだよね、これは先生からも言われてることなんだけど受けた数日後は上がる効果を感じるんだけど徐々に戻っていくからそこでまた元に戻ったって思っちゃうんだけど実際はそれを続けて行って維持するってことが大事なんだけどまぁ例えが一気にケミカルになるけどコカインとかみたいなもんで効果が凄い分、抜けたときの戻った感が凄いっていうね、ただまぁ気功はコカインと違って(笑)続けて行けばもちろん先生にコンスタントに入れてもらうってのは当然あるにしても普段生活の中で気を練るということをやって良い状態をキープするっつーのかな?

 

ただまぁ楽じゃないのよ。入れてもらえばオッケー!なんじゃなくて劇的に体調が良くなる!って感じるのは受けた後とその後の数日間でだんだん戻っていくんだけどまぁ徐々にはデフォよりかは高まってるんだけどそれが簡単にはいかないってことなんだよね。常に充実してる!なんてのは普通の生活をする中では大変なことでしょ。色々なことがあるわけだしさ、コロナで売り上げ落ちてるなとかまぁ経済的な話とかなんだとか悩みが無い人なんていないわけだけどそういうネガティヴなものをポジティヴなものに変換できるような契機を持つものが気功とも言えるんだよね。

 

俺みたいにネガティヴになりやすかったり感じやすい人間にとっては特にそれが顕著だと思うんだよね。でもまぁなぜか先生は霊能力とかがあるわけじゃないとか言ってるんだけどなぜか何も説明してないのに色々と俺のことをご存じで(笑)良い気を持ってるんだけど弱いところがあるっていうまさにこのなんつーか色々とある意味万能な面がありつつweak pointの弱さが尋常じゃないんだよね。サイクロプスの目玉並の急所感があって(笑)さすがに金玉とかを鍛えられないのと一緒でweak pointって誰にでもあるわけだよね。

 

そこを突かれるとめっちゃ弱いっつーところでそれも変われるのかもしれないけど自分で言うのもなんだけど繊細が故の弱さよね。脆さだね。まぁそういうのがあるから武道とか気功とかをやろうと思うんだろうけどまぁとりあえず今日はそんな感じで色々まだあるんだけどまた今度にするわ。

 

ってことでんじゃまた。

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽のある暮らしへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ